天界目録:九頁目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ゾンビ成敗完了! でも、この後どうしよう? -- ミカエ
  • 劔「そうだね~...どうしよっか?」
    ゼクロム「…(チーン)」 -- 天上界にて
  • 1.返品 2.皆返品 3.ステージ代わり
    ボクジュム以外にも倒れているのが3人(シンボラー、レイフェル、ジタン)いるからね~。 -- ミカエ
  • (アノ、ワレノコトモワスレナイデネ…) -- 前回も忘れられたサンダル
  • 劔「…返品しちゃう?」
    ゼクロム「…(よしきた!)」← -- 天上界にて
  • 返品するぅ? …でも、今ボクジュムがニヤリと笑った気がした。 -- ミカエ
  • 劔「ゼクロムが笑った~?」
    ゼクロム「…(ギクッ)」 -- 天上界にて
  • だから1と2除外ね☆ -- ミカエ
  • 劔「つまり~?」
    ゼクロム「…(ゑ)」 -- 天上界にて
  • 3.ステージ代わりで♪ -- ミカエ(ウザい)
  • 劔「いえーい!」
    ゼクロム「…(ゑゑゑ)」 -- 天上界にて
  • と言うわけでLet's ミカエダンス!(ゼクロムの上に乗り、今までよりも激しい踊りを始めた) -- ミカエ
  • 劔「おーっ!!」
    ゼクロム「…(ぐぇあぁぁ!)」 -- 天上界にて
  • はい、わんとぅーわんとぅー☆(その場で足踏み) -- ミカエ
  • 劔「へいへーい!」
    ゼクロム「…(やめろぉ!)」 -- 天上界にて
  • そして決めポーズ☆(キラッ) -- ミカエ
  • 劔「おぉ~っ!(パチパチパチパチ)」
    ゼクロム「…」 -- 天上界にて
  • いやー、やっぱりこのステージいいわー。 -- ミカエ(ゼクロム=ステージ扱い)
  • 劔「流石は伝説のステージだね~」←
    ゼクロム「…(うぜぇ!)」 -- 天上界にて
  • ねー☆ -- ミカエ
  • 劔「うん!」
    ゼクロム「…」 -- 天上界にて
  • ミカエお持ち帰りしようかな。← -- ミカエ(最悪の判断)
  • 劔「いいと思うよ~♪」
    ゼクロム「…(ゑゑゑゑゑ!?)」 -- 天上界にて
  • ミカエの為のステージとしてね☆ -- ミカエ(ナルシスト)
  • 劔「おおーっ!!」
    ゼクロム「…(絶対にお断りだぜ!)」 -- 天上界にて
  • でもなー、ルシフのお気に入りでもあるしなぁー。 -- ミカエ
  • 劔「確かにね~」
    ゼクロム「…(そうだぜ!)」 -- 天上界にて
  • じゃあルシフ殺ってくる☆← -- ミカエ(天使と言うより悪魔)
  • 劔「ええーっ!?」
    ゼクロム「!?」 -- 天上界にて
  • なぁに、大丈夫だって! クズと言う名の助っ人を呼ぶから← -- ミカエ
  • 劔「クズ?」
    ゼクロム「…(クズwww)」 -- 天上界にて
  • (急に真面目になり)来られよ、苦難を乗り越え復活せよ(天使蘇生!)
