スコーラの進め方

スコーラは授業形式ではなく、自習形式です。

練習問題について

スコーラでは、途中で練習問題がでてきます。
練習問題が解けたら、必ず講師に解答を見せてください。

問題がわからない場合

まずは前の章を見直しましょう。
以前やったけど忘れている場合も多いので、大抵これで解決します。
それでもわからない場合は講師に聞きましょう。もしくはgoogle先生に聞きましょう。

プログラムの書き方・意義

プログラムには構造があり,構造ごとにプログラムを書くように努力しないと,構造が把握できるようになれない。
一番悪い書き方は,頭から1行ずつ写して書くこと。これは絶対にしてはならない。誤りやすく,いつまで経ってもプログラミングの学習が進まないバカな書き方である。このような書き方をすると,プログラムを書く能力は絶対に身に付かない。

コンピュータ部へ

自習形式なので、家でも進められます。
スコーラで教えてることは初歩の初歩だけなので、
どんどん進めて早く終わらせましょう。
早く終われば早くゲーム作成に取り掛かれます。