向きルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

向き

どどんとふの四角マスにあわせ、8方向でキャラクターの向きを表現します。PCは、手番中は好きな方向を向いているものとして扱い、手番終了時に、次の手番までの向きを決定します。主行動によって方向が固定されても、事後行動でのステップが制限されたりはしません。支援を行った場合、「武器を使った行動」と判定し、その対象は、支援した味方として扱います。実際には非活性化前にSDから「向きはどうします?」って感じで聞くので、PLはそんなに気にする必要ないかと思います。

行動終了時の向きについて

歩兵

自分の手番終了時に、好きに設定できます。

人型戦車

自分の手番終了時に、好きに設定できます。(ミサイル)(砲)に分類される武装を使った場合、対象の方向から最大90度まで回頭できます。

車両

自分の手番終了時に、好きに設定できます。主行動で武器を使った行動を選択した場合、対象の方を向いて固定されます。

ヘリ

自分の手番終了時に、好きに設定できます。主行動で武器を使った行動を選択した場合、対象の方向から最大90度まで回頭できます。

航空機

自分の手番終了時に、好きに設定できます。主行動で武器を使った行動を選択した場合、対象の方を向いて固定されます。

向きの扱い

45度刻みで、正面・側面・後背を決定します。
「境目は防御側有利」と覚えるといいかと思います。

四方向のとき

斜め方向のとき

向きと判定修正

ここだけマニアック戦闘準拠です。

正面

修正はありません

側面

相手の側面から攻撃するとき、判定+1000/相手の装甲-1

後背

相手の側面から攻撃するとき、判定+2000/相手の装甲-2
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。