キャラなりきり雑談室 > こだま宅 > 会話記録 > ログ5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 九条「中原さんの様子がおかしい・・・」
    御坂「やはりあの帽子野郎という人に操られているみたいね。
    それにしても、あのメイド長のスペルをどうやって覚えたのかしら。」
    九条「スペインで覚えてきたとは思えないし・・・」 -- 龍徳一味
  • へいわにおみずをのんですごしたい。。 -- 赤チューリン(びびり)
  • トランクス(ゆるゆり)「咲夜さん!?」
    伸一「どうしたんだいきなり」
    トランクス(ゆるゆり)「Megamariの僕の憧れなんです!」 -- 快斗軍
  • ヨッシー「まったり~♪」
    赤ヨッシー「ヨッシーは相変わらずだな...」 -- ヨッシー一家
  • 九条「中原さんにとって、咲夜さんは愛する人であり、憧れの人だって、監督から聞いた。」
    御坂「でも、帽子野郎にとってその記憶は消されてるみたいね・・・」
    平沢「本当にどうしちゃったんでしょう・・・・」 -- 龍徳一味
  • キミが見えない。これは幸か不幸か。 -- ヒラララススス
  • 嘘!? -- トランクス(ゆるゆり)
  • 御坂「ま、第十回WBRが終わってからはすっかりあの2人の関係は疎遠だけどね。」
    九条「そうか・・・でも、全盛期はすごかったんだろうね・・・」 -- 龍徳一味
  • (黙り込んでいる。考え事をしているようだ) -- こだま
  • 赤ヨッシー「…こだま?」
    ヨッシー「~♪」 -- ヨッシー一家
  • 御坂「なんとか姫路での戦闘は収まったみたいね。」
    平沢「しかし勝敗つかずの停戦状態ですよ・・・」
    九条「・・・すまん。ちょっと出てってくる」
    御坂「あれ?九条さん?どこ行くんですか?」 -- 龍徳一味
  • アリーヌ「あら、いってらっしゃい。」
    こだま「・・・ん。これは失礼。」 -- ナゴミ
  • ヨッシー「おじゃましてまーす!」
    赤ヨッシー「考え事...か?」 -- ヨッシー一家
  • いやぁ、一々目障りなハエ(帽子屋幻楽団)だなぁと。 -- こだま
  • 赤ヨッシー「ハエ...か...」
    ヨッシー「はえぇハエ!」 -- ヨッシー一家
  • 御坂「そうこうしているうちに、また帽子野郎の一味が・・・」
    平沢「残虐すぎる・・・・」 -- 龍徳一味
  • でもこういう感情に任せて突撃して負けるのはただの馬鹿です。それだけは避けたい。 -- こだま
  • 赤ヨッシー「あぁ、常に落ち着いてだな...」
    ヨッシー「ふんふん~♪」
    赤ヨッシー「…こいつの場合、ただマイペースなだけだが」 -- ヨッシー一家
  • 絶望。読んで字の如く「望みを絶つ」。
    人とは望みありきの生き物であるから、絶望とは即ち生きる気力をごっそり絶たれること。 -- ヒラララススス
  • へえ!よくわかんねえっす! -- わてり
  • こだま「なるほど・・・一理ありますね。」
    アリーヌ「ん・・・今度はベイサイドエリアね・・・」 -- ナゴミ
  • 赤ヨッシー「ふむふむ...なるほどな...」
    ヨッシー「…分かんない!」
    赤ヨッシー「お前は黙っとけ」 -- ヨッシー一家
  • (ヨッシーへ)明日食べる分の食料が見当たらない。どう思う? -- ヒラララススス
  • ヨッシー「えっ、そうなったら...目の前真っ暗だよー...」
    赤ヨッシー「俺もそうなる」 -- ヨッシー一家
  • いただきだ!! 見当たらないならいただきだ!!
    (なぜかわりこんできた) -- 赤チューリン(ドロッチェ団)
  • だがそれを甘受する訳にもいかない。だからキミは有ることを確信して他の食料を探すだろう。
    きっと見つかる、きっと食べられる。それが希望だ。
    しかし探せど腹を減らせど食料は一向に見つからない。そろそろ体力も尽きる。そうなっては探すために歩く力も出まい。
    ああ、もう見つからないかも知れない。もう食べること叶わない。これを絶望と言う。 -- ヒラララススス
  • 御坂「あれは・・・本部に鎮座していたバス?」
    平沢「嘘・・・どうやってもってきたの?」 -- 龍徳一味
  • ヨッシー「へぇ...うん、分かったよ!」
    赤ヨッシー「食べ物で例えるとすぐに理解できるところが、流石ヨッシー...」 -- ヨッシー一家
  • 今チャンネルドコー? -- わてり
  • どっこい、なんとその食料をあの帽子を被ったキザ野郎が奪い取っているではないか!
    絶望しろなどと叫んでいる!私はジンジャーティーを投げ捨てて奮い立った! -- ヒラララススス
  • おっさん座れ -- わてり
  • ヨッシー「ええっ!それは許せない!(ガタッ)」
    赤ヨッシー「おいおい...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • きょうりゅう座れ -- わてり
  • ヨッシー「はい...(シュン)」
    赤ヨッシー「まったく、落ち着けっての」 -- ヨッシー一家
  • ともすれば希望を奪い絶望を強要するというさる存在においては、私は警鐘を鳴らさざるを得ない。
    まずは、トリガーとなる鳥人連合を抑止しなければならない。希望潰しの最もたる所以は、彼らの破壊活動に他ならないのだから。 -- ヒラララススス
  • ヨッシー「鳥人連合?」
    赤ヨッシー「そうめん連合の事だな...」 -- ヨッシー一家
  • 御坂「あっ、九条さんが・・・!」
    平沢「そんな・・・」 -- 龍徳一味
  • アルシオーネ「ただいま。」
    86「へェーッ!これがこだま宅かー!」
    こだま「誰です?」
    86「あぁオレ?TOYOTA86だ!」
    こだま「うむむ・・・蜂の新人さんですか。そしてさっき映ってた・・・」
    アルシオーネ「それって姫路?」
    こだま「えぇ。今さっきベイサイドエリアに変わりましたが。」 -- ナゴミ
  • ヨッシー「あっ、僕はヨッシー!」
    赤ヨッシー「俺は赤ヨッシーだぜ」 -- ヨッシー一家
  • うぉーry
    わてりry -- ウォーターⅠ(わてり)
  • 御坂「どうも、初めまして。」
    平沢「お疲れ様です・・・」 -- 龍徳一味
  • 赤いチューリンだよ!
    ドロッチェ団です! -- 赤チューリン
  • TOYOTA86「おう。まぁ面白ェモン見れたからいいけどさ。」
    こだま「あれの何が面白いんですか・・・」
    TOYOTA86「そっちじゃねェよ。帽子と鳥の討伐側さ。」
    こだま「ハンター側・・・?」
    TOYOTA86「ホラ、名前聞いてねぇけど物騒な装備で槍持ってた女。」 -- 蜂と空気
  • \ジリリリリリ ガチャッ/ 東京の平沢です。 -- ヒラララススス
  • ヨッシー「ライチュウ達もいたみたいだね~」
    赤ヨッシー「一番奮闘してたのは、ピチューだったらしいがなw」 -- ヨッシー一家
  • TOYOTA86「あぁ、あの黄色ネズミ?んまー、いつかタイマンやってみてェけどよ。」
    こだま「リマさんですね。それが。」
    TOYOTA86「一人の為にあんだけ体張ってんだぜ?笑えるだろ。」
    アリーヌ「それ以上は言わないであげて。ね?」
    TOYOTA86「いィじゃんかよ、減るモンじゃねェだろ?」
    こだま「まっ、現状じゃ彼女が彼(HRO)をどうにかするのは無理でしょうがね。」 -- ナゴミ
  • ヨッシー「ライチュウも頑張ってるなぁ~」
    赤ヨッシー「誰かの為に...か」 -- ヨッシー一家
  • TOYOTA86「まァオレ様はあぁいう電気ぶっ放すヤツは苦手だけどなァ。」
    こだま「誰かの為って一番強いのですが、ある意味キケンです。消えてしまった本当にどうしようもなくなる。」
    アルシオーネ「で、なんで無理なのよ?」
    こだま「彼女は帽子屋の原理を知らない。それです。」 -- ナゴミ
  • 御坂「(雷属性)」
    平沢「中原さんを止める者は一体だれなんでしょうか・・・」 -- 龍徳一味
  • ヨッシー「そうなんだ...電気は苦手?」
    赤ヨッシー「そうか、その対象が消失したら...」 -- ヨッシー一家
  • 帽子取ったらええんちゃうん。 -- 身も蓋もないわてり
  • こだま「そういう話じゃないです。あの駒の原理、帽子野郎を叩いても意味ない。」
    86「というか属性系は苦手だ。物理絡めてくるヤツならまだしも。」 -- ナゴミ
  • では、帽子野郎を潰しても轟さんや中原さんは、元にもどらないんでしょうか? -- 御坂美琴
  • ヨッシー「そうなのかー」
    赤ヨッシー「と、言うと...?」 -- ヨッシー一家
  • えぇ。あれって記憶の書き換えをしただけで、それ以降は帽子屋は関与してないんです。
    帽子屋は定期的に戻らないように書き換えするだけで、それ以外は関与しないんです。
    つまり、仮に帽子野郎が消えたとしても孤立意思として彼を継ぐ場合もありえるのです。
    直接轟や中原さんを叩いた方が早いです。といっても単に叩くだけじゃダメなようで。 -- こだま
  • 赤ヨッシー「難しいな...」
    ヨッシー「じゃあ、帽子野郎は基本無視するのがいいの?」 -- ヨッシー一家
  • 叩くならピコハンがおすすめだ! -- ずれてる赤チューリン
  • 本体を消しても意思を引き継ぐと言うが、定期更新を遮断するのだから、時間が仮想メモリーを消化するのではないか? -- ヒラララススス
  • よーするに記憶喪失だな!同じショックを与えれば記憶が元に戻るハズだ!頭を殴れ! -- やっぱわてり
  • いや、記憶としては消えたままになるんです。だが、何やらの刺激があったときに消えやすいだけであって。
    安易なことで戻らないように更新をしてるんです。何やらの刺激で消えることはわかってるのですが・・・。
    でも頭を殴る、わてりさんやチュリーンさんの発想は割りと正解みたいですが・・・ -- こだま
  • ヨッシー「頭をガツン!と...」
    赤ヨッシー「ふむふむ...」 -- ヨッシー一家
  • でも頭ばかり叩くとあぶないよー
    いたいだろうし… -- 赤チューリン
  • まぁ現状安定してるのは刺激を与えることみたいです。でも具体的には・・・
    後、ヘタに彼に触れると闇適性が作用して飲まれるんでよろしくないですね。接近戦を挑むならまだしも。
    ちなみに、更新の副作用で他の洗脳は効きにくいみたいです。ジャミングウェーブとか。 -- こだま
  • ヨッシー「卵でもぶつけるかー!」
    赤ヨッシー「…」 -- ヨッシー一家
  • 確信なしか。だが希望は見えた。
    もう少し突き詰めてみるべきだ。 -- ヒラララススス
  • だからジャミングの効果が薄かったのか。刺激を与えるならクラッカーをいきなり鳴らす程度でいいんじゃねェの? -- TOYOTA86
  • それはないです。断じて。後、知ったらリマさんならやりかねませんが抱きしめとかもナシです。闇適性で終わります。 -- こだま
  • 闇、ねぇ・・・そういえば、闇を集めてる少女(チーナサギ)がいたけどなァ。どうにかならねェ? -- TOYOTA86
  • 御坂「私のレールガンでどうにかならないものかねぇ・・・」
    平沢「私の音撃でも・・・・」 -- 龍徳一味
  • 赤ヨッシー「ふぅむ...」
    ヨッシー「卵ならいくらでも出せるし!」 -- ヨッシー一家
  • チーナサギ、ですね。あれなら適性ごと闇を吸収してしまいそうですが。
    でもそんなことするようであれば僕は全力で阻止しに行きますけど。 -- こだま
  • ううん、きぜつさせてみるとか… -- 赤チューリン
  • 事情を知らないヤツに殺された時はどーすんのー? -- わてり
  • それは記憶も戻らず死んでいきます。復活してもそれは帽子屋の使い魔として・・・でしょうか。 -- こだま
