芝村黒歴史


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【もしもの箱庭】
別の世界の芝村は、あの月をWTGであるとしていた。
我の考えは違う。あれは現実と虚構の間に穿たれた穴なのだ。
敵はここを第五の世界と呼んだが、あれは半分嘘だろう。
ここは、もしもから始まった箱庭である。
しかし、全てが奴の支配下というわけではない。
我らと同じく、世界を渡りここに介入する者たちがいる。

【敵の目的】
敵の目的は、この世界の人類を滅ぼすことではない。
敵は現実に存在する第五の世界を模して、架空の箱庭を作った。
そして介入者たちを呼び寄せ、そこに影響を与えさせた。
人類の滅殺が目的であれば、このようなことをする必要はない。
世界にわざわざ幻獣を呼び寄せ襲わせたことは、
一つは介入者を呼ぶための餌、一つは人類に戦わせることだろう。
戦うことで人は強くなる。生き延びる意思が世界に定着する。

【全能の証と鍵】
敵にたどり着く鍵、奴の上位次元に至る道具がある。
別世界の我らも、それらを所持していたことは間違いない。
上位次元の鍵は、全能の欠片である。
それを使用できることは、敵の支配下にいないこと、
敵と対等な存在であることの証明だ。
銃を送らせた時、その使い方も手に入れることができた。
天草に存在する一方通行のゲートにそれを投げ入れることで月への門が開く。

【敵を倒す】
その方法を知っている者があるとすれば、敵の管理下にいない者だろう。
我は知らなかった。士魂号に宿った者ならあるいは。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。