キャラなりきり雑談所 > inレインスルフ > Lv.S-87


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • えぇと…あらすじの時間ですか?
    ・闇堕ちしたバハムートさんとシロガネさん…。
    ・サリエルさんがウリエルさんを思わず殺ってしまいました。何をやっているのですか…(汗)
    ・しばらくして、ウリエルさんが復帰いたしましたが…。
    ・フライヤさんとレシラムさん…振り返っている場合ですか…(汗)
    ・途中でルシフさんの魔力が急成長の霊を取り込んで…?
    ・ルシフさん達はウリエルさんを覚醒させるため、双子の天使さんから天使の竪琴を受け取りました。
    バハムートさん…貴方は…。 -- あらすじ:塩巻 漣
  • フライヤ「まずはあやつからじゃ!(シロガネに向けて槍を投げる)」
    シロガネ「! キャフ!(竜巻を起こして槍を落とす)」
    ウリエル「…」
    ルシフ「…(竪琴を奏でている)」 -- 屋敷の外の…
  • レシラム「これはどうだ!(シロガネに火炎放射)」
    バハムート「…(様子を見ている)」
    冬花「…(ムシュフシュは息臭いしぃ~)」←
    ゲンブ「…(哀れなりムシュフシュ…)」
    ゼクロム「…」 -- 屋敷外にて
  • フライヤ「むぅ…」
    シロガネ「!(炎軽減 ダメージ3000)」
    ウリエル「…」
    ルシフ「…(静かに奏で続ける)」 -- 屋敷の外の…
  • レシラム「次はこれだ!(シロガネにクロスフレイム)」
    バハムート「…」
    冬花「…(ククルカンはなんかウザいしぃ~)」←
    ゲンブ「…(ククルカンはもっと酷い…)」
    ゼクロム「…(聴いている)」 -- 屋敷外にて
  • フライヤ「…」
    シロガネ「!!(ダメージ5000) ギャウ!(ルシフに向けてサンダーブレス)」
    ウリエル「!」
    ルシフ「…(気づいてない)」 -- 屋敷の外の…
  • レシラム「なっ…危ない!」
    バハムート「フフフ…」
    冬花「…(私の一番のペットはゲンブちゃんよぉ♪)」
    ゲンブ「…(我が主…)」
    ゼクロム「チッ、やらせるかよッ!(サンダーブレスに向けてクロスサンダーを放つ)」 -- 屋敷外にて
  • フライヤ「…」
    シロガネ「ギャウゥゥ…」(サンダーブレスはクロスサンダーに相殺された)
    ウリエル「…ホッ」
    ルシフ「…♪」 -- 屋敷の外の…
  • (お腹すいたー!)
    ジャンヌ「実体ないのに!?」 -- その頃のミカエ
  • レシラム「…」
    バハムート「ふん…無駄な足掻きを…」
    冬花「うふふふ~♪」
    ゲンブ「…ありがとう」
    ゼクロム「ルシフの邪魔はさせねぇよ!」 -- 屋敷外にて
  • 僕もお腹すいた~! -- 一方の劔
  • シロガネ「ギャウー!(ルシフ達の方に接近)」
    フライヤ「…!(シロガネに向けて槍を投げる)」
    ウリエル「…」
    ルシフ「…(演奏に夢中だ)」 -- 屋敷の外の…
  • (実体がなくても、お腹はすくのー!)
    ジャンヌ「でも、食べられないじゃない!」 -- その頃のミカエ
  • レシラム「行かせるかッ!(シロガネにクロスフレイムを放つ)」
    バハムート「フフフフ…(レシラムを掴みにかかる)」
    冬花「ゲンブちゃん、行くわよ!」
    ゲンブ「承知した!」
    ゼクロム…「!(ルシフの前に立つ)」 -- 屋敷外にて
  • 早くミカエーンを戻さないとね! -- 一方の劔
  • シロガネ「ギャウ!(槍とクロスフレイムを回避)」
    ウリエル「ゼクロム様!」
    ルシフ「…」
    フライヤ「レシラム、危ない!(バハムートに竜剣)」 -- 屋敷の外の…
  • (早くミカエを元に戻して~!)
    ジャンヌ「はいはい…」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「!?(293000/300000)」
    レシラム「おっと…すまん、フライヤ!」
    冬花「バハムーちゃんに突撃ぃ~!」
    ゲンブ「はぁっ!(バハムートにたいあたり)」
    ゼクロム「ルシフ達はそっちに集中してくれっ!」 -- 屋敷外にて
  • りょーかい! -- 一方の劔
  • シロガネ「ギャウー!(そこをどきな!)(ゼクロムに竜巻)」
    フライヤ「レシラムには指一本触れさせぬわ!」
    ウリエル「…はいっ!」
    ルシフ「…」 -- 屋敷の外の…
  • (元に戻らないと、おいしいご馳走が食べられないよ~!)
