バトロイクエスト > 第64話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


  • シロガネ「…黒い溶岩の量が増えてるね」
    マンダー「ピィー…」 -- 火山の中を進む
  • 冬花「あらあら、一緒にお仕置きする~?」


    ロコモ「雰囲気も暗くなってきたな…」
    バハムート「うむ…(浮かない表情)」 -- 火山内にて
  • シロガネ「…」
    マンダー「ピ…(お父さん…)」
    (地面の裂け目から所々黒い炎が噴き出している) -- 火山の中を進む
  • しかし…禍き様であるな… -- ロコン
  • ロコモ「いつ、何が出てくるか分からないからな…」
    バハムート「…」 -- 火山内にて
  • シロガネ「…! いた!(先の方に黒い炎の竜がいる)」
    マンダー「…ピ、ピィ…!」 -- 火山の中を進む
  • ロコモ「!!」
    バハムート「…行くぞ!(先の方へ先行する)」 -- 火山内にて
  • シロガネ「は、はいっ!(先の方へ)」
    マンダー「ピィ…(お父さん…!)」 -- 火山の中を進む
  • ロコモ「…マンダー、私達も行くぞ!(先へ進む)」 -- 火山内にて
  • ま、待つのじゃ! あまり急いては、何が起こるか!(でもついていく) -- ロコン
  • ピィ!(うん!)(ロコモの後を追う) -- 火山の中のマンダー
  • ロコモ「シロガネ!バハムート!」
    バハムート「ぬっ、お主達も来たか」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「フフフ…待ちくたびれたのじゃ」
    黒い炎の竜「グゥゥゥ…(黒衣のネズミを護るかのように尻尾を彼女の前に出している)」
    シロガネ「…やはりあなたか」 -- 火山最深部
  • ロコモ「あ…あいつって…!」
    バハムート「やはりお主であったか…」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「ふふふ…」
    黒い炎の竜「ガァァァ…」
    シロガネ「…」
    マンダー「…ピィ(お父さんを黒くしたの…あいつだよ)」 -- 火山最深部
  • あれは…? -- ロコン
  • ロコモ「マンダーのお父さんを…!?」
    バハムート「…あやつはどうした」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「あやつか? あやつの出番はまだじゃ」
    黒い炎の竜「…」
    シロガネ「黒炎竜サラマンダー…か」
    マンダー「…ピ」 -- 火山最深部
  • ロコモ「くっ…なんてことを…!」
    バハムート「…そうか」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「クックックッ…後は頼んだぞ、黒炎竜サラマンダー…(後ろに下がる)」
    黒炎竜サラマンダー「…ググゥ(承知した)」
    マンダー「ピィ!(お父さん!)」
    シロガネ「…やるしかないのかな」 -- 火山最深部
  • ロコモ「…(二丁の銃を取り出す)」
    バハムート「止める為ならば、仕方あるまい…」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「…」
    マンダー「ピィ!(目を覚ましてよ!)」
    シロガネ「…(剣を手に持つ)」 -- 火山最深部
  • …では、あれはどうにかして正気にはできぬのかっ? -- ロコン
  • ロコモ「…そうだ、バハムート。マンダーのお父さんに突進してみてくれ」
    バハムート「ゑ」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「…(黒炎の息の準備)」
    シロガネ「ロコモさん?」
    マンダー「ピィ…」 -- 火山最深部
  • ロコモ「もしかしたら、マンダーのお兄ちゃんみたいに何か落とすかもしれない!」
    バハムート「成程…しかし、そう上手くいくのか?」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「ガァァァ!!!(辺り一面に黒い炎の息を吐く)」
    シロガネ「!(剣でガードするが、ダメージ3000)」
    マンダー「ピッ!(回避)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「ゴバァッ!?(5200/7500)」
    バハムート「!(回避)」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「くふふ…魔界の焔と呼ばれし黒炎竜サラマンダーの息吹はどうじゃ?」
    シロガネ「貴様ッ…!」
    黒炎竜サラマンダー「ガァッ!(シロガネを尻尾でつかもうとする)」
    マンダー「ピィ~!」 -- 火山最深部
  • ふぁっ!?
    …む、むむ、これは糧にはできぬ…! (ぎりぎり回避) -- ロコン
  • ロコモ「このっ…!」
    バハムート「させるかッ!(黒炎竜サラマンダーにアクアブレスを放つ)」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「フフフ…無駄じゃよ」
    黒炎竜サラマンダー「!(ダメージ4000)」
    シロガネ「はっ!(バックステップで後方へ)」 -- 火山最深部
  • ぶ、無事かやっ? -- ロコン
  • ロコモ「あぁ、私は何とか無事だ…」
    バハムート「…メガフレアッ!(黒炎竜サラマンダーにメガフレアを放つ)」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「フフフ…」
    黒炎竜サラマンダー「フギュアァァ!!!(ダメージ7000) ガァァァッ!(ダークプロミネンス(黒炎の息の強化版)をバハムートに放つ)」
    シロガネ「僕も大丈夫だよ」 -- 火山最深部
  • そ、そうか…
    しかし、あれらは激しさを増してきておる…! -- ロコン
  • ロコモ「!?」
    バハムート「がはっ!?(30500/40000)」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「くっふふふ…(高みの見物状態)」
    シロガネ「…(イラッ)」
    黒炎竜サラマンダー「シャァァァ!!!(続けて黒炎の息を放つ)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「…(銃の狙いを黒衣のネズミに定める)」
    バハムート「ぐっ…!(26400/40000)」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「んふふふ…」
    シロガネ「…貴様を倒せば、事は済むはずだ(剣を構え直す)」
    黒炎竜サラマンダー「ガウ!?(ロコモとシロガネめがけて黒炎の息)」 -- 火山最深部
  • バハムート「お主の相手は…我だ!(黒炎の息へ向けてメガフレアを放つ)」
    ロコモ「…そういう事だ」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「下衆共が、何寝言を言っておる?」
    シロガネ「…(ブチッ)」
    黒炎竜サラマンダー「!(黒炎の息はメガフレアに相殺された)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「誰が下衆共だ!?(黒衣のネズミに向けて銃を乱射する」
    バハムート「さぁ…かかって来るがよい!」 -- 火山内にて
  • 黒衣のネズミ「チッ!(ダメージ4000)」
    シロガネ「下衆は貴様の方だ(黒衣のネズミの喉元に剣を当てる)」
    黒炎竜サラマンダー「シャグアァァァ…(フライヤ様!)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「私達を甘く見るんじゃない…(銃口を黒衣のネズミに向ける)」
    バハムート「余所見をしている場合か?(黒炎竜サラマンダーにギガフレアを放つ)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「あぁっ、名前をばらすでないわ~!!!」
    シロガネ「覚悟するんだな」
    黒炎竜サラマンダー「ギャウゥゥ(ダメージ9000)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「フライヤ…闇に身を堕とすとはな…」
    バハムート「…」 -- 火山内にて
  • 知り合いであったのか? -- ロコン
  • フライヤ「し、仕方あるまいっ!(再び後ろに下がる)」
    シロガネ「逃がすかッ!(フライヤの後を追う)」
    黒炎竜サラマンダー「ギャァァァ!!!(バハムートに向けてダークフィラメント(EX技)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「あぁ、結構古い知り合いだ(ロコンに)」
    バハムート「ぐぬっ…!!(17100/40000)」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「シュグアァァァ!!!(バハムートに突進)」