    マルドク「おわっ!?」 -- ミカエ
  • 劔「おおっ!?」
    ゼクロム「!?」 -- 天上界にて
  • (そして元に戻る)こいつ、マルドクズって言うんだ♪
    マルドク「ズはいらねぇよ!」 -- ミカエ
  • 劔「僕は雨霧 劔!よろしくね~♪」
    ゼクロム「…(俺はゼクロムだぜ!)」 -- 天上界にて
  • ~♪
    マルドク「劔にゼクロムだな? オレはマルドク、メソタニアの王子さ!」
    玉子マルドクズ。← -- ミカエ
  • 劔「へぇー、王子様なんだ~!」
    ゼクロム「…(俺はレシラムの対に当たる伝説のポケモンだぜ!)」 -- 天上界にて
  • マルドク「そうd…(レシラムと聞いて震えあがった)」
    ヘタレ王子!ヘタレ王子!← -- ミカエ
  • 劔「マルドク、どったの~?」
    ゼクロム「??」 -- 天上界にて
  • そ、そいつとはもう戦いたくねぇ!(一度フルボッコされたから) -- 王子マルドク
  • 劔「そーなのかー?」
    ゼクロム「???」 -- 天上界にて
  • ミカエ知らなぁい。その時いなかったしぃ。
    マルドク「フライヤにナンパしただけなのに…」← -- ミカエ
  • 劔「僕も分からな~い!」
    ゼクロム「…(多分、レシラムに襲われた原因はそれだな)」 -- 天上界にて
  • と言うか、マルドクズなんてどうなってもいいし。
    マルドク「それ以降、奴に目をつけられちまって…」 -- ミカエ(マルドクを恨んでいる)
  • 劔「ミカエーンはマルドクの事嫌いなの~?」
    ゼクロム「…(それはご愁傷様)」 -- 天上界にて
  • うん! 嫌い!(マルドクに一度やられたことを恨んでいるらしい)
    マルドク「倒したと思ったらキュレムだっけぇ? と合体したりさぁ!」 -- ミカエ
  • 劔「そーなのかー!」
    ゼクロム「…(一回倒したのか!?結構強いじゃねぇか!)」 -- 天上界にて
  • 攻撃力と速さが高くてうざぁい。
    マルドク「ありゃヤバかったぜ…」 -- ミカエ
  • 劔「マルドクって強いんだね~」
    ゼクロム「…(だが...Wキュレムには勝てなかったか)」 -- 天上界にて
  • ミカエ速さには自信ないんだもん!
    マルドク「そうさ、オレは速攻型だからな!(ドヤァ) …でもアイツには勝てなかった」 -- ミカエ
  • 劔「凄いな~」
    ゼクロム「…(ま、レシラムに勝てたなら大丈夫!気にすることはないぜ!)」 -- 天上界にて
  • そうか、ありがとな!
    ミカエ「……(イライラ)」 -- 王子マルドク
  • ゼクロム「…(あぁ!)」
    劔「…ミカエーン?」 -- 天上界にて
  • それにしても、またこの世に帰れるとはな…ラッキー!
    ミカエ「クズを蘇生したのミカエなんですけど…☆」 -- 王子マルドク
  • ゼクロム「…(良かったな!)」
    劔「流石はミカエーンだね!」 -- 天上界にて
  • でしょ? マルドクズ、誰が生き返らせたと思ってるのかなぁ?
    マルドク「スペルム様じゃね?」 -- ミカエ
  • ゼクロム「…(ゑ)」
    劔「あっ」 -- 天上界にて
  • 残念、ミカエでしたー!(マルドクを光の剣で連続斬り)
    マルドク「やめろぉぉぉ!!!(ダメージ19000)」 -- ミカエ
  • ゼクロム「…」
    劔「わは~っ!」 -- 天上界にて
  • ☆スーパーマルドクズフルボッコタイム☆←
    マルドク「オレはこの為だけに生き返らされたのか!?」
    ルシフ「(空間を開き、雲から登場)やはり騒がしいな」 -- ミカエ
  • 劔「わわ~!」
    ゼクロム「…(あ、ルシフッ!!)」 -- 天上界にて
  • ~♪(マルドクフルボッコ中)
    マルドク「誰か助けてくれぇぇぇ!!!」
    ルシフ「…ゼクロム、またミカエにやられたのか?(汗)」 -- ミカエ
  • 劔「~♪」
    ゼクロム「…(頷く)」 -- 天上界にて
  • ったく、あやつは…(ゼクロムを治療する) -- ルシフ
  • ゼクロム「…復活だぜ!(20000/20000)」
    劔「~♪」 -- 天上界にて
  •  …やはり、我がいた方がいいか?
    (現在マルドクはミカエに処刑されてます) -- ルシフ
  • ゼクロム「…そうしてくれると助かるぜ」
    劔「るんるん~♪」 -- 天上界にて
  •  …承知した。(レッドサークルを見ている) -- ルシフ
  • ゼクロム「ん?何だそれ?」
    劔「らんらん~♪」 -- 天上界にて
  • レッドサークルと言う代物だ。古いせいかだいぶひび割れているがな…。
    ミカエ「処刑完了!(マルドクは何のために生き返らせたんだ)」 -- ルシフ
  • ゼクロム「へぇー...何に使うんだ?」
    劔「ミカエーン、お疲れ様~♪」 -- 天上界にて
  •  …これにあるものを組み合わせれば、我の真の姿を見せることができる。
    ミカエ「えへへ、疲れちゃった♪」
    マルドク「…(チーン)」 -- ルシフ
  • ゼクロム「そ、そうなのか!?」
    劔「らんるん♪」 -- 天上界にて
  • だが…嫌な予感がする。しばらくはレッドサークルのまま封印しようと思う。
    ミカエ「ルシフが正体を現すには大邪輪が必要でーす!」
    おいこら、ばらすなー! -- ルシフ
  • ゼクロム「大邪輪?」
    劔「るんるん♪」 -- 天上界にて
  •  …大邪輪と言うのは
    ミカエ「レッドサークルに輝きが戻った赤く光る輪だよ!」
    ミカエが説明するなぁ! -- ルシフ
  • へぇ... -- ゼクロム
  • その道具が
    ミカエ「ルシフの正体を現すために必要な道具なんだ!」
    ……。 -- ルシフ(白いそっくりさんに出番を取られる)
  • …。
    劔「32へぇ~」 -- ゼクロム
  •  …(空間操作でとある地にレッドサークルを封印)
    ミカエ「アレ、封印しちゃうの?」 -- ルシフ
  • 何か危険な匂いがしたからなー...。 -- ゼクロム
  •  …ゼクロムの言う通り。
    ミカエ「えーっ、つまんなぁい!」 -- ルシフ
  • 封印して正解だと思うぜ。 -- ゼクロム
  •  …(真の姿を利用されそうで…怖い) -- ルシフ
  • …。 -- ゼクロム
  • ミカエ「ルシフ、震えてる」
    ルシフ「……」 -- 白黒の6枚羽
  • ……。 -- ゼクロム
  • ルシフ「汝らに問う。もし我が敵になってしまっても、我のことを覚えていてくれるか」
    ミカエ「い、いきなり何を問うのさ」 -- 白黒の6枚羽
  • ルシフ、突然何を言うんだ!? -- ゼクロム
  • ルシフ「我は予見してしまった。汝らの敵となり、絶望の炎で焼き尽くしてしまう場面を」
    ミカエ「(真面目になった)…未来はいくらでも変えられる」 -- 白黒の6枚羽
  • ルシフ………。 -- ゼクロム
  • ルシフ「それも、我の真の姿で」
    ミカエ「予知は便利だ。だがそれが現実になるかどうかはその時までわからない」 -- 白黒の6枚羽
  • …。 -- ゼクロム
  • ルシフ「…そんな未来、我は望まぬ」
    ミカエ「…(腕を組んでいる)」 -- 白黒の6枚羽
  • 俺も望まねぇよ!そんな未来はな! -- ゼクロム
  • ルシフ「折角…新たな友達ができたと言うのに…」
    ミカエ「…(いつになく真剣な表情)」 -- 白黒の6枚羽
  • ルシフ…。 -- ゼクロム
  • ルシフ「シロガネ、シンボラー、レイフェル…そして、ゼクロム」
    ミカエ「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ………。 -- ゼクロム
  • ルシフ「それなのに、我はその幸せな時を過ごすことを許されない」
    ミカエ「…(おかしいな、この前浄化したはずなのだが…)」 -- 白黒の6枚羽
  • …。 -- ゼクロム
  • ルシフ「…(俯く)」
    ミカエ「……(雲の端に移動)」 -- 白黒の6枚羽
  • …。 -- ゼクロム
  • ルシフ「…(我は…どうすれば…)」
    ミカエ「……あの6枚羽(雲の下の様子を見ている)」 -- 白黒の6枚羽
  • …(拳を握りしめている)-- ゼクロム
  • ルシフ「…」
    ミカエ「!」
    (雲を突き抜け、バハムート零式が現れた) -- 白黒の6枚羽
  • !?
    劔「アメヨフレー(謎の踊りを踊っている)」 -- ゼクロム
  • ???(【闇の管弦楽団】の団員)「ルシフ様、お迎えに参りました」
    零式「…」
    ルシフ「何の用だ」
    ミカエ「…(光の剣を出現させる)」 -- 白黒の6枚羽
  • ルシフに何の用だてめぇ!
    劔「ユキモフレー」 -- ゼクロム
  • ???「……様がお呼びです」
    ルシフ「…(後ずさり)」
    ミカエ「奴の言う事など聞かなくていい。私が成敗してくれる(???に近寄る)」 -- 白黒の6枚羽
  • 誰だか知らねぇが...この俺が痺れさせてやらぁ!(???に雷撃を放つ)
    劔「…やっぱり無理かぁ」 -- ゼクロム
  • 零式「!(???の身代わりとなり、ダメージ40000)」
    ???「背いたらどうなるか…分かっていますよね?」
    ルシフ「…」
    ミカエ「チッ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「あの野郎...!」
    劔「皆、どったの~?」 -- 天上界にて
  • ???「それに、従わないのであればあなたの部下であるサリエルを誘拐いたします」
    ルシフ「!」
    ミカエ「人質とは卑怯な」
    零式「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「卑怯な野郎だぜ...!」
    劔(フリーダム中)「あ、お客さん!?」 -- 天上界にて
  • ???「さぁ、どうします?」
    ルシフ「…頼む、サリエルには手を出すな」
    ミカエ「!!」
    零式「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフ!!」
    劔「…ごめんなさい」← -- 天上界にて
  • ルシフ「…我を連れて行け」
    ???「かしこまりました…くすくす」
    ミカエ「ルシフ、行ってはダメだ!」
    零式「…ガァッ!(ミカエにテラフレア)」
    ミカエ「…(ダメージ4)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフ!行くんじゃねぇっ!!」
    劔(スイッチ入るのが遅い)「さて...一体何者かな?」 -- 天上界にて
  • ???「それでは、行きましょう…(ルシフに手を差し出す)」
    ルシフ「あ(ry」
    ミカエ「やめろ…ッ!(ルシフが???の手を掴む前に腕を掴み、ルシフを引っ張った)」
    零式「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフから離れやがれッ!!(???に雷を落とす)」
    劔「…」 -- 天上界にて
  • ???「邪魔をするというのですね。目障りです」
    ミカエ「それはこちらのセリフだ」
    ルシフ「…」
    零式「……」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「帰れバカ!」←
    劔「…(しょぼん)」 -- 天上界に同行
  • ???「ならば力ずくで連れていくまでです!(魔竜2体を召喚)」
    魔竜「ギャグオォォォッ!!!(紺色で紫の炎を所々から放っているドラゴン)」
    ミカエ「!?」
    ルシフ「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ゑゑゑ!?」
    劔「…(何故か体育座り)」 -- 天上界にて
  • ???「私としては、早くルシフ様を連れて帰りたいのです」
    魔竜A「ギュグゥ!(ミカエに毒の炎)」
    魔竜B「シャギャァ!(ゼクロムに氷の息吹)」
    ミカエ「くっ!(ダメージ20)」
    ルシフ「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ガバァッ!?(11000/20000)」
    劔「…」 -- 天上界にて
  • ???「だから、邪魔しないでくださいね?」
    魔竜A「フリュウ!(ミカエを尻尾で叩く)」
    魔竜B「ギュブィィィ!!!(ゼクロムにホワイトブレス(無属性の息))」
    ミカエ「…ルシフ、逃げろ!」
    ルシフ「…分かった(空間を開くが)」
    零式「グアァァァッ!!!(そうはさせるか!)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「この...舐めんじゃねぇぜ!(クロスサンダーで相殺する)」
    劔「…」 -- 天上界にて
  • ???「そこの墨汁さん?」←
    魔竜A「ギャウ!(ミカエを尻尾でバシバシ)」
    魔竜B「…キャフ!」
    ミカエ「…!(光の剣でガード)」
    ルシフ「うっ…(零式に咥えられた)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「なんだ…って、誰が墨汁だぁぁぁ!?」
    劔「…(不意に立ち上がり、魔竜Bに近寄る)」 -- 天上界にて
  • ???(ドS)「自覚がないのですね、おまぬけさん」
    魔竜A「べしべし」
    ミカエ「…(まだ耐えている)」
    零式「…(???のもとにルシフを連れていく)」
    魔竜B「…ヒャフ?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「この野郎!覚悟しやがれッ!!(???に雷撃を放つ)」
    劔「能力変化...アタック。(刀を抜く)」 -- 天上界にて
  • 零式「!?(また身代わりになった。ダメージ70000)」
    ???「おっと(零式が落としたルシフをキャッチ)」
    魔竜A「ボォー!(ミカエに闇の息吹)」
    ミカエ「…(ダメージ3)」
