問10 関係を第2正規形から第3正規形に変換する手順はどれか。

ア 候補キー以外の属性から、候補キーの一部の属性に対して関数従属性がある場合、その関係を分解する。

イ 候補キー以外の属性間に関数従属性がある場合、その関係を分解する。

ウ 候補キーの一部の属性から、候補キー以外の属性への関数従属性がある場合、その関係を分解する。

エ 一つの属性に複数の値が入っている場合、単一の値になるように分解する。