    フライヤ「えぇい、しつこいのじゃっ!(シロガネに向けて悪夢の光弾)」
    シロガネ「ふっ! せいっ!(光弾を斬りつつ、フライヤを追う)」 -- 火山最深部
  • バハムート「迂闊なッ!(突進してくるサラマンダーにアクアブレス)」
    ロコモ「私達も追うべきか…?」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「ギュグゥゥゥ…(ダメージ6000)」


    フライヤ「なぬ!? 行き止まりか…」
    シロガネ「今度こそ覚悟しろ」 -- 火山最深部
  • バハムート「そこだ!(更にポイズンブレスを放つ)」
    ロコモ「…いや、その必要はなさそうだな」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「シャァァァ!!!(ダメージ4000、毒状態)」


    フライヤ「…フフフ」
    シロガネ「何がおかしい」 -- 火山最深部
  • バハムート「…勝負は見えたな」
    ロコモ「ん?」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「…(毒でじわじわHPが削れている)」


    フライヤ「…ここにいるのは私一人だけだと思ったか?」
    シロガネ「?」 -- 火山最深部
  • バハムート「ロコモ、解毒できる道具は持っているか?」
    ロコモ「ん、モモンのみなら持ってるぞ」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「ゴフッ!(おや? 腹の辺りに黒い炎のようなものがあるぞ?)」 -- 火山最深部
  • バハムート「それを用意しておくのだ…はぁっ!(黒炎竜サラマンダーに急接近する)」
    ロコモ「あ、あぁ…(シロガネは大丈夫だろうか…?)」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「…」
    マンダー「ピィ、ピィ!(お父さん! バハムートさん!)」 -- 火山最深部
  • バハムート「これが元凶だな…!?(黒い炎に腕を伸ばす)」
    ロコモ「…バハムート!?」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「…!(息を放とうとするが)」
    マンダー「ピィー!(サラマンダーの頭にかみつく)」


    フライヤ「残念じゃったな(魔法陣を描き出す)」
    シロガネ「??」 -- 火山最深部
  • ロコモ「マンダー!」
    バハムート「…感謝する!」 -- 火山内にて
  • むむ、なにやらあやしげな気配がするのじゃ!
    (フライヤに向けてあやしいひかり) -- ロコン
  • 黒炎竜サラマンダー「ギャアァァァ!!!」
    マンダー「ピィー!」


    フライヤ「はっ!(光を回避し、ロコンに向けて槍を投げる)」
    シロガネ「!」 -- 火山最深部
  • ロコモ「マンダー!気を付けろよ!」
    バハムート「これが原因かっ!(黒い炎を掴もうとする)」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「ガァァァ!!!(暴れている)」
    黒い炎「…(バハムートに向けて黒炎の息)」
    マンダー「ピィー!(放すかー!)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「頑張れマンダー!」
    バハムート「(10000/40000)ぐっ…動けるのかっ…!?」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「フグァァァ!!!」
    マンダー「ピィー! ピィー!」
    黒い炎「…」 -- 火山最深部
  • バハムート「ならば、動けなくさせるまで!(黒い炎にメガフレア)」
    ロコモ「マンダー!!」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「フギュ!(マンダーを投げ飛ばす)」
    マンダー「ピィ~!」
    シロガネ「いたっ!(投げ飛ばされたマンダーがヒットし、ダメージ3000)」
    黒い炎「…(効果がないようだ…)」 -- 火山最深部
  • バハムート「メガフレアが…効かない!?」
    ロコモ「マンダーァァァ!!(マンダーを追って駆け出す)」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「ガウゥゥゥ…」
    シロガネ「ま、マンダー?」
    マンダー「ピィー…」
    黒い炎「…(再びバハムートに向けて黒炎の息)」


    フライヤ「しかし、火山は暑いのぅ(団扇代わりの羽を取り出し、扇ぎ始めた)」 -- 火山最深部
  • バハムート「ぐぅっ…!?(8900/40000)」
    ロコモ「マンダー!大丈夫か!?」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「…(ダークフィラメントの準備)」
    マンダー「ピ…(大丈夫だよ…)」
    黒い炎「……」


