※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

やすな「はぁー、かわいいなぁ」

ソーニャ「何よんでるんだ?」

やすな「ペットのカタログ!!」

ソーニャ「ふーん」

やすな「ソーニャちゃんはペット買うなら犬?ネコ?カラス?」

ソーニャ「どれもいらん。ペットなんて邪魔なだけだろ」

やすな「えーかわいいよぉ」

ソーニャ「どこがだ。特に犬なんて獰猛だし、言うこと聞かないし、すぐ噛むし」

やすな「ソーニャちゃんって犬が苦手なんだっけ?」

ソーニャ「別に」

やすな「ああ、犬、も、苦手なんだっけ?」

ソーニャ「殺すぞ?」


放課後 通学路

やすな「犬はいいよー。やっぱり買うならヨークシャテリアだね」

やすな「ああ、でもシーズーもいいかも」

ソーニャ「発情期になればキャンキャンうるさいだろ」

やすな「いやいや。そんなの―――」

クーン……クーン……

やすな「お?」トコトコ

ソーニャ「どうした?」

やすな「ソーニャちゃん、みてみて!!捨て犬ー」テテテッ

犬「ワン!」

ソーニャ「おわぁ!!!こっちにもってくるなぁ!!」

やすな「子犬もダメなの?」

ソーニャ「な、なにされるかわかんないだろう……」プルプル

やすな「えー?かわいいのにぃー」

犬「ワン!」

やすな「ほらほらー」

ソーニャ「やめろ!近づけるな!!早く元の場所に戻して来い!!」

やすな「でも、かわいそうだよ?」

ソーニャ「拾うならそれ相応の覚悟をもって拾え」

やすな「どういうこと?」

ソーニャ「捨てられた命を拾い上げるなら最後まで面倒を見ろってことだ」

やすな「ふーん……」

ソーニャ「……」

やすな「よし!!君の名前は、ソーニャ2号だ!!」

犬「ワン!」

ソーニャ「てめぇ!!」

やすな「これからよろしくねー、ソーニャ2号?」ナデナデ

犬「ワン!」

ソーニャ「おまえその名前で飼うのかよ!?」

やすな「え?飼わないよ?」

ソーニャ「はぁ!?」

やすな「お母さんがダメっていうと思う」

ソーニャ「じゃあ、諦めろ。元の場所に―――」

やすな「やだ!!かわいそう!!ソーニャちゃんの鬼畜!!」

ソーニャ「飼わないんだろ!?」

やすな「ソーニャちゃんが飼えばいいじゃない!!」

ソーニャ「やだよ!?」

やすな「ほらほらー、かわいいよー」

犬「ワン!」

ソーニャ「ひぃぃぃ!?!??」

ソーニャ「そ、それ以上近づけてみろ!!絶対に許さん!!」ガクガク

やすな「そんな電柱の影から凄まれても……」

ソーニャ「……」ガクガク

やすな「じゃあ、この子どうしよう……」

ソーニャ「だから元の場所にだなぁ」

やすな「そうだ!!飼ってくれる人を探そう!!」

ソーニャ「は?」

やすな「ね?ソーニャちゃん?」

ソーニャ「勝手にしろ。私は付き合わないぞ」

やすな「えー!?なんでー!??」

ソーニャ「じゃあな」スタスタ

やすな「ソーニャちゃぁぁん!!」

やすな「……」

犬「ワン!」

やすな「いいもん。私一人でも探すもん!!」

ピンポーン

「はい?」

やすな「すいません!この子犬飼いませんか!?」

「け、結構です」

バタン

やすな「……次っ!!」

犬「ワン!」


「―――もう飼ってるから」

やすな「そうですか……」


「―――いらない」

やすな「そこをなんとか!!」

「ごめんね」バタン

やすな「あ……」

犬「ワン!」


夕方 公園

やすな「はぁ……なかなか、いないなぁ……」

犬「ワン」

やすな「こんなにソーニャ2号はかわいいのにね」ナデナデ

犬「ワン」

やすな「……」

やすな「そうだ!!困ったときのあぎりさん!!」

やすな「あーぎーりーさーん!!!!」

あぎり「はぁ~い」シュタ

やすな「あぎりさん!!」

あぎり「なにかおこまりのようですね~?」

やすな「この子、飼いませんか!?」

あぎり「え~?」

犬「ワン!!」

やすな「どうですか!?」

あぎり「かわい~ぃ~」ナデナデ

犬「ワン!!」

やすな「あぎりさん……もしかして……」

あぎり「かいませ~ん」

やすな「ガーン……」

犬「ワン」

あぎり「うち、ペット禁止なんで~」

やすな「そ、そんな……。じゃ、じゃあ!犬を欲しがってる人は知りませんか!?」

あぎり「まったく~」

やすな「そうですか……」

あぎり「いちたすいちは~?」

犬「ワン!!」

あぎり「かしこ~い」ナデナデ

やすな「うぅ……どうしよう……」



「だめだめ」

やすな「そんなこといわず……」

バタン

やすな「くそぅ……くそぅ……」

犬「クーン……」

やすな「あ、お腹すいたよね。なんか買いにいこっか!」

犬「ワン!!」

やすな「コンビニだー!!」

犬「ワン!!」

ソーニャ「やすな?」

やすな「あ、ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「お前、こんな時間までなにやって―――げっ!?」

やすな「ソーニャちゃぁぁん!!」テテテッ

ソーニャ「犬を抱いたままこっちにくんなぁ!!!」


公園

犬「……」モグモグ

やすな「おいしい?」

犬「ワン!」

やすな「ふふ」

ソーニャ「飼い主、見つからないのか」

やすな「世知辛い世の中だよね、全く」

ソーニャ「もう諦めろ。元の場所に戻してこい。もしかしたら拾ってくれるやつが現れるかもしれない」

やすな「でも、先に保健所につれていかれちゃうかもしれないよ?」

ソーニャ「それはそうだけど」

やすな「ソーニャちゃん!!ソーニャ2号を……!!!」

ソーニャ「かわん!!お前が拾ったならお前が面倒を見ろ!!」

やすな「そんなこといわずにぃぃ」ギュゥゥ

ソーニャ「ふんっ!!」グキッ

やすな「あぃたぁ!!!」

犬「ワン!!」

やすな「お、もう食べたの?じゃあ、いこっか!!」ギュッ

犬「ワン!」

ソーニャ「おい。今から探す気か!?」

やすな「うん。まだ8時だし」

ソーニャ「もう8時だ。やめろ」

やすな「やだよ。きっといるもん!!ソーニャ2号を飼ってくれる人!!」

ソーニャ「おい……」

やすな「よっしゃー!!さがすよー!!」

犬「ワン!!」

ソーニャ「……」

ソーニャ「勝手にしろ……アホめ……」

やすな「―――いない」

犬「クーン」

やすな「そんなぁ……こんなに可愛いソーニャ2号を飼ってくれる人がいないなんてぇ……」

犬「……」

やすな「くそぅ……もう10時だし……帰らないと……」

犬「クーン……」

やすな「……ごめんね。また、明日くるから」

犬「クーン……クーン……」

やすな「ごめん!ほんとうにごめんね!!」

犬「……」

やすな「あぁぁ……よ、よし!!ロスタイム突入!!まだ、探すよ!!安心して!!」

犬「ワン!!」

やすな「諦めたらそこで終わりだよ!ソーニャ2号!!」

犬「ワン!!」


やすな「……はぁ……だめ……もう日付が変わった……」

犬「……」

やすな「ソーニャ2号も寝ちゃったし……どうしよう……どうしよう……」

ソーニャ「おい」

やすな「わぁ!?!?」

犬「キャン!!」

ソーニャ「私だ」

やすな「ソーニャちゃん……?」

ソーニャ「今日は諦めろ」

やすな「でも……」

ソーニャ「……分かった。私の家で預かる」

やすな「え?」

ソーニャ「今日だけだ。いいな?」

やすな「ソーニャちゃん……!!」

ソーニャ「で、でも、犬はお前が私の家まで連れて来い。いいな?」


あぎり「あ~おかえり~」

やすな「あれれー?あぎりさん?」

あぎり「子犬を隔離する小屋はできてますよ~」

ソーニャ「悪いな」

やすな「すご~い!!こんなの作ったんですか!!?」

あぎり「はい~。ソーニャが部屋には入れないようにしたいっていうから~」

やすな「も、もしかして……最初から飼うつもりで……!!」

ソーニャ「違う!!……お前が本気なのを確認したからだ」

やすな「本気?」

ソーニャ「やすながすぐに投げ出すなら絶対に協力なんてしなかった」

やすな「ソーニャちゃん……」

ソーニャ「いいか!!今日だけ!!犬を預かるのは今日だけだ!!明日中に絶対に飼い主を見つけろ!!」

