キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.S-72


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ここまでのあらすじですわ。
    ・マルドクさんは変態且つ大ぐらい?
    ・誘拐されたはずのミカエさん。いつの間にかルシフさんの髪の中に…。
    ・問題児アリさん。盗撮はいけませんわ!
    ・ルシフさんはゼクロムさん、ミカエさんは劔さんを溺愛?
    ・だけど、突如ルシフさんに込められた魔力が暴走。どうやらベレールと言う人の魔力らしいですわ。
    わたくしはまだまだ、修行中ですわよ! -- あらすじ:???
  • いつまで修行すればいいの~!? -- その頃のダルタン
  • ルシフ「…(胸を抑える) (ルシフ…おぬしの役目はまだ終わっておらぬ)」
    シロガネ「…」
    ミカエ「おはよ~(レシラムに抱きついたまま)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「てめぇ!とっととルシフから出て行けッ!!」
    レシラム「あ、あぁ…おはよう…」
    バハムート「…(汗)」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「… (墨汁にとやかく言われる筋合いはないわ)」
    シロガネ「……」
    ミカエ「ミカエの胸は特別サービス」←
    アテナ「もうヤダこの人」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「誰が墨汁だぁ!?」
    レシラム「………」
    バハムート「は、ははは…(汗)」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…(しばらくの間体変化を起こす技を無効化する魔法をかける) (貴様しかおらぬじゃろ)」
    シロガネ「………」
    ミカエ「もみもみ~」
    アテナ「いいから離れてあげなさいよ…(汗)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「うっせぇ!!」
    レシラム「………」
    劔「いいなぁ~」←
    バハムート「…(汗)」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「… (しばらくは離れてやらぬ)」
    シロガネ「…」
    ミカエ「劔ぃ、もう一回やる~?」
    アテナ「……」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「離れろッ!」
    レシラム「……………」
    劔「うんっ!」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「… (ルシフよ、せっかくベレール様の魔力を手に入れたのじゃから、使えばよいものを…)」
    シロガネ「……」
    ミカエ「ひゃっほーい!(レシラムから離れ、再び劔に抱きつく)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「チッ…くそったれ…!」
    劔「わぁーい!」
    バハムート「元気だな…(汗)」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…(首を横に振る) (生意気な奴じゃの…)」
    シロガネ「………」
    ミカエ「必殺! ミカエ流はふはふ!」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…」
    劔「わふぅ~♪」
    バハムート「やれやれ…流石はフリーダムコンビだ…」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「もとからこのような力など望んでおらぬ (ふん…)」
    ミカエ「バムハートもやってほしいと思ってるでしょ?」← -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…」
    劔「バハムーちゃんもやる~?」
    バハムート「…遠慮しておく」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「大体、汝こそ何様のつもりか (貴様も闇に染まるがよいわ!)」
    ミカエ「つれないなぁ!」 -- 白黒の6枚羽
  • ロリヴィエール「へんたいおうじまるどくがかえってこない」
    デメラ「…(汗)」 -- その頃、屋敷の中では…
  • ゼクロム「………」
    劔「またまた~照れなくてもいいんだぞ♪」
    バハムート「照れてない!」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「zzz」
    Mバハムート「何ヲシテイルノヤラ…」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「ふん…やれるものならやってみよ (イラッ)」
    ミカエ「本当はやってほしいんでしょ?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「…」
    劔「正直になるんだ、バハムーちゃん!」
    バハムート「正直も何も…やってほしいとは思っていない…」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「… (貴様が元の大きさじゃと、私が窮屈なのじゃ!)」
    ミカエ「1回ぐらいいいじゃん!」 -- 白黒の6枚羽
  • マルドク「がつがつ(30人分は平らげている)」
    クイナ「…物凄い食欲アルな」
    メザリバ「まさかのクイナ以上かい?」 -- その頃の屋敷の中
  • ゼクロム「……」
    劔「いいじゃん、いいじゃ~ん!」
    バハムート「…(ミカエから目を逸らす)」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「我の知ったことか (イライラ)」
    ミカエ(逆ギレも甚だしい)「バムハートの馬鹿ァ!(バハムートに贖罪の光)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「………」
    劔「わふっ!?」
    バハムート「ぐぁっ!?(2500/40000)」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「… (はぁっ!(ルシフの体内で悪夢の光弾を放つ)」
    ミカエ「ミカエの何が不満なの!?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「!!」
    劔「ミカエーンのはふはふを断るなんて…」
    バハムート「別に不満という訳ではないが…」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…!(体内の方がダメージを受けやすい。ダメージ5)」
    ミカエ「じゃあなんで断るのさ!?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「ルシフッ!」
    劔「そうだそうだ!」
    バハムート「我はそういうのはちょっとな…」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「我の体内で…暴れるな…! (貴様が闇に染まるなりなんなりするまで、私は攻撃を止めぬ)」
    ミカエ「…色気、苦手?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「くっ…!」
    劔「そーなのかー?」
    バハムート「…うむ」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「ぐっ…! (…ほぅ、これが妨げているのじゃな(紫色の星を見つける)」
    ミカエ「そっかぁ…なら仕方ないなぁ」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「一体どうすりゃいいんだよ…!?」
    劔「そーだったのかー」
    バハムート「…悪いな」 -- 一方のゼクロム達
  • ミカエ「んーん、気にしなくていいよ。 とりゃー!(ルシフに跳び蹴り)」
    ルシフ「!?(ダメージ0) (なぬ!?)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「!?」
    劔「ミカエーン?」
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • ミカエ「…(急に真面目になり)ルシフから失せろ(ルシフの胸に触れる)」
    ルシフ「…」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「なっ!?」
    劔「!」
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • ミカエ「でりゃっ!(ルシフの体から黒いフライヤが引っ張り出された!)」
    フライヤ「ぐえっ」
    ルシフ「…!?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「出てきたッ!!」
    劔「!?」
    バハムート「…!」 -- 一方のゼクロム達
  • ミカエ「…(光の剣を出現させる)」
    フライヤ「貴様等は…私の邪魔をするというのか…」
    ルシフ「先程の胸の苦しみは…汝のせいであったか」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「さぁ…覚悟は出来てるな?」
    劔「…(刀を構える)」
    バハムート「…(レシラムをチラッと見る)」
    レシラム「OTL」←? -- 一方のゼクロム達
  • ミカエ「浄化されよ!(光の剣でフライヤを斬りつける)」
    フライヤ「チッ…!(ダメージ5000)」
    ルシフ「……(哀れむ目でフライヤを見ている)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「痺れろッ!(フライヤに雷撃を放つ)」
    劔「…!(フライヤを刀で斬りつける)」
    バハムート「…はぁ(目を戻す)」 -- 一方のゼクロム達
  • フライヤ「!!(ダメージ30000)」
    ミカエ「…汝の罪を償え(フライヤの喉元に光の剣を突き付ける)」
    ルシフ「…(自分にかけていた魔法を解除)」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「おい、レシラムは…」
    劔「あっち」
    レシラム「OTL」
    バハムート「…小春、キュレムから遺伝子の楔を借りてきてくれぬか?」
    小春「えっ?」 -- 一方のゼクロム達
  • フライヤ「お、覚えてるがよいわ!(ジャンプして退場)」
    ミカエ「逃げるな (べしょっ)」
    アテナ「ミカエ様!?」 -- 白黒の6枚羽
  • ゼクロム「あのバカ(レシラム)…何をしてやがる…」
    劔「あ、ミカエ!」
    レシラム「OTL」
    バハムート「少し…試してみたい事があるのだ」
    小春「…分かったのです!(屋敷へ向かう)」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…(いつの間にかまた大きくなっていた)」
    アテナ「…でも、ミカエ様のことだし…」 -- 黒の6枚羽と…
  • ゼクロム「こんな時にヘタレやがって…!」
    劔「ミカエ…」
    レシラム「OTL」
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…(腕を組んでいる)」
    ミカエ「ミカエのことだしー?(いつの間にか劔の背後に)」
    アテナ「やっぱり…」 -- 黒の6枚羽と…
  • ゼクロム「…」
    劔「あ、ミカエーン!?」
    レシラム「OTL」
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • 小春「キュレムさーん!」
    キュレム「…んっ?」
    Mバハムート「小春、ドウカシタノカ?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…そこにいるのだろう?」 (げげっ、ばれてたっす!?)
    ミカエ「ワープもお手の物さ♪」
    アテナ「……」 -- 黒の6枚羽と…
  • ロリヴィエール「だーれー?」
    デメラ「着物の子は初めて見た気がするわ」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「…誰だ!?」
    劔「さっすが~!」
    レシラム「OTL」
    バハムート「……」 -- 一方のゼクロム達
  • 小春「あ、私は雨霧小春なのです!」
    キュレム「私に何か用か?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「ふんっ!(上空に隠れているトペトを握りつぶす)」 (信じられないでやんすー!)
    ミカエ「いぇーい!」
    アテナ「………」←呆れ顔 -- 黒の6枚羽と…
  • ロリヴィエール「わたしりう゛ぃえーる!」
    デメラ「私はデメラよ」
    マルドク「はぁ~食った食った♪」←食堂から出てきやがった -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「ちょwww」
    劔「わーいわーい!」
    レシラム「OTL」
    バハムート「………」 -- 一方のゼクロム達
  • 小春「よろしくなのです!」
    キュレム「小春、私に何か…」
    Mバハムート「?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「どうせベレールに頼まれて様子を見に来たのであろう?(ニコッ)」
    ミカエ「ミカエの胸触る?」
    アテナ「いいから元に戻してください…」 -- 白黒の6枚羽
  • マルドク「よぅ! 小春!」
    ロリヴィエール「へんたいおーじ、しってるの?」←
    デメラ「ちょ、ちょっと…」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「流石はルシフだぜwww」
    劔「うんっ!」←
    レシラム「OTZ」
    バハムート「…」
    狼牙「バハムート、小春はどこ行ったんだ?」 -- 一方のゼクロム達
  • 小春「あ、マルドクさん!」
    キュレム「小春…」
    Mバハムート「…(汗)」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「逆に我を強化してくれてありがたいと思っている…(黒い笑み)」
    ミカエ「どうぞ~♪」
    アテナ「…(やっぱり屈辱!)」 -- 白黒の6枚羽
  • マルドク「何か探し物かい?」
    ロリヴィエール「まるどくのへそくり」←
    デメラ「ちょ、リヴィエール様!?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「www」
    劔「わーい!(ミカエに抱きつく)」
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • 小春「あ、そうなのです!キュレムさん、"遺伝子の楔"を貸してほしいのです」
    キュレム「遺伝子の楔?別に構わんが…(遺伝子の楔を小春に渡す)」
    Mバハムート「?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ(腹黒巨大天使)「おかげで汝を握り潰すことができるのだからな…」
    ミカエ(胸がでかい天使)「~♪」
    アテナ(苦労人天使)「…(もうヤダこの二人)」 -- 白黒の6枚羽
  • マルドク「何に使うんだ?」
    ロリヴィエール「がったい」
    デメラ「?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム(最近目立ってる墨汁)「www」
    劔(フリーダム)「わっふ~♪」
    レシラム(最近空気な白竜)「OTL」
    バハムート(苦労する竜王)「…」
    狼牙(渡り廊下)「?」 -- 一方のゼクロム達
  • 小春「バハムートさんが持ってきてと言ったのですよー」
    キュレム「バハムートが?…誰かと合体するつもりか…?」
    Mバハムート「??」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「フフフ…」
    ミカエ「ミカエの色気!」
    アテナ「…(白黒天使から離れる)」 -- 白黒の6枚羽
  • マルドク「バカムート?」←
    ロリヴィエール「ばはむーと! ひさしぶりにあいたいかも!」
    デメラ「行ってくれば?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「www」
    劔「あふぅ~♪」
    バハムート「…(腕を組んで何かを考えている姿勢)」
    狼牙「…(今、渡り廊下って書かれてた気が…)」 -- 一方のゼクロム達
  • 小春「リヴィエールさんも一緒に行くのです?」
    キュレム「マルドク…(汗)」
    Mバハムート「ヱ」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「この力、ゼクロム達を護る為に使わせてもらう」
    ミカエ「たゆたゆ~ん♪」
    サンダル「クウキナワレ」
    アテナ「あら、いたの?」 -- 白黒の6枚羽
  • マルドク「違うのか?」
    ロリヴィエール「うん!」
    デメラ「私は屋敷の中にいるからね」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「ルシフ…!!」
    劔「わふぅ~ん♪」
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • 小春「それじゃ、出発進行なのです!(屋敷の外へ向かう)」
    キュレム「違うぞ…(汗)」
    Mバハムート「バハムートダゾ」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「決して、奴らの思い通りにはさせぬ」
    ミカエ「るんるん♪」
    サンダル「…イマシタヨ」
    アテナ「ごめん、忘れてた」 -- 白黒の6枚羽
  • ロリヴィエール「ごー!(小春を追って屋敷の外へ)」
    マルドク「ハバムート?」
    デメラ「点の位置がおかしいわよ」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「…おうよ!」
    劔「らんらんらん~♪」
    バハムート「…」
    狼牙「?」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…」
    Mバハムート「惜シイナ…(汗)」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…(ゼクロムを持ち上げた)」
    ミカエ「プラスミカエの羽!(劔の体を6枚の羽で包み込む)」
    サンダル「…(シクシク)」
    アテナ「…(汗)」 -- 天使族
  • マルドク「ハハムード?」
    デメラ「なんでそっちに行っちゃうのよ!?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「うおっ!?」
    劔「わふっ!?」
    バハムート「…」\バハムートさーん!/
    狼牙「…小春?」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…(まさか…!?)」
    Mバハムート「何故二ソッチヘ行ク!?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「汝は…我にとって大切な存在」
    ミカエ「くすぐったくなぁい? 大丈夫?」
    サンダル「…(その場で体育座り)」
    アテナ「小春? どこに行ってたの?」 -- 天使族
  • マルドク「ハハム゛ート」←
    デメラ「それじゃ読めないわよ…」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「ルシフ…」
    劔「だいじょぶ!気持ちいいよ~♪」
    小春「バハムートさんに頼まれていた物を取りに行ってたのですよー」
    バハムート「ん、ありがとう」
    狼牙「??」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…(ははは…まさか…な…)」
    Mバハムート「ヱヱヱ」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「我の心をこんなにも動かしてくれたのはゼクロムが初めてだ」
    ミカエ「よかった~!」
    アテナ「…何を頼んでいたのかしら?」
    メタトロ「(復帰すんな)ポテチ」← -- 天使族
  • マルドク「分かった! ハハムート! ゛」←
    デメラ「もはや点いらないわよ!」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「…(微笑んでいる)」
    劔「うんっ!」
    小春「これなのです。(遺伝子の楔を取り出す)」
    バハムート「うむ、確かに遺伝子の楔だな」
    狼牙「???」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…」
    Mバハムート「点ノ場所ガオカシイゾ!?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「これからも、汝とは仲良くしたい」
    ミカエ「劔ぃ、ミカエの胸触って?」←
    メタトロ「オブッ!(アテナに埋められた)」
    アテナ「何よそれ?」 -- 天使族
  • マルドク「ハハ△ート?」
    デメラ「どんどんおかしくなってない!?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「俺もだぜ!」
    劔「え、いいの!?」←
    小春「確か…キュレムさんとレシラムさんかゼクロムさんを合体させる道具なのです。(バハムートに遺伝子の楔を渡す)」
    バハムート「…」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…」
    Mバハムート「最早何者カ分カランゾ!?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「ふふっ…改めてよろしくな、ゼクロム…(微笑みかける)」
    ミカエ「うん♪劔だけの特別サービス☆」
    アテナ「ふぅん…」 -- 天使族
  • デメラ「私、意地悪ですのよ?」
    マルトグ「あっ!?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「こちらこそよろしくな!ルシフ!」
    劔「わーい♪(ミカエの胸に触る)」
    小春「でも…どうしてバハムートさんが?」
    バハムート「うむ、それはな…(レシラムに近寄る)」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…」
    Mバハムート「!?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「ふふっ…」
    ミカエ「きゃふ~!(Iカップ)」
    アテナ「?」 
    ロリヴィエール「こんにちはー!(屋敷から出てきた)」 -- 天使族
