安楽死制度の財源

政策の提案をする場合、必ず避けては通れない「財源がどこから出るか」という問題に対する対策の案。

安楽死制度の設立、運営、維持において、単なる安楽死に必要な器具や薬品代以外にも、審査や実行に必要な人件費等、様々な経費が掛かる事が予想される。
が、以下の理由により現状とほとんど負担が変わらないか、あるいはプラスに出来る可能性があると思われる。

  • まず、 安楽死そのものにかかる費用自体は決して高いものではない (オレゴン州だと100ドル程度。)他の難病に比べると桁違いと言えるほどに安い。

  • 本当は死にたいが、自力で死ぬ事が出来ない為に仕方なく生活保護や何かしらの年金を受けている人が生き続ける場合に掛かるはずだったお金を回す。

  • 精神的理由による安楽死志願の場合、生き続けるとなれば症状にもよるが一生、何十年にも渡って高い薬を飲み続けなければいけないケースが存在する。具体例として一ヶ月に1割負担で7000円という例があり、その場合医療費の負担は月々6万円以上にもなる事になる。それで浮いたお金を回す。

  • 安楽死希望者の、任意による寄付。

  • 病気による身体的苦痛によって本人が強く死を望む場合、生命の延長に使うはずであった医療費を安楽死に。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。