    ジャンヌ「そう言う問題!?」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「ぐふっ…!(288000/300000)」
    ゲンブ「我が主よ、私は攻撃は苦手なのだが…」
    冬花「だいじょーぶ、何とかなるわぁ~♪」
    レシラム「…ふふっ」
    ゼクロム「うらぁっ!(竜巻をクロスサンダーで相殺する)」 -- 屋敷外にて
  • そうだよね~! -- 一方の劔
  • シロガネ「ギャウ…(そのままゼクロムに引っ掻きに行く)」
    フライヤ「この…化け物竜王が…」
    ウリエル「…」
    ルシフ「……」 -- 屋敷の外の…
  • (そう言う問題だよ~! 後はふはふもできなーい!)
    ジャンヌ「…はふはふ?」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「この…雑魚が…!(ゲンブに5倍ギガフレアを放つ)」
    ゲンブ「がはっ…!?(10000/100000)」
    冬花「ゲンブちゃん!」
    レシラム「くっ…どうすれば…」
    ゼクロム「ふぐっ!(18500/20000)…おらぁ!(シロガネにドラゴンクロー)」 -- 屋敷外にて
  • シロガネ「フギャッ!(9000/23000)」
    フライヤ「…(しかし、これでは…)」
    ウリエル「…」
    ルシフ「………」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「フフフ…その程度か?」
    ゲンブ「我が主…呼ぶのだ…」
    冬花「それなら私が戦うわぁ~!」
    レシラム「…(シロガネはどうにかなりそうだが…バハムートは…)」
    ゼクロム「うらぁっ!(シロガネに竜の波動を放つ)」 -- 屋敷外にて
  • シロガネ「ギャウッ!(6000/23000) シャー!(ゼクロムに猛竜巻)」
    フライヤ「…(んぬぬ…)」
    ウリエル「…!(ウリエルの体が光に包まれ始めた)」
    ルシフ「…(あと少しだ…)」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「我を失望させるな…」
    ゲンブ「我が主…!?」
    冬花「えぇ、ゲンブちゃんには荷が重かったようね~」
    レシラム「…(かなり厳しい…か…)」
    ゼクロム「ひでぶっ!(9800/20000)」 -- 屋敷外にて
  • フライヤ「…」
    ルシフ「汝の力を解放せよ、ウリエル!」
    ウリエル「…!!(全身が光に包まれる)」
    シロガネ「ギャウ!(ゼクロムに轟雷雲)」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「…」
    ゲンブ「…すまない(退場)」
    冬花「ふよふよ~♪(上空に浮く)」
    レシラム「…(バハムートを見上げる)」
    ゼクロム「そのくらいッ…!(3500/20000)」 -- 屋敷外にて
  • (光が消え、現れたのは…)
    聖天使ウリエル「我は聖天使ウリエル。 神の裁きを下す!(頭身が上がり、羽も立派になったウリエル)」
    フライヤ「なぬ!?」
    ルシフ「…ウリエルを覚醒させた」
    シロガネ「ギャウー!(続けて竜巻)」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「なんだと…!?」
    冬花「あら!ウリエルちゃんが立派になったわぁ~♪」
    レシラム「ん、ウリエル!」
    ゼクロム「へへっ…やったぜ…(0/20000)」 -- 屋敷外にて
  • 聖天使ウリエル「…バハムート様、我はあなたを正気に戻す!(飛び上がる)」
    フライヤ「ウリエル…」
    ルシフ「…」
    シロガネ「ギャウゥ…(チッ、厄介な奴が目覚めちゃったね…)」 -- 屋敷の外の…
  • (…んんー?)(ちょっと変な飛び方をしている)
    ジャンヌ「どうしたの?」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「戯言を…!(聖天使ウリエルを掴みにかかる)」
    レシラム「ウリエル、危ない!」
    冬花「よっと♪(シロガネの背後に着地)」
    小春「あっ、ゼクロムさん!(ゼクロムに駆け寄る)」
    ゼクロム「…(チーン)」 -- 屋敷外にて
  • ミカエーン?どったの~? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「はっ!(回避し) でやっ!(バハムートに天罰)」
    フライヤ「…(ウリエルを見ている)」
    ルシフ「…(バタッ)」
    シロガネ「!!(振り向く)」 -- 屋敷の外の…
  • (ウリエルが覚醒したみたい~)
    ジャンヌ「ウリエルの覚醒? それって…」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「!?(165000/200000)」
    レシラム「ふぅ…」
    冬花「ホーリーリング!(シロガネを光の輪で拘束しにかかる)」
    小春「えっと、恵みの雨!(ゼクロムに恵みの雨を降らす)」
    ゼクロム「ん…(10000/20000)」 -- 屋敷外にて
  • ウリエル君が!? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「まだまだ!(天罰3連発)」
    フライヤ「…勇敢じゃのぅ」
    ルシフ「……」
    シロガネ「!?(光の輪に拘束された)」 -- 屋敷の外の…
  • ジャンヌ「…聖天使ウリエル?」
    (だいせーかい!) -- その頃のミカエ
  • バハムート「ぐっ…貴様ァ…!(121000/200000)」
    レシラム「…頼もしいな」
    冬花「わ~い♪やったわぁ~♪(ピョンピョン)」
    ゼクロム「なっ…ルシフ!?(ルシフに駆け寄る)」
    小春「ゼクロム…さん…」 -- 屋敷外にて
  • 聖天使ウリエル「…嘗ての汝が言っていたことを思い出せ!」
    フライヤ「…」
    ルシフ「………」
    シロガネ「ギャウゥ…(僕としたことが…油断したみたいだね…)」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「何を…言っている…」
    レシラム「…」
    冬花「これで後はバハムーちゃんだけよ~♪」
    ゼクロム「ルシフ…(ルシフを抱きかかえる)」
    小春「…(周囲を見渡す)」 -- 屋敷外にて
  • 聖天使…ウリエル君…。 -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「いつもの厳しくも優しいバハムート様に…戻したいのです!」
    フライヤ「…ふふっ」
    ルシフ「…(苦しそうだ)」
    シロガネ「…ギャウ」 -- 屋敷の外の…
  • (でも、制限時間があるのでごちゅ~いを)
    ジャンヌ「えっ」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「…ガァァァッ!!(聖天使ウリエルにメガフレアを放つ)」
    レシラム「ウリエル…」
    冬花「頑張って~ウリエルちゃ~ん!」
    ゼクロム「くそっ…どうすれば…」
    小春「はう?」 -- 屋敷外にて
  • そーなのかー? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「ぐっ…!?(24000/34000)」
    フライヤ「ウリエル!」
    ルシフ「…ぜぇ…ぜぇ…」
    シロガネ「…(人間の姿になる)」 -- 屋敷の外の…
  • (覚醒時間は長く持たないのサ)
    ジャンヌ「大体何分ぐらい?」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「ハハハハハッ!!!(更にアトミックレイを放つ)」
    レシラム「…見ていられん!(飛び上がる)」
    冬花「あらっ?(シロガネを見る)」
    ゼクロム「小春ちゃん!ルシフにも回復魔法をッ!」
    小春「あ、はいっ!」 -- 屋敷外にて
  • 体の負担を考えて…どのくらい? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「何っ!?(炎弱点! 5000/34000)」
    フライヤ「レシラム!」
    ルシフ「…」
    シロガネ「…(戦闘不能)」 -- 屋敷の外の…
  • (そーだなぁ…長くても30分?)
    ジャンヌ「んんー…」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「どうしたウリエル…もう終わりか?」
    レシラム「ウリエル、我も援護する!(バハムートにクロスフレイムを放つ)」
    冬花「あらあら…」
    ゼクロム「頼む!早くっ!」
    小春「…恵みの雨なのです!(ルシフに治癒効果のある雨を降らせる)」 -- 屋敷外にて
  • 少し厳しいかもね~…。 -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「何を言うか、まだ諦めぬ!(バハムートに剣で攻撃)」
    フライヤ「二人とも…」
