バトロイクエスト > 第66話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • @新都心エリアC27
    みなとみらいをモチーフにした大都心。
    前に出てきたC1との差異はあまりない。道路違うだけやし。 -- 場所解説


  • (爆発した際の破片が、無差別に降りかかる!しかもトリックルームでの時空の歪みのせいで軌道が不規則に!) -- 要塞
  • 桃色ヨッシー「ここは…よしっ!ライチュウガード!(ライチュウを盾にした!)」
    ライチュウ「ゑ、ここは桃色ヨッシーさんが私をかばうパターンでしょ!?(250/3000)」 -- ヨッシー一家
  • !!...速い?!(8700/8900) -- リリア
  • うわっ!こんなの避けれ・・・ぐあっ!(2100) -- HRO
  • 桃色ヨッシー「平気平気よっ♪」
    ライチュウ「私は…平気じゃ…ないです…」 -- ヨッシー一家
  • カザフッ!(8460/8960) -- エロリア
  • スタンッ!(8560/8960) -- クレアス
  • パラガス(ゆるゆり)「はぁ~!(パラリマントで破片を跳ね返す)」
    吹雪「シャツどこだぁ?(ウロウロしてたら奇跡的に回避した)」 -- パラガス親子?
  • ハッハッハ!こりゃあ予想外の展開だねぇ! -- マッドハッター
  • ストライクス副長「艦長!敵要塞の破片が不規則に落下しています!」
    アマヅキ「ちっ、ランダムパターンか・・・だがこいつも想定内ってね!各砲座!弾幕張りやがれ!」(バルカン・ファランクス、ビーム・ファランクス、ミサイル・ファランクスで要塞の破片を徹底的に迎撃)
    輝水「たあっ!」(降ってくる破片を避けながらOTOメララ「ボクサー」57mm散弾砲でマッドハッターを攻撃)
    十河「そこだぁ!」(レクタングル・ランチャーでマッドハッターを攻撃)
    啓志「破片程度ならっ!」(ツイン・ソリッドカノンで破片を迎撃) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • それにしても今日はよく動けるなぁ…
    (元々スピードが遅いのでトリックルームでかなり素早くなってる) -- 吹雪の巫女
  • フン(消えて、HROの正面に現れ)こっちさ。(HROを杖で殴る) -- マッドハッター
  • チッ!(盾で防ぎ)おらあっ!(マッドハッターにブレイファング!盾から火炎放射) -- HRO
  • シュワット!(マッドハッターに股間を近づける!)← -- パラガス(ゆるゆり)
  • マッドハッター「チッ!(27191、離れ、HROとパラガスとアマヅキにエネルギー弾ぶっぱ)」
    HRO「…!(ブレイズファングで焼く、ってパラガス巻き添え注意だーッ!)」 -- ナゴミ
  • door!?(1926/2400) -- パラガス(ゆるゆり)
  • (HROとマッドハッターの競り合いに割り込むようにクロスがマッドハッターへ跳ねた)
    はああああッ!
    (背中の刀を抜刀、マッドハッターへ降り下ろす) -- クロス
  • …暇です…(ウトウトしてる)← -- 吹雪の巫女
  • マッドハッター「ぐぁ!(24199)」
    HRO「!?(距離を取る)」 -- ナゴミ
  • パラガス(ゆるゆり)「私はパラガスでございます☆(名刺型の気弾でマッドハッターを攻撃)」
    吹雪「zzz…(寝ちゃった)」 -- パラガス親子?
  • アマヅキ「甘いんだよ!ピンポントバリア展開!」(ピンポイントバリアで防御)
    啓志「落ちろぉ!」(ツイン・ソリッドカノンでマッドハッターを砲撃)
    輝水「いくぜぇ・・・そこだぁ!」(プロト・デモリッションガンでマッドハッターを砲撃)
    十河「そこだぁ!」(フリー・エレクトロン・キャノンでマッドハッターを攻撃) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • ドクターK「どーしましたか?かかってきなさい。」(エロリアに)
    エロリア「いいわ、かかってきてあげるわよ!!!」(ドクターKにフォトンストリーム)
    ドクターK「はい☆」(お手製兵器で反射)
    エロリア「ぐはぁぁ!!!」(7960/8960) -- 646 Army
  • チィ!(パラガス、エロリア、輝水にエネルギー弾を撒きつつ後退し回避) -- マッドハッター
  • 桃色ヨッシー「いい流れになって来たわ…一気に攻めるわよっ!(炎の玉をマッドハッターに飛ばす)」
    ライチュウ「はい…てぇいっ!(マッドハッターにくさむすび)」 -- ヨッシー一家
  • あーう^p^(1689/2400) -- パラガス(ゆるゆり)
  • 輝水「防ぐイメージを描けば・・・っ!」(ラムダ・ドライバによって生成されたバリアで防ぐ)
    十河「何所に逃げても無駄ってなぁ!」(フリー・エレクトロン・キャノンでマッドハッターを攻撃) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • クッ...(7160/8960) -- エロリア
  • と、思うだろう?(楽々回避) -- マッドハッター
  • あっ(つるっ)ぎゃー!(回避先ヒット!、1499) -- HRO
  • 啓志「だったらMAPWだっ!」(ファランクス・ミサイルでマッドハッターを攻撃)
    輝水「そらぁ!」(単分子カッターでマッドハッターを斬る)
    十河「おもわねぇよっ!」(フリー・エレクトロン・キャノンでマッドハッターを攻撃) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • フン。(最低限の動きで回避)そんなに動いてると怪我するよ?(輝水と十河にエネルギー弾を放つ) -- マッドハッター
  • そうだ、トリックルームのせいで・・・!(硬直) -- HRO
  • 十河「怪我をするのは・・・」(回避)
    輝水「てめぇだ!」(ラムダ・ドライバによって生成されたバリアで防ぎつつ、プロト・デモリッションガンでマッドハッターを砲撃) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • このままでは…
    (…ん?たしか素早いほど遅くなるようだな…腐☆腐) -- パラガス(ゆるゆり)
  • ....動かなきゃ、いいんだな?(マッドハッターに) -- クレアス
  • さぁね。敵に教えるつもりはないね!(杖で砲撃を弾き返す) -- マッドハッター
  • うぉあぶねっ!(ギリギリ回避)ってぎゃー!(こける) -- HRO
  • 真北「(10351)ようやくここまできたか・・・」
    御坂「(4321)あれ?中原さんは?」
    真北「ちょっとしたリクルートに向かってるよ。」
    平沢「リクルートって・・・・?」
    真北「ちょうど今、第十二回WBRが行われているだろ?」
    御坂「そうですけど・・・」
    真北「そう、残念ながら負け組に下った奴が一人いる。」
    御坂「まさか・・・」
    真北「あとはお察ししてくれたまえ。」 -- 龍徳一味
  • ライチュウ「ギャー!(何故かコケる)」
    桃色ヨッシー「この…っ!(マッドハッターにゆっくりと接近する)」 -- ヨッシー一家
  • チッ・・・! -- HRO
  • フン、何か手段が残っているようだが? -- AFOX
  • ははははははー!ゆっくりと動けば動きやすいぞぉ!(トリックルームに慣れた) -- パラガス(ゆるゆり)
  • でもFPSやめれないんだけどおお -- 私(FPS)
  • ....フン(突っ立ったままマッドハッターにエネルギー弾) -- クレアス
  • ちょwwwみんなワシを無視しないでちょんまげ!
    すっげ耳よりな情報あっから!
    超ヤベェから! -- 私(FPS)
  • (起きた)なんだぁ…?(私に対して)シャツのある場所かぁ?← -- 吹雪の巫女
  • さぁね・・・無駄なことはしたくないんだ。(スチャ) -- HRO
  • フン。それは困るんだよねぇ。無駄に足掻いて、絶望して貰わないと。 -- マッドハッター
  • ライチュウ「嫌…ですね!」
    桃色ヨッシー「ふん…」 -- ヨッシー一家
  • だから聞いてくれよぉ。
    わたしとバディを組めばトリックアートの影響なんてチョチョイのチョイ・ボンゲけえの!
    分隊員湧きはよぉ。
    (ちなみに先着1名様までやでぇ) -- 私(FPS)
  • じゃあいいです…俺は元々遅いからかえって好都合です…(攻撃されない限り戦わないけど) -- 吹雪の巫女
  • アマヅキ「敵に動く隙なんぞ与えるか!各砲座、ぶっぱなせぇ!」(バルカン・ファランクス、ビーム・ファランクス、ミサイル・ファランクスでマッドハッター、真北、御坂、平沢を攻撃)
    啓志「こいつ!」(ツイン・ソリッドカノンでマッドハッターを攻撃)
    輝水「てやぁ!」(プロト・デモリッションガンでマッドハッターを砲撃) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • チィッ!(19999)なんでもない日を祝おうじゃないか。(狂ったお茶会!アマヅキ、啓志、輝水に攻撃低下効果の持つ蝶々型エネルギー弾で攻撃) -- マッドハッター
  • 啓志「なんでもない日ってもんはな・・・祝わなくても十分な日ってもんさ!」(ツイン・ソリッドカノンでエネルギー弾を迎撃)
    輝水「こなくそぉぉぉぉぉ!!」(被弾(6000)ラムダ・ドライバにより蝶々型エネルギー弾の追加効果半減)
    アマヅキ「回避運動急げ!」
    ストライクス操舵手「どりゃぁぁぁぁ!!」(多少かする(90000)) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • ロックオンして・・・ブーストブレートッ!(AFOXにブーストブレードダブル!) -- HRO
  • (防御、1999)フン。(アビリティ:武闘発動!HROに素手のコンビネーションアタックで反撃) -- AFOX
  • ともーじゃん?
    (なんかつけもの石の効果で攻撃が再度あれされた。
    巻き戻しをくらったかのように、狂ったお茶会が再度発生したのである。
    ストライクチームは一回目のお茶会の対応におわれてる途中だしこのままじゃやばい!
    彼らのピンチを救うには、他作者さん!君たちのキャラの力が必要だ!) -- つけもの石
  • 巻き戻しは比喩表現で実際に巻き戻しされたわけではないのであしからす -- 隙を生じぬ解説
  • 今だ!今こそ団結するべきなんだっ!
    だって俺ら仲間だもんげ!
    ズッ友だょ! -- 自動ケータイ
  • クロス(空気)「いや、誰だよ君ら」
    私(FPS)「だよねだよねー」
    クロス「君もだよ!」
    私(FPS)「マジスか!」(もう、自分から分隊湧きしようかなとか思ってたり) -- OREん
  • 考えてもごらん!仲間はステキだね!
    ヒトリ(1作者)よりオオゼイ(多作者)!
    ツヨイにきまってら! -- 自動ケータイ
  • 待つの飽きたわーwww
    (無断でHROに分隊湧きした) -- 私(FPS)
  • なんなんだぁ?アレはぁ…(自動ケータイに興味を持つ) -- 吹雪の巫女
  • (装備すると、色々な特典があるよ!
    あと高性能な普通のケータイとしても使えるからナビとしても使えるかな?) -- 自動ケータイ
  • てかね、今更なんやけどあれはいったいなんなん?(マッドハッターを指差し)
    なんかいつのまにかここにおったから状況が、いまいちわからんわー(笑)
    誰か教えてくれよぉ。
    -- 私(FPS)
  • 十河「残念だったな・・・消えろ!」(フリー・エレクトロン・キャノンでつけもの石を破壊)
    輝水「見切ったぁっ!」(回避)
    啓志「残念無念ってね!」(回避)
    アマヅキ「よけろぉ!また来るぞ!」
    ストライクス操舵手「どっせぇぇぇぇい!」(回避) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • (フリー・エレクトロン・キャノンを固形にして反射だよ -- つけもの石
  • 十河「卑怯すぎるっての!」(固形化されて反射された攻撃をプラズマ・ステークで殴ってあさっての方向へ飛ばす)
    啓志「ありゃ無視したいところだけど・・・無視したらしたで厄介だしなぁ・・・」
    輝水「叩き割ればいいだけだろ。常識的に」
    啓志&十河「あ」
    アマヅキ「・・・」 -- Mr・H軍:ストライクスチーム
  • いいなぁ…。(ケータイを見て)でも誰のだぁ?
