Syntax Highlighterを使う

ページの先頭などにこれを書く
#include(highlight)
ソースを表示したい箇所にこれを書く
#html2(){{
<pre class="brush: cpp;">
表示したいソースコード
</pre>
}}

サンプル

#include 
   
using namespace std; 
   
int main() 
{ 
    cout << "Hello " << endl << "World!" << endl; 
    return 0; 
}
このWikiではhtml2の変換により<>で囲ったものは無効になってしまう。
< iostream >
今のところのようにスペースを空ける方法がある。