チェックサムとは


チェックサムとは、誤り検出符号の一つで、値その物を指すこともある。
「check sum」を直訳すると「合計で確認する」となり、その名の通り通信データやファイルデータの値の合計を計算し、通信データや圧縮ファイルに破損がないか確認する。

チェックサムの使用例

データ「CA FE 07 77」を送信する場合
■送信側
  1. データの合計を求める → 「02 64」
  2. 下位1バイトをチェックサムとする → 「64」
  3. データ「CA FE 07 77」とチェックサム「64」を送信する。

■受信側
  1. データを受信
    1. データ「CA FE 07 77」とチェックサム「64」
  2. 受信側でもデータの合計を求める → 「02 64」
  3. 下位1バイトをチェックサムとする → 「64」
  4. 受信したチェックサムと、計算して求めたチェックサムを比較する。
    1. チェックサムが同じなら、通信データに破損はない。
    2. チェックサムが違っていれば、通信データが破損していると考えられる。