デジタルサイネージの可能性


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在は、広告を印刷しては、ポスターや店先に看板としてだしていた。それから、序所に時代がながれ、電子化、LED化か進んできている。当然、リアルタイムに表示変更でき
ることにこしたことはないし、勣いた方が、お客の目にも留まり安い。

しかし、デジクルサイネージ事業は今後は伸びると予想はされているものの、単に電子テレビの置き換えというわけにはいかないだろう。このコンテンツ配信のクオリテイーにか
かっていると言っても過言ではない。質の高いコンテンツをリアルタイムに変更するには、それなりの技術と資金が必要だ。

そういう中でクラウド型デジタルサイネージというのが、最近注目されている。サーバー側でコンテンツをテンプレート化して作成してくれる。
うまくはまると、力を発揮できそうだが、どれだけニーズかおるのか知りたい