正解 ウ 次の問題へ

問8 SRAMと比較した場合のDRAMの特徴はどれか。

ア 主にキャッシュメモリとして使用される。
イ データを保持するためのリフレッシュ又はアクセス動作が不要である。
ウ メモリセル構成が単純なので、ビット当たりの単価が安くなる。
エ メモリセルにフリップフロップを用いてデータを保存する。

解説

ア 不正解
 主にキャッシュメモリとして使用されるのはSRAMです。

イ 不正解
 データ保持のためのリフレッシュやアクセス動作が不要なのはSRAMの特徴です。
DRAMはデータ保持のためのリフレッシュが必要なメモリのため不正解です。

ウ 正解
 DRAMの特徴です。
 SRAMは高価ですが高速なためキャッシュメモリなどによく利用され、DRAMはSRAMに比べて遅い代わりに安価なため主記憶装置に利用されます。

エ 不正解
 フリップフロップを用いてデータを記録するのはSRAMの特徴です。
DRAMはキャパシタ(コンデンサ)に電荷を蓄えることにより情報を記憶します。