※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

追いかけた”青春”と遠い日の”約束”


『シノハユ the dawn of age』。原作:小林立、作画:五十嵐あぐり。ビッグガンガンにて連載中。
本編より遡ること18年前から物語は始まる。アラサーがアラサーじゃない。そんな時代もあったのだ。
主人公は白築慕。連載開始に先駆けて掲載された第0話に出てこない、はやりんのただならぬ雰囲気、戒能プロとかいうイタコ、シノハユがどことなく死を連想させるなどから連載開始前より死亡説が囁かれていた。実際不幸で不憫でそんなかんじ。
咲-Saki-』シリーズの作品だが、阿知賀編と違いタイトルから『咲-Saki-』ははずされている。また話の数え方が今までの『局』ではなく『話』になっているのも特徴である。

一発ネタキャラだと思われていた瑞原はやりがメインを張る、はやしこまさかの公式化、のよりん新道寺男がガッツリ出るなどの衝撃の展開で読者の度肝を抜いた。
特に男キャラに関しては本編では存在が半ば消滅、阿知賀編ではそもそも一人も出てこないにも関わらず、シノハユでは2話時点で名前ありキャラがすでに3人登場している。ちなみに名前ありの女性キャラは2話時点で4人である。

また、「親が失踪」「一つ残された麻雀牌とともに親を探す」「美少女」などの点が大和田秀樹の描いた『立-Ritz-』に酷似しているため、一部ではりつべの半自伝的漫画なのではないかと言われている。




関連項目


名前:
コメント: