タイガー・M


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第63話「殺人ボクサーを倒せ! 」に登場
本来はタイガーMという名前なのだが、馴れーション声の実況の「タイガーM、全く強し!」という台詞回しが余りにもテンポが良く
そのまま一つの名前に聞こえることから、チャーケニストの間で「タイガー・M・マッタク・ツヨシ」の名前で呼ばれている。

実況曰く、アリゾナ育ちの世界ヘビー級チャンピオンで50戦50K.O.勝ちという恐るべき強さで、彼との対戦で死亡した選手は過去に13人、再起不能は20人を越すという恐るべき強さを持つ。1人でも殺した時点で追放されるんじゃないかって?気にするな!
体格から繰り出す重いパンチは、時に刃物の音や銃声がするほどである。
この時、対戦していた熊寅次郎選手が彼のパンチによって殺されてしまうという恐るべきことがリング上で起こる。この事態に混乱したのか実況も思わず「熊寅選手がタイガー・Mを・・・」と逆のことを言ってしまったりもした。

正体はジュラル星人。観客に紛れていた仲間3人と共に、研を殺しにかかるが、変装前の研にさえ歯が立たなかった上、ジュラル星人の姿に戻った後は、仲間共々アルファガンであっさりとやられてしまった

ちなみに、この回はSEが割と働いている。それでも、パンチの時に銃声のような物が混じったりするが…

第39話「美人ロボットは殺しの使者」でバリカンが「こしゃくな、俺様はタイガーだ!」と言っているが、マツタク・ツヨシとの関係は一切わかりません!

(・M・)<俺に勝てるやつぁいねぇーのか!!