キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.S-71


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • えへへ、ここまでのあらすじ!
    ・堕天使ルシフェルとの戦い。
    ・メタトロがルシフェルの力により、メタトロンへ変化。気持ち悪い!←
    ・アテナ達のしょうもない言い争いwww←
    ・劔の攻撃により大邪輪は破壊され、ルシフェルがルシフへと戻った。
    ・だが、最後の最後でミカエが誘拐された?
    ごめん、まだ僕達冥界なんだwww -- あらすじ:商人アリ
  • マルドク「飯飯飯飯め(ry」
    ロリヴィエール「だーれー?」
    デメラ「巷で噂の腹ペコ王子、マルドクね」 -- その頃、屋敷の中では…
  • ルシフ「操られていたとはいえ、我は酷いことをやらかした」


    アテナ「何がしょうもないですって!?」 -- 黒の6枚羽と…
  • Mバハムート「ン?」
    キュレム「マルドク!?」 -- 屋敷内にて
  • 劔「…(刀を収める)」
    ゼクロム「ルシフ…」
    レシラム「…」


    小春「…(汗)」
    渡り廊下「俺の名前を戻してくれよ!」 -- 一方のレシラム達
  • マルドク「キュレムー、食堂はどこにあるんだー?」
    ロリヴィエール「まるどく? …あー! めそたにあのへんたいおうじ!」←
    デメラ「ゑ」 -- その頃、屋敷の中では…
  • ルシフ「すべては予言の通り、か…」


    アテナ「私には無理よ!」 -- 黒の6枚羽と…
  • 劔「…(ルシフから飛び降りる)」
    ゼクロム「…」


    小春「私にも無理なのです」
    渡り廊下「何とかしてくれー!」 -- 一方のレシラム達
  • キュレム「食堂か…どこにあったかな…」
    Mバハムート「変態ダト!?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「それに…ミカエが…」


    アテナ「何とかしろと言われてもねぇ」
    改「(空間を開き)…ただいま」
    零式「…」
    シロガネ「ギャ~ウ!」 -- 黒の6枚羽と…
  • ロリヴィエール「りう゛ぃえーるのぱんつみにきたんでしょ!」←
    マルドク「ちげぇ! オレは今腹減ってんだよ!」
    デメラ「全く、相変わらずの食いしん坊ねぇ」 -- 屋敷の中では…
  • 劔「…(何処かへ立ち去ろうとする)」
    ゼクロム「…(俯く)」
    レシラム「…!」


    バハムート「…戻ったぞ」
    小春「あ、バハムートさん達!」
    渡り廊下「助けてくれぇ!」 -- 一方のレシラム達
  • キュレム「おいおい…(汗)」
    Mバハムート「マルドクハ変態ナノカ…」← -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…………(頭の中がくすぐったい)」


    アテナ「あら、お帰りなさい」
    改「捕らわれていた者達を連れてきた」
    零式「…」
    シロガネ「ギャー」 -- 黒の6枚羽と…
  • ロリヴィエール「うそつけー!」
    マルドク「変態いうなー!」
    デメラ「食堂ならこの先にあるわよ?(食堂のある所を指差す)」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「…」
    レシラム「劔…」


    バハムート「皆は無事だったか?」
    小春「はいっ!」
    渡り廊下「もうヤダ」 -- 一方のレシラム達
  • キュレム「そうだな...あっちに食堂があるぞ」
    Mバハムート「違ウノカ?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「……」
    (へっくしょい!)