  • ですよね! みんながみんな事情に協力的ならいいけどね。 -- わてり
  • ヨッシー「僕は協力するよ!」
    赤ヨッシー「全員が全員、事情を知ってる訳じゃねーからな...」 -- ヨッシー一家
  • ころしちゃうの…? -- 赤チューリン
  • でも敵なら普通潰していきます。不死で耐久が上がってるといえど、殺されかねない。
    もっとも、僕も無理であるようなら殺す気でいますが。刃向かってくるならね。 -- こだま
  • 赤ヨッシー「こだま...」
    ヨッシー「僕はそこまでの力は無いからな~...食べちゃうかも」 -- ヨッシー一家
  • オイオイ、それはどーなのよ。イキモノとしてよォ。 -- TOYOTA86
  • ヨッシー「うそうそ!冗談だよ~」
    赤ヨッシー「お前が言うと、冗談に聞こえねぇ...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • 食べる…うっ、カービィみたい… -- 赤チューリン
  • 機械風情に言われたくないですね。
    変に同情して返り討ちに遭うなんて馬鹿な真似はしたくなくてね。
    そもそも、ウチの組織は正義の味方じゃないのでね。 -- こだま
  • 御坂「でも、このままだと本当にバトロイ界が絶望一色に・・・」
    平沢「二度とバトロイに出られなくなるかもしれないんだよ・・・・」 -- 龍徳一味
  • ヨッシー「んじゃ、絶望を食べちゃえばいいんだね!」
    赤ヨッシー「おいおい...(汗)」 -- ヨッシー一家
  • あれ一人残したところで何も変わらないです。不遇な人には同情しますが、自身の命の危険を顧みず人助けするつもりはないので。 -- こだま
  • しんじゃうのは…嫌だなあ… -- 赤チューリン
  • ヨッシー「ううん...美味しいものが食べれなくなっちゃうからね...」
    赤ヨッシー「…」 -- ヨッシー一家
  • 現実的だね!キライじゃないよ! -- わてり
  • 犠牲なしの戦いなんて・・・普通はないのですよ。(と言い残し家を出る) -- こだま
  • 赤ヨッシー「こだま...」
    ヨッシー「どこに行くの~?」 -- ヨッシー一家
  • 誰一人落とすな。 -- ヒラララススス
  • さぁな。・・・っつっても、そのまま見殺しにするワケにもいかねェだろうよ。 -- TOYOTA86
  • 御坂「悲しいけど、全くの無血で争いを終わらせるなんてできないのよね・・・」
    平沢「うん・・・」 -- 龍徳一味
  • 赤ヨッシー「…」
    ヨッシー「一人で戦いに行ったのかな...?」 -- ヨッシー一家
  • あ、あれ?おっさんも出てったぞ。 -- わてり
  • あら、そう。アレのことだし適当に散歩しに行っただけでしょ。 -- アルシオーネ
  • さんぽ? うー、だいじょうぶかな。 -- 赤チューリン
  • さぁね。・・・とりあえず、轟さんの対策会議でもする?主に戦闘面の。 -- アルシオーネ
  • んまァー、いいけどよォ。データはどうなんだ? -- TOYOTA86
  • HP:30000
    攻撃:C
    防御:A
    速度:B
    属性:雷
    弱点:光、氷
    耐性:炎、雷
    アビリティ:ファンネル(Lv5)
    スキル:「戦場を駆ける一閃」相手より速いとき攻撃&速度上昇
    「死と生の狭間で」HP半分以下のときに体力10000回復 -- 解説データ:轟将拓
  • まぁこんな感じね。 -- アルシオーネ
  • 平沢「雷属性となると、御坂さんでは相当苦戦しそうね・・・」
    御坂「中原の分も初春に頼んで解析してもらってくるわ」
    -- 龍徳一味
  • あぁ、頼むわ。雷耐性になったのね・・・ -- アリーヌ
  • 御坂「解析結果が出たわ。」
    HP:8300
    攻撃:B
    防御:A
    速度:S
    属性:無
    弱点:不明
    耐性:炎、水、雷
    アビリティ:連撃(連続攻撃において攻撃力UP)
    主兵装:メタルストーム(24門の銃口から毎分120万発の弾丸を発射する)
    ライフル型メタルストーム(携行用のメタルストーム)