    ルシフ「…んん」
    シロガネ「…」 -- 屋敷の外の…
  • (でもなー、あの場にルシフがいるからもうちょっと長くなるかも)
    ジャンヌ「?」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「グゥッ…!?(101000/200000)」
    レシラム「うむ、その意気だ!(バハムートに蒼い炎を放つ)」
    ゼクロム「ルシフ!!」
    小春「はう…」
    冬花「次に目を覚ました時、元のシロガネちゃんに戻ってますように♪(シロガネの頭を撫でる)」 -- 屋敷外にて
  • どうして~? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「さぁ、審判の時は訪れた… メギドの火よ、悪しき者を焼き払え!(バハムートにEX技:メギドの火)」
    フライヤ「…」
    ルシフ「どうやら疲れがたまっていたみたいだ…」
    シロガネ「んん…」 -- 屋敷の外の…
  • (ルシフが持っている技を使えば…)
    ジャンヌ「??」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「グガァァァッ…!!(64000/200000)」
    レシラム「よし、決まったッ!」
    ゼクロム「良かったァァ…」
    冬花「うふふっ…♪」 -- 屋敷外にて
  • ??? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「まだまだ、行くぞ…」 (バハムート、聞こえるか…?) 「!?」
    フライヤ「…」
    ルシフ「我も無理したかな…」
    シロガネ「…」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「その声は…ベレール様…?」
    レシラム「なっ…!?」
    ゼクロム「ルシフゥゥゥ…!」
    冬花「なでなで♪」 -- 屋敷外にて
  • 聖天使ウリエル「邪悪な…ッ!」
    (うぬ、ベレールだ。 お前は今ルシフの魔力を持っているのだろう?)
    フライヤ「!」
    ルシフ「…」
    シロガネ「…(気持ちよさそう?)」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「うむ、持っているが…」
    レシラム「何故…貴様が…!?」
    ゼクロム「うわぁぁん…!」←
    冬花「うふふふ~♪」 -- 屋敷外にて
  • 聖天使ウリエル「バハムート様を…誑かすな…!」
    (ならば、その魔力であの時の零式以上の怪物になるといい…)
    フライヤ「ベレール…貴様…!」
    ルシフ「ゼクロム…」
    シロガネ「…」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「フフフ…成程…」
    レシラム「よくもバハムートを…!」
    ゼクロム「うわぁぁぁん…!」
    冬花「すりすり~♪」 -- 屋敷外にて
  • 聖天使ウリエル「姿を現せ、黒幕め…」
    (奴らが手出しできないほどの…な)
    フライヤ「おのれっ…」
    ルシフ「…(ゼクロムの頭を撫でる)」
    シロガネ「…」 -- 屋敷の外の…
  • バハムート「了解した…はぁぁっ!(魔力を溜め始める)」
    レシラム「貴様…ッ!」
    ゼクロム「ル…シフ…」
    冬花「るんるん~♪」 -- 屋敷外にて
  • 聖天使ウリエル「汝のせいで、バハムート様は…!」
    (俺を責めて何になると言うのだ?)
    フライヤ「チッ…」
    ルシフ「…(微笑んでいる)」 -- 屋敷の外の…
  • (んん~…これは本当にヤバいんじゃないかなぁ)
    ジャンヌ「もしかして、ウリエルの時間切れ?」 -- その頃のミカエ
  • バハムート「フフフ…ハハハハッ!(更に巨大化していく)」
    レシラム「ふざけるな…貴様がバハムートをあのようにしたんだろう!?」
    ゼクロム「…はははっ」 -- 屋敷外にて
  • いやぁ~違うかもしれない~…。 -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「己をお忘れになった…!」
    (その憎しみ、怒りの感情が冥界神様の糧となる)
    フライヤ「…(拳を握り締める)」
    ルシフ「…(ゼクロムに抱きつく)」 -- 屋敷の外の…
  • (もしかしたら…見えるかも)
    ジャンヌ「何が?」 -- その頃のミカエ
  • サンダル「…!?」
    メタトロ「サッキヨリヤバクナッテネーカ!?」


