CSVファイルを読み込みソートして出力するサンプル(qsort, strtok使用版)です。

目次


ポイント

  1. CSVファイルを読み込んで、一行ずつ構造体にセットします。
    1. strtok関数で","または"\nの位置を探して項目の文字を取り出します。
    2. strtok関数は、元の文字列に\0を差し込む事で、簡単に文字列を取り出せるようにしているみたいです。
  2. 構造体の配列をソートします。
    1. 項目ごとに分割しているので、好きな項目でソートできます。
    2. qsortで使うRecord構造体比較関数compRecordを作ります。
    3. qsortのパラメータは1.ソートするデータの配列 2.ソートするデータの個数 3.データ一個あたりのサイズ 4.比較関数のポインタです。
  3. 構造体をCSV形式で出力します。
    1. fprintf(fp, "%d","%s","%s", ...)でごりごりっと出力します。

前回C言語/サンプル/CSVファイルの読込ソート出力を作った後で、qsort関数とstrtok関数の存在を知ったので
今回はqsort strtok関数を使って修正しました。
きっと、自力でバブルソートするより早いし、ソースコードもちょっとすっきりしました。

サンプルソース

// C言語/サンプル/CSVファイル読込sort出力
// CSVファイルを読み込んで、構造体に設定しソートしてから再度CSVファイルに出力するサンプルです。
// qsort strtok使用版
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
 
// Record構造体
struct Record {
	// インデックス
	int idx;
	// タイトル
	char title[100];
	// 日付
	char date[11];
};
 
// CSVファイルから読み込んだ文字列をRecord構造体に設定します
void setRecord(struct Record* pR, char* str) {
	int i = 0;
	// 最初の","を探す
	char* pStr = strtok(&str[1], "\",\"");
	while (pStr) {
		switch (i) {
		case 0:
			// インデックス
			pR->idx = atoi(pStr);
			break;
		case 1:
			// タイトル
			strcpy(pR->title, pStr);
			break;
		case 2:
			// 日付
			strcpy(pR->date, pStr);
			break;
		default:
			break;
		}
		i++;
		// ","を探す
		pStr = strtok(NULL, "\",\"");
		if (pStr == NULL ) {
			// ","がない場合、最後の"を探す
			pStr = strtok(NULL, "\"\n");
		}
	}
 
}
 
// ポイント2.3 Record構造体比較関数を作ります。
// Record構造体比較関数
// qsortから呼び出され、比較結果を返す事でソートを実現します。
int compRecord(const void * p1, const void * p2) {
	struct Record *r1 = *((struct Record **)p1);
	struct Record *r2 = *((struct Record **)p2);
	// 文字列比較
	// ポイント2.2 構造体に入れたので好きな項目でソートできます
	int cmp = strcmp(r1->date, r2->date);
	if (cmp != 0) {
		// 日付が違う場合、strcmpの結果をそのまま返します
		return cmp;
	}
	// 日付が同じ場合、インデックスを比較します
	if(r1->idx > r2->idx) {
		return 1;
	} else if (r1->idx < r2->idx) {
		return -1;
	}
	// インデックスも同じ場合0を返します
	return 0;
}
 
// CSVファイル出力
void output(FILE* fp, struct Record** out, int size) {
	int i;
 
	printf("sort後\n");
	for (i = 0; i < size; i++) {
		// ポイント3 カンマ区切りの文字列を作成して出力します
		fprintf(fp, "\"%d\",\"%s\",\"%s\"\n", out[i]->idx, out[i]->title,
				out[i]->date);
		printf("\"%d\",\"%s\",\"%s\"\n", out[i]->idx, out[i]->title,
				out[i]->date);
	}
}
 
int main(int argc, char *argv[]) {
	char str[255];
	// 構造体の配列
	struct Record record[100];
	// 構造体のポインタの配列(ソート用)
	struct Record *sorted[100];
	int i = 0, size;
	// fopen(ファイル名, オプション)でファイルを開きます
	FILE* fpr = fopen(argv[1], "r");
	FILE* fpw = fopen(argv[2], "w");
	// ファイルを開けない場合、FILEのポインタがNULLになります
	if (fpr == NULL || fpw == NULL) {
		puts("ファイルが開けないよ!");
		return EXIT_FAILURE;
	}
	printf("sort前\n");
	// fgets(読み込むバッファ, バッファのサイズ, FILEのポインタ)で一行ずつ読み込みます
	while (fgets(str, 255, fpr)) {
		// 読み込んだ内容をそのまま出力
		printf(str);
		// ポイント1 読み込んだテキストを、分解して構造体の配列に設定します。
		// Record構造体にデータを設定
		setRecord(&record[i], str);
		i++;
	}
	// サイズを保存
	size = i;
 
	// 出力用ポインタ配列にRecordのポインタをすべて設定する
	for (i = 0; i < size; i++) {
		sorted[i] = &record[i];
	}
	// ポイント2 構造体の配列をソートします
	// qsortのパラメータは1.ソートするデータの配列 2.ソートするデータの個数 3.データ一個あたりのサイズ 4.比較関数のポインタ
	qsort(sorted, size, sizeof(sorted[0]), compRecord);
 
	// 出力ファイルに書き込みます
	output(fpw, sorted, size);
 
	// ファイルをクローズ
	fclose(fpr);
	fclose(fpw);
 
	return EXIT_SUCCESS;
}
 

読み込ませたCSVファイル sort.csv

"1","CSV読込ソート出力の","2011/01/01"
"2","テスト中","2012/10/01"
"3","読み込めてますかー","2010/09/10"
"4","もっと行を","2011/01/01"
"5","増やしてみましょう","2012/10/01"
"6","これぐらいかな?","2010/09/10"

実行結果


サンプルダウンロード

サンプルソース sortCsv2.c
読み込ませたCSV sort.csv

コメント(バグ、間違い、こんな情報が欲しい等ありましたら)

名前:

アンケート(このページの情報はお役に立ちましたか?)

順位 選択肢 得票数 得票率 投票
1 うざい 8 (53%)
2 役に立った 3 (20%)
3 "の条件が足りない 1 (7%)
4 ... 1 (7%)
5 分かりにくい 1 (7%)
6 楽しい 1 (7%)
7 役に立たない 0 (0%)
8 間違っている 0 (0%)
その他
投票総数 15