JListを表示するだけのサンプル

C:\のファイル一覧をJListで表示するサンプルです。

JListの使用手順
  1. 表示データ作成
  2. 表示データをリストモデルに設定
    1. JListを使う場合、通常リストモデルにデータを設定して、それをJListに与えます。
  3. リストモデルを使ってJListを作成
  4. JFrameやJPanelに追加
    1. JListのデータが増えると表示しきれなくなるため、スクロールペインを使ってスクロールできるようにします。

ソース ダウンロード-> JListSample.java

import java.awt.ScrollPane;
import java.io.File;
import javax.swing.DefaultListModel;
import javax.swing.JFrame;
import javax.swing.JList;
 
/*
 * JListを表示するだけのサンプル
 * C:\のファイル一覧をJListで表示する
 */
public class JListSample extends JFrame {
 
	JList list;
	DefaultListModel model;
 
	public JListSample(String title) {
		super(title);
 
		init();
 
		setDefaultCloseOperation(EXIT_ON_CLOSE);
		setBounds(100, 100, 300, 200);
		setVisible(true);
	}
 
	private void init() {
		// 表示データ作成
		File dir = new File("C:\\");
		File[] childs = dir.listFiles();
 
		// リストモデルを生成
		model = new DefaultListModel();
 
		// 表示データをリストモデルに設定
		for (File file : childs) {
			model.addElement(file);
		}
 
		// リストモデルを使ってJListを作成
		list = new JList(model);
 
		// リストモデルは通常スクロールペインを使います。
		ScrollPane sp = new ScrollPane();
		sp.add(list);
 
		add(sp);
 
	}
 
	public static void main(String[] args) {
		new JListSample("JListを使ってみよう");
	}
 
}