福士ミチル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ハァァーッ 銀華ぁ!!」

学校:銀華中学校3年生
身長:170cm
誕生日:6月15日(8月25日となっているゲームもある)
血液型:A型
好きな食べ物:すき焼き・かき氷いちごミルク味
利き腕:右

『テニスの王子様』に登場するキャラクター。(CV:岸尾だいすけ)
乾貞治曰く洞察力に長け、狡猾に策を弄するのを好むらしい。
テニスコートで部員達と共に竜崎桜乃(ヒロイン。…現在連載中の『新テニスの王子様』では全く出番がないが)にちょっかいを出したが、同行していた越前リョーマ1人に全員完敗する。後に、心を入れ替えたと称して都大会に張り切って挑むが、相手(青学)とあまりに実力に差があるメンバーの為、都大会準決勝を仮病(腹痛)で棄権。それでも都大会ベスト4に残ったので関東大会出場権は獲得している。

関東大会では、青学の強さの秘密と勘違いをして試合前に乾汁(栄養はあるが味が激マズ)を盗みそこに自ら作り上げた銀華汁(詳細不明)を混ぜた『銀華三昧』なる栄養ドリンクを飲むが、全員そろって腹をこわし棄権。対戦相手の立海大付属の不戦勝となった。 銀華汁だけの方が良かったんじゃないか
ちなみにこれの後遺症かは不明だが、よく腹を痛める傾向がある。

銀華中の部員には田代雅痔(CV:森田成一)、堂本豪樹(CV:置鮎龍太郎)、鈴木(本名不明)(CV:植木誠)などがいる。

気合と根性で乗り切ろうとするあたりは、従来の『スポ魂モノ』の面影が見て取れるが、それが全て空回りし、失敗してしまうような典型的な憎めないやられキャラクター。

出番は上記のみとなっているが、テニプリでは毎年恒例となっているキャラクターのバレンタインチョコ獲得ランキング(テニプリ内のキャラクター宛てにチョコを贈るというイベント。チョコは編集部に届く)にて突如2010年にまさかのチョコ獲得数3位(551個)にランクイン。新作(新テニスの王子様)には未だに登場ゼロであるにも関わらずである。2011年にもチョコ獲得数4位(1352個)にランクイン。順位こそ一つ下げたものの個数は3倍近くに増えた。 レベル跳ね上がりすぎワロタ
ちなみに2013年5月現在でも連載中の新テニ本編には未だに登場していない。まあ 他に全国レベルの実力を持っていて原作描写内では無敗なのに出てくる気配がない人とかもいるし しょうがない。


ゲームでの扱い

PS2ゲーム『テニスの王子様 最強チームを結成せよ!』に登場。原作ではテニスをしているシーンが描かれなかったためか、ステータスは最低クラスな上に、なんとショット系の必殺技を一つも持っていない。その代わりサポート系の技が充実している。
しかしアビリティで『萎縮』なるものがついている。これは「ステータスの合計が相手より下の場合、自分の全ステータスが1段階ずつ下がる」というマイナスアビリティであり、前述した通りステータスは最低クラス。福士より能力の低い選手は2人しかいない(ちなみにその二人にも萎縮がついている)ため大半の相手と 元々低いステータスをさらに下げられた上で戦わなければならない のである。…いくらなんでも酷すぎやしないだろうか

そしてキャラが迷子、フリーダムである。目上の者と対等以下の者に対する態度の差もものすごい。詳しくはこちらの動画を見てもらいたい。(http://www.nicovideo.jp/watch/nm14360255
8本に分けられているが、2、3本でも見ればそのフリーダム具合がよく分かる。

ニンテンドーDSゲーム『テニスの王子様 2005 CRYSTALDRIVE』にも隠しキャラで登場。こちらでもショット系の必殺技は持っていないがパラメータは全てが平均の3。プレイヤーの腕次第でどんな敵とだって戦える…はず。さらに能力を一つだけ上げることができる技を持っていたりするので徐々に強くなる…だろう。また、前述の銀華三昧が 全能力を一時的に最大にする ドーピング技になっている。しかし、注目点はそこではない。なんとこのゲームでは福士も『無我の境地』(実際に目に見えるオーラを放ち、色々な技を放つ)に覚醒することができるのだ! 全員に備わっているただの究極技なんですけども
効果は『大量の球が相手に降り注ぐ』というもの。


バトロイでの扱い

ステータスは15/30/20/35で、アビリティはお調子者。
弱い。 とにかく弱い。
とにかく凡退を重ねていくが、神敗退は少ない傾向にある。そのせいで 神敗退排除型凡退製造機 などというあだ名もある(定着はしていない)、いわゆる産廃。
黒星はたまに見るが四退はほぼないため、「四勝できる実力もない」とも言われている。

セリオスに挑戦?に参加、ハイネに強引に報酬を鮒寿司本造り(6000円)にさせられた。結果は9戦中1回も勝つどころかデ杯に出場することすらできなかった。


今日までにミチルは - 回腹痛を発症しました。
その内 - 回は仮病です。