キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.S-61


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 小さいリヴィエール様も…可愛い…。
    ・フライヤがゼクロムの犠牲に!?
    ・ミカエ、まさかの死亡。
    ・そんな中、私達は屋敷の中でゆったりとケーキを食べてました。
    なんだろう…この死闘の予感は…。 -- あらすじ:デメラ
  • りう゛ぃえーるだよ!
    なんだかそとがさわがしいね。なにかあったのかな?
    デメラ「そういえば…」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • アテナ「は? 天上界を滅ぼしたですって!?」
    レオン「ますます許せねぇな…」
    ダルタン「…」 -- 屋敷右側
  • 劔「…」
    レシラム「ゼクロム、貴様ァァァ!!」
    バハムート「まさか...スペルムまでもがやられたのか...!?」
    ゼクロム「ははははははっ!!」 -- 屋敷右側にて
  • さっきからぼ...ゼクロムの高笑いがうるさいな...。 -- 屋敷内のキュレム
  • アテナ「ミカエ様を殺したのは貴方達ね!?」
    シンボラー「ソノトーリ♪ スペルムノヤロウハネサセテヤッタ」
    レオン「この外道共が…」
    ダルタン「…すみません、スペルムって誰ですか?」← -- 屋敷右側
  • ぜくろむ?
    デメラ「墨汁として有名な黒竜さんでしたっけ」← -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「あの鬼畜天使...意外と呆気なかったがな!はははっ!!」
    劔「ミカエを...馬鹿にするなっ...!」
    レシラム「…」
    バハムート「ダルタン...(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • そうだ、墨汁として名高い黒竜の事だ。←
    にしては...どうも様子が変だ...。 -- 屋敷内のキュレム
  • シンボラー「タシカニアッケナカッタネー♪」
    アテナ「許さない…絶対に許さない…!」
    レオン「…覚悟しろ」
    解説:時誼「時誼です。スペルムとは空間の神。以前は邪神になっていたみたいだよ」
    ダルタン「なるほど!」 -- 屋敷右側
  • うにゃ?
    デメラ「…すごく強い気を感じるわ」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「覚悟するのはどっちかなぁ?」
    劔「…(刀を構える)」
    レシラム「灰にするつもりで行くぞ...」
    バハムート「時誼、すまないな...(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • ゼクロムにしては...力が強大すぎる! -- 屋敷内のキュレム
  • シンボラー「イマノアニキニカテルトオモウナヨゥ?」
    アテナ「少しでも可能性があるのなら、私はその可能性に賭ける!」
    レオン「行くぞ、ライバーン」(ギャウ!)
    時誼「…ちなみに俺の存在も忘れられてました」
    ダルタン「…(汗)」 -- 屋敷右側
  • ほんとー?(窓の外を見る)
    デメラ「…」
    ツヴェキ「(キュレム達のもとに来た)はぁ…はぁ…」
    ボヒロンザ「(同上)zzz」← -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「レシラム、てめぇに俺は倒せねぇよ!」
    レシラム「馬鹿が...体がデカくなっても、我には勝てんぞ!」
    劔「今回はノーマルで行かせてもらおうか!」
    バハムート「…(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • 何が起こっているのだ...!?
    Mバハムート「キュレム、オ主モイタノカ」 -- 屋敷内のキュレム
  • シンボラー「バーカ、デカクナッタダケナワケガネーダロwww」
    アテナ「お黙り!(シンボラーに向けて槍を投げる)」
    レオン「アテナ!?」
    時誼「…で、今何が起きているのか説明してくれない?」
    ダルタン「ん、いいよ~(時誼に今起きていることを説明した)」 -- 屋敷右側
  • でっか!
    デメラ「機械仕掛けのドラゴンさん!」
    ツヴェキ「これ…もしかして…」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「ふんっ!(シンボラーに向けられた槍をはたき落とす)」
    レシラム「!」
    劔「…(ゼクロムとの距離を詰めていく)」 -- 屋敷右側にて
  • メカのバハムート!
    Mバハムート「我ハ退避シテキタ」 -- 屋敷内のキュレム
  • シンボラー「アハハ、サスガハアニキ!」
    アテナ「なんてこと… !(戻ってきた槍を回避)」
    レオン「…行くぞ、相棒!(ライバーンに騎乗)」(ギャウー!(上空に飛び上がる))
    時誼「なるほどねぇ」
    ダルタン「…(少しずつゼクロムに近寄る)」 -- 屋敷右側
  • うみゃ?
    デメラ「あなたも…?」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「その程度かぁ?」
    レシラム「舐めるなッ!(空に飛び上がる)」
    劔「…(ゼクロムに近寄りつつ、ダルタンの方を見る)」
    バハムート「…」 -- 屋敷右側にて
  • お前もか...
    Mバハムート「向コウハ、バハムート達二任セテキタノダ」 -- 屋敷内のキュレム
  • アテナ「だけど、諦めはしないわ」
    シンボラー「セイゼイアガクトイイヨ~♪」
    時誼「…んじゃね(空間に隠れた)」
    ダルタン「…(劔の方を見る)」 -- 屋敷右側
  • そーなのかー。
    デメラ「でも、大丈夫なの?」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • レシラム「はぁぁぁっ!!(ゼクロムに竜の波動を放つ)」
    ゼクロム「温いぜ!(同じく竜の波動で相殺)」
    劔「…(準備はいい?)」
    バハムート「我も参戦するか...(飛び上がる)」 -- 屋敷右側にて
  • …大丈夫なのか?
    Mバハムート「…分カラヌ」 -- 屋敷内のキュレム
  • アテナ「…(でも、どうすれば…)」
    シンボラー「ナンニンカカッテキテモムダムダ☆」
    レオン「てりゃっ! いっくぜー!(シンボラーの頭上めがけて急降下!)」
    ダルタン「…(できてるよ)」 -- 屋敷右側
  • だいじょうぶとかじゃない。かれらをしんじてあげようよ。
    デメラ「リヴィエール様?」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • レシラム「ふん...それくらいは予想済みだ!」
    ゼクロム「そうか」
    劔「…(んじゃ...行くよ!)」(刀を構える)
    バハムート「無駄かどうか...見せてやろう!(シンボラーにアトミックレイを放つ)」 -- 屋敷右側にて
  • リヴィエール...?
    Mバハムート「…」 -- 屋敷内のキュレム
  • シンボラー「アニキゴメンナサーイ(レオンのドラゴンアタックとバハムートのアトミックレイにより0/3800、墜落)」
    レオン「よし、一体撃破!」
    ダルタン「…(うん!)(レイピアを構え直す)」 -- 屋敷右側
  • しんぱいするくらいだったら、おうえんしてあげればいいじゃない。
    デメラ「…そうね」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「シンボラーがやられたか...」
    レシラム「よし!一気にたたみ掛けるぞ!」
    バハムート「うむ!」
    劔「剣技壱拾参式...神速剣・暁!(目にも留まらぬ早さでゼクロムを何度も斬りつけた!)」 -- 屋敷右側にて
  • …うむ、そうだな。
    Mバハムート「…」 -- 屋敷内のキュレム
  • ダルタン「せいっ、とぉっ、やぁっ!(ゼクロムに連撃を放ち、その後会心の一撃を放つ)」
    レオン「ライバーン、もう一回だ!」(ギャウ!(了解!))
    アテナ「…行くわよ!」 -- 屋敷右側
  • やみになんかまけるなー!って。
    デメラ「…はい!」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • レシラム「はぁぁぁぁぁっ!!(ゼクロムにクロスフレイムを放つ)」
    バハムート「メガフレアッ!(ゼクロムにメガフレア)」
    劔「ふぅ…」
    ゼクロム「ガグァッ!!(35000/60000)小癪な雑魚共がぁ...!!(辺りに雷を落とす)」 -- 屋敷右側にて
  • …(頷く)
    Mバハムート「承知シタ!」 -- 屋敷内のキュレム
  • ダルタン「うわっ!(ダメージ4000)」
    アテナ「!(盾でガード)」 -- 屋敷右側
  • がんばれー!はくりゅうさんたちー!
