問27 MRPの特徴はどれか。

ア 顧客の注文を受けてから製品の生産を行う。
イ 作業支持票を利用して作業指示、運搬支持をする。
ウ 製品の開発、設計、生産準備を同時並行で行う。
エ 製品の基準生産計画を基に、部品の手配数量を算出する。


正解 エ


解説

生産管理手法に関する問題です。
どの生産管理手法も、高度に管理しようとするとIT技術の力が必要となりますが、だからといっていちいち覚えてられませんよね。。。

ア 不正解
BTO(Build to Order manufacturing)受注生産の説明です。
BTOと言えばパソコンの通信販売を思い浮かべるほど有名ですが、日本語にすると聞き覚えのある「受注生産」になります。

イ 不正解
JIT(Just in Time ジャストインタイム)ジャストインタイム生産方式の説明です。
トヨタ自動車の生産方式として有名なカンバン生産方式を英語にするとJITとなります。
コンピュータに管理された作業指示票をもとに生産、運搬を行うことで、リードタイムの短縮と不要な在庫の削減を同時に行います。

ウ 不正解
Concurrent Engineering コンカレントエンジニアリングの説明です。
コンカレントエンジニアリングとは、設計から製造にいたるさまざまな業務を同時並行的に処理することで,量産までの開発プロセスをできるだけ短期化する開発手法。コンカレント・エンジニアリング(Concurrent Engineering,CE)は,米国国防総省の研究機関DARPA(Defense Advanced research Project Agency)の兵器調達プロジェクトに関するレポートが始まりと言われている。

エ 正解
MRP(Materials Requirements Planning マテリアライズリクワイヤメンツプランニング)資材所要量計画とは、
販売計画から生産計画を立て、そこから必要な部品の手配を行う生産管理手法。
生産計画を中心とすることで、不要な部品の在庫を持たない、つまり資金の無駄を省き利益率を向上させる。