    アテナ「えぇ…なんとか」
    シロガネ「ギャウ?(どうしたの?)」 -- 黒の6枚羽と…
  • マルドク「オレはマルドク、メソタニアの」
    ロリヴィエール「へんたいおうじ!」←
    デメラ「ゑゑゑ」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「?」
    レシラム「…?」


    バハムート「それは良かった…」
    小春「バハムートさん達も無事そうで何よりなのです!」
    渡り廊下「名前が戻らないんだ…」 -- 一方のレシラム達
  • キュレム「ゑ」
    Mバハムート「…ヤハリ変態カ」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…」
    ミカエ「ぶはぁ!(ルシフの髪の中から出てきた!)」


    アテナ「さてと、その子達の手当てをしないといけないわね」
    シロガネ「ギャーウ…(それはそれは…)」 -- 黒の6枚羽と…
  • マルドク「リヴィエールてめぇぇぇ!!!」
    ロリヴィエール「だってじじつだもん!」
    デメラ「…(汗)」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「」
    レシラム「ゑゑゑゑゑゑゑゑゑゑゑゑゑゑゑ!?」


    バハムート「そうだな…頼めるか?」
    小春「はう…」
    渡り廊下「酷い話だよな…」 -- 一方のレシラム達
  • キュレム「…」
    Mバハムート「データベース二記録シテオク…」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「………」
    ミカエ「やっほ~☆ さっきの奴の企みがとってもつまらなかったから逃げてきた☆」


    アテナ「えぇ、任せといて」
    シロガネ「…キャフ!(変名解除の呪文を狼牙に使う)」 -- 黒の6枚羽と…
  • マルドク「そんなことはどうでもいい! 飯だ飯!(食堂へ走って行った)」
    ロリヴィエール「いっちゃった」
    デメラ「あはは…(汗)」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「…(唖然)」
    レシラム「そ…そうか…」


    バハムート「うむ」
    狼牙「おおっ!サンキュー!」
    小春「…あれっ?」 -- 一方のレシラム達
  • キュレム「行ってしまったな…」
    Mバハムート「マルドクハ変態…ト…」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…いちいち我の髪に隠れるのやめてくれないか?」
    ミカエ「だって気持ちいいんだもん」


    アテナ「あるべきものを、あるべき姿に!(ジタン、シンボラーを除く皆に金の聖油)」
    レイフェル「んん…」
    サンダル「…ハッ!?」 -- 黒の6枚羽と…
  • ゼクロム「…」
    レシラム「…」


    バハムート「…起きたか」
    狼牙「ちょwwwジタンとシンボラーwww」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…はぁ(呆れ顔)」
    ミカエ「いぇーい!」


    アテナ「起きた?」
    サンダル「ココハドコデスカ!?」
    商人アリ「毎度、おおきに!」 -- 黒の6枚羽と…
  • ゼクロム「…(レシラム、レシラム...劔は...)」
    レシラム「…(我が知ったことか)」


    バハムート「…ここはレインスルフだ」
    狼牙「www」
    小春「お兄様、調子に乗ってるとまた名前が変わるのですよ?」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「うるさい、騒ぐな」
    ミカエ「ヤダ☆」


    アテナ「…ってあんた誰よ!?」
    商人アリ「僕? 僕はアリ、商人だよ!」
    サンダル「…トイウコトハモドッテコレタトイウコトデスネ!」 -- 黒の6枚羽と…
  • ゼクロム「…(完全にミカエがいなくなったって思ってるぜ?)」
    レシラム「…(我は知らん)」


    バハムート「うむ」
    狼牙「ゑ、それは困る」
    小春「…」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…」
    ミカエ「もっふん!」


    アテナ「ふぅん…私はアテナよ」
    サンダル「ワレハサンダルデス!」
    アリ「よろしく~!」
    シロガネ「…ギャーウ」 -- 黒の6枚羽と…
  • ゼクロム「………」
    レシラム「………」


    狼牙「俺は雨霧狼牙だぜ!」
    小春「私は雨霧小春なのです!」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「劔ぃのバーカァ! ミカエに愛想をつかせたんでしょ!?」←
    ルシフ「…我の頭上で騒ぐな」


    アリ「これいる?(ミカエの【ピー】な写真)」←
    アテナ「ブーッ!!!」
    シロガネ「…(もうヤダこの問題児)」 -- 黒の6枚羽と…
  • ゼクロム「…なぁ、レシ(ry」
    レシラム「何も言うな…」


    狼牙「ちょwww」
    小春「ゑ」
    バハムート「…(アリを見ている)」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「いいもんいいもん、代わりに他に遊べる人探すから!」
    ルシフ「……」


