※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Atlas  (Deep Ocean)


タイプ: 水上船舶(非戦闘艦)
建造コスト: 資金5500、Building Modules 50、Carbon 50
維持コスト: 資金120、艦船枠15
建造時間: 2分
建造場所:Tycoon ShipyardもしくはEco Shipyard
アンロック条件: Tech Genius 1名以上
HP: 1000
攻撃力: -/-/-
積載量: 80t×1
アイテムスロット: なし
固有の特殊能力:
  • 着艦スペース
Chopper1~2機もしくはHawk1機を駐機させることが出来る。
  • Repair
損傷した艦船を自動で修理する。
修理を行うには対象とAtlasが洋上で静止していなければならない。

概要

アトラス。Deep Oceanで追加された艦船。
Techの艦船であるが、建造はTycoon ShipyardEco Shipyardのいずれかで行なう。
輸送船ではないが単体での戦闘能力は持っていないため、分類上は非戦闘艦として扱われる。
Atlasは移動拠点とでもいうべき船で、周囲の艦船を修理する能力を持つほか、Chopper1~2機もしくはHawk1機を駐機させることが出来る。
駐機している航空機は修理を受けられる上に、Atlasの貨物庫にKeroseneが積んであれば給油も行なわれる。
残念ながらFirebirdはAtlasに着艦して支援を受けることは出来ない。
また、航空機そのものの生産はAirportで行なわなければならない。

Atlasがいれば前線のすぐ後ろで損傷した船を修理できるので、
たとえば防御された拠点を力ずくでひっくり返すような消耗戦を行う場合に戦闘効率が大きく向上する。
しかしこの船はあくまでも補助艦艇であり単体では何の意味もない。まずは戦闘艦を揃えるのが先である。

Atlasは戦闘艦以上のHPを誇るが、自分自身を修理することは出来ないのと、Atlasが失われるとAtlasを母艦にしていた航空機ユニットまで失われてしまう(たとえその航空機が空中にいても失われる)ことから、他のユニットの盾代わりに使うことはお勧めできない。

着艦作業中は錨のマークが出現する。この状態のAtlasには行動を指示することが出来ない。


名前の由来

Atlasはギリシア神話に現れる神々の一柱。
ティタン神族に属する巨躯の神で、ティタン神族がゼウスらオリュンポスの神々に敗れた後は世界の西の果てで天空を支え続けるという労役を負わされた。
その後、労役の苦しみから救われるためにペルセウスの持つメドゥーサの首の力で石像に変えてもらったという。
|
添付ファイル