※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

85 neither

【副】~も~も・・・ない、【形】【代】どちらの~も・・・ない	 	 	 	

「AもBも~ない」という場合、Neither A nor B + 動詞 という形になる。
この場合、動詞の人称、数は主語Bに合わせる。
例えば、Neither she nor her sisters are wrong.(彼女も彼女の姉妹たちも間違っていない)では、are が用いられている。

名前:
コメント: