問28 ある会社の生産計画部では、毎月25日に次の手続で翌月分の計画生産量を決定している。8月分の計画生産量を求める式はどれか。

[手続き]
(1) 当月末の予想在庫量を、前月末の実在庫量と当月分の計画生産量と予想販売量から求める。
(2) 当月末の予想在庫量と、翌月分の予想販売量から、翌月末の予想在庫量が翌々月から3か月間の予想販売量と等しくなるように翌月分の計画生産量を決定する。

ア I6 + I7 - S7 + S8
イ S8 + S9 + S10 + S11 - I7
ウ S8 + S9 + S10 + S11 - I8
エ S9 + S10 + S11 - I7


正解 イ


解説

求めたいのは8月の計画生産量です。
問題文をよく見ていくと「翌月の計画生産量を決定する」というキーワードがあるので「翌月=8月」と考えればよいですね。

翌月=8月
当月=7月
翌々月=9月

ここから、手続きを読み替えて行くと以下のようになります。
(1) 7月末の予想在庫量を、6月末の実在庫量と7月分の計画生産量と予想販売量から求める。
(2) 7月末の予想在庫量と、8月分の予想販売量から、8月末の予想在庫量が9月から3か月間の予想販売量と等しくなるように8月分の計画生産量を決定する。

(1)の手続きを式にすると以下のようになります。

7月末の予想在庫量 = 6月末の実在庫量 + 7月分の計画生産量 - 7月分の予想販売量
さらに、手続き(2)では8月末の予想在庫量に言及しているので、(1)を応用して8月末の予想在庫量を計算する式を作ってみます。
8月末の予想在庫量 = 7月末の予想在庫量 + 8月分の計画生産量 - 8月分の予想販売量
ここから8月分の計画生産量を導く式に変形すると以下のようになります。
8月末の予想在庫量 = 7月末の予想在庫量 + 8月分の計画生産量 - 8月分の予想販売量

8月末の予想在庫量 + 8月分の予想販売量 = 7月末の予想在庫量 + 8月分の計画生産量

8月末の予想在庫量 + 8月分の予想販売量 - 7月末の予想在庫量 = 8月分の計画生産量
さらに、「8月末の予想在庫量が9月から3か月間の予想販売量と等しくなる」の部分から8月末の予想在庫量は以下のように展開できます。
8月末の予想在庫量 + 8月分の予想販売量 - 7月末の予想在庫量 = 8月分の計画生産量

9月から3か月間の予想販売量 + 8月分の予想販売量 - 7月末の予想在庫量 = 8月分の計画生産量

この式を回答と同じ形式にすると、「S8 + S9 + S10 + S11 - I7」となるため、正解はイです。