V逸


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

V逸(ぶいいつ)とは、D-BR杯に出場しながらも優勝を逃すこと。

V逸戦士卒業

  • 朧月夜うまかぼう
    • 今でこそWBR準優勝で、通算35回のD-BR杯を誇り、クイーン・オブ・バトルロイヤルの名にふさわしい彼女だが、朧月夜D-BR杯苦難の道によると初優勝までなんと8連敗。
  • 一関智子石坂線の鬼神
    • 鬼神軍の中でもD-BR杯の勝率がすこぶる低かったが、最近改善されつつある。いや、ほとんど改善されましたね。今や優勝8回。
  • 100系ひかりひらお
  • ケロロ軍曹チャン
    • ケロロ小隊内で唯一Marinonet.での優勝未経験者だったが、ついに優勝。
  • 中原脩(石坂線の鬼神→魔理沙→石坂線の鬼神)
    • 播磨王になってもダメ、咲夜さんと組んでもダメ、とにかくD-BR杯では全くダメ。中原脩D-BR杯苦難の道参照。だったが・・・28連敗でストップ。
    • その後第五回WBRでも勝ち星を稼ぐ。
  • バイパーΔMr・H
    • 特に一抜けが多かったが、12連敗でストップし。第七回WBRでもそこそこ勝ち星を稼いだ。
  • ウリエル霧音怜玖
    • 勝利数を稼げていながらデ杯では2番目か最後にやられることが多かった。しかし、17連敗でストップ。
  • ミカエ霧音怜玖
    • V逸天使の上司もV逸天使であった。2番目に落とされることが多く、初制覇まで13連敗。
  • 柊(くくる
    • 一時期出場選考外だった時期があったとはいえ、初出場から実に10ヶ月かけて制覇。
    • 正確な数字ははっきりしていないが、確定しているのは20連敗オーバーであったということ。

優勝こそしたものの、勝率の低い選手

  • 長嶋茂樹(石坂線の鬼神)
  • ククール砂上ユキ
    • 初出場から19連敗。早いところ「永遠の負け犬」や「スライム以下」、「ヘンタイLv12」といった汚名を返上してほしい。優勝こそ果たしたものの、その後もV逸を連発し続けている。

現在連敗記録継続中

  • ジェレミー・クラークソン(石坂線の鬼神)
    • 特に一抜けが多く、一度も攻撃機会なしが2度も、現在19連敗。
  • ロボタック(石坂線の鬼神)
    • 特にダブルV逸が多く、現在13連敗。
  • キャンディ(くくる
    • 柊の優勝の後で再び現れたD-BR杯で活躍できない系女の子。舞台は主にスーパーバトロイ。
    • ハマればかなり良いところまで行けるのだが、いかんせん打たれ弱く、特技のアフター5が機能する前に落とされてしまいがち。

通常戦最多勝からV逸

シーズン最多勝を獲ったからといって、決してD-BR杯で有利になることはない。

第210シーズンマサチュー2号北風の使者) 14勝
第4190回D-BR杯に出場したが、闇の最終兵器に倒され一抜け。
第211シーズン吉田健次石坂線の鬼神) 13勝
第4213回D-BR杯に出場し、最後まで残るも、OH君に倒される。
第212シーズン朧月夜うまかぼう) 20勝
第4226回D-BR杯に出場したが、ランダム@wwの会心を喰らい敗退。
第213シーズン高坂 直也(ステッペンウルフ(現:バトロイ族)) 14勝
第4241回D-BR杯に出場し、サッカー少年太郎を会心に仕留め一抜けで負かすものの、に倒される。
第215シーズンゆっくり霊夢魔理沙) 14勝
第4268回D-BR杯に出場し、最後まで残るも早起き君に倒されV逸。
第216シーズンこうや号の車掌ケータイ騎手) 13勝
第4275回D-BR杯に出場したが、マンモスの会心で一抜け。
第218シーズン豪雪戦士セレラモハメド・アリ) 11勝
第4306回D-BR杯に出場したが、シェゾにやられる。
第219シーズンY-45βモハメド・アリ) 11勝
第4319回D-BR杯に出場したが、創造神に倒され一抜け。
第220シーズン豪雪戦士セレラモハメド・アリ) 13勝
第4336回D-BR杯に出場したが、ハクリュウに殊勲打を決められ自身2度目の最多勝V逸。
第221シーズン山尾 尚登モハメド・アリ) 14勝
第4352回D-BR杯に出場したが、シェゾに会心の殊勲打を浴びせられた。
第222シーズン木吉カズヤ風騎)、蘿蔔) 10勝
木吉は第4365回D-BR杯に出場し、蘿蔔は第4359回D-BR杯にそれぞれ出場したがV逸。ちなみに同率で並んだ朧月夜、ズッキーニ鉄腕アトム1959は優勝。
第223シーズンシェゾアルル) 19勝
第4383回D-BR杯に出場するも、チュ父ネズミに会心を喰らい一抜け。
第224シーズンナレーションなっしー・NASIDASH) 16勝
第4389回D-BR杯に出場するも、高城麗奈に会心を喰らい一抜け。
第225シーズンシェゾアルル)、かみじさじしん) 12勝
シェゾは第4411回D-BR杯に、かみじは第4403回D-BR杯に出場するも、両者敗れる。
第228シーズン雪王子ユキケータイ騎手) 14勝
第4457回D-BR杯に出場するも、愁随に会心を喰らい一抜け。
第229シーズン中村大輔カワD) 22勝
第4459回D-BR杯に出場するも、お好み焼き君に会心を喰らい敗退。三冠を逃した。
第231シーズンタママ二等兵チャン) 17勝
第4496回D-BR杯に出場したが殺丸の会心の殊勲打を喰らいV逸。
第232シーズンシェゾアルル) 18勝
第4499回D-BR杯に出場したが朧月夜の会心で脱落。
第233シーズン桜庭 京子モハメド・アリ) 13勝
第4519回D-BR杯に出場したがMr.killerに会心を喰らわされ一抜け。
第236シーズンストレッチマンナベキチ) 12勝
第4560回D-BR杯に出場したが森由紀子に会心を喰らわされ一抜け。
第237シーズンdopingmanhttp) 13勝
第4577回D-BR杯に出場したが孫悟空(ケータイ騎手)に倒され一抜け。ちなみにその悟空は同シーズンで同率首位になり、その前の大会で優勝した。
第238シーズンラフィーナプリンプ) 14勝
第4588回D-BR杯に出場したとされるが、中田 卓斗に倒され一抜け。
第242シーズン低温戦士ヒクケータイ騎手ラフィーナプリンプ) 14勝
ラフィーナは第4625回D-BR杯に出場したとされるが、同門のシグに倒され一抜け。

20勝の呪い

ただでさえ通常戦で最多勝を獲る程度の戦果をあげたものはV逸しやすいが、通常戦で20勝の大台に乗った選手が優勝することはここ一年以上皆無となっている。

ダブルV逸

関連項目