    魔竜B「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「オラオラァッ!!(更に???へクロスサンダーを放つ)」
    劔「…剣技壱式...神速剣!(魔竜Bを目にも留まらぬ早さで斬りつける)」 -- 天上界にて
  • ???「…(ダメージ3000)どうしても邪魔しようというのですね」
    ミカエ「ていっ(魔竜Aを光の剣で切り裂く)」
    魔竜A「ギャウ!(一発死)」
    魔竜B「!?(ダメージ30000、戦闘不能)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「当たり前だ!ルシフを連れて行かせる訳には行かねぇぜ!!」
    劔「成敗...完了(刀を収める)」 -- 天上界にて
  • ???「ならば、あなたもつれて行きましょう」
    零式「…(ゼクロムに近寄る)」
    ミカエ「…劔、助太刀どうも」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「えっ、どういう事だ!?」
    劔「…礼には及ばないさ」 -- 天上界にて
  • ???「ルシフ様と離れたくないのでしょう? ならばいっしょに連れて行った方があなたもルシフ様も嬉しいでしょう?」
    ミカエ「そんなところで一緒になっても、嬉しくない。そうであろう?」
    ルシフ「……(ミカエの言葉に頷いてる)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「お前らの所になんか行くかっての!ルシフも、俺も!」
    劔「…(頷く)」 -- 天上界にて
  • ???「はぁ、話の通じない人達ですね」
    ミカエ「それは汝の方ではないか?」
    ルシフ「…」
    \間に合えーっ!!!/ -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…痺れさせてやろうか?」
    劔「…」
    \はぁぁぁっ!!/ -- 天上界にて
  • ???「…分かりました。あなた達のことは今回は諦めてあげましょう」
    ミカエ「…」
    ルシフ「…」
    \あともう少しだ!/ -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…」
    劔「…ん?」
    \皆...無事でいてくれっ...!!/ -- 天上界にて
  • ???「…代わりに、この方達(倒れている4名)を連れていくことにしましょう」
    ミカエ「!」
    ルシフ「!!」
    サリエル「(登場)サリエル☆参上!」
    改「…ここか」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「なっ...!?」
    劔「!!!」
    バハムート「皆、大丈夫か!?」 -- 天上界にて
  • 零式「…!」
    ???「これはこれは。厄介な人達が来ましたね」
    ルシフ「サリエル!」
    ミカエ「バハムート、それにバハムート改!」
    サリエル「待たせたな!」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「バハムート!来てくれたのか!?」
    劔「これは心強い!」
    バハムート「ふむ...奴が闇の管弦楽団の...」 -- 天上界にて
  • ???「ですが、もう遅いです(倒れている4名を空間操作で冥界に送る)」
    零式「…」
    ルシフ「…ふっ、相変わらずだな」
    ミカエ「助太刀に来てくれたのか!」
    サリエル「おうよ!」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「シ、シンボラーァァァ!!!」
    劔「!」
    バハムート「うむ、そうだ!」 -- 天上界にて
  • ???「…くすくす」
    零式「…」
    ルシフ、ミカエ「「!!!」」
    改「零式…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「て、てめぇぇぇッ!!!」
    劔「なんて事を...!」
    バハムート「零式!我らが分からぬのか!?」 -- 天上界にて
  • ???「この方達にはあとで素晴らしい仕事を与えるとしましょう…」
    ルシフ「ふ…ふざけるな!」
    ミカエ「…ふん、噂通りの外道だな」
    零式「…」
    改「何でもいい、答えてくれ…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「シンボラーとレイフェルを返しやがれッ!!(???にクロスサンダーを放つ)」
    劔「外道め...許すまじ...」
    バハムート「零式...!!」 -- 天上界にて
  • ???「あらあら(ダメージ5000)」
    零式「…(???に近寄る)」
    改「零式! 聞いているのか!?」
    ルシフ「我の…新たなトモダチを…!」
    ミカエ「…(腕を組んでいる)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「この腐れ野郎がーッ!!」
    劔「…」
    バハムート「零式...」 -- 天上界にて
  • ???「それでは零式、行きましょうか(零式に乗る)」
    零式「…(頷き、飛ぶ準備)」
    改「……」
    ルシフ「我の…トモダチを…」
    ミカエ「…はぁ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「バーカバーカ!バカ腐れ外道ーッ!!」←
