※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Coal Power Station


建設コスト:資金350 ,Building Module 1,Tools 4
維持コスト:資金-10 ,エコバランス-15
サイズ: 4x4
発電量:60単位
アンロック条件:自陣営に属するタイクーン労働者が1名以上

概要

石炭発電所。

島で採掘された(又は近隣の島から輸送された)石炭を消費して発電する、タイクーン初期の発電所。
環境汚染が深刻になるが、やむを得ないだろう。

直ぐそばにRotary Excavatorがあると直ぐに産出した石炭を送ってくれる。

これに変わる発電所は、エンジニアクラスが十分な数揃うまで登場しない。

最も基本的な発電施設の一つであるが、フォーミュラによるアップグレード効果が性能向上にのみ振り分けられているため、アップグレードを重ねることで極めて強力になる。

アップグレード

この発電所は、他の発電所同様にアカデミーでアップグレードアイテムを生産し、Arkに取り付ける事で効果を更に上昇させる事が出来る。
詳しくはアカデミー研究計画?を参照。
ランク 名前 効果
☆1 Control room upgrade 発電量+20%
☆1 Regenerative combustion 環境負荷-30%
☆2 Spheric procedure 発電量+30%・環境負荷-40%
☆3 Thermodynamic efficiency enhancement 発電量+40%・環境負荷-50%
※環境負荷(原文Ecological Effect)は施設によるエコバランスのマイナス量を少なくする効果。

レベル2フォーミュラSpheric procedureとレベル3フォーミュラThermodynamic efficiency enhancementを併用した例。
3基でエコバランス-4.5、発電量306単位という驚くべき性能を発揮している(維持費は変わらず-30)。
ここからさらにレベル1フォーミュラRegenerative combustionを追加すればエコバランスが-0(!)になり、Control room upgradeを追加すれば発電量が306から342単位に伸びる。
|
添付ファイル