    デメラ「ダルタン! バハムート!」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • レシラム「その程度の電撃...!(30000/35000)」
    バハムート「ぐぬっ...(34000/40000)」
    劔「遅いよっ!(難なく回避)」
    ゼクロム「小癪なぁ...!!」 -- 屋敷右側にて
  • レシラム!劔!バハムート!
    Mバハムート「アンナ墨汁二負ケルナヨ!」 -- 屋敷内のキュレム
  • ダルタン「…(口笛を吹こうとしている)」
    アテナ「ダルタン!(ダルタンを金の聖油で回復させる)」 -- 屋敷右側
  • そんなぼくじゅうなんてやっつけちゃえー!
    デメラ「負けないで!」
    ツヴェキ「なんだなんだ?」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「消えろぉぉぉ!!(バハムートに雷撃を放つ)」
    バハムート「ぐ…!しまった...!(12000/40000 右の翼を負傷した)」
    レシラム「バハムート!!」
    劔「…(再び刀を構える)」 -- 屋敷右側にて
  • ゼクロムの目を...覚まさせてやれ!
    Mバハムート「負ケルナ!頑張レ!」 -- 屋敷内のキュレム
  • ダルタン「悪いね!(HP全回復)」
    アテナ「このッ…!(ゼクロムにEX技:女神の槍)」 -- 屋敷右側
  • ごーごー!
    デメラ「あ、ドラゴンさんが!」
    ツヴェキ「…派手にやってんなぁ」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • レシラム「ゼクロムゥゥゥ!!(ゼクロムに蒼い炎を放つ)」
    ゼクロム「ガハッ!?(24000/60000)」
    バハムート「皆...すまぬ...(そのまま落下)」
    劔「バハムーちゃんっ!」 -- 屋敷右側にて
  • なっ...バハムート!
    Mバハムート「墨汁ノ攻撃ガ直撃シテシマッタノカ...!」 -- 屋敷内のキュレム
  • ダルタン「!」
    アテナ「…!(バハムートに駆け寄る)」 -- 屋敷右側
  • あー! ひどーい!
    デメラ「でも、ここからじゃ…!」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「クククッ...ははははははっ!!竜王が聞いて呆れるなぁ!?」
    レシラム「くっ、バハムート...!」
    バハムート「ぐふっ...!(地面に墜落した)」
    劔「バハムーちゃん!(バハムートに駆け寄る)」 -- 屋敷右側にて
  • 致命傷って程ではなさそうだが...。
    Mバハムート「カナリノダメージヲ負ッタナ...」 -- 屋敷内のキュレム
  • アテナ「あるべきものを、あるべきす(ry」
    シンボラー「(1/3800)サセナイヨ!(アテナにサイコキネシス)」
    アテナ「きゃぁっ!(ダメージ5000)」
    ダルタン「げ、復活しやがった!」 -- 屋敷右側
  • ゼクロム「シンボラー、復活したか!」
    レシラム「な...なにっ!?」
    バハムート「アテナ...!」
    劔「この野郎!(シンボラーに斬りかかる)」 -- 屋敷右側にて
  • シンボラー「アニキニハコレイジョウフレサセナイヨ!(回避し、辺り一面に熱風)」
    ダルタン「アチチッ!(ダメージ3000)」
    アテナ「炎は…苦手…(ダメージ9000)」 -- 屋敷右側
  • ゼクロム「ははははははっ!!」
    レシラム「くそったれ...!」
    バハムート「ぐぅっ...!(7000/40000)」
    劔「アチチッチ!(12500/15000)」 -- 屋敷右側にて
  • シンボラー「…アニキ! ズジョウチュウイ!」 /てぇやっ! いっくぜぇ~っ!\
    ダルタン「この声は…!」
    アテナ「この屈辱…ゆるさ…ない(戦闘不能)」 -- 屋敷右側
  • ゼクロム「上か!!(頭上にクロスサンダーを放つ)」
    レシラム「レオン!避けろッ!!」
    バハムート「アテナ...!」
    劔「くそーっ...」 -- 屋敷右側にて
  • /!(ライバーンの羽にクロスサンダーがヒット) やべぇ、落ちる!\
    ダルタン「レオォォォン!!!」 -- 屋敷右側
  • ゼクロム「ははははははっ!落ちろ!!」
    レシラム「くそっ!(レオンを受け止めに向かう)」
    バハムート「くっ...体が動かぬ...」
    劔「…」 -- 屋敷右側にて
  • /うわぁぁぁ!!!\
    シンボラー「レイトウビーム(レシラムに)」
    ダルタン「…くっ…」 -- 屋敷右側
  • ゼクロム「そうはさせん!(レシラムに雷を落とす)」
    レシラム「ぐわぁぁぁっ!?(17000/35000)」
    バハムート「レシラムッ...!」
    劔「…」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「いってぇ…(墜落)」(ギャウ…(ライバーンはもう飛べそうにない))
    ダルタン「でも、諦めない!」 -- 屋敷右側
  • ゼクロム「ふははははははっ!!」
    レシラム「ぐふっ(墜落した)」
    劔「レシラム!」
    バハムート「そうだ...諦めるな!(味方全員にケアルラ)」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「ふっ…オレとしたことが…(HP4000回復)」
    ダルタン「ワンフォーオール、ひとりはみんなのために。オールフォーワン、みんなはひとりのために!」 -- 屋敷右側
  • だめーっ!あきらめないでー!