    アテナ「なんで水着姿の写真なんて持ってんのよ!」
    アリ「いやー、売れそうなのでついwww」←
    サンダル「…トウサツデスカ?」 -- 黒の6枚羽と…
  • ゼクロム「…呼んであげようぜ」
    レシラム「無理」


    狼牙「水着姿ってwww」
    小春「…(汗)」
    バハムート「………」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「…ルシフでいいや」
    ルシフ「それはそれで迷惑だ」


    アリ「他にもあるよ(マジカとレオンのアッー!な写真)」←
    アテナ「子どもなのになんという趣味してんのよ!?」
    サンダル「コレハヒドイデス」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「それに…呼ぶ必要はないようだ」
    ゼクロム「えっ?」


    狼牙「ちょwww」
    小春「ゑゑゑ」
    バハムート「…」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「つれないなぁ!」
    ルシフ「いくら旧友とはいえ、迷惑だ」


    アリ「マルドクの身だしなみを整えてる写真とか誰得なんだけどさぁ」←
    アテナ「………」
    サンダル「テンバツシテイイトオモイマス?」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「…よく見てみろ」
    ゼクロム「??」


    狼牙「www」
    小春「…(少し見てみたいのです…)」←
    バハムート「…我も加勢するぞ」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「ルシフの意地悪!」
    ルシフ「…ふん」


    アリ「Hey、そこの着物の子! 見たいと思った?」
    アテナ「ゑ」
    サンダル「スイマセンネ…」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「お前の上」
    ゼクロム「ええっ?」
    劔「呼んだ?」←


    狼牙「小春~?」
    小春「え、あ、えっと…あはは…」
    バハムート「…構わんぞ」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「ふみゃ! この声は!」
    ルシフ「…」


    アリ「特別にタダであげちゃうよー!」
    アテナ「やめなさい、裏がありそうだし」
    サンダル「イキマスヨ、テン、バツ(アリに)」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「…に劔がいる」
    ゼクロム「ゑ」
    劔「戻ってきたよ~!」


    狼牙「www」
    小春「えぅ…(汗)」
    バハムート「…メガフレア(アリにメガフレアを放つ)」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「つーるーぎぃー!!!(ルシフの上から降りてきた)」
    ルシフ「…」


    アリ「ぎゃぁぁぁ!!!(HP0)」
    アテナ「まったく…」
    サンダル「トウサツハユルサレマセンヨ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「いつの間に…」
    ゼクロム「ゑゑゑ!?」
    劔「ミカエーン!!」


    狼牙「www」
    小春「あっ…」
    バハムート「盗撮など…言語道断!」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「また心配かけさせちゃってごめーん!(劔に抱きつこうとする)」
    ルシフ「…(腕を組んでいる)」


    アテナ「…」
    サンダル「シバラクハオトナシクシテナサイ!」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「退場したと見せかけて、ゼクロムの上にジャンピングしたのか…?」
    ゼクロム「俺が知るかぁぁぁい!!」
    劔「無事で良かったよ~!(腕を広げて迎える体勢)」


    狼牙「www」
    小春「…」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「うわぁぁぁい!!!(劔に抱きついた)」
    ルシフ「…(微笑んでいる)」


    アテナ「あんたに言われたくないけどね」
    サンダル「ウッ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「それとも始めからゼクロムの上にいたのか…?」
    ゼクロム「だから俺が知るかぁぁぁい!!」
    劔「ミカエーーーン!!」


    小春「あはは…」
    バハムート「…(汗)」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「劔ぃごめん、ごめんね!」
    ルシフ「…(その場で正座した)」


    サンダル「…(ナンデワレノアツカイハコンナニヒドインデショ…)」
    アテナ「弟よりはましだけど」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「あっそう…」
    ゼクロム「そうだぜ」
    劔「ミカエーン…」


    小春「変態さんの?」←
    バハムート「…」 -- 一方のレシラム達
  • ミカエ「ミカエったらいつも心配かけさせてばかり…!」
    ルシフ「…(さりげなくゼクロムに手を伸ばす)」