    廊下のロリヴィエール「ゑゑゑ」 -- 屋敷の中にて
  • バハムート「クハハハハハッ!」
    レシラム「くっ…!」
    ゼクロム「ルシフ…」
    冬花「えっ!?」 -- 屋敷外にて
  • あれ…バハムーちゃん…!? -- 一方の劔
  • キュレム「なっ…!?」


    廊下のMバハムート「コレハ…アノ時ト同ジ…!?」 -- 屋敷内にて
  • 聖天使ウリエル「…!(バハムートに天罰)」
    (負の感情…つまり、闇の感情が…)
    フライヤ「この…外道が…」
    ルシフ「…」 -- 屋敷の外の…
  • (…バハムートが完全に怪獣になった)
    ジャンヌ「まさか…アレ…!?」 -- その頃のミカエ
  • サンダル「ドウスルノデスカー!?」
    メタトロ「モウダメダ…オシマイダ…」
    (双子の天使は混乱状態になった!)


    廊下のロリヴィエール「あのとき?」 -- 屋敷の中にて
  • バハムート「無駄なことを…(ダメージ6000)」
    レシラム「この腐れ外道が…ッ!」
    ゼクロム「…」
    冬花「これは規格外だわぁ~…」 -- 屋敷外にて
  • そんな馬鹿な…あれがバハムートなのか…!? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「!?」
    (後は任せたぞ、フフ…)
    フライヤ「体力表示が…消えたじゃと…!?」
    ルシフ「んん…」 -- 屋敷の外の…
  • キュレム「\(^o^)/」
    (キュレムはヘタレた!)


    廊下のMバハムート「前二零式ガ闇ノ大魔竜トナッタ時ノコトダ…」 -- 屋敷内にて
  • (チッ…ベレールの奴め…)←急に真面目になった
    ジャンヌ「ベレール?」 -- その頃のミカエ
  • サンダル「ダレカァ~!」
    メタトロ「ゼツボウハゼツボウデシカナカッタ…」
    (そこら辺を飛び回っている)


    廊下のロリヴィエール「やみのだいまりゅう?」 -- 屋敷の中にて
  • バハムート「了解した…ベレール様…」
    レシラム「なん…だと…!?」
    ゼクロム「ん…」
    冬花「…(まさかここまで…とはねぇ♪)」 -- 屋敷外にて
  • 確か…"闇の管弦楽団"の…? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「バハムート様…!」
    フライヤ「えぇい、どうなっておる!?」
    ルシフ「んんん…」 -- 屋敷の外の…
  • (あぁ…奴は【闇の管弦楽団】の副団長である外道だ)
    ジャンヌ「【闇の管弦楽団】…?」 -- その頃のミカエ
  • キュレム「\(^o^)/\(^o^)/」