    デメラ「私達も応援してるわ!」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「さっさと諦めればいいものを!」
    レシラム「まだまだ...大丈夫だ!(25000/35000)」
    劔「おーっ!!(15000/15000)」
    バハムート「うむ...!」 -- 屋敷右側にて
  • 諦めるな!希望は必ず見える!
    Mバハムート「ソウダゾ!」 -- 屋敷内のキュレム
  • ダルタン「皆、行くよ!(HP7000回復)」
    レオン「おう!」
    シンボラー「ホントウニアキラメノワルイヤツラダナァ」 -- 屋敷右側
  • あなたたちは、ひとりじゃない!
    デメラ「!」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「諦めの悪い雑魚共が...」
    レシラム「うむ!」
    劔「おおーっ!!」
    バハムート「行くぞ!」 -- 屋敷右側にて
  • リヴィエール...!
    Mバハムート「!」 -- 屋敷内のキュレム
  • ダルタン「…皆、ちょっといいかな?」
    レオン「なんだ?」
    シンボラー「アニキー、サッサトヤッチャオウヨー」 -- 屋敷右側
  • かけがえのない、なかまがいる!
    デメラ「リヴィエール様…!」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • ゼクロム「そうだな、さっさと滅ぼしてやるか」
    レシラム「んっ?」
    劔「ダルタン君、どったの?」
    バハムート「んむ?」 -- 屋敷右側にて
  • ダルタン「僕が口笛で合図したら、ゼクロムに攻撃してくれる?」
    レオン「…ふっ、なるほどな。いいだろう」
    シンボラー「ミンナ…」 -- 屋敷右側
  • ゼクロム「…」
    レシラム「ふふっ...面白い」
    劔「りょーかい!」
    バハムート「承知した」 -- 屋敷右側にて
  • シンボラー「キエチマエバイインダヨ!!!(辺り一面に熱風)」
    ダルタン「皆、ありがとう…!(ダメージ6000)」
    レオン「やってやるぜ!(ダメージ7000)」 -- 屋敷右側
  • ゼクロム「…消え失せろ!(辺りに雷を落とす)」
    レシラム「(20000/35000)礼には及ばんさ...」
    劔「(11000/15000)おおっ!燃えてきたよ~!!」
    バハムート「ぐっ...(2400/40000)」 -- 屋敷右側にて
  • 何か作戦を立てた様だな...。
    Mバハムート「イケルゾ!」 -- 屋敷内のキュレム
  • ダルタン「(ダメージ3000)! ピーッ!(口笛を吹いた)」
    レオン「(ダメージ4000)てぇりゃっ!(ゼクロムにダッシュで向かい、槍で攻撃)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「闇を打ち払え!(ゼクロムに愛の炎を放つ)」
    劔「剣技六式...朧月!(刀を回転させ、ゼクロムに投げつける)」
    バハムート「行くぞ、5倍ギガフレアッ!(ゼクロムに5倍ギガフレア)」
    ゼクロム「ガハァァァッ!!(5000/60000)」 -- 屋敷右側にて
  • とどめだ…! みんなはひとりのためにーッ!!!(ゼクロムにダッシュで駆け寄り、レイピアで突こうとする) -- 屋敷右側のダルタン
  • ゼクロム「させるか...!(ダルタンに雷撃を放とうとするが...)」
    レシラム「残念だったな...ゼクロム!(ゼクロムにクロスフレイムを放つ)」
    ゼクロム「ぐ...しまっ...!(3200/60000 怯んだ)」 -- 屋敷右側にて
  • 決まれーッ!!!(ゼクロムをレイピアで突いた!) -- 屋敷右側のダルタン
  • レシラム「ゼクロム...二度目の敗北だな」
    バハムート「…」
    劔「行けーっ!!」
    ゼクロム「そ...そんなバカなァァァァァ!?(0/60000)」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「よっしゃぁ!」
    ダルタン「…ふぅ」
    シンボラー「アニキィィィ!!!(ゼクロムに元気の塊を投げる)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「なっ...!?」
    バハムート「まだシンボラーが!」
    劔「やらせはしない!(元気の塊に刀を振り下ろす)」 -- 屋敷右側にて
  • シンボラー「ヤダ、シンジャヤダ!」
    (元気の塊は真っ二つになった!)