  • マノレドク「デメラてめぇ!」
    デメラ「ふんふんふ~ん♪」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「ははははっ!」
    劔「気持ちいいっ♪」
    小春「あ、リヴィエールさん!」
    バハムート「…(遺伝子の楔を自分に使う)」
    レシラム「OTL」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…」
    Mバハムート「…(汗)」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「手乗りサイズのゼクロムも可愛いものだな…」
    ミカエ「でしょ? でしょ?」
    アテナ「へ?」
    ロリヴィエール「こはるをおってきたの!」 -- 天使族+小悪魔
  • アルドク「なんか違う…」
    デメラ(悪戯っ子)「~♪」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「はははっ!そうか?」
    劔「うん!」
    小春「そうだったのですか!」
    バハムート「我と合体せよ…レシラム!(レシラムに触れる)」
    レシラム「OTL」(レシラム達が光に包まれる)」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…!」
    Mバハムート「…(汗)」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「うぬ」
    ミカエ「ミカエの胸は柔らかいよ!」←自分で言うな
    アテナ「!?」
    ロリヴィエール「…このひとだぁれ?(狼牙を見て)」 -- 天使族+小悪魔
  • マルドグ「…」
    デメラ「…ん?(窓から外の景色を見る)」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「それは嬉しいぜ!」
    劔「うん!とっても柔らか~い♪」
    小春「その人は私のお兄様なのです」
    狼牙「おう、雨霧狼牙だぜ!」
    ?????「…(白い体のバハムート。翼はレシラムを連想させるような形をしている)」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…デメラ?」
    Mバハムート「ドウシタノダ?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…(微笑んでいる)」
    ミカエ「ぷるぷる♪」
    アテナ「…何アレ」
    ロリヴィエール「こはるのおにいさん? あまぎりろーが?」 -- 天使族+小悪魔
  • マルドクズ「…」
    デメラ「あのドラゴンさん…初めて見た(?????を見て)」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「はははっ!」
    劔「♪♪」
    小春「そうなのです」
    狼牙「そうそう、小春のお兄さんだ」
    ?????「…ふむ」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「ん?どれどれ…(外を見る) …!?」
    Mバハムート「?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…ふぅ(ゆっくりとその場に座る)」
    ミカエ「~♪(胸をわざと揺らす)」
    アテナ「……」
    ロリヴィエール「へたれ?」← -- 天使族+小悪魔
  • マルドクズ「げげっ、レシラム!」
    デメラ「どちらかと言うとバハムートさんに似てるけど…んー?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「ふぃ~…」
    劔「~♪」
    小春「ヘタレ…w」
    狼牙「ゑ」
    ?????「成功…したか」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「本当にやったのか…!?」
    Mバハムート「バハムート?シカシ…レシラムノ反応モ出テイル…」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…ん?(?????に気づく)」
    ミカエ(性別不明の変態天使)「ミカエっぱい!」←
    アテナ「…」
    ロリヴィエール「だれかがわたりろーかっていってたし」 -- 天使族+小悪魔
  • マルドク「???」
    デメラ「何があったの?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「どうした、ルシフ?」
    劔「わふっ!」
    小春「あ、言ってたのです!」
    狼牙「渡り廊下じゃねぇよ!?」
    ?????「…」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「…」
    Mバハムート「分カラヌ…」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「見慣れぬ奴がいる…」
    ミカエ「ミカエ、踊りたくなってきちゃった!」
    アテナ「……」
    ロリヴィエール「たしかまるどくがいってたよーな」 -- 天使族+小悪魔
  • マルドクズ「…」
    デメラ「先程の遺伝子の楔だっけ? と関係があるのかしら…?」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「…バハムート?」
    劔「僕も~♪」
    小春「マルドクさんw」
    狼牙「あの野郎か…!」