    フライヤ「ふぅ…(扇いでる)」 -- 火山最深部
  • はわっ!?
    な、なんじゃあやつは…!(遠くに退いた) -- ロコン
  • バハムート「どうすれば良いのだ…!?」
    ロコモ「あの黒い炎が原因だと思うんだが…」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「…ガァァァ!!!」
    シロガネ「…ギャウ!(銀竜に変身し、黒い炎にかみつく)」
    黒い炎「…!?」 -- 火山最深部
  • バハムート「シロガネ!」
    ロコモ「…」 -- 火山内にて
  • 黒炎竜サラマンダー「…(バタッ)」←HP0
    マンダー「ピィー!(おとうさーん!)」
    シロガネ「ギャウ(ポイッ)」
    黒い炎「…オボエテオケ…(外に出された)」 -- 火山最深部
  • むっ!? -- ロコン
  • バハムート「!!」
    ロコモ「えっと…何かなかったか…!?(バッグを漁る)」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「…(体の色がマンダー達と同じような色になった)」
    マンダー「ピィ!(お父さん!)」
    シロガネ「…」
    フライヤ「…(黒い炎を回収)」 -- 火山最深部
  • バハムート「シロガネ、よくやった!」
    ロコモ「おっ!ふっかつのタネがあった!」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「…」
    マンダー「ピ?(ふっかつのタネ?)」
    シロガネ「……(でもまだ警戒している)」
    フライヤ「…出でよ、レシラム!(魔法陣に向けて)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「これを食べさせれば、マンダーのお父さんは復活するはずだ!(タネを取り出す)」
    バハムート「!!!」
    ????「…はっはっはっ!(魔法陣から登場)」 -- 火山内にて
  • マンダー「ピ!(分かった!)」
    炎竜サラマンダー「…」
    シロガネ「ギャウ!」
    フライヤ「貴様の出番じゃ!」 -- 火山最深部
  • ロコモ「よし…(炎竜サラマンダーに近付く)」
    バハムート「レシラム…お主…ッ!」
    ????→レシラム「…了解だ」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「…(ぐったりしている)」
    マンダー「ピ…(お父さん…)」
    シロガネ「ギャァ!(レシラムに向けて轟雷雲)」
    フライヤ「…ふふ」 -- 火山最深部
  • ロコモ「これを食べてくれ…(炎竜サラマンダーにふっかつのタネを食べさせる)」
    バハムート「くっ…」
    レシラム「フッフッフッ…はぁっ!(轟雷雲に向けて黒いクロスフレイムを放つ)」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「…ギャウ…」
    マンダー「ピ!(お父さん!)」
    シロガネ「!?(轟雷雲がかき消された)」
    フライヤ「…(また羽を取り出して扇いでる)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「大丈夫か!?」
    バハムート「炎が…黒く…!」
    レシラム「その程度なのか?」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「…ギャウ(私は…一体…)」
    マンダー「ピィー! ピィー!」
    シロガネ「ギャア!(レシラムにサンダーブレスを放つが…)」
    フライヤ「甘いわ(シロガネとレシラムの間に割り込み、サンダーブレスを吸収した)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「マンダー、良かったな」
    レシラム「…フライヤ、すまない」
    バハムート「二人共、目を覚ますのだ!」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「ギャウ?(マンダー?)」
    マンダー「ピィー!(炎竜サラマンダーの周辺を飛び回る)」
    シロガネ「(´・ω・`)」
    フライヤ「言ったじゃろ、私はレシラムを護ると。 私達は正気じゃ!(バハムートに悪夢の光弾)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「はははっ!」
    レシラム「ふふっ…そうだったな」
    バハムート「ッ!(回避)」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「ギャオ?(この者達が私を?)」
    マンダー「ピッピィ!(うん!)」
    フライヤ「バハムート、貴様も闇に染まるが宜し!(悪夢の光弾を放ち続け、時々槍を投げる)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「助かって良かったな、マンダーのお父さん」
    レシラム「我も…フライヤを護る!(バハムートに竜の波動を放つ)」
    バハムート「闇なんぞに…染まるものか!(風の刃やアトミックレイを放ち、相殺している)」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「ギャウ(…ありがとう)」
    マンダー「ピィーピィー!(わーいわーい!)」
    シロガネ「…(体育座りしてる)」
    フライヤ「チッ…しぶとい奴よの…(槍を構える)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「どういたしまして」
    レシラム「流石は竜王といったところか…」
    バハムート「…(この二人が相手では…勝てるかどうか…)」 -- 火山内にて
  • あ、あの竜は…!(レシラムをみて)
    もしや、伝説の…いや、まさか…! -- ロコン(ポケモン)
  • 炎竜サラマンダー「…(そしてあの黒い奴らは?)」
    マンダー「ピッ!(ネズミの方がお父さんを黒くした奴!)」
    シロガネ「…(ずーん)」
    フライヤ「闇の桜と共に散れ、暗黒桜咲!(闇属性の桜華狂咲)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「あれは…レシラムか!?」
    レシラム「だが…終わりだ」
    バハムート「がぁぁぁっ…!!(150/40000)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「竜王(笑) さっさとくたばるがよいわ!(バハムートに向けて槍を投げる)」
    炎竜サラマンダー「!(投げられた槍に向けて飛び) ギャァァ!(刺さった)」
    マンダー「ピィー!(おとうさーん!)」
    シロガネ「……」 -- 火山最深部
  • ロコモ「なんであんなに黒く…!?」
    レシラム「チッ…邪魔が入ったか…」
    バハムート「お主…!?」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「…(お前達は私の命の恩人だ。命を懸けてでも守らせてもらう)」
    フライヤ「貴様…もう一度埋め込むぞ!?(黒い炎を出現させる)」
    マンダー「ピー!(フライヤにかみつきに行く)」
    シロガネ(戦意喪失)「………」 -- 火山最深部
  • ロコモ「させるかっ!(フライヤの手元を狙って銃を連射)」
    レシラム「舐めるなッ!(銃弾を火炎放射で焼き落とす)」
    バハムート「…感謝する。だが、無茶はするな」 -- 火山内にて
  • フライヤ「小賢しい!(マンダーを叩き落とす)」
    マンダー「ピッ!(ダメージ6000)」
    炎竜サラマンダー「…!(マンダー!)」
    シロガネ「…(放心状態)」 -- 火山最深部
  • …ぬしら、何のためにこのようなことを!(フライヤ達に) -- ロコン
  • ロコモ「マンダーァァァ!!(マンダーに駆け寄る)」
    バハムート「!!」
    レシラム「何の為に?そんなもの…決まっている」 -- 火山内にて
  • フライヤ「全てを闇に染めるためじゃ!」
    マンダー「ピィー…」
    炎竜サラマンダー「…(貴様等…(フライヤとレシラムに業火の息))」 -- 火山最深部
  • ロコモ「マンダー!大丈夫か!?」
    バハムート「フライヤ、貴様…!」
    レシラム「炎なら負けんぞ…はぁぁぁっ!(業火の息に黒い火炎放射を放つ)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「そして冥界神様を復活させるため!」
    マンダー「ピィ…(痛いよぅ…)」
    炎竜サラマンダー「!(相殺された)」 -- 火山最深部
  • 闇…? 冥界神?
    ぬしら、いったいなにを…? -- ロコン
  • ロコモ「よし…傷薬を使ってやるからな!(バッグから傷薬を取り出す)」
    バハムート「冥界神…だと!?」
    レシラム「そう、冥界神様を復活させるためにな!」 -- 火山内にて
  • フライヤ「絶望の闇に染めるため!」
    マンダー「ピィー…」
    炎竜サラマンダー「…」
    シロガネ「…ギャウ(ここでも『絶望』に関する異変が起きているという事か?)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「マンダー、傷はどの辺りだ?」
    レシラム「貴様らも絶望の闇に染まるが良い!」
    バハムート「貴様ら…ッ!」 -- 火山内にて
  • フライヤ「私の舞で、冥界神様を復活させる!」
    マンダー「…ピ(背中)」
    炎竜サラマンダー「…(炎が効かないとなると分が悪い…)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「背中だな…ちょっと待っててな…(マンダーの背中に傷薬を塗る)」
    レシラム「フライヤの舞は誰にも邪魔させん!」
    バハムート「…(この二人は元から相当な実力を持っていた…)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「…やっぱりあひゅい(ゑ、何故かここで羽を扇ぎ始めた)」
    マンダー「ピィー…(染みているのだろうか、ちょっと痛そうだ)」
    炎竜サラマンダー「…」 -- 火山最深部
  • …闇。闇、か…
    わらわは、そういう類はあまり好かぬ… -- ロコン
  • ロコモ「あっ、ごめんな…」
    レシラム「…ふふっ」
    バハムート「我もだ。闇なんぞに囚われてたまるものか…!」 -- 火山内にて
  • フライヤ「んぬ~、いつもの衣装でないだけまだましなんじゃけども…」
    マンダー「ピィ…(大丈夫、気にしないで)」
    炎竜サラマンダー「…」 -- 火山最深部
  • …なれば…
    昏きを照らすは、闇より灯き炎…! -- ロコン
  • ロコモ「あぁ、分かった…(再び塗り始める)」
    レシラム「どんな姿であっても、フライヤは綺麗だ」