    レオン「あとはこいつだけだな…」
    ダルタン「ごめん、ちょっと休憩させて…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「劔、ナイスだ!」
    劔「へへ~ん!」
    バハムート「後はシンボラー...お主だけだ」 -- 屋敷右側にて
  • シンボラー「ウワァァァ!!!」
    はっ!(シンボラーとゼクロムを空間操作で移動させる)
    レオン「!?」
    ダルタン「なんだ!?」 -- 屋敷右側
  • レシラム「!?」
    劔「ふぁっ!?」
    バハムート「ゼクロムとシンボラーが...消えた!?」 -- 屋敷右側にて
  • (フフフ…よくも我のかわいい子達を殺ってくれたな?)
    レオン「!!!」
    ダルタン「!」 -- 屋敷右側
  • レシラム「!?」
    劔「だ、誰っ!?」
    バハムート「貴様...ゼクロム達をそそのかした黒幕か!?」 -- 屋敷右側にて
  • (さてな、フフフ…(そのまま退場))
    レオン「…」
    ダルタン「…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…」
    バハムート「…」
    劔「このもやもや感...まだ、全てが終わった訳じゃないのか...」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「…犯人はあいつで間違いねぇ」
    ダルタン「…(もう、ビビらない…!)」
    アテナ「…んー…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「そうか...」
    劔「ミカエーン...僕達を見守って!」
    バハムート「…アテナ!」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「あの黒い天使…」
    ダルタン「僕は、もう逃げない!」
    アテナ「…終わった…?」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…」
    劔「これで奴らも暫くは仕掛けてこないはずだよ~」
    バハムート「ああ、一応は...な」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「次こそは、仕留める!」
    ダルタン「だといいけどね…」
    アテナ「…それならよかったわ。あまり役に立てなくて、申し訳ないわ」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…ああ」
    劔「僕もそうなる事を願うよ~」
    バハムート「気にすることはない…」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「…ライバーン」(ギャウゥ…(羽が酷く傷ついている))
    ダルタン「…ところで、ミカエは?」
    アテナ「…(俯く)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…大丈夫か?(ライバーンに歩み寄る)」
    劔「…!」
    バハムート「…」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「…痛かっただろう?」(ギャウ…(すごく…痛かった…))(言葉はレオンにしか理解できない)
    ダルタン「さっきまで…いたよね…?」
    アテナ「…それ以上は言わないで…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「これでも使うか?(傷薬)」
    劔「み、ミカエーン...(俯く)」
    バハムート「………」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「わりぃ、助かる」(ギュウゥ…)
    ダルタン「…ごめん」
    アテナ「…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「ほれっ(レオンに傷薬を渡す)」
    劔「…」
    バハムート「………」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「サンキュー(傷薬を受け取り、ライバーンに使う)」(ギャウ…)
    ダルタン「…」
    アテナ「…」 -- 屋敷右側
  • あれー?きゅうにしずかになっちゃったよー?
