設問3 予約管理機能の不具合について(1)~(4)に答えよ。

(2) 表8を完成させるために、【m】~【r】に入れる適切な字句又は数字を答えよ。
【m】:5
【n】:42
【o】:6
【p】:55
【q】:5
【r】:60

解説

設問2につづいて、レースコンディションの穴埋め問題です。
本文抜粋
 更に、①空き状態であった予約枠を、顧客αが画面2で選択して画面3に進むのと並行して、同一の予約枠を顧客βが画面2で選択した場合、表8に示す順序で各処理が完了すると、顧客βの個人情報が顧客αの画面4に表示されてしまうことが確認できた。
 ちょうど下線①の部分がポイントです。設問2はレースコンディションの結果先に仮予約した人の情報が、後から仮予約した人の情報で上書きされてしまいましたが。今回は、「後から更新した人の情報が、先に更新した人の画面に表示される」という現象です。

表8の確認

表8 個人情報の漏えいにつながる処理の順序

順序 対象の顧客 処理 備考 解説
1 α 図5の60行目 「予約状況を確認し、仮予約を行っている」部分
2 α 図6の42行目 順序1の処理が完了し、10分以上経過してから実行される。 仮予約を確定するためにデータを読み出す
3 β 図【m】の【n】行目
4 α 図【o】の【p】行目
5 β 図【q】の【r】行目
6 α 図6の58行目 仮予約を確定にした後で、画面表示のために確定データを読み込む処理
順序2の備考「 順序1の処理が完了し、10分以上経過してから実行される。 」は画面2の説明にある以下の部分とリンクしています。
  • 予約枠が仮予約状態の場合、 仮予約の有効期間(10分間)を確認 し、有効期間を過ぎていれば、この顧客の仮予約に置き換えた後に、画面3が表示される。有効期間内の場合は予約失敗の画面(画面省略)が表示される。
「顧客αの仮予約の有効期間が過ぎてから予約確定をしようとしている」ということを読み取らせるヒントです。「有効期間が過ぎた」ということは、「顧客αの仮予約を取り消し、顧客βの仮予約とすることができる」ことを意味しています。

問題のソース

図6 サーブレット"KakuteiClick"

(管理人省略)
48:        // 予約状況が仮であり、自分の予約であることを確認する
49:        if (rsvStatus == RSV_KARI && rsvUserID.equals(loginUserID)) {
50:            // 予約状況を予約確定に変更する
51:            psUp.setInt(1, RSV_KARI); psUp.setString(2, loginUserID);
52:            psUp.setString(3, toShop); psUp.setString(4, serviceMenu);
53:            psUp.setLong(5, nowDateTime); psUp.setString(6, rsvDate);
54:            psUp.setString(7, rsvTime); psUp.setString(8, rsvBiyoshi);
55:            psUp.executeUpdate(); ← [ポイント1.予約確定に更新]
56:            psSel.setString(1, rsvDate); psSel.setString(2, rsvTime);
57:            psSetl.setString(3, rsvBiyoshi);
58:            rs = psSel.executeQuery(); ← [ポイント2.更新:結果を読み込んで画面に表示]
59:            (省略)[rs内のデータを基にして図4の画面4(予約確定)のHTML出力を行う]
60:        } else {
(管理人省略)

 αのトランザクションが [ポイント1.予約確定に更新] で更新してから、 [ポイント2.更新:結果を読み込んで画面に表示] でデータを読み込んで画面に表示している…この間にβのトランザクションが更新したら、「αの画面にβの情報が表示される」という現象が発生します。これを図にすると以下のようになります。

順序 対象の顧客 処理 備考
1 α 図6の55行目 [ポイント1.予約確定に更新]
2 β 図?の?行目
3 α 図6の58行目 [ポイント2.更新:結果を読み込んで画面に表示]

 順序2のβの更新はどこになるでしょうか?本文中の下線①に「同一の予約枠を顧客βが画面2で選択した場合」とあるので、画面2の説明を見てみましょう。

画面2 予約状況
(画像省略)
  • 各予約枠内で、○は仮予約状態又は空き状態を、×は予約済み状態を示す。
  • [○を選択するとサーブレット”WakuClick”が呼び出される。
  • その予約枠が空き状態であれば仮予約状態とした後に、画面3が表示される。
  • 予約枠が仮予約状態の場合、仮予約の有効期間(10分間)を確認し、 [有効期間を過ぎていれば、この顧客の仮予約に置き換え た後に、画面3が表示される。有効期間内の場合は予約失敗の画面(画面省略)が表示される。

[○を選択するとサーブレット”WakuClick”が呼び出される。 」「 [有効期間を過ぎていれば、この顧客の仮予約に置き換え 」とあるので、「図5の”WakuClick”で顧客βが、顧客αの仮予約を上書きした」と読めます。

図5 サーブレット"WakuClick" 抜粋

{{
(省略)
54:        // 予約状況が空きであることを確認し、仮予約処理を行う
55:        if (rsvStatus == RSV_AKI) {
56:            psUp.setInt(1, RSV_KARI); psUp.setString(2, loginUserID); psUp.setString(3, "");
57:            psUp.setString(4, ""); psUp.setLong(5, nowDateTime);
58:            psUp.setString(6, rsvDate);
59:            psUp.setString(7, rsvTime); psUp.setString(8, rsvBiyoshi);
60:            psUp.executeUpdate(); { ← [仮予約に更新]
61:            (省略)[図6の処理を引き継ぐために、選択した予約枠の情報をサーブレットのセッション情報に保存する]
62:            (省略)[画面3のHTML出力を行う]
(省略)
}}

図5 サーブレット"WakuClick"終わり


図5の60行目で顧客βの更新が入って、図6の58行目でそのデータを読み込み画面に表示しているのです。これを図に反映すると以下のようになります。

順序 対象の顧客 処理 備考
1 α 図6の55行目 ポイント1.予約確定に更新
2 β 図5の60行目 1と2の間に、顧客βの仮予約で更新
3 α 図6の58行目 ポイント2.更新:結果を読み込んで画面に表示

ちなみに、この図は、表8の順序456にそのまま該当するので、残るは順序3の処理だけです。

表8 個人情報の漏えいにつながる処理の順序

順序 対象の顧客 処理 備考
1 α 図5の60行目
2 α 図6の42行目 順序1の処理が完了し、10分以上経過してから実行される。
3 β 図【m】の【n】行目
4 α 55 行目
5 β 60 行目
6 α 図6の58行目

順序3は順序5が図5であることと、ここに登場する順序nは全てデータベースからの読み込みか書き込みであることから、同じ順序5のデータベース読み込み箇所を上げればよいと判断できます。

図5 サーブレット"WakuClick" 抜粋

{{
(省略)
37:        (省略)[前出の四つの変数の入力値チェックを行う]
38:        (省略)[入力値チェックで問題があったら、エラーのHTML出力を行って終了する]
39:
40:        // 選択された予約枠の予約状況を参照する
41:        psSel.setString(1, rsvDate); psSel.setString(2, rsvTime); psSetl.setString(3, rsvBiyoshi);
42:        ResultSet rs = psSel.executeQuery(); { ← [有効期限切れの枠を、仮予約に更新]
43:        rs.next();
44:        long lastDateTime = rs.getLong("LastUpdate");
(省略)
}}

図5 サーブレット"WakuClick"終わり


 上記の通り、図5サーブレット"WakuClikc"の中でデータを読み込んでいる箇所は42行のみなので、順序3には図5の42行目で表8は完成します。

表8 個人情報の漏えいにつながる処理の順序

順序 対象の顧客 処理 備考
1 α 図5の60行目
2 α 図6の42行目 順序1の処理が完了し、10分以上経過してから実行される。
3 β 42 行目
4 α 55 行目
5 β 60 行目
6 α 図6の58行目