現在の日本国内の安楽死の条件

安楽死の法的原則
1)病人が現代医学の知識と技術からみて、不治の病に侵され、死が目前に迫っていること
2)苦痛が誰でも見るに忍びないほど非道いこと
3)病人の苦しみの緩和が目的であること
4)病人の意識が明らかで意思の表明が出来る場合、本人の真意からの承諾のあること
5)医師の手による(出来ない場合は十分な理由がある)こと
6)死なせる方法が倫理的に妥当であること

この6条件を全て満たさないと安楽死は認められない。
昭和37年12月22日 名古屋高等裁判所 第四部
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。