※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国防軍


建軍記念日 3月13日
大元帥 今上天皇
最高司令官(国家元帥) 伶宮祖臣
防衛大臣 石葉茂
統合幕僚総長 陣風
国防軍 陸軍,海軍,空軍 統合軍
最高司令部 国防総司令部
幕僚機関 陸軍幕僚監部,海軍幕僚監部,空軍幕僚監部,
特別機関 情報本部,技術研究本部,装備施設本部,防衛監察本部,外国軍用品審判所

国衛総司令部

英名:Imperial General Headquarters

《統合参謀会議》

英名:Joint Chiefs of Staff Meeting
統合幕僚総監
  • 議長を務める
統合幕僚副監
  • 副議長を務める
陸軍幕僚総長
海軍幕僚総長
空軍幕僚総長
統合軍総司令官
情報本部長
特設参謀

《統合幕僚監部》

英名:Joint Chiefs of Staff
統合幕僚総監
  • 階級は元帥
統合幕僚副監
  • 階級は次帥
  • 統合幕僚総監を助け、統合幕僚監部の部務を整理・監督する。
  • 統合幕僚総監に事故があるとき、あるいは欠けたときはその職務を行う。
軍務部(J-1):防衛総司令部の予算、職員人事、教育等を担当する。
情報部(J-2):情報を集約し総合的処理・分析する事で、国防軍に必要となる戦略的な情報の作成を担当する。
  • 情報本部と一体として運用される
運用部(J-3):陸海空自衛隊の運用、統合訓練等を担当する。
兵站部(J-4):統合幕僚長の命を受け、次に掲げる事務をつかさどる。
  • 統合運用による円滑な任務遂行を図る見地からの防衛及び警備に関する計画(調達、補給、保健衛生、整備、輸送及び施設に係るものに限る。)に関すること。
  • 行動の計画に関し必要な調達、補給、保健衛生、整備、輸送及び施設の計画に関すること。
計画部(J-5):統合運用の見地からの防衛力整備の指針等を担当する。
通信部(J-6):統合システムの整備を担当する。
報道部(J-7):統合幕僚長の命を受け、統合幕僚監部の所掌事務に関する広報に関する事務をつかさどる。
法務部(J-8):統合幕僚長の命を受け、次に掲げる事務をつかさどる。
  • 統合幕僚監部に係る訴訟、損害賠償及び損失補償に関すること。
  • 例規案その他特に命ぜられた重要な文書の審査に関すること。
  • 統合幕僚監部の所掌事務の遂行に必要な法令の調査及び研究に関すること。
  • 各軍紀委員会からの報告をまとめ軍事訴務に関すること。

隷下の機関

統合幕僚学校
情報本部

独立軍種部隊



共同機関

国防軍中央病院
国防軍体育学校
鎮守府-地方派遣機関

命名規則

艦艇

航空母艦 空を飛ぶ瑞祥動物 CV 旧海軍の命名基準と同一
航空駆逐艦 令制国名 DDH 旧海軍の戦艦の命名基準と同一
防空駆逐艦 山岳名 DDG 旧海軍の一等巡洋艦(重巡洋艦),巡洋戦艦の命名基準と同一
汎用駆逐艦 天象,気象 DD 帝国海軍の一等駆逐艦の命名基準と事実上同一
護衛駆逐艦 河川の名前 DE 帝国海軍の二等巡洋艦(軽巡洋艦)の命名基準と同一
潜水母艦 城郭の名前
潜水艦 海象,水中動物・瑞祥動物 SS
潜水艦救難艦 城郭の名前 ASR
掃海艦,掃海艇 島の名前 MSO,MSC
掃海母艦 海峡の名前 MST
強襲揚陸艦 岬の名前 LPH
船渠型揚陸艦 半島の名前 LSD,LPD
補給艦 湖沼の名前 AOE
練習艦 神社の名前 TV 旧海軍の香取型練習巡洋艦の命名基準と艦名を継承している
砕氷艦 氷河の名前 AGB
小型艇 番号・鳥の名前

航空機

【型式名・制式名称】
制式名:制式採用年号下2桁+式+(改修番号+号+)機種名+個別名
記号:機種記号+計画番号+設計会社記号(+改修番号)

《任務記号》

機種記号 任務機種 命名基準
F 戦闘機
I 要撃機 電、雷
R 偵察機
A 攻撃機
B 爆撃機
P 哨戒機 海・洋
E 電子戦機
C 輸送機
S 救難機 水鳥
L 連絡機 渡り鳥
U 汎用機 規定なし
T 練習機 草木
Fb 飛行艇 * 海鳥
H 旋翼機 * 蜻蛉
UAV 無人機 * 猛禽類
* は任務機種記号のあとにつける特別機種記号

設計会社記号

A:愛知機械工業株式会社
S:新明和工業株式会社
M:三菱重工業
f:富士重工業
G:東京瓦斯電気工業
I:石川島重工業
k:川崎重工業株式会社
Si:昭和飛行機工業
Y:横須賀航空技術廠

飛翔弾

桜花 巡航誘導弾 CM
回天 弾道誘導弾 BM
海龍 対潜誘導弾 UM
震洋 対艦誘導弾 GM
神龍 対空誘導弾 AM
梅花 対地墳進弾 RR
対戦車飛翔弾 AT
タ号 対電波探信儀誘導弾 ARM
伏竜 衛星攻撃兵器 AS


鎮守府

北海道鎮守府管内(札幌駐屯地)

札幌地方協力本部
函館地方協力本部
旭川地方協力本部
帯広地方協力本部

東北鎮守府管内(仙台駐屯地)

青森地方協力本部
岩手地方協力本部
宮城地方協力本部
秋田地方協力本部
山形地方協力本部
福島地方協力本部

北関東鎮守府管内(大宮駐屯地)

茨城地方協力本部
栃木地方協力本部
群馬地方協力本部
埼玉地方協力本部
千葉地方協力本部

南関東鎮守府(横浜駐屯地)

多摩地方協力本部
神奈川地方協力本部
自衛隊新潟地方協力本部
山梨地方協力本部
長野地方協力本部
静岡地方協力本部

東海鎮守府(守山駐屯地)

富山地方協力本部
石川地方協力本部
福井地方協力本部
岐阜地方協力本部
愛知地方協力本部
三重地方協力本部

関西鎮守府(八尾駐屯地)

滋賀地方協力本部
京都地方協力本部
大阪地方協力本部
兵庫地方協力本部
奈良地方協力本部
和歌山地方協力本部

中国鎮守府管内(海軍呉基地)

鳥取地方協力本部
自衛隊島根地方協力本部
自衛隊岡山地方協力本部
自衛隊広島地方協力本部
自衛隊山口地方協力本部

南海鎮守府(徳島駐屯地)

自衛隊徳島地方協力本部
自衛隊香川地方協力本部
自衛隊愛媛地方協力本部
自衛隊高知地方協力本部

九州鎮守府(博多駐屯地)管内

自衛隊福岡地方協力本部
自衛隊佐賀地方協力本部
自衛隊長崎地方協力本部
自衛隊大分地方協力本部
自衛隊熊本地方協力本部
自衛隊宮崎地方協力本部
自衛隊鹿児島地方協力本部

琉球鎮守府管内(那覇駐屯地)

沖縄地方協力本部