無機・分析化学演習Ⅰ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時間:前期月曜4限
担当:沼子准教授
出席:開始と同時。 呼んだときに間に合わなければ遅刻。厳しい。
テスト:期末のみ
レポート:なし

管理人B>管理人にとっては初めてのN子さんの授業だったんだけど,すでにイライラするよね。これから受ける人はN子さんの感じが分かっていると思うけど,寛大な心で授業を受けよう!必修だしね……授業体系は毎回4~5問を当てられた人が事前に解いておき発砲する。このときN子さんがうるさく突っ込むけど。それかわせば聞いてるだけの授業なので楽ではある。





以下は工藤先生のレビュー

管理人A>化学科3年の鬼門。無機演Ⅰ。
管理人Kはこの授業の評価が出た後工藤さんのことを○○”と呼ぶようになりました。
とにかく、留年がかかってる3年必修のなのに落とす気マンマン。テストの点数でバッツリ単位落とすゾーンとグレーゾーンに分けます。しかも!!!!!今までグレーゾーンは『写経』と噂される木田茂夫の無機化学のまとめ作成(手書きのみ可)だったのに、2008はテストでした。夏休み中に届く成績表に未評価とか書いてあったら、夏休み明けに呼び出し、10月だか11月だかに再テストだった模様。3問あって6割とれれば合格。



グレーゾーンの話はさておき、授業展開は、↓の問題を出席番号順に割り当てられてって毎週発表するスタイル。テストはそこからまんま出ます。出るものが分かってるんだから勉強すればとれるはずなんだが、まぁ、人間上手くいかないことってあるさ・・・・・・。ちなみに、普通に単位がくるゾーンの場合、発表点がよければ評価も上げ底される様子。



ちなみに問題がわからなければ、ぜひぜひ工藤さんに聞きにいってあげよう。あの人イライラしてるけど、質問に行くとかマジメに勉強する気を見せればちゃんと親切です。北風と太陽だよ諸君・・・・・・。



あと、その日のノルマ分の問題が終わると授業が速く終わります。でもそんなことをしても人望が集められるわけではないと言ってやりたい・・・・・・。



管理人K>
イライラする


中間
2005
2006
2016

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。