    ?????「…」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「あれを使ってレシラムとバハムートが合体した…か」
    Mバハムート「ナヌッ!?」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…白竜と竜王が組み合わさりし竜…か」
    ミカエ「劔ぃも踊るぅ?」
    ロリヴィエール「www」 -- 天使族+小悪魔
  • デメラ「あれって…キュレム以外でも使えたの?」
    マルドクズ「う、羨ましくなんてねぇからな!」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「それって…レシラムとバハムートが!?」
    劔「踊る踊る~♪」
    小春「www」
    狼牙「笑うなーッ!」
    ?????「…」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「あの遺伝子の楔はパルーナが改造したものだからな…そうかもしれぬ」
    Mバハムート「…(汗)」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…面白い」
    ミカエ「いぇーい! Let's ダンス!」
    ロリヴィエール「www」 -- 天使族+小悪魔
  • デメラ「改造したのかぁ…それならあり得るわね」
    マルドクズ「…」←この前レシラムに喧嘩を売ってやられた奴 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「…大して変わってなさそうだぜ」←
    劔「おーっ!」
    小春「www」
    狼牙「おいこら!」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「しかし…妙な試みを考えついたものだな」
    Mバハムート「…」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「そんなことはあるまい? 薄々感じるのだ」
    ミカエ「はーいわんつーわんつー!」
    ロリヴィエール「ろーがのへたれー!」← -- 天使族+小悪魔
  • デメラ「確かにねぇ…」
    マルドクズ「……」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「感じる…?」
    劔「へいへーい♪」
    狼牙「誰がヘタレじゃい!」
    小春「www」
    ?????「我はレシラムでもバハムートでもない…」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「あの力…WキュレムやBキュレムを凌駕している…!」
    Mバハムート「…」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「白竜と竜王…それに新たなる力のようなものを」
    ミカエ「たまには運動しないとね~♪」
    ロリヴィエール「いってみたかっただけ」← -- 天使族+小悪魔
  • デメラ「…そんなに強い力を?」
    マルドクズ「…腹減った(さっき30人分食べたばっかだろ)」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「ふぅむ…」
    劔「そうだよね~♪」
    狼牙「ゑ」
    小春「リヴィエールさんwww」
    ?????→レシムート「我が名は…レシムート」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「うむ、私達の合体とは格が違う…」
    Mバハムート「ヱ」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「だが、どのような力をもってしても我に勝つことは不可能!」←
    ミカエ「ちょっと走ってくる~!」
    ロリヴィエール「www」 -- 天使族+小悪魔
  • デメラ「凄いのね…」
    マルドクズ「もう一回食堂行ってくらぁ(再び食堂へ)」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「確かにwww」←
    劔「僕もついて行く~!」
    狼牙「…」
    小春「www」
    レシムート「………」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「実際に戦ってみないと分からぬがな…」
    Mバハムート「…行ッテラッシャイ」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ(状態異常:魔力異常上昇、巨大化)「フフフ…」
    ミカエ「劔ぃも一緒に走るぅ~?」
    ロリヴィエール「www」
    アテナ「あぁ、びっくりした…」 -- 天使族+小悪魔
  • デメラ「そうよね。実践あるのみ!」 -- 屋敷の中では…
  • ゼクロム「ははははっ!!」
    劔「走る~!」
    小春「www」
    狼牙「…」
    レシムート「…驚かせてすまなかった」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「私では相手にならなそうだがな…(汗)」
    Mバハムート「何事モ実践ガ大切ダ」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…♪(ゼクロムつんつん)」
    ミカエ「おっけ~! ミカエと一緒に走ろー!」
    ロリヴィエール「あーっはっはっはっは!」←
    アテナ「いえ…気にしなくていいのよ」 -- 天使族+小悪魔