    サンダル「メタトロトイッショニスルナー!」
    アテナ「姿形似てるし…」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「…あっ」
    ゼクロム「ルシフ?」
    劔「…そんな事ないよ!」


    小春「確かにそっくりなのです…」
    バハムート「…」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「わ、我の手に乗ってみぬか…?」
    ミカエ「うぇぇぇん!!!(珍しく泣くミカエ)」


    サンダル「フタゴダカラシカタナイジャン!」
    アテナ「そういえばそうだったわねぇ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「何かを忘れているような気がする…」
    ゼクロム「いいのか!?」
    劔「ミカエーン…(ミカエを撫でる)」


    小春「そう言えば、確かに…」
    バハムート「…(汗)」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…(頷く)」
    ミカエ「ふわーん!」


    アリ「(復帰)あらよっと!」←
    アテナ「あんたは復活するんじゃないわよ!」
    サンダル「…(クソーッ、メタトロメ…)」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「………」
    ゼクロム「やったぜぇ!(ルシフの手に乗る)」
    劔「…いっぱい泣いて良いよ」


    小春「はわっ!?」
    バハムート「アリ…(汗)」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…(ゼクロムが乗ったのを確認した後、腕を胸元まで上げる)」
    ミカエ「わぁぁぁん!!!」


    アリ「写真いる?」←
    アテナ「……」
    サンダル「…(オマエノセイデワレマデヘンナヒョウバンガ…)」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「…あっ、フライヤ」
    ゼクロム「~♪」
    劔「辛かったよね…分かるよ…(ミカエを撫でている)」


    小春「あの…一枚だけ…」
    狼牙「ゑ」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「わ、我はゼクロム、汝のことが…」
    ミカエ「ミカエが…ミカエが弱かったから…!」


    アリ「へへっ、毎度~!(小春にマルドクの写真を渡す)」
    アテナ「………」
    サンダル「…ハァ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「…(ルシフを見上げる)」
    ゼクロム「ん?」
    劔「…ミカエーンは弱くないよ!」


    小春「ありがとうなのです!(写真を受け取る)」
    狼牙「……」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…す…き…」
    ミカエ「そ、そんなことないよぉ…!」


    アリ「アッー! 僕のバッグ漁らないでー!」←
    アテナ「…(アリのバッグを漁っている)」
    サンダル「エッ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「じーっ」←
    ゼクロム「!!」
    劔「僕達は何度もミカエーンに助けられた!そんなミカエーンが弱い訳ないよ!」


    小春「…(写真を見ている)」
    狼牙「ちょwww」
    バハムート「アテナ…(汗)」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…(赤面)」
    ミカエ「…ううっ…」


    アテナ「…(ゴゴゴゴゴゴ)」
    アリ「しかもなんか嫌な予感が…」
    サンダル「…(汗)」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「じーっ」
    ゼクロム「ル…ルシフ…」
    劔「ははは…僕らしくなかったかな…(頭を掻く)」


    小春「…アテナさん?」
    バハムート「むっ?」
    狼牙「おっ?」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「い、今のは聞かなかったことにしてくれ!」
    ミカエ「うわぁぁぁん…」


    アテナ「なんっで私の着換えの写真が入ってんのよー!!!」
    アリ「これ以上はまけられないよ~!(逃走)」
    サンダル「…トウサツハン?」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「じーっ」
    ゼクロム「あ、あぁ…分かった…ぜ…」
    劔「…」


    小春「ゑ」
    狼牙「ちょwww盗撮www」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「……」
    ミカエ「うっ…うっ…」


    アテナ「…ったく、逃げ足だけは速いんだから…」
    サンダル「ヨウチュウイジンブツニンテイデスネ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「じーっ」
    ゼクロム「…」
    劔「…元気出して、ね?」


    小春「盗撮はダメなのです!」
    狼牙「www」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…(レシラムの視線に気づく)」
    ミカエ「う…分かった…」


