※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • キルその1
一撃必中 2×4=8(にしがはち)
三歩進んで五歩下がる
地獄の技の応酬に
咲いて散るのは彼岸花
のり巻き 太巻き 真知子巻き
獣の毒手が死を誘う
六波羅蜜を飛び越えて
七転八倒 重労働

次回 「キルミーベイベー」
キルその2
「わざぬんちゃくでくまふうせん」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその2
一難去って また一難
生まれてきたのは三男坊
スプーン曲げて サジ投げて
ワラをもすがる アメフラシ
謎の八重歯がキラリと光りゃ
知恵を絞って夢土俵
天が嘆くか 地が泣くか
夜のしじまに愛が散る

次回 「キルミーベイベー」
キル その3
「えすぱのろえばあめずもう」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその3
イチかバチかの大ばくち
なだめすかして 蝉時雨
棒とカップの化かし合い
刺客四面の泥仕合
IがIして IせばIす
とかく この世は伏魔殿
五臓六腑に染み渡る
百鬼夜行の花吹雪

次回 「キルミーベイベー」
キル その4
「あいするすいかよがしかく」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその4
一子相伝 二者択一
ゼニの花咲く修羅の道
虫取り 尺取り 揚げ足取って
波のまにまに風が舞う
幼き日々のおはやしに
操る指は死の香り
煉獄火炎のただ中で
歌う調べは鎮魂歌(レクイエム)

次回 「キルミーベイベー」
キル その5
「むしをまつりてうみにんぎょう」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその5
一気呵成の女郎蜘蛛
風吹く街の あだ花か
今日は南極 あしたは四国
歌舞音曲に国士無双
からくり やりくり 膝栗毛
ヘクトパスカル ミリバール
煙たなびく地の果てに
見よ 禁断のイスカリオテ

次回 「キルミーベイベー」
キル その6
「へそからくりでてるごおり」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその6
一蓮托生 闇がらす
酔って焦がれて日が暮れる
文化並べて水飲めば
いななく馬もマクリ差す
命知らずの丸い玉
刺して刺されてササニシキ
誘う しじまの紅が
黒く染まって奈落道

次回 「キルミーベイベー」
キル その7
「ぶんかおてだまできばせん」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその7
一姫二太郎 三国志
小首傾げて 涙雨
俺とお前の一斗缶
油地獄の向かい風
流れる旋律(しらべ)たゆたえば
知らぬ存ぜぬターゲット
霞む白夜の端境は
HELLとHEAVENの毒林檎

次回 「キルミーベイベー」
キル その8
「はまりかなでりつきささり」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその8
一網打尽の旗頭
阿修羅 眺めて暮れなずむ
なくし見つけて襲われて
空虚はるばる バルトロマイ
運を頼りの神頼み
明日なき我を慈しむ
熱波蒸気の月かげろう
混濁破戒 闇を斬る

次回 「キルミーベイベー」
キル その9
「つりつちのこしわすれえだ」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその9
一日千秋 未練鳩
命からがら雲隠れ
寒さしのぎの衣手に
雪は降りつつ風邪模様
操り飛べば待ちわびて
赤と緑の地獄行き
誓いさざめく罪と罰
過ぎる霧氷に何を思う!

次回 「キルミーベイベー」
キル その10
「さんたつららてゆきだるむ」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその10
一も二もなく向かい風
騒ぐ稲穂は宵の口
竹が光って桃が割れ
鶴が鳴く鳴く風呂入る
鬼が西向きゃ凧ひがし
食って詰まって夢うつつ
架かる天河の瞬きは
七擒七縦 地獄門

次回 「キルミーベイベー」
キル その11
「ふろたこもちてはつゆめし」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその11
1泊2日の遣唐使
2泊3日の逃避行
騙る暴挙 血の虜
漂う香り 薄荷脳
落ちる間際のゆりかごに
ゆがむ記憶は ほろ苦く
散る波越えて叫べども
暴き魔爪に風すさむ

次回 「キルミーベイベー」
キル その12
「ちょこがねむけてけがしっぷ」
さて どうする? 折部やすな


  • キルその12
一点突破 乱れ咲き
時空鮮烈 万死の儀
冷酷非道の鉄のかせ
哀れ積み箱 時刻む
生まれいずるは苦しみに
去りゆく途は別れ川
有為転変にさすらうは
人の世の常 心意気

次回 「キルミーベイベー」
ザ・ラストキル
「きるがみーしてべいべする」
答えは お前の中にある