  • 私も相手にならないわね…(汗) -- 屋敷の中のデメラ
  • ゼクロム「おうふ」
    劔「はーい!」
    小春「ひぅっ!?」
    狼牙「!?」
    レシムート「…(頷く)」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「うむむ…(汗)」
    Mバハムート「…」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…(突き飛ばさないためにも、かなり抑えた力でつんつんしてる)」
    ミカエ「れっつごー!(屋敷の周りを走り始めた。飛べよ!)」
    ロリヴィエール「ごめーん、ついおおわらいしちゃった」
    アテナ「でも、レシラムでもバハムートでもない…か」 -- 天使族+小悪魔
  • ゼクロム「おうふふ…♪」
    劔「しゅっぱーつ!(ミカエを追って走り始める)」
    小春「び、ビックリしたのです…(汗)」
    狼牙「…(ビビったぜ…)」
    レシムート「…うぬ?」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…ふふっ」
    ミカエ(羽がお飾り状態)「わーい!」
    ロリヴィエール「からだしびれてない? だいじょうぶ?(彼女の笑いには麻痺させる効果がある!)」
    アテナ「どんな力があるのか、楽しみね…」 -- 天使族+小悪魔
  • ゼクロム「…はははっ!」
    劔「わふぅ~ん!」
    小春「私は大丈夫なのです」
    狼牙「…(ちょwww麻痺ったwww)」←
    レシムート「…フフッ」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「そう言えば他のトモダチは?」
    ミカエ「~♪」
    ロリヴィエール「へいきならいいけどー」
    アテナ「実践してみたいと思わない?」 -- 天使族+小悪魔
  • ゼクロム「あ…シンボラー!レイフェル!」
    劔「♪」
    小春「リヴィエールさんって凄いのですね!」
    狼牙「…(俺は大丈夫じゃねぇよ!)」
    レシムート「…できるのか?」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「あやつらとも久々に遊びたいのだ」
    ミカエ「ミカエダーッシュ♪」
    ロリヴィエール「えっへん!(ドヤァ)」
    アテナ「ふふ…少し待ってなさいって(鏡に似た盾を取り出す)」 -- 天使族+小悪魔
  • ゼクロム「シンボラーァァァ!レイフェルゥゥゥ!」
    劔「劔ダーッシュ!」
    小春「わーっ!(パチパチパチ)」
    狼牙「…(俺俺!俺を見ろー!)」
    レシムート「…?」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…(座ったまま辺りを見渡す)」
    ミカエ「ミカエ~は地上~で~走る~♪(変な歌うたうな)」
    ロリヴィエール「およ? なにかがはじまりそう(アテナ達を見る)」
    アテナ「はぁっ!(盾を構えたと同時に、アテナの体が光に包まれる)」 -- 天使族+小悪魔
  • ゼクロム「どこにいるんだぁぁぁ!?」
    劔「しょわ~ん!」
    小春「はみゅ?」
    廊下「…(おぉーい!)」
    レシムート「…!」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「…そこにいたのか(微笑んだ)」
    ミカエ「きゃん!(壁に激突)」
    ロリヴィエール「なにがはじまるんだろー(わくわく)」
    アテナ?「…(黄金の兜がなくなったことにより、素顔が明らかになった女性が、そこにいた)」 -- 天使族+小悪魔
  • ゼクロム「ルシフ、見つけたか!?」
    劔「ぐえらば!(ずっこけて地面にめりこんだ)」
    小春「ア…アテナ…さん?」
    廊下「…(ゲッ、名前まで変わってやがるッ!?)」
    レシムート「…フフッ、そうか」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「あぁ、いたぞ(ゼクロムを持っていない方の手で二人を乗せ、持ち上げる)」
    ミカエ「いったぁ~い!」
    ロリヴィエール「おぉっ!」
    アテナ?→パラスアテナ「私の正体は女神パラスアテナ! 貴方の力、どれほどの物か見させてもらいましょう!」 -- 天使族+小悪魔
  • ゼクロム「おおっ、シンボラー!レイフェル!」
    劔「…(埋まっちゃったよ☆)」
    小春「す…凄いの…です…!」
    廊下「…(麻痺を解きやがれ!)」
    レシムート「…面白い!お主の力も存分に見せてもらおうか!(翼を広げる)」 -- 一方のゼクロム達
  • ルシフ「復活せよ(シンボラー、レイフェルに蘇生魔法)」
    シンボラー「ヒサビサニヨクネタヨー」
    レイフェル「ホントだ…ゑゑゑ!?(ルシフを見て)」
    ミカエ「あぁっ、劔ぃが埋まってるー!」
    パラスアテナ「ここで戦うのは不都合です。私を追ってきてみなさい!(空を飛び、どこか遠いところへ)」
    ロリヴィエール「まってー! わたしもみたーい!(パラスアテナを追う)」 -- 天使族+小悪魔
  • 全くもー…リヴィエール様ったらまたどこかへ行っちゃったわ…。 -- 屋敷の中のデメラ
  • ゼクロム「シンボラー!レイフェル!」
    劔「…(ミカエーン、助けて~)」
    小春「私も行くのですー!(パラスアテナを追う)」
    レシムート「…いいだろう!(同上)」 -- 一方のゼクロム達
  • キュレム「大変だな…(汗)」
    Mバハムート「ア、飛ンデ行ッタ」 -- 屋敷内にて