※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Chopper

タイプ: 航空ユニット(戦闘用)
建造コスト: 資金3500、Carbon:15、Building Modules 5、Weapons 20
維持コスト: 資金50、艦船枠5
建造時間: 1分30秒
建造場所: Airport
アンロック条件: Lab Assistant 100名以上
HP: 300
攻撃力: (空)35.28/(船舶,建物)14.91/(海中)- (攻撃間隔3秒、DPS 14.91/4.97/- ) ※内部データより計算
積載量: なし
アイテムスロット: 1
燃料搭載量: 10t
飛行場スペース: 1x1
固有の特殊能力:
  • Stealth Detector
自機の周辺にいるCloakingアイテムを使用中の敵ユニットを発見し、攻撃可能にする。
効果時間10分、再装填12分。

概要

チョッパー、戦闘ヘリ。

空港の解禁と同時に建造できるようにいなる航空ユニット。対空、対地・対艦攻撃に投入できる上、速い。
ただ、1機や2機程度では余り効果がないので敵拠点を空襲するならば複数の機体を生産して送り込むといい。

1つの空港で最大6機(必要スペースは1×1)配置できる。

航空戦力の主役となるユニットだが、HPの低さが最大の欠点。建造コストの安さを武器に数を揃えて戦いに望みたい。
足の速さを活かし、危険だと見たら即座に撤退しよう。相手が最速ユニットであるHovercraftであっても陸上を飛び越えるコースで逃げれば振り切れる。
燃料搭載量は低めだが足が速い上に燃費もいいので燃料切れに困らされることはあまりない。
透明化(cloaking)アイテムを使っている敵を発見する特殊能力を持つ。しかしこの能力でも潜行中のSisyphusを発見することは出来ない。


名前について

chopperはヘリコプターの俗称。特に軍用ヘリを指してよく使われるようだ。語源は、巨大なローターを回転させる様が肉切り包丁(chopper)を連想させるからともヘリの騒音を表現した擬音語だとも言われる。
ちなみに、「ヘリ」は和製英語というよりは日本語というべき単語で英語圏では通じない。英語圏でのhelicopterの略語はcopterであり日本とは真逆である。
|
添付ファイル