    …あ、あいつ(マッドハッター)はクズ王子以上のクズです…(私に対して)


    舞台裏:ベジータ(Megamari)「ダニィ!?」 -- 吹雪の巫女
  • 「(あの石(つけもの石)....うまく利用できないかしらね)」 -- エロリア
  • 「(弾速を遅めてみるか...この空間の仕組みは分かった、だが当たったところで奴(マッドハッター)には効くのか?)」 -- クレアス
  • ドクターK「おっと!誰かを忘れてません?」(エロリアにバズーカ)
    エロリア「フン!無駄よ!」(つけもの石を盾にしようとする) -- 646 ArmyとドクターK
  • もうもたない!?(0)…まだだ、まだ終わらんよ!(復活) -- HRO
  • チッ、無駄にしぶといな・・・ -- AFOX
  • このままではきりがないぞぉ!かくなるうえは… -- パラガス(ゆるゆり)
  • アマヅキ「かくなる上は…ぶっ放しまくれ!」(バルカン・ファランクス、ビーム・ファランクス、ミサイル・ファランクスでマッドハッター、真北、御坂、平沢を攻撃)
    啓志「うぉぉぉぉ!!!」(ツイン・ソリッドカノンでマッドハッターを攻撃)
    輝水「ファイヤ!」(プロト・デモリッションガンでマッドハッターを砲撃) -- Mr・H軍:ストライクスチーム
名前:
コメント:

キャラ情報をどうぞ
  • ドクターK
    「死と生の世界の反転」によって生じるエネルギーに興味を持つ女天才科学者。
    さまざまなお手製兵器を用いて戦闘する。 -- 646
  • ドローン軍団
    地球全土を一瞬で覆い尽くせるほどの物量を持つ。
    ただし一体一体は糞弱い。 -- 646
  • パラガス(ゆるゆり)
    パンツを買いにやって来た変態。今回はやや強めに設定されている。


    吹雪の巫女
    シャツを買いにパラガス(ゆるゆり)と一緒に来た伝説の超サイヤ人。
    ちなみに元ネタは「もしもパラガス親子が地球を救ったら」。 -- パラガス親子?
  • 今回は攻撃されなければ自分からは攻撃しないが一度でも攻撃されると伝説の超サイヤ人に変身する。
    また、頻繁に攻撃するようになる。 -- 吹雪の巫女 追記
  • ■破壊者クロス
    FWIAのエージェントにして切り札。
    本部から要請を受け、出撃 -- キャラ紹介
  • ■私(FPS)
    出典:FPSゲーム全般
    -- キャラ紹介
  • ■私(FPS)
    特別どこかに所属しているわけではない。いわゆる無所属キャラ。
    FPS元ネタなので耐久力は皆無に等しい。
    装備は機関銃。攻撃力はあまりなく、そもそもクソエイムなのでまず当たらない。
    制圧射撃(サプレッションアシスト)で敵の行動を阻害、視界を制限することを得意とする、補助型である -- キャラ紹介
  • ■サプレッションアシスト
    対象の視界を制限(ぼやけ)、または行動阻害する。
    元ネタ:BF3
    ■弾薬箱
    対象のエネルギー(MP、EN、気力など)を回復する。
    ☆ギブミー・ドッグタグ
    私(FPS)の中で唯一まともな攻撃力をもった技
    敵の急所(主に首筋)目掛けナイフを刺しこむ。
    一撃必殺のいりょくだ!
    ☆当たらぬなら当たるまで近付けフルオートォォォ!
    ネタ技、まずきまらない -- 私(FPS)技表
名前:
コメント: