安楽死関係の映画や物語

 注意:何を追加しても構わないが、短くていいから概要を書いてほしい。ただしそれを参考にする時は、概要を書いた人の曲解や記憶違いがあるかもしれないということに十分注意すること。


  • 「ジョニーは戦場へ行った」1971年公開(1939年に出版された小説を映画化。モノクロ映画。)
 戦場で視覚,聴覚,四肢の自由を失った男の物語。
 反戦映画として有名だが、安楽死問題と密接な関係がある。

  • 「朽ちた手押し車」1984年製作、2013年公開
 主人公は徘徊・失禁する認知症の老人、妻はALSを患っている。
 きれいごととはかけ離れた介護や難病に迫った内容。
 1984年に製作されたが、長らくお蔵入りになっており、三國連太郎の死後初公開された。




  • 「ガリバー旅行記」1726年出版(著者:ジョナサン・スウィフト)
 ガリバーはラグナグ王国という島国に立ち寄り、そこで不死の人間ストラルドブラグを目にする。
 最初は不死であることにあこがれるガリバーだったが、死ねずに老いていくストラルドブラグの悲惨な姿を見て、
 「死は人間に与えられた救済だ」という考えを持つようになる。


  • 「不老不死の術」1964年出版(著者:水木しげる)
 寺に泥棒が忍び込み、住職が密かに作っていた不老不死の薬を飲んでしまう。
 泥棒は後に放火の罪で捕まり処刑されるが、体をバラバラにされたまま永久に激痛に苦しみ続けながら生き続けなければいけなくなる。
 住職が最後に言った、「死は自然がくれた最大の贈り物」という台詞が印象に残る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。