    アテナ「しかし、なんで天使ばっかり…?」
    サンダル「タシカニ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「じーっ」
    ゼクロム「…レシラム、何してんだ?」
    劔「笑ってるミカエーンの方が僕は好きだよ!」


    小春「うみゅー…」
    狼牙「そういう趣味なんじゃね?www」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…」
    ミカエ「…そ、そうだよね」


    アテナ「しかも何故かウリエルだけ0枚」
    サンダル「ウリエルキラワレタwww」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「…フライヤ」
    ゼクロム「はい?」
    劔「ほら、笑って笑って~♪」


    小春「…(汗)」
    狼牙「www」
    バハムート「ウリエル…」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「……」
    ミカエ「…あーっはっはっはっは!」←それリヴィエールの笑い


    サンダル「…ソウイエバサッキサリエルイマセンデシタ?」
    アテナ「いたかもしれない。でもどこかに行ったんじゃないの?」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「フライヤはどうした」
    ゼクロム「…」
    劔「ブッ!」


    小春「?」
    バハムート「ふむ…?」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「………」
    ミカエ「でぇーっへっへっへ!」←今度はサッカーラの笑い


    サンダル「…アノフタリガイッショニナッタラアブナイトオモイマスヨ」
    アテナ「…否定できないわ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「フライヤは(ry」
    ゼクロム「うるせぇ!(レシラムに雷撃)」
    レシラム「ウボァ!(9000/35000)」
    劔「www」


    バハムート「…確かにまずい」
    小春「?」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「彼女がどうかしたのか?」
    ミカエ「あーっ、すっきりした! ありがと、劔ぃ!」


    サンダル「デスガ、ドコイッタンデショ」
    アテナ「私、探しに行ってくるわ(退場)」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「しびれ…た…(麻痺った)」
    ゼクロム「気にしなくていいぜ!」←
    劔「どういたしまして~♪」


    バハムート「うむ、頼んだぞ」
    小春「…」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…ふふっ、そうか」
    ミカエ「おかげでミカエのテンションも元どーり!」


    サンダル「イッテラッシャイマセ」
    シロガネ「…ギャウ(先程から空気…)」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「ゼ…クロム…お…前…!」
    ゼクロム「はははっ!」
    劔「わーい、やった~!」


    バハムート「む、シロガネ…(汗)」
    小春「…」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…(座ったまま6枚の羽をピンと広げる)」
    ミカエ「Let's ミカエ!」←?


    サンダル「アナタハタシカアノトキノギンリュウサン?」
    シロガネ「…ギャーウ(覚えててくれたんだね!)」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「後…で…覚えと…け…」
    ゼクロム「ははははっ!!」
    劔「おお~っ!」


    バハムート「…」
    小春「?」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「星々の輝きを…(夜空に妖しくも美しい星々を出現させる)」
    ミカエ「だけど、ステージがない!


    サンダル「…アナタモタイヘンデスネ」
    シロガネ「…ギャーウ(うん)」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「…」
    ゼクロム「おおっ!綺麗だな…」
    劔「あれでいいんじゃな~い?(ゼクロムを指差す)」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「夜空の星も、月も、我は好きなのだ」
    ミカエ「…ルシフの目の前だからやだ」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「………」
    ゼクロム「そうだな…俺も好きだぜ」
    劔「あ、そうか…」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「ふふっ、ゼクロムもそう思うか」
    ミカエ「しかもでっかいから尚更」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「………」
    ゼクロム「おうよ!」
    劔「確かにね~」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「やはり汝とは気が合いそうだ」
    ミカエ「ルシフははっきり言ってミカエより強いからなぁ…」 -- 黒の6枚羽と…
  • レシラム「………」
    ゼクロム「ははははっ!」
    劔「え、そうなの!?」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…なんだか、天上界での出来事を思い出すな」
    ミカエ「…うん」 -- 白黒の6枚羽
  • レシラム「………」
    ゼクロム「あぁ…あの時を思い出すぜ…」
    劔「それはビックリだぁ」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「その時は我とゼクロムの立ち位置が逆だったな」
    ミカエ「でも、悔しくなんてないよ」 -- 白黒の6枚羽
  • レシラム「…(何故か小春を見る)」
    ゼクロム「そうか、あの時は俺がデカかったっけな」
    劔「…」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「現在は我が大きくなっている。 …だが、原因が分からない」
    ミカエ「…努力すればいいだけだから」 -- 白黒の6枚羽
  • レシラム「…(た す け て)」
    ゼクロム「俺にも分からねぇ…」
    劔「…うんうん!」