    投げナイフ、手裏剣(いずれもコントロールは群を抜いて高いレベル)
    スキル:時を操る程度の能力(十六夜咲夜のスペルカードをほぼ全部使用可能)
    必殺技:姫路大連弾(姫路市のマークを象った高速弾幕) -- 解説データ:中原脩
  • 赤ヨッシー「むむ…俺じゃ弱点は突けないな…」
    ヨッシー「炎も耐性あるのかー」 -- ヨッシー一家
  • 86「オレは弱点も耐性も影響受けねェ感じだな。」
    狐「私は轟の氷突けるわね。中原さんの耐性もひっかからない。」
    アリーヌ「でもアナタの扇子って水だからそれはひっかかるわね。」
    狐「そうね。HROのファンネルつぶしは86にお願いしていいかしら?」
    86「あぁ、ファンネル合戦は任せな。」
    アリーヌ「というかアビリティファンネルって何よ」 -- ナゴミ
  • あの人自身の持つ本来の戦闘力に、咲夜さんの能力が付加されたくらいね。
    それと、帽子野郎の書き換えで、戦術能力と戦闘に対する精神力も上がっている。
    以上が戦闘における対処法ね。問題はどうやって元の記憶を取り戻すことができるかだけど・・・ -- 御坂美琴
  • 狐「それはわからないわね・・・」
    86「ファンネルってのは一対一になったときに発動するアビリティだ。」 -- ナゴミ
  • ざ・わーるど!! -- 赤チューリン
  • ヨッシー「スーパードラゴン!!」
    赤ヨッシー「そう言えばお前、いつの間にかあんな事出来る様になってたな...」 -- ヨッシー一家
  • 86「そして一斉発射して相手を包囲、大ダメージを与えるアビリティだ。」
    狐「まぁ2人以上で立ち向かったときは発動しないみたいだけど。」
    アリーヌ「・・・まぁ、一番問題なのがヘタに戦って無駄or死亡だけど。」 -- ナゴミ
  • ヨッシー「あんな事って?」
    赤ヨッシー「お前、自覚無いのかよ!」 -- ヨッシー一家
  • ヨッシー「うん!それじゃ、僕はそろそろ帰るねー♪(退場)」
    赤ヨッシー「本当何だったんだ...」 -- ヨッシー一家
  • ごちそう目当てだったんじゃね?じゃねじゃね? -- わてり
  • ヨッシーの事だ、十分にあり得るぜ...。 -- 赤ヨッシー
  • カービィみたいだよ~ -- 赤チューリン
  • Air-----!! -- 浴槽のアレ
  • ………ん?
    なにかいった?? -- 赤チューリン
  • [> いいえ -- わてり
  • うん、そぉ…? -- 赤チューリン
  • そんなのキノセイだよ! -- 浴槽のアレさん
  • …気のせい...だよな? -- 赤ヨッシー
  • 気のせいでしょ。 -- アリーヌ
  • うん気のせい。ただでさえ空気なあたし達なんだからさ!空気を読めるくらいにはなろうぜ! -- なんかカッコイイこと言ったつもりのわてり
  • お、おうよ!(なんだ、妙な説得力がある...) -- 赤ヨッシー
  • ただいま。(登場) -- こだま
  • おっ、こだま!お帰り。 -- 赤ヨッシー
  • まずい。轟さんが行方不明です。さらに今さっきそうめん連合の基地が帽子野郎に襲撃を受け・・・ -- こだま
  • なっ!?つまり...帽子野郎共がそうめん連合の基地に殴りこみに行った...って事か!? -- 赤ヨッシー
  • 一心不乱の大戦争やでぇ…! -- わてり
  • 御坂「なんですって!?」
    平沢「いよいよバトロイ界も崩壊の危機ですね・・・」 -- 龍徳一味
  • そうめん連合が上手く潰れるにしても・・・帽子野郎の方が余程厄介です・・・ -- ナゴミ
  • 帽子野郎がそうめん連合の戦力を吸収したら...!! -- 赤ヨッシー
  • 御坂「そして新たに屍姫軍という勢力も台頭してきたわ・・・」
    平沢「どうしよう・・・このままだと世界は死の世界になっちゃうよ・・・」 -- 龍徳一味
  • やだよーこわいよぉ! -- 赤チューリン
  • こんな危険な世界に居られるか!あたしは部屋に戻らせてもらう!バタン! -- わてり(言っただけ)
  • 駄目だわてり!それはフラグだ! -- 赤ヨッシー
  • やだよーおいてかないでぇ! -- 赤チューリン
  • だってだってじゃあどうすればいいのさぁ!