    バハムート「ロコン、何か思いついたのか…?」 -- 火山内にて
  • フライヤ「…暑い(その場に座り込んだ)」
    マンダー「ピ…」
    炎竜サラマンダー「…(フライヤに向けてプロミネンスを放ちたそうだ)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「よし、これで大丈夫だ!」
    レシラム「…!(フライヤを護るように立ちふさがる)」
    バハムート「…」 -- 火山内にて
  • フライヤ「…(氷の力を宿し始める)」
    マンダー「ピィ(ありがと、ロコモさん)」
    炎竜サラマンダー「…ガァァァ!!!(プロミネンス発動)」 -- 火山最深部
  • …。
    屈さねば…光は見えるはず、じゃ…! -- ロコン(あまりノープラン)
  • ロコモ「ふふ、礼には及ばないさ」
    レシラム「…そうはさせんぞ!(炎竜サラマンダーに黒く染まった蒼い炎を放つ)」
    バハムート「…うむっ!」 -- 火山内にて
  • フライヤ「はぁっ!(流れ出る溶岩を黒い氷で凍てつかせる)」
    マンダー「…ピ(寒い…)」
    炎竜サラマンダー「!(ダメージ3000)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「溶岩が…凍った!?」
    レシラム「溶岩を凍らせたか…流石はフライヤだ」
    バハムート「…!」 -- 火山内にて
  • フライヤ「ったく、暑くて仕方ないのじゃ!」
    マンダー「ピィ~…(ちょっと小さくなってる)」
    炎竜サラマンダー「…(氷は苦手だ…)」
    (空間の歪みが発生?) -- 火山最深部
  • んむっ…!?
    あやつ、あのような術まで行使するのか…! -- ロコン
  • ロコモ「マンダー!?大丈夫か!?」
    レシラム「はっはっはっ!」
    バハムート「な…なんだ…?」\バリバリダー!/ -- 火山内にて
  • フライヤ「また厄介な奴がくるというのか!?」
    マンダー「ピィ…(寒いよ…消えちゃうよ…)」
    炎竜サラマンダー「…(マンダーに近づき、包み込む)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「くそっ…早くこの氷を…っ!」
    レシラム「その癪に障る声は…ゼクロムか」
    ゼクロム「ご名答!(登場)」
    バハムート「ゼクロム…!?」 -- 火山内にて
  • なっ、なんじゃと!?
    神話に祀られる伝説の竜が、二匹とも!? -- ロコン(ポケモン)
  • フライヤ(口悪すぎ)「クズな墨汁が何の用じゃ?」←
    マンダー「ピィ!?」
    炎竜サラマンダー「…(氷に向けてファイアーブレス)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「私も協力するぞ!(氷に向けて銃を乱射)」
    レシラム「ゴミ墨汁が…何をしに来た?」
    ゼクロム「…てめぇらを連れ戻しに来たんだよ!」
    バハムート「そうか、忘れていたが…レシラム達は伝説に語られるポケモンであったな…」 -- 火山内にて
  • フライヤ「私達を連れ戻すゥ? 馬鹿を言うな」
    マンダー「ピィ…」
    炎竜サラマンダー「…」 -- 火山最深部
  • これは…現の出来事かや? -- ロコン
  • ロコモ「まだまだっ!(更に銃を乱射)」
    レシラム「我らを連れ戻す…だと? はっはっはっ!つまらん冗談だな?」
    ゼクロム「チッ…心まで腐りやがったか…!?」
    バハムート「信じられぬかもしれないが…これは真の事だ(ロコンへ)」 -- 火山内にて
  • な…なんと… -- ロコン
  • フライヤ「ここまで来たからには、貴様を消す(ゼクロムに悪夢の光弾)」
    (凍りついていた溶岩は徐々に元に戻っている)
    マンダー「ピ!」
    炎竜サラマンダー「ギャウ…」 -- 火山最深部
  • ロコモ「もう少しだ…!(更に続けて銃を乱射)」
    レシラム「貴様は邪魔だ…ここで消えろ!(ゼクロムに黒い火炎放射)」
    ゼクロム「消されてたまるよッ!(光弾と火炎放射にクロスサンダーを放つ)」
    バハムート「…(そうか、ゼクロムはあやつらを…!)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「!(後方に闇の吹雪、ゼクロムに向けて漆黒愛の風刃)」
    マンダー「ピィー!(寒いよー!)」
    炎竜サラマンダー「ギャウ…(もう少し耐えてくれ…!)」 -- 火山最深部
  • む、むぅわっ!? -- ロコン
  • ロコモ「くっ…うおおおおっ!!(更に銃を(ry)」
    レシラム「小癪な…はぁっ!(ゼクロムに愛の黒炎を放つ)」
    ゼクロム「ぐわぁっ!?(8500/20000)」
    バハムート「ッ!!」 -- 火山内にて
  • フライヤ「雑魚は大人しく引っ込んでおれ!(続けてゼクロムに槍投げ)」
    (溶岩が再び凍りつき始めている…)
    マンダー「ピィ~…」
    炎竜サラマンダー「…」 -- 火山最深部
  • ロコモ「ちくしょう…ちくしょう!(銃乱射を続ける)」
    バハムート「…我も援護する!(溶岩に向けてアトミックレイを放つ)」
    レシラム「フッフッフッ…所詮、墨汁は雑魚に過ぎないのだ…」
    ゼクロム「ぐぁぁぁっ…!!(6000/20000)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「この口だけが達者な奴め!(ゼクロムに向けて闇の氷刃)」
    マンダー「ピ…(残りHP50)」
    炎竜サラマンダー「ガァァァ!!!(凍りついた溶岩に向けて業火の息)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「溶けろ…溶けてくれ…!!」
    バハムート「はぁぁぁっ!(溶岩に向けてメガフレアを放つ)」
    ゼクロム「やられて…たまるか…ッ!(回避)」
    レシラム「しぶとい奴だな…」 -- 火山内にて
  • フライヤ「でかいだけの曲者が!(ゼクロムに接近し、飛び蹴り)」
    (溶岩は元に戻った)
    マンダー「ピィ…(残りHP3)」
    炎竜サラマンダー「ギャウ…(マンダー、大丈夫か?)」 -- 火山最深部
  • ―――っ!
    (フライヤに向かって再度あやしいひかり) -- ロコン
  • ロコモ「マンダー!!!(マンダーに駆け寄る)」
    バハムート「くっ…これで…!(マンダーにケアルラ)」
    ゼクロム「ごふっ…!(4800/20000)」
    レシラム「フライヤ!危ないッ!(あやしいひかりに向けて黒い火炎放射を放つ)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「早うくたばれと言っておる!(ゼクロムに連続キック)」
    マンダー「ピッ(残りHP1500)」
    炎竜サラマンダー「…(大丈夫そうだな)」 -- 火山最深部
  • なにっ! …むぅ!?
    (打ち消され隠れる) -- ロコン
  • ロコモ「良かった…!(マンダーを抱きしめる)」
    バハムート「ふぅ、何とか溶かせたか…」
    ゼクロム「ぐふっ…(3900/20000)舐めるなよ…!!(フライヤに雷撃を放つ)」
    レシラム「…(ロコンの方を見る)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「相変わらずの馬鹿めw(雷吸収!)」
    マンダー「ピッ!?」
    炎竜サラマンダー「…(後は…(フライヤを見る))」 -- 火山最深部
  • ……レシラム、か……
    ゼクロムも然り、だが…こうも間近で見える日が来ようとは… -- ロコン
  • ロコモ「良かった…本当に良かった!」
    バハムート「奴らか…」
    ゼクロム「なっ…そうだったッ…!!」
    レシラム「まぁ良い…まずは邪魔な墨汁の始末からだ(ゼクロムに向き直る)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「はっ!(ゼクロムに悪夢の光弾)」
    マンダー「ピィ~…」
    炎竜サラマンダー「…(特にネズミの方)」 -- 火山最深部
  • ……
    (しかし…墨汁とは、なんじゃ??) -- ロコン(やや天然)
  • ロコモ「おっと、悪い…(マンダーを放す)」
    バハムート「フライヤ…か」
    ゼクロム「くっ…!(回避)」
    レシラム「後ろががら空きだ(ゼクロムにドラゴンクロー)」
    ゼクロム「ガハァッ!?(3100/20000)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「…ったく、本当にしぶとい墨汁じゃの…」
    マンダー「ピ…」
    炎竜サラマンダー「ギャウ」
    シロガネ「…ギャーウ?」 -- 火山最深部
  • ロコモ「マンダー、ごめんな…(汗)」
    バハムート「…」
    レシラム「墨汁、いい加減に諦めたらどうだ?」
    ゼクロム「はぁ…はぁ…レシラム…フライヤ…ッ!!」 -- 火山内にて
  • フライヤ「気安く私の名を呼ぶな!(ゼクロムにアイスランス投げ)」
    マンダー「ピィ~(気にしなくていいよ~)」
    炎竜サラマンダー「…」 -- 火山最深部
  • っ、危ない!!
    (アイスランスに向けかえんほうしゃ) -- ロコン
  • ロコモ「そう言ってくれると助かる…」
    バハムート「…」
    レシラム「我の名を呼ぶな!墨汁ッ!」
    ゼクロム「…すまねぇ!(ロコンに)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「チッ…(アイスランスは溶けて消えた)」
    マンダー「ピィー…」
    炎竜サラマンダー「…(嫌な気配がする…)」 -- 火山最深部
  • (…墨汁が呼び名なのか??) -- ロコン
  • ロコモ「くそっ…あいつら…!」
    バハムート「…」
    レシラム「無駄なことを…」
    ゼクロム「…レシラム、フライヤ!てめぇらの誇りってのはそんなものなのかよ!?」 -- 火山内にて
  • フライヤ「貴様に誇りだの言われる筋合いはないわ!」
    マンダー「ピ…」
    炎竜サラマンダー「…(奥の方へ)」 -- 火山最深部
  • ロコモ「…マンダーのお父さん?」
    バハムート「どうしたのだ?」
    レシラム「…戯言を言うな」
    ゼクロム「フラットレイが今のてめぇらを見たらなんて言うだろうな!?」 -- 火山内にて
  • フライヤ「そんな奴のことなど知らぬわ!」
    マンダー「…ピーィ?」 -- 火山最深部
  • ロコモ「マンダー、行ってみるか?」
    バハムート「??」
    レシラム「それがどうした?」
    ゼクロム「チッ…!」 -- 火山内にて
  • フラットレイ…殿、であるか?? -- 事情を知らないロコン
  • フライヤ「あんなヘタレでクズな男になど興味ない」
    マンダー「…ピィ(ううん、なんだか怖いからやめておく…)」


    炎竜サラマンダー「…!?」
    (ご苦労だったな炎竜サラマンダー…) -- 火山最深部
  • ロコモ「そうか…実は私も怖いんだ…」
    レシラム「我に一度敗れている奴だろう?」
    ゼクロム「くそったれッ…!」
    バハムート「フラットレイ…フライヤ達と大きく関わっている者だ(ロコンへ)」 -- 火山内にて
  • フライヤ「…して、あやつ(炎竜サラマンダー)はどこ行った」
    マンダー「…」


    (役立たずは死ね!)
    炎竜サラマンダー「…!」 -- 火山最深部
  • ほう……だが、かの者の言を聞いていると、散々な謳い様だが…… -- ロコン
  • ロコモ「!?」
    レシラム「先程、奥の方へ向かったようだが?」
    ゼクロム「ちくしょう…なんでだよ…!」
    バハムート「いや、本当はそうではないのだ…」 -- 火山内にて
  • 炎竜サラマンダー「ギャアァァァ!!!(奥に現れた人物により、赤い宝石と化した)」
    (口ほどにもない奴め…)


    フライヤ「ん? この気配は…(奥に向かう)」
    マンダー「ピィー!(フライヤの後を追う)」 -- 火山最深部
  • レシラム「ん、フライヤ?(フライヤを追って奥へ向かう)」
    ロコモ「今の叫び声って…!?(奥へ向かう)」
    ゼクロム「ちくしょう…ちくしょう…!」
    バハムート「ゼクロム…(ゼクロムを連れて奥へ)」 -- 火山内にて
  • ????「フライヤにレシラム、ご苦労であった…」
    フライヤ「んぬ、おぬしは!」
    マンダー「ピィー!(おとうさーん!)」 -- 火山最深部
  • む…? -- ロコン
  • レシラム「お前は…」
    ロコモ「なっ…!?」
    バハムート「これは一体…!?」
    ゼクロム「ちくしょう…」 -- 火山内にて
  • フライヤ「ベレールではないか。何故ここに?」
    ????→ベレール「…予定が変わり、炎竜サラマンダーの魂を回収しに来た」
    マンダー「ピィ~!!!(威嚇)」 -- 火山最深部
  • レシラム「さっきの炎竜の魂をか?何故回収を?」
    ロコモ「…(ベレールに銃口を向ける)」
    ゼクロム「ベレール…だと!?」
    バハムート「ゼクロム?」 -- 火山内にて
  • ベレール「…団長様が近々お戻りになられる。団長様は竜の魂を欲している」
    フライヤ「ふむ…」
    マンダー「ピィ~!(お父さんを返して!)」 -- 火山最深部
  • こんどは何奴じゃっ? -- ロコン
  • レシラム「成程な…」
    ロコモ「…マンダーのお父さんを返せっ!」
    ゼクロム「くそ…ったれ…!」
    バハムート「…(厄介な事になったな…)」 -- 火山内にて
  • ベレール「この地にもう用はあるまい。帰るぞ(空間を開く)」
    フライヤ「うぬ!(空間に入る)」
    マンダー「ピィ…!(お父さんを…返して…!)」 -- 火山最深部
  • なっ…! 待つのじゃ! -- ロコン
  • レシラム「了解だ!(空間に入る)」
    ロコモ「待てっ!(ベレールに銃を連射)」
    ゼクロム「逃がすか…よッ!(ベレールに雷撃を放つ)」
    バハムート「!!」 -- 火山内にて
  • ベレール「…またいつか会おう(ダメージ200、そのまま空間の中へ)」
    マンダー「…ピィー!!!」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「くそったれぇぇぇッ!!!」
    ロコモ「くっ…逃したか…ッ!!」
    バハムート「…」 -- 火山内にて
  • マンダー「ピィ…(お父さん…)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「あの外道…絶対に許さねぇ…!!」
    ロコモ「マンダー…」
    バハムート「…」 -- 火山内にて
  • マンダー「…」
    ダルタン「アレをつつくのに夢中になってたから遅れちゃった☆」←来た
    ???「全くですわ」←こいつも来た -- 火山最深部
  • ゼクロム「…」
    ロコモ「…(マンダーに近寄る)」
    バハムート「ふぬ…」
    冬花「あらあら、随分と暗いわねぇ?」←登場 -- 火山内にて
  • いってしまったか… -- ロコン
  • ダルタン「…何があったの?」
    ???「確かに暗いですわ…」
    マンダー「…」
    シロガネ「…ギャウ?」←気が付いたら寝ていたらしい -- 火山最深部
  • 冬花「随分と大きな戦いがあったみたいねぇ?」
    ゼクロム「…」
    ロコモ「…大丈夫、お父さんは絶対に助け出す」
    バハムート「シロガネ!」 -- 火山内にて
  • ダルタン「?」
    ???「気になりますわ」
    マンダー「ピィ(ロコモさん…)」
    シロガネ「…(目をこすってる)」 -- 火山最深部
  • 冬花「皆の様子を見れば一目瞭然よぉ♪(杖を構える)」
    ゼクロム「…誰だ?」
    ロコモ「私の銃にかけてな」
    バハムート「お主は無事だったか…」 -- 火山内にて
  • ダルタン「僕は幻銃士ダルタン」
    ???「私は(ry」
    マンダー「ピ!」
    シロガネ「ギャウ?(何があったの?)」 -- 火山最深部
  • 冬花「私は雨霧冬花よぉ♪」
    ゼクロム「えっ、雨霧…!?」
    ロコモ「あぁ!(頷く)」
    バハムート「…(シロガネに事の一部始終を話す)」 -- 火山内にて
  • ダルタン「おそらくは…なんじゃないかな」
    ???「私の名前は一生???ですの!?」
    マンダー「ピィー!(ロコモの周辺を飛び回る)」
    シロガネ「ギャウ…(そうか…)」 -- 火山最深部
  • 冬花「あらあら、私のこと知ってるのぉ~?」
    ゼクロム「えっ、いや…あんたじゃなくて…」
    ロコモ「ははは!」
    バハムート「うむ…」 -- 火山内にて
  • ダルタン「狼牙さん達元気かなー」
    ???「ちょっと、ダルタンさん!?」
    マンダー「ピィ~!」
    シロガネ「…ギャウ(俯いた)」 -- 火山最深部
  • 冬花「狼牙ちゃん?」
    ゼクロム「そう、小春ちゃんや劔も知ってるぜ!」
    ロコモ「さて…どうするか」
    バハムート「シロガネ、今回の事を白のリヴィエールに話そう」 -- 火山内にて
  • ダルタン「んー、会いたくなってきた!」
    ???「なら私もついて行きますわ!」
    マンダー「ピー…(ロコモの肩に乗っている)」
    シロガネ「…ギャウ(分かった)」 -- 火山最深部
  • 冬花「あら、狼牙ちゃん達に会えるのねぇ?」
    ゼクロム「あぁ、きっと会えるぜ!」
    ロコモ「マンダーも私達について来るか?」
    バハムート「うむ」 -- 火山内にて
  • ダルタン「…で、どうやって帰るの?」
    ???「そ、そういえばそうでしたわ…」
    マンダー「ピィ!(うん!)」
    シロガネ「…(白のリヴィエール様…)」 -- 火山最深部
  • 冬花「あらあら、帰る方法が無いのぉ~?」
    ゼクロム「しまった!俺も帰れねぇ!」
    ロコモ「よし、分かった!」
    バハムート「…」 -- 火山内にて
  • ダルタン「/(^o^)\ナンテコッタイ」
    ???「…」
    マンダー「ピィ~!」
    シロガネ「……」 -- 火山最深部
  • 冬花「困ったわねぇ~」
    ゼクロム「\(^o^)/」
    ロコモ「おーっ!」
    バハムート「…」 -- 火山内にて
  • むむう…?
    そういえば、どのようにしてやってきたのであったか… -- ロコン
  • シロガネ「…ギャウ(ゼクロムさん、ルシフ様に頼めない?)」
    ダルタン「/(^o^)\」
    ???「ダルタンさん…」
    マンダー「ピー!」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「そうか、ルシフに頼めばいいのか!」
    冬花「あら、方法が見つかったぁ~?」
    バハムート「ダルタン…(汗)」
    ロコモ「おおーっ!」
    -- 火山内にて
  • シロガネ「ギャウ(うん)」
    ダルタン「\(^o^)/オワタ」
    ???「……」
    マンダー「ピィ~!」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「すぅ~っ…(息を深く吸い込む)」
    冬花「…(微笑みながら見ている)」
    バハムート「…(汗)」
    ロコモ「おおっ!」 -- 火山内にて
  • シロガネ「…」
    ???「胡椒投げですわ(何故かゼクロムに向けて胡椒を投げる)」
    ダルタン「/(^o^)\オアトガヨロシイヨウデ」
    マンダー「ピ?」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ちょ、くぁwせdrftgyふじこlp!?」←
    冬花「あらら、胡椒だわぁ~♪」
    バハムート「…」
    ロコモ「飴玉がバッグに入ってたぞ!」 -- 火山内にて
  • ???「黒コショウですのよ」
    シロガネ「…(DQ3の世界から持ってきたの?)」
    ダルタン「\(^o^)/」
    マンダー「ピ!」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ごほぇえぶわぇ!?」
    冬花「大変なことになったわねぇ~♪」
    バハムート「黒胡椒…?」
    ロコモ「マンダー、食べるか?」 -- 火山内にて
  • ???「荷物にたまたま入っていましたので、使わないと損かと思いまして」
    シロガネ「…(何故に)」
    マンダー「ピィ!(うん!)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ゲホッゲホッ…何すんだ!」
    冬花「確かに使わないと損ねぇ~♪」
    バハムート「…(汗)」
    ロコモ「ほれっ!(マンダーに飴玉(イチゴ味)を渡す)」 -- 火山内にて
  • むう?? -- ロコン
  • ???「ごめんなさいね~」
    シロガネ「……」
    マンダー「ピ!(飴玉を受け取り、食べる)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ったく…すぅ~っ」
    冬花「…(また微笑んでる)」
    バハムート「…」
    ロコモ「喉に詰まらせるなよ!」 -- 火山内にて
  • ???「www」
    ダルタン「/(^o^)\ナンテコッタイ」
    シロガネ「…(まだやってたの?)」
    マンダー「ピィ~(分かってるよ~)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「…ルーシーフー!!!」
    冬花「…(微笑んでいる)」
    バハムート「!?」
    ロコモ「ふふ、分かった」 -- 火山内にて
  • ダルタン「わぁっ!?(びっくりしてひっくり返った)」
    ???「うるさいですわ!」
    シロガネ「……」
    マンダー「ピィ~…」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「これでルシフに聞こえれば…」
    バハムート「聞こえる筈がないだろう!?」
    冬花「あらあら~」
    ロコモ「ゼクロム、うるさい!」 -- 火山内にて
  • ダルタン「あちっあちっ(溶岩に触れたらしい)」
    ???「ダルタンさんがまた溶岩に落ちましたわ」
    シロガネ「………」
    マンダー「ピィ…(鼓膜が破れるかと思った)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「(´・ω・`)」
    バハムート「まったく…」
    冬花「あらら、ダルタンちゃんが溶岩に~」
    ロコモ「マンダーの鼓膜を破る気か!?」 -- 火山内にて
  • ダルタン「あぢゃぢゃぢゃぢゃ!!!(服に火がついて走り回っている)」
    ???「…なんでしょう、この絵は」
    シロガネ「…………」
    マンダー「ピィー(ロコモさん、あのドラゴン(ゼクロム)怖いよー)」 -- 火山最深部
  • だ、だいじょうぶかの? -- ロコン
  • ゼクロム「(´・ω・`)(´・ω・`)」
    バハムート「その顔をやめろ」
    冬花「…ふっ(口元に手を添え、ダルタンに息を吹きかける)」
    ロコモ「大丈夫、私がしっかり守ってやるさ」 -- 火山内にて
  • ダルタン「あ゛ー、暑かった…」
    ???「冬花さん?」
    シロガネ「…(竜巻放っていい?)」
    マンダー「ピィー…」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)」
    バハムート「シロガネ、やって構わんぞ」
    冬花「ダルタンちゃん、火傷はしてないかしらぁ~?」
    ロコモ「…」 -- 火山内にて
  • ダルタン「火傷は奇跡的にしなかったよ」
    ???「?」
    シロガネ「ギャウ!(ゼクロムに向けて竜巻を放つ)」
    マンダー「ピィ!(飴を舐め終えて上機嫌)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ちょ、ぐぇあ!?(2800/20000)」
    バハムート「…」
    冬花「そう、それならいいわ~♪」
    ロコモ「おっ、舐め終わったか!」 -- 火山内にて
  • シロガネ「ギャウ…(ルシフ様が来ないという事は、聞こえていなかったという事だね)」
    ダルタン「よかったよ…」
    ???「ダルタンさん溶岩ダイヴ2回目ですわ」
    マンダー「ピィ!(おいしかった!)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ルシフ~」
    バハムート「うむ、そういう事になるな…」
    冬花「周囲を見ないと駄目よぉ~?」
    ロコモ「それは良かった!」 -- 火山内にて
  • シロガネ「ギャウ(残念…)」
    ダルタン「はぁ~い…」
    マンダー「ピィー!(ロコモに頬擦りしてきた!)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「俺を助けてくれぇ~」
    バハムート「うむむ…困ったな…」
    冬花「うふふ~♪」
    ロコモ「マンダー!?」 -- 火山内にて
  • シロガネ「ギャウ…」
    ダルタン「暑い所に長袖はダメだね…暑い」
    ???「そう言えば、私の名前がまだでしたわね」
    マンダー「ピィ~♪」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ル~シ~フ~!」
    バハムート「むむぅ…」
    冬花「あら、そうだったわねぇ~」
    ロコモ「…ふふっ」 -- 火山内にて
  • シロガネ「…(人間の姿になった)」
    ダルタン「あっつあっつ」
    ???→エレン「私はエレン・レピアディーネと申しますわ。エレンでよろしくて?」
    マンダー「ピピッ♪」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「たーすーけーてーくーれー!」
    バハムート「?」
    冬花「エレンちゃんねぇ?よろしく~♪」
    ロコモ「…温かい」 -- 火山内にて
  • シロガネ「…なんとなく」
    ダルタン(暑さで頭が逝ったか?)「おっwwwおっwww」
    エレン「こちらこそ、よろしくお願いいたしますわ」
    マンダー「ピーイ♪」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「てれってれてっててー」←
    バハムート「そうか…(汗)」
    冬花「あらあら、ダルタンちゃんが壊れちゃったわぁ~」
    ロコモ「ふふっ♪」 -- 火山内にて
  • シロガネ「…」
    ダルタン「てれってってれってーうー」
    エレン「…ダルタンさん?」
    マンダー「ピッ♪」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ぱらりらぱらりらりんりんりーん」←
    バハムート「…ゼクロムも壊れたか」
    冬花「多分、暑さが原因だと思うわぁ~」
    ロコモ「ふっ♪」 -- 火山内にて
  • シロガネ「本当にどうしよう」
    ダルタン「へいへいへーい」
    エレン「そう?」
    マンダー「ピィ~イ!」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「りんりんりーん」
    バハムート「我にはどうしようも…(汗)」
    冬花「この場を冷やしたいけども、マンダーちゃんのことを考えるとそれは駄目ねぇ~」
    ロコモ「~♪」 -- 火山内にて
  • シロガネ「…白のリヴィエール様に頼めないかなぁ」
    ダルタン「うっうっうーううっううー」
    エレン「あの炎の子竜ですわね」
    マンダー「ピィ♪」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「だらららりらりん!」
    バハムート「白のリヴィエールに…か?」
    冬花「あの子は寒さが苦手らしいからねぇ~」
    ロコモ「~♪」 -- 火山内にて
  • ……
    (…なんだか、抱いていたイメージと大分異なるのう)(ゼクロムをみて) -- ロコン
  • シロガネ「うん」 \うっふふふ…私を呼んだかしらぁ?/
    ダルタン「でっていう!」
    エレン「そのようですわね…」
    マンダー「ピッ」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「でっていうwww」←
    バハムート「むっ、その声は…!」
    冬花「あらあら~?」
    ロコモ「ん?」 -- 火山内にて
  • 白のリヴィエール「フフフ…(空間を開いて登場)」
    シロガネ「白のリヴィエール様!」
    ダルタン「ででででっていう!」
    エレン「?」
    マンダー「…ピィ?(この人だぁれ?)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「で?っていうwww」
    バハムート「白のリヴィエール!」
    冬花「誰かしらぁ~?」
    ロコモ「私も知らないな…」 -- 火山内にて
  • 白のリヴィエール「お困りのようね」
    シロガネ「そうなんだよ…。 どう帰ろうか悩んでて…」
    ダルタン「うーっ、ヨッシー!」←
    エレン「なんだか嫌らしい人ですわ」
    マンダー「…ピィ?」 -- 火山最深部
  • バハムート「そうなのだ…(汗)」
    ゼクロム「ヨッシィ~!」←
    冬花「あらあら、何だか美意識が高そうな人ねぇ~」
    ロコモ「うーん?」 -- 火山内にて
  • 白のリヴィエール「帰りに困った? 分かったわ(レインスルフに通じる空間を開く)」
    シロガネ「!」
    ダルタン「ヨヨヨヨッシー!」
    エレン「…無駄に露出が多いですわ」
    マンダー「ピ?」 -- 火山最深部
  • バハムート「!」
    ゼクロム「でっていう!ヨッシ~!」
    冬花「そうねぇ~♪」
    ロコモ「ん?」 -- 火山内にて
  • 白のリヴィエール「他の所に行きたい人は空間に入らず、私に言ってねぇ」
    シロガネ「…僕はこのままいくよ(空間に入る)」
    ダルタン「YOSHI」←
    エレン「いくら暑い所とはいえ…」
    マンダー「…ピィ(悪い人ではなさそう)」 -- 火山最深部
  • バハムート「…我もレインスルフに戻ろう(空間に入る)」
    ゼクロム「YOSHI!」←
    冬花「露出が多いと、火傷しちゃうかもねぇ~♪」
    ロコモ「そうだな…」 -- 火山内にて
  • ほむっ? -- ロコン
  • 白のリヴィエール「貴方達はどうするのかしら~?」
    ダルタン「でっていうでっていうでって(ry」
    エレン「それもありますわね…」
    マンダー「ピィ(ロコモさん、どうする?)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「でっていう!でっていう!でって(ry」
    冬花「私のは逆に暑いけどねぇ~♪」
    ロコモ「私は家に戻ろうかと思う。ピチューを待たせてるしな」 -- 火山内にて
  • 白のリヴィエール「どうするのかしら~?」
    ダルタン「…はっ!?(我に返った)」
    エレン「あら、確かに…」
    マンダー「ピィ!(僕はロコモさんについて行くよ!)」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「…ぬはっ!?」←
    冬花「火山に和服はミスマッチだわぁ~」
    ロコモ「マンダー…!」 -- 火山内にて
  • 白のリヴィエール「あらあら、やっと我に返ったようね~」
    ダルタン「僕は一体何を…?」
    エレン「…(汗)」
    マンダー「ピィ!」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「俺も記憶が飛んでるぜ…」
    冬花「まぁ、私は平気だけどねぇ~♪」
    ロコモ「…ありがとう!」 -- 火山内にて
  • 白のリヴィエール「レインスルフに行くのなら空間をそのまま通り、他の所に行きたい人は私に言ってねぇ」
    ダルタン「…僕はレインスルフに帰ろうかな」
    エレン「…」
    マンダー「ピィー!」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「おっ、俺もレインスルフに行くぜ!」
    冬花「私はどうしようかしらぁ~?」
    ロコモ「私はヨースターエリアへ行きたい、頼めるか?」 -- 火山内にて
  • 白のリヴィエール「ヨースターエリアね。分かったわぁ(ヨースターエリアに通じる空間を開く)」
    ダルタン「それっ!(レインスルフの空間に飛び込む)」
    エレン「あぁっ、私もー!(ダルタンを追っていたはずが間違えてヨースターエリアの方に飛び込んだ)」
    マンダー「ピー」 -- 火山最深部
  • ゼクロム「ルシフ、今行くぜ!(レインスルフの空間に入る)」
    冬花「あら、私も行くわぁ~♪(同上)」
    ロコモ「マンダー、行くぞ!(ヨースターエリアの空間に入る)」 -- 火山内にて
  • むむ…わらわはどうするかのう。 -- ロコン
  • マンダー「ピィー!(ロコモを追ってヨースターエリアの空間へ)」
    白のリヴィエール「あとはあなただけよ、6尾の狐さん」 -- 火山最深部
  • ふむ…
    もといた場所に戻れるかの? -- ロコン
  • 元いた場所と言うと? -- 火山最深部の白のリヴィエール
  • んむ。「なりきり雑談所」というところじゃの。 -- ロコン
  • キャラなりきり雑談所ね。了解~(なり雑に通じる空間を開く。他の二つの空間を閉じる) -- 火山最深部の白のリヴィエール
  • おぉ、すまぬの。助かるのじゃ! -- ロコン
  • ふふっ、礼には及ばないわ…。 -- 火山最深部の白のリヴィエール
  • うむ、では行くのじゃ! -- ロコン
  • 入ればなり雑に行けるわぁ。 じゃあねぇ~♪(空間を開き、別の世界へ) -- 火山最深部の白のリヴィエール
  • うむ、感謝なのじゃ! また会えると良いの!(なり雑へ) -- ロコン
  • その後、魔界の火山に発生していた黒い霧は消え、普段の姿に戻った。
    しかしフライヤとレシラム、それにベレールの言っていた『冥界神』とは一体何者なのか?
    その真相はまだ闇の奥…。 -- 第64話の終わり
名前:
コメント:

キャラの概要等はこちらのスペースに!
  • 火山モフォヴェイラ
    魔界唯一の城・ディザルブの南東に位置する火山。
    麓にある温泉宿が有名だったりする。
    しかし、数日前からこの火山から黒い霧が発生するようになった。原因は不明。 -- 魔界の火山
  • ☆ロコモ
    ピチューの事が大好きな銃使いの女の子。
    今回は何かいい予感を感じて来たようだが…?
    ☆雨霧冬花
    和服を着た白髮の女性。杖を持っており、不思議な雰囲気を出している。
    名前からして、狼牙達と関係がありそうだが…。
    ☆バハムート
    ヨッシー一家の常識人。
    闇の管弦楽団の事を聞き、シロガネと共にやってきた。 -- ヨッシー一家より
  • ◇幻銃士ダルタン(出典:オレカバトル)
    青い帽子と青い服、青いマントが特徴的な青年。
    レイピアを使った攻撃と協力技を得意とする。
    ◇エレン・レピアディーネ(オリジナル)
    桃髪ポニーテールの少女。レイピアが使用武器。
    ◇シロガネ(出典:オレカバトル)
    銀色の体を持つドラゴン。雷と風の力を操る。
    時々人間の姿になる。ここでは最初から人間の姿で活動している。 -- 霧隠れ楽章団から
  • ◇マンダー(出典:オレカバトル)
    炎のような体を持つ子どもドラゴン。親は炎竜サラマンダー。
    幼いせいか、「ピィー」としか鳴けない。 -- 炎竜の子
  • ◆黒炎竜サラマンダー(出典:オレカバトル)
    炎のような体を持つドラゴン。マンダー達の父親。
    だが冥府の巫女フライヤによって埋め込まれた黒い炎の力によって黒く染まり、闇の力を持つようになった。 -- 黒い炎竜
  • ◆冥府の巫女フライヤ(フライヤ自身は出典:FF9)
    【闇の管弦楽団】副団長・ベレールの魔力により心まで闇に染まったフライヤ。
    冥府の巫女とは、冥界神のために踊る巫女と言われるが…?
    今まで彼女が持っていた厳しくも優しい心がただ他人を見下すだけの非情な心へと変わっている。 -- 黒衣のネズミ
  • ★レシラム
    かつては真実を求めていた伝説の白竜。
    しかし、フライヤの手によって心まで闇に染められた。
    今では、フライヤへの想い以外の心は酷く歪んでしまっている。 -- 闇に染められた白竜
  • ☆ゼクロム
    墨汁でお馴染みな伝説の黒竜。レシラムと対を成す存在でもある。
    理想を求めており、よく調子に乗る。
    レシラムとフライヤを正気に戻すべくやって来た。 -- 墨汁な黒竜
  • ◆ベレール(オリジナル)
    【闇の管弦楽団】の副団長である男性。種族は不明。
    残忍で冷酷な性格をしている。作戦に失敗した者を容赦なく殺すと噂されている。
    炎竜サラマンダーの魂を回収しに来たのには理由があるらしい。
    フライヤを闇に染めたのはこいつ。 -- 闇染めの元凶
  • ◇白のリヴィエール(出典:オレカバトル)
    全てが白く染まった魔王リヴィエール。究極の美を求めている。青と紫のオッドアイ。
    ペットに銀竜シロガネがいる。光と氷の魔法を操る。 -- 究極の美白神
名前:
コメント:

-