    小春「うみゅ?」
    狼牙「小春?どうしたんだ?」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…天上界の時はミカエの悪戯であったが…」
    ミカエ「ミカエはねー、これでも努力するの好きだし」 -- 白黒の6枚羽
  • レシラム「…」
    ゼクロム「今回は…一体誰の仕業なのか…」
    劔「そうなんだ~」


    小春「誰かに見られてる気が…」
    狼牙「どうせ墨汁だろwww」← -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…分からぬ」
    ミカエ「チート能力得るのにも苦労したんだよー」←? -- 白黒の6枚羽
  • レシラム「…(我だよ我!)」
    ゼクロム「…ま、考えてても仕方ねぇな」
    劔「そうなの~?」


    小春「ゼクロムさんが?」
    狼牙「どうせいつものだろwww」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「そうだな…(座ってても屋敷よりデカい)」
    ミカエ「覚えるまでに15年はかかった」← -- 白黒の6枚羽
  • レシラム「…(我の麻痺を治してくれぇ!)」
    ゼクロム「ふぃ~…(ルシフの手の上に座る)」
    劔「15年!?」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「…ふふっ、疲れているのだな?」
    ミカエ「だって全種類覚えたんだもん…」 -- 白黒の6枚羽
  • レシラム「……………」
    ゼクロム「あぁ…色々とあったからな…」
    劔「そ…そーなのかー」 -- 一方のレシラム達
  • ルシフ「それもそうだな…。正直、我も疲れている」
    ミカエ「でもほとんど使わない」←


    アテナ「ただいま」
    サリーちゃん「ひーん」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「今は休もうぜ…」
    劔「わぁお」


    小春「あっ、アテナさん!」
    狼牙「www」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「ならば我の手の上でゆっくりと休むがよい…」
    ミカエ「でもいざと言う時は役に立つと思うよ~」


    サリーちゃん「このおばはんにつ(ry」
    アテナ「誰がおばはんよ!」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「おうよ」
    劔「凄いな~流石はミカエーンだよ!」


    小春「お帰りなのです!」
    狼牙「BBAwww」← -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…ふふっ(微笑んでいる)」
    ミカエ「いやー照れちゃうなぁ~♪」


    アテナ「商人のガキは連れ戻し損ねたけどね…」
    サリーちゃん「やーいババァババァ」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「それじゃ、お言葉に甘えて…(横になる)」
    劔「僕には真似できないよ~」


    小春「一人連れ戻しただけでも十分なのです」
    狼牙「ババァwww」← -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…お休み」
    ミカエ「興奮しちゃう~!(さりげなく胸を大きくするな)」


    アテナ「(ピキッ)エサリエルに狼牙、覚悟しておきなさいね?」
    サリーちゃん「www」
    サンダル「…キイテナイデスネ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…zzz」
    劔「おうふ!」


    小春「はう?」
    狼牙「へいへーいwwwバwバwァwww」← -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…(しかし、胸の辺りが苦しい)」
    ミカエ「劔ぃにやっちゃう~(劔に胸を押し付ける)」


    アテナ「…その心、私が矯正してあげる!(サリーちゃんと狼牙に女神の槍)」
    サリーちゃん「ぎょえー!(0/6666)」
    サンダル「ヤレヤレデス」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「zzz」
    劔「あふぅ~!」


    狼牙「おわぁーっ!(0/10000)」
    小春「…やれやれなのです」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…(ゼクロムを持っていない方の手で胸を抑える)」
    ミカエ「もみもみ~♪」


    アテナ「まったく…」
    サンダル「…ソウイエバ、メタトロハ?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「zzz」
    劔「まふぅ~」


