みなさんこんにちは、今回はループというものについて説明します。
ループとは同じことを繰り返すことです。
しかし、プログラム上でループを作った場合は、何回か繰り返したところで終わるようにします。
そうしないと「無限ループ」に陥ってしまいエラーとなります。

while文

C言語でループを作る命令は2つあります。
for文 と while文 です。先に while から説明します。
まずは使ってみましょう。
int i = 0;  // ループ数

while(i < 10){ // iが10よりも小さい間はループ
	
	printf("%d\n",i); // iがいくつなのか表示

i++; // iに1ずつ足していく
}
while と書いた次の ( ) にループの続く条件を書きます。
上の例では (i < 10) と書いてあります。
ループの回数をカウントする変数の名前は基本的に i とすることになっています。
while文 はこの ( ) の中の条件が満たされているあいだループします。

i++; は i に 1をプラスする意味を持ち、インクリメントと呼びます。
i = i + 1; を省略した書き方です。

多重ループ

while文 の中に while文 を作ることもできます。
ループの中にループを作ると2重ループ、さらにその中にループを作れば3重ループとなります。
int i = 0;  // ループ1のループ数
int j = 0;  // ループ2のループ数

while(i < 10){  // ループ1
	j = 0;  // ループ2のループ数を初期化

	while(j < 10){  // ループ2
		printf("%d",j);  // ループ2のループ数を表示
		j++;
	}

	printf("\n");  // 改行

	i++;
}
2重ループの変数は j を、3重ループの変数は k を使うのが一般的です。

while文で2重ループする場合、必ずループに入る前にループ数を初期化してください。 
初期化しないと2ループ目以降の挙動がおかしくなります。
これを忘れることが多いので気をつけましょう。

do while文

do while文 というものを紹介します。 
一応使い方を説明しますが、あまり使うことはないので「こんなものもあるんだな~」程度で構いません。
do while文 は最低でも1回は処理をしてから、繰り返すかどうか判断します。
int num = 0;  // 入力された数値を入れる

int i = 0;  // ループ数

do{
	printf("%d回繰り返しました。\n",i);

	printf("数値を入力してください。\n0を入力すると終了です。\n");

	scanf("%d",&num);

	i++;

}while(num != 0);  // 0が入力されたら終了
上の例の場合、普通の while文 だと何も表示せずに終了します。

break

while文 は break を使うことで強制的に終了させることもできます。
int i = 0;
int num = 0;

printf("0を入力すると終了です。\n");

while(true){ //無限ループ
	printf("%d回ループしました。\n数値を入力してください。\n",i);
	
	scanf("%d",&num);  // 数値入力  

	// 0が入力されたら
	if(num == 0){
		break;  // ループを抜ける
	}

	i++;
}
上の例では (true) と書いてあります。 この場合 break がないと無限ループになってしまいます。

continue

ループを先頭に戻す命令として continue があります。
continue を使うとそこから下の処理を飛ばしてループの先頭に戻ります。

int num = 0;  // 入力された数値をいれる

printf("1から10の数値を入力してください。\n");

scanf("%d",&num);

int i = 0;  // ループ数
while(i < 10){
        i++;
	// もしループ数と入力された数値が同じなら
	if(i == num){
		continue;  // 以降の処理を飛ばす
	}
	printf("%d回ループしました。\n",i);
}