AS > ラティアス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラティアス

タイプ1 タイプ2 とくせい1 とくせい2
ドラゴン エスパー ふゆう -
H A B C D S
80 80 90 110 130 110

考察・議論

攻撃に重視しすぎるとラティオスの劣化となる。
ラティオスとは耐久で差別化していこう。

型紹介

ポケモンの育成の基本や型を載せるスペースです。
ご自由に編集、議論なさってください。

型名 能力調節型
性格 おくびょう
特性 ふゆう
持ち物 こころのしずく
努力値 H156 C100 S252
確定技 サイコブースト ドラゴンクロー 10万ボルト なみのり
有名な調整であるC143ラティ仕様の型のアルタイルシリウス版。
ラティオスでの調整は負担が多く、確実な耐久調整はラティアスが再安定である。
6vの時の実数値 175-×-110-143-150-178
雫補正ありで 175-×-110-214.5-225-178
Hは4n-1、特攻はC182雫ラティオスのサイコブースト耐えを1.5発で落とす調整となっている。

型名 瞑想受け型
性格 ずぶといorおだやか
特性 ふゆう
持ち物 ラムのみorたべのこし
努力値 HB252 D6
確定技 めいそう
選択技 ドラゴンクロー あまえるorリフレクター じこさいせい
B捨ててSに振っても良い。
あまえるは重ねがけでき、リフレクターは相手が交代しても効果が永続するため使いやすい方で決めよう。

Name
Comment