    小春「変態さんなら…お墓があるのですよー」
    バハムート「ゑ」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「ぐ…うぅ…!」
    ミカエ「今回はIでぇす」


    サンダル「ヱ」
    アテナ「あぁ、メタトロなら墓の下にいるわよ」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「はっ!ルシフ!?(飛び起きた)」
    劔「すごぉい!」


    小春「墓の下で眠ってるのです」←
    バハムート「!?」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「うぐあぁぁぁ!!!(さらに巨大化)」
    ミカエ「どう? 気持ちいい?」


    サンダル「…アイツ、イッタイナニヲヤラカシタンデスカ」
    アテナ「キモくなった」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフ!どうした!?」
    劔「うん!気持ちいいっ♪」


    小春「大きな変態さんなのです」
    バハムート「…(汗)」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「胸が…苦しい…!」
    ミカエ「えへへ~♪」


    サンダル「ハイ?」
    アテナ「そうそう、頭身も上がってキモさアップよ」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「なんだと…!?」
    劔「るんるん♪」


    小春「キモい変態さんなのです?」←
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「ぐぅぅ…!」
    ミカエ「もみもみ」


    サンダル「ソレハスガタヲミナイトワカリマセンヨ」
    アテナ「見せられないわ!」←
    シロガネ「…ギャウ(魔力の暴走…か)(ルシフを見ながら)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ど…どうすれば…!?」
    劔「あふぅ~♪」


    小春「見たらダメなのです!」←
    バハムート「…シロガネ?」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「我は…これ以上破壊を繰り返したくない…!」
    ミカエ「にゅむ~」


    サンダル「…ソンナニキモチワルイノデスカ?」
    アテナ「えぇ」
    シロガネ「ギャウ…(ルシフ様…あいつに無理矢理こめられた魔力が暴走して…)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「俺には何も出来ねぇのかよ…!?ちくしょう!」
    劔「むみゅう~♪」


    小春「はいっ!」
    バハムート「!」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「うぐぐ…!(必死に抑えている)」
    ミカエ「やっぱり劔ぃと一緒にいる時間が好き~」


    サンダル「…ワカリマシタ」
    アテナ「相当気持ち悪かったわよ」←
    シロガネ「…ギャウ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「くそったれぇぇぇッ!!」
    劔「僕も!ミカエーンと一緒にいるの楽しい♪」


    小春「あれは見たら目が腐るのです…」←
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「…!」
    ミカエ「劔ぃだーい好き!」


    サンダル「…ヒドイイワレヨウデスネ」
    アテナ「事実だし」←
    シロガネ「…キャフ?(レシラムさんは?)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフ!!」
    劔「ミカエーン大好き~!」


    小春「本当の事だから仕方ないのです」←
    バハムート「レシラムなら…あそこで倒れてるぞ」
    レシラム「…(チーン)」←ルシフの足元で倒れてる -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「まだ…苦しい…」
    ミカエ「えへ~♪」


    サンダル「…(汗)」
    シロガネ「…ギャウ(あらら…)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「くそっ…くそっ…!」
    劔「わは~♪」


    小春「ふみゅー」
    バハムート「何があったのかは知らぬが」
    レシラム「…(チーン)」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「…」
    ミカエ「むにゅむにゅ」


    アテナ「レシラムさんなら先程墨汁の雷撃喰らってたわよ」
    サンダル「モウヤダメタトロ」
    シロガネ「ギャウ?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「俺は…無力なのか…!?」
    劔「むふ~♪」


    小春「うみゅー」
    バハムート「ゼクロムの雷撃を?」
    レシラム「…」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「…ゼクロムよ、汝の雷を我に放ってくれ」
    ミカエ「もみゅ~」


    アテナ「えぇ…フライヤフライヤうるさいからでしょうね」
    サンダル「ン? モウヤ ダメタトロ?」
    シロガネ「ギャーウ…(区切る所が…)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…えっ?」
    劔「あふぅ~♪」