    廊下のMバハムート「フム…少シ長クナルガ、良イカ?」 -- 屋敷内にて
  • サンダル「タスケテクダサァーイ!」
    メタトロ「ゼツボウシタアァダンテニナッチマウ」


    廊下のロリヴィエール「いいよー」 -- 屋敷の中にて
  • バハムート「フフフ…」
    レシラム「何が起こっている!?」
    ゼクロム「んん…?」
    冬花「やるしかないかしらぁ~?」 -- 屋敷外にて
  • 【闇の管弦楽団】はね…(ジャンヌに闇の管弦楽団について説明する) -- 一方の劔
  • キュレム「(´・ω・`)」


    廊下のMバハムート「分カッタ…」
    (ロリヴィエールに零式が大魔竜になり、バハムートが巨大化した時の事を話す) -- 屋敷内にて
  • 聖天使ウリエル「もう…やめてくれ…!」
    フライヤ「私には…何もできぬと言うのか…!?」
    ルシフ「…(ウリエルを見ている)」 -- 屋敷の外の…
  • (どこまでも厄介な奴め…)
    ジャンヌ「ふぅん…それは外道ね」 -- その頃のミカエ
  • サンダル「キボウキボウキボウキボウキ(ry」
    メタトロ「ゼツボウシタゼツボウシタゼ(ry」


    廊下のロリヴィエール「ふんふん…あー! おもいだした、あのときのだね!」 -- 屋敷の中にて
  • バハムート「愚かな者共よ…諦めるが良い…」
    レシラム「…我は諦めんぞ!」
    ゼクロム「?」
    冬花「…(杖を地面に置く)」 -- 屋敷外にて
  • そう…最低の外道集団だよ。 -- 一方の劔
  • キュレム「(´・ω・`)」


    廊下のMバハムート「ウム、ソウダ」 -- 屋敷内にて
  • ルシフ「…(天使の竪琴を鳴らしてみる)」
    聖天使ウリエル「ん? 呼ばれた気がする…(ルシフの元へ)」
    フライヤ「…そうじゃな、諦めなければ、希望は見えてくるはずじゃ」 -- 屋敷の外の…
  • (現に私がこの姿になっているのも、あやつらの一員のせいだ…)
    ジャンヌ「成程ね…」 -- その頃のミカエ
  • サンダル「ノゾミノゾミノゾミノゾ(ry」
    メタトロ「ゼツボウガスベテダッタ…」


    廊下のロリヴィエール「あれはすごかったなぁー」 -- 屋敷の中にて
  • バハムート「…せいぜい足掻いて見せよ…愚かな白竜と天女よ…」
    レシラム「あぁ、最後まで希望は捨てない!」
    ゼクロム「ルシフ?」
    冬花「はぁぁぁっ…(気を溜め始める)」 -- 屋敷外にて
  • そう、奴らのせいでミカエは…! -- 一方の劔
  • キュレム「(´・ω・`)」


    廊下のMバハムート「ソウダナ…凄イ迫力ダッタ」 -- 屋敷内にて
  • 聖天使ウリエル「ルシフ様、何か御用ですか?」
    ルシフ「…我の魔力を汝に」
    フライヤ「…覚悟せよ(槍を両手に持つ)」 -- 屋敷の外の…
  • (だが、残るはあと1つ…)
    ジャンヌ「ようやく合点が行ったわ…」 -- その頃のミカエ
  • サンダル「ゼツボウゼツボウゼツ(ry」
    メタトロ「アアアニニニキキキオケチツ(お前も落ち着け)」


    廊下のロリヴィエール「わたしもこーふんしちゃったし」 -- 屋敷の中にて
  • バハムート「…(翼を広げる)」
    レシラム「覚悟するのだ!」
    ゼクロム「!?」
    冬花「はぁぁぁっ…!(更に気を溜める)」 -- 屋敷外にて
  • 恐らく、あのドクロが持っているはず…。 -- 一方の劔
  • キュレム「(´・ω・`)」


    廊下のMバハムート「ウム…」 -- 屋敷内にて
  • 聖天使ウリエル「えっ?」
    ルシフ「…魔力の生成ならいくらでもできる」
    フライヤ「はぁーっ!(バハムートにW竜剣)」 -- 屋敷の外の…
  • (だが、あの骸骨がどこへ行ったかが問題だ)
    ジャンヌ「そうねぇ…」 -- その頃のミカエ
  • レシラム「はぁっ!(バハムートにクロスフレイムを放つ)」
    バハムート「フフフ…(ダメージ12000)」
    ゼクロム「なんだ…驚いたぜ…」
    冬花「…(冬花の体に変化が起こる―)」 -- 屋敷外にて
  • ルシフ「…あの怪物を止めてくれ。その為には汝の力を高める必要がある」
    聖天使ウリエル「…分かりました」
    フライヤ「ほぼ手応えなしじゃと… …ん!?(冬花の方を見る)」 -- 屋敷の外の…
  • 確かにね…。 -- 一方の劔
  • レシラム「予想はしていたが… ん、どうした?」
    バハムート「所詮はその程度か…つまらんな…」
    ゼクロム「…」
    冬花「…(背中から雪のような色の翼が生える)」 -- 屋敷外にて
  • ルシフ「…(魔力生成を始める)」
    聖天使ウリエル「…」
    フライヤ「冬花…一体何を…!?」 -- 屋敷の外の…
  • (うむむ…)
    ジャンヌ「アイツの事だから遺跡とかだったりして」 -- その頃のミカエ
  • レシラム「なっ…!?」
    バハムート「むっ…何をするつもりだ…」
    ゼクロム「…(ルシフ…)」
    冬花「…(更に皮膚が鱗につつまれ、竜の尻尾が生えた)」 -- 屋敷外にて
  • 遺跡…あり得るかも。 -- 一方の劔
  • ルシフ「…はっ!(生成した魔力を聖天使ウリエルに込め始める)」
    聖天使ウリエル「ぐうっ…!?」
    フライヤ「…竜…なのか…?」 -- 屋敷の外の…
  • (遺跡? 具体的には?)
    ジャンヌ「どこかにマギア・ソムーノと言う遺跡があると聞いたわ」 -- その頃のミカエ
  • レシラム「凄い気だ…一体何が…?」
    バハムート「…」
    ゼクロム「!!」
    冬花「…ふぅっ♪」 -- 屋敷外にて
  • その遺跡にあの骸骨がいるかも…ってこと? -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「…(羽で自分の体を包んでいる)」
    ルシフ「それに…戦うのならもっと広い所でやってくれ(空間を開く)」
    フライヤ「…」 -- 屋敷の外の…
  • (ふむ…)
    ジャンヌ「おそらくは…ね」 -- その頃のミカエ
  • レシラム「…」
    バハムート「良いだろう…」
    ゼクロム「…(何故か体を小さくする)」
    冬花「あらあら、ごめんなさ~い♪」 -- 屋敷外にて
  • …行ってみよう! -- 一方の劔
  • 聖天使ウリエル「…(空間に入る)」
    ルシフ「ここだと屋敷の者達に迷惑だからな」
    フライヤ「…(興味があるらしい。空間に入りたそうだ)」 -- 屋敷の外の…
  • (…あぁ!)
    ジャンヌ「そうねぇ…ここから北の方角にあるみたいよ」 -- その頃のミカエ
  • レシラム「…フライヤ、行くか?」
    バハムート「…(空間に入る)」
    ゼクロム「…(その後、ルシフの肩の上に乗る)」
    冬花「頑張ってねぇ~♪」← -- 屋敷外にて
  • ここから北か…早速向かおう!(北の方向に歩き始める) -- 一方の劔
  • フライヤ「うぬ」
    ルシフ「なら何故汝は何故変身したし」 -- 屋敷の外の…
  • (…)(北の方に動き始める)
    ジャンヌ「…(地図を見ている)」 -- その頃のミカエ
  • レシラム「分かった、行くか!(空間に入る)」
    ゼクロム「~♪」
    冬花「うふふっ、冗談よぉ~♪(空間に飛び込む)」 -- 屋敷外にて
  • …。 -- 一方の劔
  • フライヤ「とおっ!(空間に入る)」
    ルシフ「なんだ、冗談か…」 -- 屋敷の外の…
  • サンダル「アレーアレーアレーア(ry」
    メタトロ「ヒカリヤミヒカリヤミヒカ(ry」


    廊下のロリヴィエール「あるぇー? きゅうにしずかになったよー?」 -- 屋敷の中にて
  • ソリュート「おーいー骸骨さんよォー歴史について教えてくれよォー」
    ドクロ「…(またガキに捕まった…ついてねぇ…)」
    モネリ「冥界にはしばらく帰っていませんね…久々にいってみましょうかしら」 -- その頃、古代遺跡では…
  • ゼクロム「~♪」
    小春「あれ…お母様…?」←今まで寝てた -- 屋敷外にて
  • キュレム「(´・ω・`)」


    廊下のMバハムート「…幾ツカノ反応ガ消失シタ」 -- 屋敷内にて
  • ん…ゼクロム、いつの間に我の肩に…? -- 屋敷の外のルシフ
  • サンダル「アイウエオカキクケコサシス(ry」
    メタトロ「セイジャセイジャセイジャセイ(ry」


    廊下のロリヴィエール「どこにいったんだろー?」 -- 屋敷の中にて
  • ゼクロム「ふふふ~♪」
    小春「皆さんも…一体どこへ…?」 -- 屋敷外にて
  • キュレム「…はっ!?」


    廊下のMバハムート「分カラヌ…」 -- 屋敷内にて
  •  …嬉しそうだな。
    あやつらなら遠い所に行き、決戦をしているであろう。 -- 屋敷の外のルシフ
  • サンダル「…ンッ?
    メタトロ「ウボァー!」←


    ロリヴィエール「ばはむーと…」 -- 屋敷の中にて
  • ゼクロム「ルシフの肩の上~♪」
    小春「ふみゅ…」 -- 屋敷外にて
  • キュレム「私は…一体何を…?」


    廊下のMバハムート「…大丈夫、キット元二戻ルサ」 -- 屋敷内にて
  •  …ふふふ(ゼクロムをそっと撫でる) -- 屋敷の外のルシフ
  • サンダル「ハテ、ワレハナニヲ?」
    メタトロ「グ…ズ…ギャァァァァム!」←


    ロリヴィエール「そう…だよね」 -- 屋敷の中にて
  • ゼクロム「わふ~っ♪」
    小春「…(お母様…?)」 -- 屋敷外にて
  • キュレム「サンダル、お前もか?」


    廊下のMバハムート「ウム、元気ヲ出スノダ」 -- 屋敷内にて
  • しかし、何故我の肩に? -- 屋敷の外のルシフ
  • サンダル「ア、ハイ…」
    メタトロ「カメェェーーッ!」←まだ混乱している


    廊下のロリヴィエール「…うん!」 -- 屋敷の中にて
  • ゼクロム「一度、ルシフの肩に乗ってみたかったんだぜ」
    小春「…」 -- 屋敷外にて
  • キュレム「ふむ…何があったんだろうか…」


    廊下のMバハムート「フフッ…ソレデコソ、リヴィエールダ」 -- 屋敷内にて
  • ふふっ、そうか…。 -- 屋敷の外のルシフ
  • サンダル「サテ…? オマエハオチツケ(メタトロに槍を刺す)」
    メタトロ「グボァ!?」


    廊下のロリヴィエール「つぎあったときはもとのばはむーとにもどっていればいいなぁ」 -- 屋敷の中にて
  • ゼクロム「はははっ!」
    小春「……」 -- 屋敷外にて
  • キュレム「メタトロ…(汗)」


    廊下のMバハムート「ウム、ソウダナ」 -- 屋敷内にて