正解 エ 次の問題へ

問24 ソフトウェア開発・保守の工程において、リポジトリを構築する理由として、最も適切なものはどれか。

ア 各工程で検出した不良を管理することが可能になり、ソフトウェアの品質分析が用意になる。

イ 各工程での作業手順を定義することが容易になり、開発・保守時の作業ミスを防止することができる。

ウ 各工程での作業予定と実績を関連付けて管理することが可能になり、作業の進捗管理が用意になる。

エ 各工程での成果物を一元管理することによって、開発・保守作業の効率がよくなり、用語の統一もできる。

解説

ア 不正解
 バグトラッキングツールの説明です。

イ 不正解
 SLCP-JCF(Software LifeCycle Process Japan Common Frame)ソフトウェアライフサイクルプロセス共通フレームの説明と思われます。SLCPとは、ソフトウェアの構想・設計・開発・導入・運用・保守・破棄に至る各工程について、個々の作業内容や用語の意味などの標準的なモデルを示したものです。標準的なモデルと比較することで、作業手順を作るのが簡単になるのではと思います。

ウ 不正解
 ガントチャート、WBS(Work Breakdown Structure)の説明です。

エ 正解
 リポジトリ(repository 貯蔵庫)とは、ソフトウェア開発・保守における成果物を一元管理する構成管理ツールが管理する、まさしく貯蔵庫となる領域のことです。とても便利なツールで、開発・保守作業の効率も良くなります。