問29 親和図の特徴はどれか。

ア 原因と結果を対比させた図式表現であり、不良原因の追求に用いられる。

イ 錯綜した問題点や、まとまっていない意見、アイディアなどを整理し、まとめるために用いられる。

ウ 二つ以上の変数の相互関係を表すのに役立つ。

エ 分布の形、目標値からのばらつき状態などから、製品の品質の状態が規格値に対して満足いくものかなどを判断するために用いられる。