    劔「…」
    バハムート「零...式...」 -- 天上界にて
  • ???「それでは、ごきげんよう」
    零式「…(飛び上がる)」
    ミカエ「…(ダメ押し。光の剣を零式めがけて投げる)」
    サリエル(ずれてる)「お、面白そう♪ てやっ!(???に槍を投げる)」
    ルシフ「かえ…せ…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…オラァッ!!(???に雷撃を放つ)」
    劔「…(零式達を見ている)」
    バハムート「…」 -- 天上界にて
  • ???「なっ!?(ダメージ12000、零式から落とされる)」
    零式「!(ダメージ10000、墜落開始)」
    ミカエ「この罰当たりが」
    ルシフ「…(目は見えない。だが涙が流れていた)」
    サリエル「www」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ざまぁwww」
    劔「!」
    バハムート「零式ッ!」 -- 天上界にて
  • ???「…仕方ありませんね、ここは私だけで下がるとしましょう!(ワープして退場)」
    改「零式、今行くぞ!(落ちてくる零式のもとへ)」
    零式「…!」
    ルシフ「…(その場に泣き崩れる)」
    ミカエ「ルシフ…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフ...」
    劔「!!」
    バハムート「零式…!」 -- 天上界にて
  • サリエル「…ルシフ様?」
    ルシフ「…(羽も力なく下がっている)」
    ミカエ「…悔しい気持ちは私も一緒だ」
    改「よっと(零式をキャッチ)」
    零式「……」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「俺だって悔しいぜ...シンボラーやレイフェル...」
    劔「…僕もさ」
    バハムート「…ふぅ」 -- 天上界にて
  • ルシフ「…(静かに泣いている…)」
    サリエル「ルシフ様、寂しいのか?」
    ミカエ「私はあやつらを許さぬ」
    改「…(零式を抱えたまま雲の上に着地)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…(ルシフに近寄る)」
    劔「…あぁ!」
    バハムート「改…ありがとう」 -- 天上界にて
  • サリエル「…」
    ルシフ「…」
    ミカエ「あやつらに天の裁きを下したい」
    改「…うぬ」
    零式「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…(レシラム...今ならお前の気持ち、分かるぜ...)」
    劔「滅多斬りにしてやりたい...!」
    バハムート「零式は大丈夫か...?」 -- 天上界にて
  • サリエル「ルシフ様は堕天使でありながら人を愛そうと思った」
    ルシフ「…」
    ミカエ「…(ルシフの頭を撫でる)」
    改「どうやら沈黙状態らしい」
    零式「……」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ふむ...」
    劔「…(その場に座り込む)」
    バハムート「そうか...エスナでも使えれば良いのだが...」 -- 天上界にて
  • サリエル「地上にいる間に他人に対する興味を持ったからな」
    ルシフ「…ぅう…」
    ミカエ「よしよし」
    零式「…!」
    改「万能薬でもいいのだが…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ほほぅ...」
    バハムート「そうだ...劔、お主ラストエリクサーを持っていなかったか?」
    劔「ん、持ってるけど?」 -- 天上界にて
  • サリエル「特に『己の欲望に忠実な者と努力をする者』に」
    ルシフ「うわぁぁぁ…」
    ミカエ「…おーよしよし」
    零式「…!」
    改「ラストエリクサー!?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「確かにそんな事言ってたな...」
    バハムート「零式に使ってくれぬか?」
    劔「結局使わなかったからね...いいよ。(ラストエリクサーを取り出す)」 -- 天上界にて
  • サリエル「…ところで、お前がゼクロムか?」
    ルシフ「…(今も泣き続ける)」
    ミカエ「ルシフ…」
    零式「!!!(逃げ出しそうだ)」
    改「こら、零式!」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「んあ?そうだが?」
    バハムート「零式!?」
    劔「零式はーっと...(零式に歩み寄る)」 -- 天上界にて
  • サリエル「…バハムートから聞いた通りの墨汁だ」←
    ルシフ「うわぁぁぁぁっ!!!(無意識にサリエルに手を伸ばす)」
    ミカエ「?」
    零式「!(暴れてる)」
    改「改、落ち着くのだ!」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「俺は墨汁じゃぬぇー!」
    バハムート「落ち着け零式!」
    劔「あいたっ」 -- 屋敷内にて
  • サリエル「アーッ!(ルシフに首を絞められた)」
    ルシフ「あぁぁぁぁ!!!」
    ミカエ「ルシフ、落ち着け」