やすな「うんっ!!がんばるよ!!」

ソーニャ「ふん……」

あぎり「うふふ~」

犬「ワン!!」

やすな「じゃあね、ソーニャ2号!!」

あぎり「では~目隠ししてくださ~い」

やすな「はーい」

ソーニャ「あぎり、やすなを頼む」

あぎり「わかりました~」

犬「ワン!!ワン!!」

ソーニャ「さてと、寝るか……」

犬「ハッハッハッハ……」トコトコ

ソーニャ「うわぁ!?おい!!こっちにくるな!!」

犬「クーン」

ソーニャ「いいか!!お前はその範囲から動くな!!」

犬「ワン!!」

ソーニャ「そうだ、それでいい……」

犬「……」


翌朝

ペロペロ……

ソーニャ「ん……?」

犬「ワン!」

ソーニャ「ひっ……!?!?」

犬「ハッハッハッハ」

ソーニャ「ぎゃぁあああああ??!?!」

犬「ワン」

ソーニャ「お、おおお。おまえ!!!何してんだ!!!このやろう!!!」

犬「クーン……」

ソーニャ「……」ガクガク

ソーニャ「これだから犬は嫌いだ……」

犬「クーン……クーン……」

ソーニャ「なんだよ。うるさいな……」

ソーニャ「さてと、学校にいくか……」

犬「ワン!!」

ソーニャ「近づくな!!」

犬「クーン」

ソーニャ「早くやすなに飼い主を探してもらわないとな……」

ソーニャ「こっちの身がもたない」

ソーニャ「……」

犬「ワン!!」

ソーニャ「いってきます」

犬「ワン!!」

ソーニャ「ふん……」


学校

やすな「ソーニャちゃん!!おっはよ!!」

ソーニャ「やすな。飼い主の当ては?」

やすな「友達にも聞いてみたけど、だめだって」

ソーニャ「なにぃ?」

やすな「でもでも、ソーニャ2号は今ソーニャ1号の家に―――」

ソーニャ「……」グキッ

やすな「たっぁ!?」

ソーニャ「ちゃんと探せ。お前が見つけられないなら、私が責任をもって保健所に連れて行く」

やすな「そんなぁ~!!」

ソーニャ「1日だけっていっただろ」

やすな「うぅ……」

ソーニャ「ま、がんばれ」

昼休み

ソーニャ「あれ?やすながいないな」

ソーニャ「ま、どうでもいいか」

ピンポンパンポーン

ソーニャ「ん?」

やすな『えーマイクテストマイクテスト』

ソーニャ「……」モグモグ

やすな『ソーニャ2号いりませんかぁー!!!』

ザワザワ……

「ソーニャ?」

「ソーニャ?あのソーニャ?」

ソーニャ「あいつぅ……!!!」

やすな『犬です!!ソーニャ2号は犬なんです!!』

「ソーニャって犬なのか」

ソーニャ「ころすっ!!!」

ソーニャ「言い方を考えろぉ!!!」グキィ

やすな「いたたたたたたた!!!!!ごめんなさい!!!!なんかごめんなさい!!!!」

ソーニャ「ホントにバカだな、お前」

やすな「ちぇー……良い方法だと思ったのにぃ」

ソーニャ「だから、放送の内容がおかしいんだ」

やすな「じゃあ、どうしたらのいいの?」

ソーニャ「普通に犬を飼ってくれる人でいいだろ」

やすな「よくわかんないなぁ。ソーニャちゃん、お願い」

ソーニャ「やだよ」

