※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルフヘイム

レベル50より侵入可能な60台以降の各レベルの青装備の入手先になります。
PTダンジョンですが、夏のアプデ以降はソロPTで侵入が可能になりました。
2体の中ボスと1体のボスを倒すことにより、各種装備品のダイスを振ることができます。
クリア条件は3つのフェイズをそれぞれ制限時間内に達成することです。


徘徊ゴーストまで

第6波で出てくる小ボスが徘徊ゴーストです。樹の配置が悪く、PTが攻略可能能力に達していない場合以外は問題なくたどり着けます。
ここまでスムーズに進めない場合は精錬、強化等を進めてから再度挑戦したほうがいいと思います。
守護の樹を起こして群がる雑魚を倒していれば問題ありません。
徘徊ゴースト自体は樹の配置がよほど悪くなければ無視でも問題なし、樹が削って勝手に倒してくれます。

大王シスまで

中ボス大王シスですが、第12波までに雑魚をほぼ殲滅していればシスを殴り続けるだけで倒せると思います。
ここまでに樹が死んでしまったり、徘徊ゴーストを削り切れていない場合は、クリアをあきらめてサイコロ一回狙いに切り替えたほうがいいです。

転送門

第12波までの敵、計86体を倒し終えると転送門破壊に移行します。
転送門から出てくるゴブリンは倒しても延々湧いてくるので無視して転送門をたたきます。

エビルロード

転送門をすべて破壊するとボスのエビルロードとの戦闘に移行します。
エビルロードはHPを削るごとに60%で転送門が召喚され、以後HP減少に伴い被ダメが100ポイントずつ増加していきます。増加条件ですが、イマイチ不明です。最後被ダメ401から701までばらつきがあったので。
また、3種類の範囲攻撃を使ってきます。画面に地面が~集まれ~散れ~等のメッセージが出ると、範囲攻撃が来ます。
ダメージは難易度関係なく固定、地面が~で3500(大地崩壊)、後者ふたつは分散したり集まったりでダメージ変動です(流星撃と割断撃)。


攻略情報

門削り、門壊し

最近行われているかどうかはわかりませんが、開始すぐの敵が弱い状態で遠距離攻撃職による一番手前の門を削る戦術がありました。
目的は、12波までの敵を時間内に倒しきれなかった場合、門を破壊することで強制的に次フェイズの転送門壊しに移行させることです。
この戦術を用いると第12波までの敵を倒す時間を2、3分は稼ぐことができます。

ゾンビアタック

アプデ以前の仕様ではタゲが切れるとボスのHPが全快してしまったため、エビルロードを復活ポイントの近くに引っ張りタゲが切れないよう全員でゾンビアタックを仕掛けていました。
そこから派生した戦術で、ボスを出現ポイント付近でたたき、転送門が出てから引っ張るというのがアプデ直前の戦術になっていました。

ソロ攻略

第12波までの雑魚を時間内に殲滅できるならソロ攻略は比較的楽に達成可能です。
ソロ攻略での失敗は殲滅力の不足による時間切れで、殲滅できる火力があればボスを時間内に倒すのは余裕だからです。


各種ドロップ品

イージー

60台装備と50台アクセ

ノーマル

70台装備と60台アクセ

ハード

80台装備と70台アクセ

装備、アクセ共に青と緑が出ます。徘徊ゴーストは装備か指アクセ、大王シスは装備か護符または誓約、エビルロードは装備か首アクセがそれぞれ出やすいようです。
指アクセがドロップ率低めのため取引所で高値を付けているようです。逆に首アクセは出現率が高いため捨て値で売られています。

アプデ前のお宝袋から装備が出る仕様のころはカリスのリング、現在の仕様ではぱとりおっと真と元素のチョーカーが呪いのアイテムとして有名になりつつあります。