    この戦いが終わったら結婚すればいいのか! -- わてり
  • それもフラグだぜ!
    …とは言え...かなりヤバい状況なのは俺も分かるぜ。 -- 赤ヨッシー
  • フラグをらんりつさせれば逆に生きちゃうかもしれない! -- 赤チューリン
  • トランクス(ゆるゆり)「宇宙がぁー!宇宙そのものがぁー!」
    ニセマリオ「勝てそうにない…」 -- 快斗軍空気組
  • 御坂「諦めないで・・・まだまだこっちにも戦力があるわ・・・」
    平沢「幻想郷からは残念ながら呼べないみたいだけど・・・」 -- 龍徳一味
  • ニセマリオ「…!そうですね!(御坂に対して)」
    伸一「四つ巴ってことか?」 -- 快斗軍
  • ここで諦めたら、奴らの思い通りになっちまうからな。 -- 赤ヨッシー
  • ええ。マッドハッター、屍姫、そうめん、そして私達・・・
    たぶんそうめんは滅ぶと思うわ・・・
    -- 御坂美琴
  • マッドハッターもそうめんも目的はわかってるし、戦力もある程度把握できるんだけど。
    屍姫軍ナゾすぎ -- わてり
  • 屍姫...俺も聞いたことしかないが...。 -- 赤ヨッシー
  • 見た感じ、屍姫一味が一番恐ろしい存在よ・・・
    戦闘力も半端じゃないわ。 -- 御坂美琴
  • サイヤ人の力も通用するかも分からないな… -- 風華伸一
  • こだま「目的がですね・・・。」
    86「まァ、強いってなら戦い甲斐はあるだろ。」
    アルシオーネ「みんなアナタのような戦闘馬鹿じゃないのよ。」 -- ナゴミ
  • 俺は戦い苦手だしなぁ...。 -- 赤ヨッシー
  • (多分カカロット(Megamari)も戦闘馬鹿だと思う…) -- 風華伸一
  • ぼくはほら、おたからをもちかえるのがしゅみだからあの… -- 赤チューリン
  • お宝ってのがかえって目をつけられますね。何かに使えないかと。 -- こだま
  • ふむふむ...。 -- 赤ヨッシー
  • えっ?? -- 赤チューリン
  • 大事なお話があるんですよぅ!参加させてよぅ! -- 浴槽のお一人様
  • …何か聞こえたかしら? -- アルシオーネ
  • 屍姫のこと知ってますよぅ!人魚社会をナメないでくださいよぅ! -- 浴槽のお一人様
  • …あのセクハラ人魚ね。ちょっと見てくるわ。(浴槽へ) -- アリーヌ
  • よろしくなー。 -- 赤ヨッシー
  • セクハラだったのかー。 -- わてり
  • …屍姫のことを知ってると言ったわね?その情報ちょっと聞きたいんだけど・・・ -- アリーヌin浴槽
  • わあ暴力オンナ!いやーやめて!痛くしないで! -- 南洋マーメイド・ダリア
  • …情報貰えるなら何もしないわよ?(ニコーッ) -- アリーヌin浴槽
  • …何か叫んでるな...(汗) -- 赤ヨッシー
  • ひッ…!(ガクガク)
    と、とりあえずタオル貰えますか…。あたしも向こうに行きたいです…。 -- ダリア
  • タオル?(まぁ適当にタオル持ってても怒らないでしょう、アレは)・・・はい。(ダリアにバスタオルを渡す) -- アリーヌin浴槽
  • 誰だって叫びたい時期ってのはあるものですよ(違) -- こだま
  • なるほどなぁ。 -- 赤ヨッシー
  • ありがとう!(体ふきふき)
    よっしゃ!(ビッタンビッタンと這いながら移動する。まあ人魚だから仕方ないね!) -- ダリア
  • …なんかキタぁ!! -- わてり
  • 失礼な!誰もがうらやむ麗しの人魚(笑)に向かって「なんかキタぁ」とは何だ! -- ダリア(いちおうびじん)
  • じゃあ...人魚キタぁ!! -- 赤ヨッシー
  • えっ -- アリーヌ
  • えっ -- ダリア
  • …えっ -- 赤ヨッシー