※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

筑波研究学園都市(つくばけんきゅうがくえんとし、英称:Tsukuba Science City)は、世界有数の学術・研究都市である。約300に及ぶ研究機関・企業と20,185人の研究者を擁し、このうち日本人の博士号取得者は7,215人に及ぶ。1960年代以降に開発された。「特別市」に昇格するにあったて茨城県つくば市と合併した、「研究学園地区(約2,700ha)」と「周辺開発地区」で構成される。

統治機構

統治理事会

統治理事総長
総長官房

学政局

学園都市の教育行政を担い、科学研究を推進する。
教務部
  1. 語学課 
  2. 数学課
  3. 理学課
 地学・天文学・生物学・物理学
  1. 化学課
  2. 医学課
  3. 人類学課
  4. 工学課
  5. 農学課
  6. 史学課
  7. 徳学課
  8. 哲学課
  9. 食学課
教員部
学校事務・校務監督(学校長)を含む全ての教員に関する業務を行う。
  1. 教員教養課
  2. 恩給課
校務部

民政局

治安部

出入管理課

法務部

渉外部

通商部

開発部

生産部


地理

研究学園地区

天王台

筑波大学があり学園地区の中核となる地区である。東は栗原・玉取・妻木(さいき)、西は要、南は天久保、北は花畑と接している。また、桜にほぼ隣接している。
  一丁目              
   筑波大学筑波キャンパス
   ソフトイーサ研究開発拠点
   筑波大学計算科学研究センター
   筑波大学陸域環境研究センター
  二丁目
    筑波大学農林技術センター
    筑波大学一の矢学生宿舎
    つくば市桜学校給食センター
 三丁目
   防災科学技術研究所

【天久保】

 筑波駅に最も近い一丁目では飲食店(居酒屋・バーなど)やカラオケ店が立ち並び「松見公園」は市内では有名な公園であり、休日を中心に親子連れで賑わう。
 筑波大学筑波キャンパスのうち、西地区(宿舎地区・医学地区)が立地する。このため、学生向けのアパートやマンション、食堂などが立地する。
 北は天王台、南は吾妻、東は妻木(さいき)、西は春日・要と接する。

【桜】

つくば市東部に位置し、筑波研究学園都市周辺開発地区に位置する。
全域が桜柴崎土地区画整理事業として開発されたつくばテクノパーク桜となっており、研究学園地区に近接する。
筑波大学の東、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスつくば駅から約3.5kmの位置にある開発事業区域であり、総面積は65.7ha。
職住近接を目指した街であるため、地域内にはアパートやマンションが多く、8つの工業系企業が立地する。
また、地域内の工業用地は25.4haで、つくば市内にある8つの工業団地の中で総面積に占める工業用地の割合が最も低い。
東は上野、西、南は柴崎、北は上野・栗原と接している。

【千現】

  筑波研究学園都市の東部に位置し、研究学園地区南部に位置する。
  地域の大部分は宇宙航空研究・物質・材料研究を中心とした地域、一部は住宅街となっている。
  東は並木・倉掛、西は二の宮、南は東、北は竹園と接している。  

【花畑】

つくば市の東部に位置し、筑波研究学園都市研究学園地区北部に位置する。
一丁目にNTT開発研究センターがあり、ほかは住宅街となっている。
東は大曽根・玉取、西は蓮沼、南は天王台、北は筑穂と接している。

【並木】

つくば市の東部に位置し、筑波研究学園都市研究学園地区南部に位置する。
一丁目は全域が研究施設、二丁目~四丁目は団地や住宅街となっている。
東は大角豆(ささぎ)、西は梅園・東・千現、南は下広岡、北は倉掛と接している。

【花室】

つくば市の東部、筑波研究学園都市周辺開発地区に位置する。
西は研究学園地区中心部に隣接しており、花室西部土地区画整理事業が行われている。
東は古来、西は花園・竹園、南は上ノ室・倉掛、北は金田(こんだ)・東岡・妻木と接している。

【花園】

つくば市東部に位置し、筑波研究学園都市周辺開発地区に位置する。
全域が花室西部土地区画整理事業によって整備された地域で、換地処分終了の翌日である2010年(平成22年)12月23日に花室の一部から新設された
東は花室、西は吾妻、北は妻木、南は竹園と接している。

【観音台】

東は北中妻・南中妻、西は羽成(はなれ)・谷田部、南は高野台・若葉・若栗、北は今泉・上横場と接している。