    デメラ「そうねぇ…」 -- 屋敷の中のロリヴィエール
  • レシラム「それで少しは楽になればいいが...」
    劔「…」
    バハムート「…」 -- 屋敷右側にて
  • 終わった...のか?
    Mバハムート「…」 -- 屋敷内のキュレム
  • レオン「…大丈夫だ」(ギャウ…(傷跡が目立たなくなった))
    ダルタン「…」
    アテナ「…」 -- 屋敷右側
  • ケケ「なにがおこったの。」
    アドレーヌです!
    ケケ「それはもういいよ」 -- 屋敷内のアドレーヌたち
  • レシラム「うむ...良かった」
    劔「…」
    バハムート「…」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「…すまない」(ギャウ…(マスターのせいじゃない…))
    ダルタン「この後はどうすれば…」
    アテナ「…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「レオン、お前が謝る必要は...ない」
    劔「…」
    バハムート「…」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「…」
    サンダル「(空間を開き)タダイマ」
    メタトロ「モドッタゼ」
    アテナ「サンダル、メタトロ…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「お前達、戻ったか...」
    小春「(登場)ただいまなのです」
    劔「…小春!」
    バハムート「…」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「…(その場に座り込む)」
    サンダル「ジタンサンハハザマノセカイニノコルトノコトデス」
    メタトロ「…」
    アテナ「…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「そうか...」
    劔「小春、狼牙は?」
    小春「あれっ?まだ来てないのです...」 -- 屋敷右側にて
  • ダルタン「…(何故か地団太を踏んでいる)」
    レオン「ダルタン落ち着け、何があった」
    サンダル「ワレラハココデタイキシマスネ」
    メタトロ「アレ、ロウガノヤツカエッテキテネーノ?」 -- 屋敷右側
  • レシラム「ダルタン...」
    劔「まだ来てないね~」
    小春「お兄様ー!」 -- 屋敷右側にて
  • ダルタン「すっごく悔しいよ! あと少しだったのに!」
    レオン「あーはいはい」
    サンダル「モシカシタラジタンサントイッショニノコッタノカモシレマセンネ」
    メタトロ「ナンダッテー!?」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…我も悔しいさ」
    劔(フリーダム再発)「ジタンと二人っきりで~?」
    小春「!?」 -- 屋敷右側にて
  • ダルタン「くそーっ、あの鳥~!!!」
    アテナ「私はそいつらも許せないけど、裏で操っている奴の方が許せないわね!」
    サンダル「…ナンカヘンナソウゾウシテマセンカ?」
    メタトロ「アッー!」← -- 屋敷右側
  • レシラム「ゼクロムを...いつものあいつに戻せなかった...」
    バハムート「レシラム...」
    劔「アッー!!」←
    小春「だ、ダメなのです!そんな想像しちゃダメなのです!」 -- 屋敷右側にて
  • ダルタン「調子に乗りやがってさぁ!」
    レオン「落ち着け」
    アテナ「…ミカエ様の仇」
    サンダル「…」
    メタトロ「アッー!!!」← -- 屋敷右側
  • レシラム「自分が情けない...」
    バハムート「己を責めるな」
    劔「アッー!!!」←
    小春「ダメなのですよーっ!」 -- 屋敷右側にて
  • ダルタン「うぎぎー! 魔銃ちょうだい!」
    レオン「やめろバカ」
    メタトロ「…(プシュー)」
    サンダル「スイマセンネェ(メタトロを気絶させた)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「バハムート...」
    バハムート「今は己を責めている時ではない。これからどうするかも考えなくてはならないのだから」
    劔「う~」
    小春「…(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • ダルタン「…(チーン)」
    レオン「お前はバカか」
    アテナ「そうね…」
    サンダル「アニトシテハズカシイデス」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…」
    バハムート「とは言え...現状、我らが出来る事は限られているが...」
    劔「ごめんやさい」←
    小春「あ、あはは...」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「確かに、何をすればいいのやら」
    アテナ「うーん…」
    サンダル「イヤ、ツルギサンノコトデハナクワレノコトデス…」 -- 屋敷右側
  • バハムート「奴らは恐らく天上界にいると思われるが...今向かうのは、自殺行為に他ならない」
    レシラム「…(地面を叩く)」
    劔「あっ、そーなのかー」
    小春「大お兄様...(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「…ん?(何かに気が付いたようだ)」
    アテナ「そうね…今の天上界は地獄よ…」
    サンダル「アイツ(メタトロ)、ワレノフタゴノオトウトナノデスガ」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…レオン、どうした?」
    バハムート「地獄...なのか...」
    劔「ふむふむ?」
    小春「双子なのですね」 -- 屋敷右側
  • レオン「ミカエの奴、妙な事を言っていなかったか?」
    アテナ「ミカエ様が?」
    サンダル「ワレトセイカクガセイハンタイデスゴイフマジメナンデス」 -- 屋敷右側
  • レシラム「ミカエが?」
    バハムート「ふむ...?」
    劔「あらら~」
    小春「ふみゅ...(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「黒き竜を 強化した奴が フライヤを 誘拐した」
    アテナ「!?」
    サンダル「ダカラ、スグヘンナホウコウニハシルンデスヨ」 -- 屋敷右側
  • レシラム「――――!!!」
    バハムート「な...なんだと!?」
    劔「例えば、アッー!な方向とか?」←
    小春「大お兄様...(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「どこに誘拐されたかまでは知らねぇけど…」
    アテナ「…」
    サンダル「ソウソウ」 -- 屋敷右側
  • レシラム「フ...フライヤッ!!!」
    バハムート「レシラム、落ち着くのだ!」
    劔「そーなのかー」
    小春「…」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「そういうことを、ミカエは言っていた」
    アテナ「…」
    サンダル「ホカニモ『オレムネデカイオンナガスキ』トカイイダシタリ…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「落ち着いていられるかッ!!」
    バハムート「落ち着けと言っている!」
    劔「僕はどちらかと言うと(ry」←
    小春「あ、あう!大お兄様はしゃらっぷなのです!」 -- 屋敷右側にて
  • レオン「落ち着け」
    アテナ「そうね…焦った所で何ができるというわけでもないわ」
    サンダル「…ソチラモタイヘンデスネ(汗)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「うぐっ...!」
    バハムート「アテナの言う通りだ。焦った所で、どうにか出来る訳ではない」
    劔「えーっ!」
    小春「は...はいっ...(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「まずは落ち着いて。冷静に考えましょ」
    サンダル「…ワレノバアイ、ジョウシモアレナンデネ…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…ふぅっ」
    バハムート「そうだな」
    劔「…(空を見上げる)」
    小春「ふみゅ...(汗)」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「…」
    サンダル「…(ウリエルモシンパイダケドナ)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…落ち着いた」
    バハムート「よし、それで良い」
    劔「…ミカエーン...」
    小春「大お兄様...」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「さて、どうしましょ」
    サンダル「…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「ふむ...」
    バハムート「奴らが次にどう動くか...だな」
    劔「せっかく...出会えたのに...」
    小春「…」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「そうねぇ…」
    サンダル「…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「我の疑問は、"何故フライヤをさらったか?"だ」
    バハムート「うぬ、我もそこは疑問だった」
    劔「どうして...どうして...」
    小春「…」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「…彼女、凄い力を秘めてるからじゃない?」
    サンダル「…?」
    ダルタン「やっとデ杯制覇できたよ!」
    レオン「ん、おめでとう」 -- 屋敷右側
  • レシラム「やはりそうだろうな...」
    バハムート「ふむ...」
    劔「まだ...羽を触りたかったよ...」
    小春「…」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「竜騎士の血もそうだけど、天女の力も感じられたし…」
    サンダル「フーム?」
    ダルタン「…とどめ刺しただけだけど」
    レオン「まぁ、いいんじゃないか?」 -- 屋敷右側
  • レシラム「天女...何度助けられた事か...」
    バハムート「…」
    劔「ミカエーン...戻ってきてよ...」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「…とはいえ、実際に天女姿は見たことないわ」
    サンダル「…(ミカエサマ、イキテル?)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「そうか...実際に見た奴はそこまでいないのかもな」
    バハムート「我は見たことあるぞ」
    劔「…」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「ウリエル達は見たかどうか知らないけれど」
    サンダル「…(上空を見ている)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「まあ、そこは問題ではないな...」
    バハムート「奴らがフライヤの天女としての力を狙っている...?」
    劔「…ん!?」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「おそらくは…」
    サンダル「ア、アレッテ!」 -- 屋敷右側
  • レシラム「チィッ...!」
    バハムート「…」
    劔「あ...っ...!」
    小春「うみゅ?」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「ん? どうかしたの?」
    サンダル「ジョウクウ! ジョウクウヲ!」 /いやー落ちるー☆\ -- 屋敷右側
  • レシラム「んっ?」
    バハムート「この声(ry」
    劔「あぁぁぁっ!!」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「上空?(上空を見上げる) …!?」
    サンダル「アレハマチガイナク…!」
    /スペルム様のバーカァ☆\(空から降ってきているのは白い6枚羽の天使…ミカエ!) -- 屋敷右側
  • レシラム「なっ...!?」
    バハムート「ミカ(ry」
    劔「ミカエェェェェェ!!!」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「ミ(ry」
    サンダル「ミカエサマー!」
    /よいしょっと♪(体勢を立て直し、6枚の羽で羽ばたきながら地上へ向かう)\ -- 屋敷右側
  • バハムート「生き(ry」
    レシラム「生きていたのか!」
    劔「ミカエーン!!」 -- 屋敷右側にて
  • アテナ「あぁ…!」
    サンダル「イキテイタノデスネ!」
    /えへへ~♪(ゆっくりと地上に向かう。まだまだ高い)\ -- 屋敷右側
  • バハムート「ちょっ(ry」
    レシラム「おおっ...!」
    劔「流石はミカエーン!そう簡単にはやられないよね!」 -- 屋敷右側にて
  • /もうちょっと、待っててね♪(少しずつ降下中)\
    アテナ「急がなくていいですよ!」
    サンダル「ヨカッタ…!」 -- 屋敷右側
  • バハムート「お主(ry」
    レシラム「…ふふっ」
    劔「おーい!(ミカエに手を振る)」
    小春「ミカエさん!」 -- 屋敷右側にて
  • ミカエ「劔ぃぃぃッ!!!(そのまま勢いよく劔に抱きつきに行った)」
    アテナ「え、急降下?」
    サンダル「ミカエサマ!」 -- 屋敷右側
  • レシラム「ゑ」
    バハムート「ミカエ!?」
    劔「うわわっ!?」
    小春「!!!」 -- 屋敷右側にて
  • ミカエ「…(が、少しずれていたせいで地面に埋まった)」
    アテナ「なんというか…」
    サンダル「ミカエサマラシイトイウカ…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…(汗)」
    バハムート「ミカエ...(汗)」
    劔「(ノ∀`)アチャー」
    小春「…」 -- 屋敷右側
  • ミカエ「だ…誰か…助けて…」
    アテナ「仕方ないわね~(ミカエの足を引っ張る)」
    ミカエ「あう~」
    サンダル「…(頭を掻いている)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「それにしても...無事だったのか!」
    バハムート「うぬ...」
    劔「…(ミカエに歩み寄る)」 -- 屋敷右側にて
  • ミカエ「ふみゃ~」
    アテナ「…(これ、大丈夫と言えるの?)」
    サンダル「…(ダイジョウブダトオモイマス。ミカエサマデスシ)」 -- 屋敷右側
  • レシラム「…大丈夫そうだな」
    バハムート「うむ...」
    劔「…(ミカエを見ている)」
    小春「大お兄様...?」 -- 屋敷右側にて
  • ミカエ「にゃふ~」
    アテナ「…(汗)」
    サンダル「…」 -- 屋敷右側
  • レシラム「ふふっ...」
    バハムート「ひとまず、安心した...」
    劔「…(ミカエに抱きついた!)」
    小春「!?」 -- 屋敷右側にて
  • ミカエ「みゃ!?」
    アテナ「そうね…」
    サンダル「ツルギサン!?」 -- 屋敷右側
  • レシラム「ゑ!?」
    バハムート「つ、劔!?」
    劔「ミカエー!無事で良かったよぉ...」
    小春「…」 -- 屋敷右側にて