※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Rufus Thorne


氏名:Rufus Thorne(ルーファス・ソーン)
党派:Tycoon系(Grobal Trust Inc.)
カラー:グレー
タイプ:非拡張型(Ark所有者)
特徴: 厳格、忠実
性格: 受動的
影響要素(+):Professor Dr. Salman Deviと定期的に貿易する。新たに島を開拓する。収支をプラスにする。等
影響要素(-):Yana Rodriguezと定期的に貿易する。Tycoon系のNPCと戦争する。等

外交アクション一覧

  • Declare War (Influence条件なし)
項目としては存在するが、実際にThorneに宣戦を布告して戦争状態に入ることはできない。

  • Lobbying (Influence条件なし)
資金を投入してThorneのInfluenceを上昇させる。
再使用に時間制限なし。

  • Demand Quest (Influence30以上)
Thorneからクエストを出してもらう。クエストをクリアすれば通常通り報酬をもらえる。依頼するのに資金は不要で、断られることもない。
再使用までの間隔は45分。

  • Take out a Loan(Influence30以上)
Thorneから資金を借りる。一度にまとめて借りた金を定期収入から差し引く形で返済するため、実行すると即座に資金が増える代わりに60分の間定期収入にマイナスを受ける。返済には利子が生じるため長期的に見れば確実に損をする。借りる額が大きいほど利子による損失も大きい。
再使用までの間隔は45分。

  • License Trading (Influence60以上)
資金を支払ってLicenseを購入する。
再使用までの間隔は60分。

  • Auxiliary fleet (Influence60以上)
艦隊の派遣依頼。
これは、Yana RodriguezProfessor Dr. Salman DeviTrenchcoatにもある項目だ。
名前の通り、各NPCに多額の金を支払って艦隊を譲ってもらうというもの。余り使う機会は無いと思われる。

最大でColossus2隻を含む7隻の艦隊を派遣してもらえるが、その分必要な代金は大きい。
ただし、最大の艦隊がほしい場合その分セクター内の自陣営を十分繁栄させなければならない。初期から火力を有する大艦隊をもらおうとしても無理なのだ。

Auxiliary fleetは艦船枠に1でも空きがあれば利用できるので、ぎりぎりまで自分でユニットを作ってからこれを利用することで一時的に限界を越えた数のユニットを保有できる。
Thorneが送ってくれる派遣艦隊は対地・対艦・対潜水艦に優れるが、対空戦闘力はそれほど高くない。
再使用までの間隔は120分。

影響

彼はプレイヤーが新たな島を開拓するごとに+5の好印象を持ってくれるし、経営状態が良好(つまり収支がある程度の黒字になった場合)の時もまた+10してくれる。又、デビ教授と貿易する事でも微量ながら確実に印象を改善してもらえるのだ。これはヤナも同様といえる。
逆に、彼が嫌う行為を行うと当然ながら反発される。特に彼はヤナとの交流は望んでおらず彼女と定期的に貿易を繰り返していた場合怒って直ちにやめるよう求めてくる。
比較的頻繁にクエストを発注してくるので、これをクリアすることでInfluenceを稼ぐこともできる。

他のNPCとの関係

Tycoon系のNPCやProfessor Dr. Salman Deviとは良好な関係にあるが、Yana Rodriguezとは対立関係にある。

活動

Ark所有者であるため、手持ちの輸送船による能動交易以外に目立った行動はしない。

プレイヤーとの関係

Thorneはプレイヤーを支援する立場にあるため、彼の存在がプレイヤーにとって迷惑になることはほとんどない。
物資やアイテムの取引先として、クエストの発注元として、あるいは外交アクションによる間接的な利益を得るために、セクターにいてくれると助かる存在である。
能動交易ではTycoon系物資とTech系物資の一部を取引してくれる。また、受動交易では物資やアイテムを比較的安価に売ってくれる上に、あらゆる物資をTrenchcoatに次ぐ高値で引き取ってくれる(Yanaと同率)。

取引物資一覧

以下は通常のContinuous Gameでの設定であり、特殊なミッションにおいては異なる設定になっていることがある。
「販売」は売っている物資で、「買取」は相場より高く引き取ってくれる物資。
Tools 販売 25 Cr/t Tier1から
Building Modules 販売 13 Cr/t Tier1から
Concrete 販売 36 Cr/t Tier2から
Plastics 買取 89 Cr/t Tier2から
Steel 販売 73 Cr/t Tier3から
Luxury Meal 買取 192Cr/t Tier3から
Carbon 販売 143Cr/t Tier4から 少量
Jewelry 買取 407Cr/t Tier4から

ToolsとBuilding Modulesが安いので再序盤の開発に使おう。Tycoon系の建材も役に立つ。
アイテムも販売している。施設の強化アイテム、ユニットの強化アイテム、資源回復系アイテム、Seed系アイテムなど幅広いラインナップを持ち、Deep Ocean適用時はCareerボーナスがあれば20%の値引きを受けられる。

グローバル・トラストとエデン・イニシアティブの対立

彼もヤナも様々な依頼を行ってくる場合があるが、それぞれ対立しているとだけあってかヤナから受託すればクリアするなといってきたり、逆にソーンから受託すればヤナがクリアしないでほしいと行ってきたりするのだ。
また、上記の通り両者とも対立する陣営との貿易は一切望んでおらず定期的に物資を売り払っていた場合直ちにやめるよう求められる。

キャンペーンにおいて

彼は、グローバル・トラストの代表としてプレイヤーに接触する機会が多い。
全チャプターにおいて彼は登場する。
チャプター1 の1-2において、ストリンドベリが管理していたプラント13の崩壊事故直後に登場してプレイヤーに様々な依頼をし、ストリンドベリが言い訳を考える間に行動し、事故収拾に一躍買ったことから功績を覚えておくとまで言われている。

後半のチャプターでは彼を説得したり、協力関係となった彼に艦隊を納品したりもすることになる。
|
添付ファイル