    零式「…!(テラフレアを放とうとした。しかしブレスが吐けない!)」
    改「いいから、落ち着け!」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフー!?」
    バハムート「零式!」
    劔「あっ(パリン)」 -- 屋敷内にて
  • サリエル「…(チーン)」
    ルシフ「…ぜーっ、ぜーっ」
    ミカエ「一体何があったというのだ」
    零式「!」
    改「ゑ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…(汗)」
    バハムート「今の音は...?」
    劔「…ごめん、落とした(真顔)」 -- 天上界にて
  • ルシフ「ゼクロムの悪口は我が許さぬ…」
    ミカエ「…そうか」
    零式「……(ニヤリ)」
    改「ゑゑゑ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフ...!!」
    バハムート「ゑ」
    劔「どうしよう」 -- 天上界にて
  • ルシフ「…」
    ミカエ「ならば己の信念を貫くといい」
    零式「!(改を尻尾で叩き、逃げだした!)」
    改「いてっ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…」
    バハムート「零式...!?」
    劔「…逃げちゃった」 -- 天上界にて
  • ルシフ「…(立ち直った)」
    ミカエ「…ルシフ」
    改「零式め、何を考えてよる…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフ!」
    バハムート「奴の元に向かったのか...?」
    劔「…」 -- 天上界にて
  • ルシフ「奴らの企みは、我らの手で断ち切ろう」
    ミカエ「…そうだな」
    改「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ???「ハハハ! これはいい新入りだな!」
    ???「でしょう? あとはあなたの…と薬だけです」
    ???「へへへ、薬なら生意気な召喚士から取ってきたぜ!」
    ジタン「…(ここは…どこだ…?)」 -- その頃の冥界
  • ゼクロム「おうよ!!」
    バハムート「…」
    劔「…ごめん」 -- 天上界にて
  • ルシフ「…協力、してくれるか?」
    ミカエ「あぁ」
    改「…(零式…)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「勿論だぜ!」
    劔「…僕も手伝うよ」
    バハムート「…」
    -- 天上界にて
  • サリエル「っしゃ、オレも協力するぜ!」
    ルシフ「…ありがとう」
    ミカエ「困った時はお互い様だ」
    改「……」 -- 白黒の6枚羽
  •  …(あやつらは、一体何者なのか…)(冥界に向かう) -- その頃のバハムート零式
  • ゼクロム「そうだぜ!」
    劔「…(頷く)」
    バハムート「………」 -- 天上界にて
  • サリエル「ルシフ様をいじめる奴はオレがボコってやるよ!」
    ルシフ「はは、頼もしいな」
    ミカエ「…(改とバハムートの様子を見ている)」
    改「………」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「俺が痺れさせてやるぜ!」
    劔「…?」
    バハムート「…(翼を広げる)」 -- 天上界にて
  • ルシフ「…その木の棒で?」
    サリエル「あ゛」
    ミカエ「…どうした?」
    改「…………」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ゑ」
    劔「ん?」
    バハムート「…零式は恐らく、闇の管弦楽団の所へ向かったに違いない」 -- 天上界にて
  • サリエル「さっきまで槍を持っていたはずなのに!?」
    ルシフ「まさか、すり替えられたか?」
    ミカエ「…そうか」
    改「ならば、我も行かねば」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「誰にすり替えられた!?」
    劔「…」
    バハムート「うむ、行くしかあるまい!」 -- 天上界にて
  • サリエル「最悪だァァァ!!!」
    ルシフ「…」
    ミカエ「…冥界へ行くか?」
    改「うぬ!」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…俺は知らないからな!」
    劔「…」
    バハムート「うむ!」 -- 天上界にて
  • ルシフ「…はっ!(冥界へ通じる扉を作り出す) ブンッ(サリエルを投げ入れる)」
    サリエル「アーッ!」
    ミカエ「…」
    改「…(零式、待っていろ…!)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「サリエール!」
    劔「…」
    バハムート「零式...今行くぞ!」 -- 天上界にて
  • ミカエ「…(空間の中へ)」
    ルシフ「…(同上)」
    改「はっ!(同上)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「俺も行くぜ!(空間へ入る)」
    劔「…うん!(同上)」
    バハムート「!(同上)」 -- 天上界にて