やすな「でも、原稿がないと難しいし」

ソーニャ「……」

やすな「や、やります」

ソーニャ「はやくしろ」

やすな「はいはい……」


やすな「―――もし、興味があれば折部やすなまでお願いします」

ソーニャ「できるじゃないか」

やすな「まぁね」ムフー

ソーニャ「……むかつくな」

やすな「これできっと大丈夫だよね、ソーニャちゃん!!」

ソーニャ「そうだな。早く飯にするぞ」

やすな「はーい。あ、そういえば。ソーニャ2号にお昼ご飯は用意してあげたの?」

ソーニャ「は?」

やすな「は?って……もしかして……ソーニャちゃん……」

ソーニャ「いや、無理だろ。昼に餌をやるなんて」

やすな「水は?!水は用意してあげてるよね!?」

ソーニャ「……」

やすな「……」

ソーニャ「……え?やばいのか?」

やすな「ソーニャちゃん!!!死んじゃうよ!!まだソーニャ2号は子犬なんだよ!?」

ソーニャ「いや、犬なんて飼ったことないし……」

やすな「だめだよ!!だめだめソーニャちゃんだよぉ!!」

ソーニャ「な、なんだとぉ!?」

やすな「今頃、餓死してるよ!!」

ソーニャ「1日で餓死するかよ」

やすな「あぁぁ……ソーニャ2号……ソーニャ2号……」

ソーニャ「馬鹿馬鹿しい」

やすな「ソーニャちゃん!!ソーニャ2号がどうなってもいいの?!」

ソーニャ「別に気にしない」

やすな「自分の子どもなのに?!」

ソーニャ「誰の子どもだ!?誰の!?私は犬なんて産まん!!」

やすな「ソーニャちゃぁぁん……お願いだから様子だけでも……」

ソーニャ「やだよ。めんどくさい」

やすな「うぅ……もうあえないんだね……ソーニャ2号ぉ……」ウルウル

ソーニャ「……」


授業中

やすな「はぁ……だいじょうぶかなぁ……」ソワソワ

ソーニャ「……」

やすな「いまごろ……さびしくないてるのかなぁ……」

ソーニャ「……」

やすな「はぁ……ぁ……ソーニャ2号ぉ……」

ソーニャ「……」ピクッ

やすな「かわいそうな……ソーニャ2号……」チラッ

ソーニャ「……」

ソーニャ(いや、ありえない。1日で餓死なんて……)

ソーニャ(でも……脱水症状……とか……は……あるのか……?)

ソーニャ「ちっ……」イライラ

やすな「……」


やすみじかん

ソーニャ「……」ガタッ

やすな「どっかいくの?」

ソーニャ「トイレ」

やすな「そう……はぁ……」

ソーニャ「……」スタスタ

あぎり「あっれ~?どこにいくの~?」

ソーニャ「トイレ」

あぎり「トイレはむこうですよ~」

ソーニャ「え?あ、そうか。そうだったな」

あぎり「ん~?」

ソーニャ「なんでもない!!」

あぎり「まだなにもいってないけど~?」

ソーニャ「ちっ……」スタスタ

やすな「……ん?」

やすな「ソーニャちゃん……?」


グラウンド

ソーニャ「くそ……なんで私が……くそ……」ダダダッ

ソーニャ「はぁ……はぁ……」ダダダッ


やすな「……」

あぎり「ソーニャ、どこにいくんでしょ~ね~」

やすな「トイレっていってました」

あぎり「随分遠くまでいくんですね~」

やすな「ですねー」