    バハムート「だろうな…(汗)」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「もしかしたら原因が分かるかもしれぬ」
    ミカエ「~♪」


    アテナ「愛情も程ほどにと言う事ね」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「……分かったぜ」
    劔「♪♪」


    バハムート「うむ、そういう時だ」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「…頼む」
    ミカエ「大きさは自由自在だぞっ☆」


    メタトロ「チクショウ、アニキメ!(元の姿に戻り、地面から湧いて出てきた)」
    サンダル「!?」
    アテナ「げっ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…ハァッ!!(ルシフに雷撃を放つ)」
    劔「すごぉい!」


    小春「げっ、変態さん!」←
    狼牙「www」
    バハムート「!?」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「…!(ダメージはないが、胸のあたりに黒い影が見えた)」
    ミカエ「ルシフ並みに大きくなってもいいんだけど、今胸があるからなぁ~」


    メタトロ「ダカラヘンタイイウナ!」
    サンダル「オマエ、マジデナニヤラカシタン?」
    アテナ「もう一度埋まりなさい!」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「今のはッ!?」
    劔「そうだねぇ~」


    小春「もう一度墓に戻るのです!」←
    バハムート「…(汗)」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「分からぬ…」
    シロガネ「…ギャウ(無理矢理こめられた魔力は体内にいるフライヤさんによって助長させられている…)」
    ミカエ(変態天使)「…ミカエ、胸の方が好きだし」


    メタトロ「…オボエテネェ」←
    サンダル「……」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「シロガネ、それは一体どういう事だ!?」
    劔「そーなのかー!」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「?」
    シロガネ「ギャーウ…(べレールの強すぎる魔力はフライヤさんをも闇に染めた)」
    ミカエ「ちょっと重いけどね!」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「!?」
    劔「そうだね~♪」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「シロガネ…?」
    シロガネ「ギャウ…(これはべレールの思案通り…)」
    ミカエ「~♪(劔から一旦離れ、ピョンピョン跳ねる)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…ベレールって誰だ?」
    劔「るんるん~♪」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「べレール…か」
    シロガネ「ギャウ(ルシフ様を裏で操る闇の管弦楽団の副団長…)」
    ミカエ(自重しない)「わ~い!(胸が揺れてる)」
    メタトロ「!!!」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフを利用してた奴か…ぜってぇに許さねぇ…!」
    劔「~♪」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「…」
    シロガネ「キャフ(今回のルシフ様の巨大化はベレールの魔力によるもの)」
    メタトロ「ミカエサマ、サワラセテクダサイ!」←
    ミカエ「ヤダ☆」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…」
    劔「~♪」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「……」
    シロガネ「…ギャウ(そして闇と化したフライヤさんにもよる…)」
    メタトロ「ケチ!」
    ミカエ「もう一回埋まっちゃえー!(メタトロを地面に埋めた)」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…」
    劔「んん~?」
    -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「…ひとまず小さくな(ry (させぬ!)」
    シロガネ「!」
    ミカエ「あ、今のは見なかったことにしといて~」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「!?」
    劔「分かった~♪」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「うぐぅ… (私は冥府の巫女…ルシフにはもう少し手伝ってもらうぞ)」
    シロガネ「ギャウ!」
    ミカエ「♪(何故かレシラムの近くに瞬間移動)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「てめぇ…フライヤかッ!?」
    劔「んん~?」
    レシラム「…(煙が上がっている)」
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • 黒き大天使ルシフ「…!(自身に縮小化魔法) (フライヤ? あの愚かなネズミの精神は俺が喰らった)」
    シロガネ「!?」
    ミカエ「ぎゅ~♪(レシラムに抱きついた!)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「なんだとぉ!?(ルシフの手の上から離れる)」
    劔「おおっ!?」
    レシラム「…」
    バハムート「ゑ」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…(元の大きさに戻った)」
    シロガネ「ギャウ…」
    ミカエ「苦難を乗り越え、復活せよ♪(レシラムに復活魔法)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「なんてこった…」
    劔「おおっ!」
    レシラム「…!(35000/35000)」 -- 一方のゼクロム達