※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Keto


氏名:Keto(ケト)
党派:独立組織(Westgate Security)
カラー:ローズ
タイプ:非拡張型(旅団型)
特徴: 戦闘的、軍国主義的
性格: 攻撃的
影響要素(+):港湾を厳重に防御する
影響要素(-):Ketoの艦船を撃沈する、新しい戦闘ユニットを生産する

外交アクション一覧

  • Civil Defence (Influence条件なし)
建設物(攻撃能力を持つ砲台系は除く)を攻撃対象にしないように協定を結ぶ。
再使用までの間隔は120分。

  • Shipping Agreement (Influence30以上)
非武装の輸送船を攻撃対象にしないように協定を結ぶ。
再使用までの間隔は120分。

影響

交戦中ボーナスとして毎分1ポイントのInfluenceが加算される。Ketoの船を撃沈したり新しいユニットを作ったりすると-5されることがあるが、頻度は少ない。
港湾を防衛施設でガチガチに守っておけばかなり大きなプラスが手に入ることがあるが、そのためにはHarbor Defense Turretが20台くらいは必要だろう。

他のNPCとの関係

プレイヤー以外は眼中にない。

活動

ゲーム開始から一定時間たつとセクター内に侵入してくる。
侵入後は旗艦Anacondaを特定の位置に停泊させ、Sharkの艦隊を用いてプレイヤーの港湾施設や輸送船を重点的に攻撃する。
Anacondaは接近してきた相手に対しては攻撃を行うが、自ら動いて敵を攻撃することはしない。また、Anacondaからは一定の時間間隔で新しいSharkが出撃してくる。
プレイヤーの軍隊に対しては、勝てると判断すればSharkを集中運用して攻撃してくる。
勝てないと判断した場合は正面衝突を避けようとするが、Anacondaが攻撃され始めると総力を挙げて反撃しようとする傾向がある。
Anacondaが撃沈されると同時に敗北となり、残存しているSharkもその場で沈没する。

プレイヤーとの関係

Ketoは傭兵であり、何者かの依頼を受けてプレイヤーのセクター開発活動を破綻させるためにやってくる。
そのため、彼女とは最初から交戦状態となり、和平も一時停戦もできない。

プレイヤーとの対立

彼女はゲーム開始直後から敵対する存在となるが、セクターには居ない特殊な存在となる。
彼女が来るまでの時間は、画面上に表示される。難易度によって乗船している旗艦Anacondaの火力、耐久力とセクターへの侵入するまでの時間的猶予が変わってくる。
当然、難易度が低いほど侵入時間は遅くなるし、火力も低く、余り硬くない。
難易度の高低は出現するSharkの数にも影響するが、HectorRaiderと違って個艦の戦闘能力は難易度に影響されない。ミディアムとハードの差が大きいので注意。

・イージー
侵入猶予時間:4時間30分
旗艦の火力:50/50/50(DPS 20/20/20), 旗艦の耐久力:4,500(回復力100pt/分)
Shark初期数:5, Shark生産速度:3分/隻
・ミディアム
侵入猶予時間:3時間30分
旗艦の火力:75/75/75(DPS 30/30/30), 旗艦の耐久力:10,000(回復力100pt/分)
Shark初期数:7, Shark生産速度:2分/隻
・ハード
侵入猶予時間:2時間30分
旗艦の火力:150/150/150(DPS 60/60/60), 旗艦の耐久力:20,000(回復力100pt/分)
Shark初期数:16, Shark生産速度:1分/隻

彼女の旗艦は、航空機、地上施設、海軍艦艇、潜水艦と全ての戦力に攻撃を加えられるとんでもない力を備えている。ので、弱点はほぼ無しに等しい。可能ならば沈められるだけの戦力を集中投入して旗艦を早く沈めてしまうほうが良い。自分の陣営が開拓中の島の直ぐそばに出てきた場合は、真っ先に殲滅に向かわないと島の防衛拠点が壊滅させられてしまうだろう。

なお、Anacondaは戦闘をしていない間は耐久力が回復するので、中途半端に攻撃してもあまり意味がない。

上が彼女の戦艦だが、出現ポイントからは余り動かないだろう。

なお、彼女の旗艦を沈めた後一定時間経過でEVEから残骸を見つけ、アイテムを持ち帰ってくれれば新たなユニットとしてSharkの生産が可能になるというクエストが依頼される。

沈んだ残骸の位置は、撃沈した場所からかなり離れている事もある。

名前について

Ketoとはギリシア神話に現れる女神で、その名前は「鯨」ないし「海の怪物」を意味し、海における危険や恐怖を象徴する存在である。
つまりKetoというのは彼女のコードネームで、本名は別にあるのだろう。それを知る機会はないが…。
|
添付ファイル