PP長野


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読売ジャイアンツ所属の長野久義外野手のこと。

2013年WBC前の練習・強化試合で打撃不振(19打数1安打の打率.052)に陥っていたことで、「本戦突入後もこの不振が継続するのでは?」と調子を不安視する声が各方面から発せられたことに対し、長野が「打てなくてピーピー言われていますけど、本番に入ったら任せてください。」「本番でも打てなかったら、何を言われてもしょうがないですけどね」と発言したことが由来。

しかし本戦に入っても打撃不振は継続し、東京ラウンドではスタメン落ち。なんJでは長野が凡退する度にスレが立ち「ピーピー!」と騒がれ総叩きにあった。オランダとの1位決定戦ではマルチヒット5打点の活躍をし復調の兆しを見せるも、準決勝のプエルトリコ戦では再びスタメン落ちし代打での1打席も三振に終わった。