天界目録:十一頁目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  •  …はぁ~~~(ため息ついてる場合か) -- ミカエ
  • ふぅ…(汗)
    劔「…」 -- バハムート
  •  …正直、話すのが辛い。
    ラファエル「ただいま戻りました(飛んできた)」 -- ミカエ
  • むっ、ラファエル。
    劔「……」
    Mバハムート「バハムート!」 -- バハムート
  • 戻ったか、ラファエル…。
    ラファエル「…いつになく真剣ですね」 -- ミカエ
  • メカ、お主も来たのか!?
    劔「…」
    Mバハムート「フム、確カ二正気二戻ッテイル様ダナ」 -- バハムート
  • これから重要なことを話そうとしていた所だ。
    ラファエル「そうですか…。私にも是非聞かせてくださいな」 -- ミカエ
  • お主にも迷惑をかけたな…。
    劔「…」
    Mバハムート「我ニモ聞カセテクレナイカ?」 -- バハムート
  •  …よかろう。
    ラファエル「…(あれっ、ウリエルとガブリエルは?)」 -- ミカエ
  • …。
    劔「…」
    Mバハムート「感謝スル」 -- バハムート
  • これは遠い昔、冥界神ヴェレアスが復活した時のことだ。
    ラファエル「…(辺りをキョロキョロしている)」 -- ミカエ
  • …ラファエル、どうしたのだ?
    劔「…」
    Mバハムート「フム…」 -- バハムート
  • 私はスペルム様に頼まれ、【大天使ミカエル】となって奴の討伐に向かった。
    ラファエル「…ウリエルとガブリエルは?」 -- ミカエ
  • あの二人は…何処かに飛ばされた。
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  •  …とはいえ、冥界神は私の光魔法と剣の一撃で滅んだが(その時使った剣を出現させる)
    ラファエル「…何故に?」 -- ミカエ
  • それは…分からぬ。
    Mバハムート「!?」 -- バハムート
  •  …これは大天使ミカエルの剣だ(至って普通の剣に見えるが…)
    …しかし、奴を討伐した後に事は始まった。
    ラファエル「…(汗)」 -- ミカエ
  • ミカエはこうして復帰したが…。
    Mバハムート「フムゥ?」 -- バハムート
  •  …冥界神は魂を13に分け、その一つをすでに死んでいたルシフに宿した。
    ラファエル「…ミカエはこう見えても天使族の長なのです」 -- ミカエ
  • …。
    Mバハムート「ナッ…!?」 -- バハムート
  •  …いや、その時は堕天使ルシフェルだったか。
    ラファエル「…ただ、正体を現さないだけで」 -- ミカエ
  • そうなのか…。
    Mバハムート「堕天使ルシフェル…アノ時ノ姿カ…」 -- バハムート
  •  …(頷く) 私は最初、そやつがルシフだとは気づかなかった。
    ラファエル「…『大天輪』と言う道具をなくしたがために」 -- ミカエ
  • ふむ…。
    Mバハムート「姿ガ大幅二違ウカラナ…」 -- バハムート
  •  …左3枚の羽が悪魔の物となり、頭には数本ものツノ…どう見てもルシフには見えなかった。
    ラファエル「その道具は今も行方知れずなのです…」 -- ミカエ
  • 早く見つかれば良いのだが…。
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  •  …だが、赤い輪を取った瞬間にルシフに戻った。
    ラファエル「はい…」 -- ミカエ
  • ううむ…何か手がかりがあれば良いが…。
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  •  …その輪はさりげなく消した。 …しばらくしてルシフから話を聞いた。
    ラファエル「そうですね…」
    ガブリエル「くっ…スペルム様め…何を考えていらっしゃる…」
    ウリエル「戻るのも大変ですよ…」←↑!? -- ミカエ
  • ウリエルにガブリエル!お主達も戻ってきたのか!?
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  • ミカエ「冥界神と何があったのか…と」
    ラファエル「ガブリエル、ウリエル!」
    ガブリエル「あぁ…なんとかな」
    ウリエル「空間追放とはいえ、神殿の中でしたし」 -- 天使達。
  • そうだったのか…我はてっきり遠くへ飛ばされたのかと…。
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  • ミカエ「…冥界神はルシフの持っていた『闇の力』を欲し、それを奪うためだけに殺された」
    ラファエル「ふむ…」
    ガブリエル「我も遠い所に飛ばされたかと思った」
    ウリエル「ですが、壁を見て神殿の中だと確信しました」 -- 天使達。
  • ふむ…。
    Mバハムート「ナント…酷過ギル…」 -- バハムート
  • ミカエ「しかし、奪えたのは一部のみ。そのせいか、今もルシフを執拗に狙っている…」
    ラファエル「そうですか…」
    ガブリエル「まさかの神殿の中だった」
    ウリエル「…ですが、お仕置き部屋でした」 -- 天使達。
  • お仕置き部屋…(汗)
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  • ミカエ「…ルシフはあの時冥界神を倒せなかったことを悔いている」
    ラファエル「お仕置き部屋ですって?」
    ウリエル「…はい」
    ガブリエル「あの部屋だと外に音は響かないし、スペルム様のやりたい放題になる」 -- 天使達。
  • やりたい放題…か…。
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  • ミカエ「真の姿を現してまでも、冥界神を倒せなかった自分を責めている」
    ラファエル「…(汗)」
    ウリエル「すごくきついのです」
    ガブリエル「空間操作で10tの重り100個とかな」 -- 天使達。
  • それは凄いな…(汗)
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  • ミカエ「…だが、私はそんなルシフを助けたい」
    ラファエル「…」
    ウリエル「はい…」
    ガブリエル「アレの威力はたまったものではない」 -- 天使達。
  • 10tだからな…威力は聞くだけでも十分に伝わってくる…。
    Mバハムート「…我モ(ry」
    劔「ミカエ、僕も手伝うよ」 -- バハムート
  • ミカエ「…すまない」
    ラファエル「…一体何をやらかしたのですか」
    ガブリエル「何もしてないのに降ってきた」
    ウリエル「僕なんてペラペラになったことが何回もありますよ…」 -- 天使達。
  • …(汗)
    劔「ははっ、困った時はお互い様さ」 -- バハムート
  • ミカエ「…ありがとう」
    ラファエル「えっ」
    ガブリエル「スペルム様も結構な気紛れだからな」
    ウリエル「ペーパーウリエルと呼ばれる始末です…」 -- 天使達。
  • ペーパーウリエル…(汗)
    劔「絶対にルシフを助けよう!」 -- バハムート
  • ミカエ「…あぁ」
    ラファエル「紙のウリエル…」
    ガブリエル「お前も大変だな」
    ウリエル「…はい。 他にも雑巾ウリエルにされたり…」 -- 天使達。
  • …。
    劔「…(頷く)」 -- バハムート
  • ミカエ「…そのためにはまず『アレ』を探さなくては…」
    ラファエル「『大天輪』でしょう?」
    ガブリエル「えっ」
    ウリエル「……白いから。それだけの理由です」 -- 天使達。
  • …それは酷いな。
    劔「大天輪…?」 -- バハムート
  • ミカエ「んぬ」
    ラファエル「大天輪はミカエが正体を現すために必要な道具です」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「酷いと思いますよね?」 -- 天使達。
  • うむ、白いから雑巾と言うのはな…。
    劔「それがあれば、ミカエは大天使ミカエルとなれるのか…」 -- バハムート
  • ミカエ「あぁ」
    ラファエル「ですが、どこに保管したのか覚えてないのです」
    ガブリエル「…大天輪なら地上界のどこかにあると聞いたぞ」
    ウリエル「白いだけで雑巾なんて酷いです」 -- 天使達。
  • それならば…レシラムも雑巾になってしまうぞ。
    劔「つまり、地上を探せば…」 -- バハムート
  • ラファエル「ガブリエル、それは本当ですか?」
    ガブリエル「確か、『大天使ミカエルの像が置かれた屋敷』だったか」
    ミカエ「!」
    ウリエル「そうですね…レシラム様も真っ白ですし…」 -- 天使達。
  • うむ…現に一度、雑巾と呼ばれた事もあるらしい…。
    劔「ミカエ、そこって…!」 -- バハムート
  • ラファエル「大天使ミカエルの像が置かれた屋敷…ですか」
    ガブリエル「しかし、現在は輝きを失った金色の輪となっているらしい」
    ミカエ「おそらく…エレンの屋敷だ」
    ウリエル「えっ」 -- 天使達。
  • …。
    劔「やっぱりそうか!」 -- バハムート
  • ラファエル「ミカエ、劔殿。その輪を見つけたのなら私達の元に持ってきてくださいな」
    ガブリエル「我等がその輝きを取り戻して見せよう」
    ミカエ「…了解」
    ウリエル「…雑巾呼ばわりされるレシラム様って…(汗)」 -- 天使達。
  • ははは…(汗)
    劔「分かった」 -- バハムート
  • ミカエ「そうと決まれば早速地上に向かうぞ」
    ラファエル「待ってますからね」
    ガブリエル「…(頷く)」
    ウリエル「フライヤ様にぶっ飛ばされそうです…」 -- 天使達。
  • レシラムを"雑巾"呼ばわりした瞬間に槍が飛んできそうだ…。
    劔「了解!」 -- バハムート
  • ミカエ「ミカエ、いっきまーす!(急に性格が変わり、地上に向けて飛んで行った)」
    ラファエル「…」
    ガブリエル「あの性格は一体誰のマネだ…」
    ウリエル「は、はい…(汗)」 -- 天使達。
  • うむ…(汗)
    劔「僕もしゅっぱ~つ!(ミカエに続いて地上へ飛び降りる)」 -- バハムート
  • ラファエル「それは存じません」
    ガブリエル「だよな…」
    ウリエル「槍の一撃もかなり痛いものです」 -- 天使達。
  • 特にフライヤは槍の扱いに慣れているからな…。
    Mバハムート「…行ッテシマッタ」 -- バハムート
  • ラファエル「正直、変わりすぎですよね」
    ガブリエル「あぁ…」
    ウリエル「流石は竜騎士なだけはあります…」 -- 天使達。
  • うむ…。
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  • ラファエル、ガブリエル「「何、槍の話ですか(だって)?」」
    ウリエル「二人ともそこで反応しないでくださいよ~!」 -- 天使達。
  • そうか、お主達も槍が武器だったな。
    Mバハムート「…(放熱中)」 -- バハムート
  • ラファエル「はい」
    ガブリエル「ミカエル様とウリエルは剣だが、我等は槍なのだ」
    ウリエル「メカバハムート様?」 -- 天使達。
  • 槍はやはり…攻撃範囲の広さが強みだな。
    Mバハムート「ンム、体内ノ熱ヲ外二逃ガシテイルノダ」 -- バハムート
  • ラファエル「えぇ」
    ガブリエル「突くだけではなく、斬ることもできるぞ」
    ウリエル「ふむ、成程…」 -- 天使達。
  • ふむ…それは凄い。
    Mバハムート「熱ガコモルト、故障ノ原因二ナルノダ」 -- バハムート
  • ラファエル「槍は使いようです」
    ガブリエル「うぬ」
    ウリエル「オーバーヒート…ですか?」 -- 天使達。
  • 我はこの通り、武器とは無縁の存在だからな…。
    Mバハムート「ソンナ感ジダナ」 -- バハムート
  • ラファエル「ドラゴンですから…ね」
    ガブリエル「武器の欠点は時々手入れをしないと切れ味が鈍ることだ」
    ウリエル「確かに、熱がこもりすぎますと危ないですよね」 -- 天使達。
  • うむ、武器の手入れは必要不可欠だな。
    Mバハムート「ソノ通リダ」 -- バハムート
  • ラファエル「サボると大変なことになります」
    ガブリエル「錆びついたりしたら壊れるしな」
    ウリエル「…僕、暑いの苦手ですし…」 -- 天使達。
  • ふむふむ…。
    Mバハムート「我モ苦手ダ…」 -- バハムート
  • ラファエル「…過去に錆びつきで槍が壊れたことがありますし」
    ガブリエル「我もだ」
    ウリエル「メカバハムート様もですか?」 -- 天使達。
  • 世の中には錆びない武器とやらもあるらしいが…まぁ、噂程度でしかないがな。
    Mバハムート「我ハ機械ダカラナ…」 -- バハムート
  • ラファエル「錆びない武器…ですか?」
    ガブリエル「ふむ、興味あるな」
    ウリエル「機械に熱は天敵…ですね」 -- 天使達。
  • うむ、どんなに長い時が経っても錆びないと言われる武器があるらしいのだ。
    Mバハムート「ウム…」 -- バハムート
  • ラファエル「長い時が経っても…」
    ガブリエル「本当にあれば便利だな」
    ウリエル「…(あ、兜を取った)」 -- 天使達。
  • 先程も言った通り、噂で聞いた程度だが…ふむ…。
    Mバハムート「ムッ?」 -- バハムート
  • ラファエル「調べてみますか?」
    ガブリエル「そうだな…」
    ウリエル「…暑いので取りました(見た目は5歳ぐらいの金髪緑目の少年)」 -- 天使達。
  • うむ、是非調べてみると良いぞ。
    Mバハムート「フム…」 -- バハムート
  • ラファエル「分かりました」
    ガブリエル「…(どこからともなくノートパソコンを取り出す)」
    ラファエル「えっ」
    ウリエル「…(今ミカエ様がいないので、外しても問題ありませんよね)」 -- 天使達。
  • ノートパソコン!?
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  • ラファエル「ガブリエル、一体どこで…」
    ガブリエル「別世界(キリッ)」
    サブリミナルミカエ「ウリエルの素顔ッ!(一瞬現れ、即消えた)」
    ウリエル「!?」 -- 天使達。
  • …(汗)
    Mバハムート「!?」 -- バハムート
  • ラファエル「えっ」
    ガブリエル「…(カタカタ)」
    ウリエル「い、今のミカエ様ですよ…ね?」 -- 天使達。
  • …。
    Mバハムート「恐ラクハ…ミカエダロウナ」 -- バハムート
  • ガブリエル「…(検索中)」
    ラファエル「え、えっと…」←機械音痴
    ウリエル「また見られた…(しゅーん)」 -- 天使達。
  • …。
    Mバハムート「ゴ愁傷様…」 -- バハムート
  • ガブリエル「…ふむ」
    ラファエル「何か分かりましたか?」
    ウリエル「えぇ…。 全く、ミカエ様は僕の素顔を見るたびにからかってきますから…」 -- 天使達。
  • ガブリエル、どうだ?
    Mバハムート「ソウナノカ…(汗)」 -- バハムート
  • ガブリエル「どうやら地上にある『氷の魔殿』という所にあるようだ」
    ラファエル「…聞いたことありませんね」
    ウリエル「…だから素顔を見られたくないんですよぅ」 -- 天使達。
  • 氷の魔殿…とな?
    Mバハムート「…(汗)」 -- バハムート
  • ガブリエル「…今は夏だから存在しないことになっている」
    ラファエル「溶ける建物なのですか…?」
    ウリエル「で、ですけどバハムート様達なら別ですっ」 -- 天使達。
  • そうなのか?
    Mバハムート「我等ナラバ良イ…ト?」 -- バハムート
  • ガブリエル「…冬のみ出現するとある」
    ラファエル「それは残念ですね」
    ウリエル「…尊敬していますからっ」 -- 天使達。
  • ふむ…それは残念だ。
    Mバハムート「ホホゥ…嬉シイ事ヲ言ッテクレルナ」 -- バハムート
  • ガブリエル「…まぁ、待つのも悪くはない」
    ラファエル「えぇ…」
    ウリエル「強くて、格好良くて…」 -- 天使達。
  • まぁ…確かにな。
    Mバハムート「フフッ…」 -- バハムート
  • ガブリエル「この世界に戻るのも久々だからな」
    ラファエル「はい」
    ウリエル「…僕もそのような天使になりたいなぁ、なんて」 -- 天使達。
  • お主達はここに来る前、どこにいたのだ?
    Mバハムート「ウリエルナラナレル、我ガ保証スルゾ」 -- バハムート
  • ガブリエル「我等は別世界に行き、見えない所から人々を見守っていたのだ」
    ラファエル「別世界の探索と言う目的もあります」
    ガブリエル「例えば、ネズミが多く住んでいる国がある大陸とかな」
    ウリエル「…ありがとうございますっ」 -- 天使達。
  • ふむふむ…。
    Mバハムート「ハハハッ、頑張ルノダゾ!」 -- バハムート
  • ラファエル「ディ○ニーランド?」←
    ガブリエル「違う! ブルメシアだ!」
    ウリエル「はいっ!」 -- 天使達。
  • ブルメシアと言えば…確か、フライヤ達の?
    Mバハムート「ウム、良イ返事ダ!」 -- バハムート
  • ラファエル「冗談ですよ」
    ガブリエル「…フライヤ? 誰だそれ?」
    ウリエル「…僕もV3したいなぁ」 -- 天使達。
  • むっ、そうか…お主達は知らないのだったな。
    Mバハムート「V3…アァ、バトロイノ話ダナ?」 -- バハムート
  • ラファエル「…(私がボケをかますと大体スルーされます)」
    ガブリエル「あぁ」
    ウリエル「はい」 -- 天使達。
  • ふむ…そうだラファエル、お主はレインスルフへと行ったのだろう?
    Mバハムート「我モ、モシカシタラ出レルカモシレヌ」 -- バハムート
  • ガブリエル「?」
    ラファエル「あ、はい」
    ウリエル「本当ですか!?」 -- 天使達。
  • そこで白竜とネズミの竜騎士を見なかったか?
    Mバハムート「ウム、我モ楽シミ二シテイルノダ」 -- バハムート
  • ガブリエル「???」
    ラファエル「はい、見かけました」
    ウリエル「そうですか…。 (チラッとガブリエルを見る)」 -- 天使達。
  • そうか…二人は元気だったか?
    Mバハムート「ムッ?」 -- バハムート
  • ガブリエル「…」
    ラファエル「えぇ、元気でしたよ。 ただ、私が落された時には真っ黒になっていましたがね…(汗)」
    ウリエル「…ガブリエル様もバトロイに出ると言う話ですが…」 -- 天使達。
  • 真っ黒…何があったのだ…(汗)
    Mバハムート「フム、ガブリエルモ出ルノカ」 -- バハムート
  • ガブリエル「…」
    ラファエル「ルシフのブラックレインです」
    ウリエル「…未だに条件を満たせずじまいです」 -- 天使達。
  • ブラックレイン…とな?
    Mバハムート「…(汗)」 -- バハムート
  • ガブリエル「…」
    ラファエル「はい。触れた者は黒く染まると言う雨です」
    ウリエル「ぼ、僕はサボっているわけではありませんからね!?」 -- 天使達。
  • ふむ…それを浴びてレシラム達は黒くなったのか…。
    Mバハムート「ハハハ…(汗)」 -- バハムート
  • ガブリエル「…(槍を磨き始めた)」
    ラファエル「えぇ…。 私が浄化してあげましたけどね」
    ウリエル「何がウリカスですかぁ」 -- 天使達。
  • 真っ黒なレシラムか…。
    Mバハムート「ウリカス…(汗)」 -- バハムート
  • ガブリエル「…」
    ラファエル「見事なまでに真っ黒でしたよ」
    ウリエル「またサリエルにバカにされてるし…」 -- 天使達。
  • ははは…少し見てみたい気もするが…。
    Mバハムート「オ主モ苦労シテイルナ…(汗) -- バハムート
  • ガブリエル「…」
    ラファエル「見てみたいのですか?」
    ウリエル「さっき四退した奴(サリエル)にウリカスと呼ばれる筋合いはありませんっ」 -- 天使達。
  • いや、別に大丈夫だ。
    Mバハムート「…(汗)」 -- バハムート
  • ガブリエル「…(プー)」←
    ラファエル「ですよねー…ってガブリエル!?」
    ウリエル「…僕もデ杯制覇できませんでしたけれど」 -- 天使達。
  • むっ、どうした?
    Mバハムート「…」 -- バハムート
  • ガブリエル「…(プーピープピプー)」
    ラファエル「なんでラッパ吹いているんですかッ!」
    ウリエル「…」 -- 天使達。
  • 何故ラッパを!? -- バハムート
  • ガブリエル「暇だから(キリッ)」
    ラファエル「ミカエじゃないんだからやめておきなさいって」
    ウリエル「…お腹がすきました」 -- 天使達。
  • ガブリエル…(汗)
    Mバハムート「ウリエル、何カ食ベルカ?」 -- バハムート
  • ガブリエル「ミカエのラッパは本当に危ないぞ」
    ラファエル「いえ、それ知ってますけど」
    ウリエル「はい…」 -- 天使達。
  • そうなのか?
    Mバハムート「何ガ食ベタイ?」 -- バハムート
  • ラファエル「『世界の終末を知らせる道具』ですからね」
    ガブリエル「あぁ…」
    ウリエル「そうですね…オムライスが食べたい気分です」 -- 天使達。
  • 世界の…終末!?
    Mバハムート「オムライスダナ?ワカッタ」 -- バハムート
  • ラファエル「だからミカエにラッパを持たせないようにしているのです」
    ガブリエル「…プピープー」
    ウリエル「…(ぐぅー)」 -- 天使達。
  • ふむぅ…。
    Mバハムート「調理開始…(ガコン)」 -- バハムート
  • ガブリエル「ひでぶっ(ラファエルに殴られた)」
    ラファエル「騒々しいです」
    ウリエル「…」 -- 天使達。
  • …(汗)
    Mバハムート「調理中…」 -- バハムート
  • ガブリエル「…すまん」
    ラファエル「全く…」
    ウリエル「…(読書中)」 -- 天使達。
  • …。
    Mバハムート「(チーン)…調理終了」 -- バハムート
  • ガブリエル「と言うか、お前はさっさと条件満たせ」
    ラファエル「うるさいですー」
    ウリエル「あ、できましたか?」 -- 天使達。
  • …。
    Mバハムート「ウム、デキタゾ(腹からオムライスを取り出す)」 -- バハムート
  • ガブリエル「ルシフェルに邪魔されて(ry」
    ラファエル「ルシフェルは論外です、痛すぎます」
    ウリエル「んっ、いい匂いですっ」 -- 天使達。
  • ケチャップハイルカ?(オムライスをウリエルに渡す) -- Mバハムート
  • ※ガブリエルとラファエルの言い争いが始まりました
    ウリエル「あ、ありがとうございますっ」 -- 天使達。
  • フフッ、礼ニハ及バヌヨ。 -- Mバハムート
  • それでは、いただきます(オムライスを食べ始める) -- ウリエル
  • 他ニモ欲シイ物ガアッタラ言ウノダゾ。 -- Mバハムート
  • は、はいっ!
    スペルム「…(いつの間にか神殿の屋根の上に)」 -- ウリエル
  • フフッ…ン?
    バハムート「むっ、スペルム?」 -- Mバハムート
  • もぐもぐ
    スペルム「…どうも嫌な予感がする」
    ラファエル、ガブリエル「…」←スペルムの天罰で乙った -- ウリエルと…
  • 嫌ナ予感?
    バハムート「それは…まさか…?」 -- Mバハムート
  •  …美味しいですっ。
    スペルム「…どこからか巨大な気を感じた」 -- ウリエルと…
  • フフッ、ソレハ良カッタ。
    バハムート「巨大な気…だと!?」 -- Mバハムート
  • もぐもぐ
    スペルム「…この気はおそらく…」 \フゴォォォ…/ -- ウリエルと…
  • フフッ…。
    バハムート「むうっ!?」 -- Mバハムート
  • ごちそうさま。
    スペルム「…ゼベレノの手下か」
    ガァァァ…(姿は暗黒竜ファヴニールだが…かなり大きくなっている) -- ウリエルと…
  • オカワリハイルカ?
    バハムート「お主は…ファヴニール!?」 -- Mバハムート
  • え、いいのですか?
    スペルム「…」
    グアァァァ…(ルシフとミカエはどこだ…) -- ウリエルと…
  • ウム、構ワヌゾ。
    バハムート「どうしたファヴニール、何があったのだ!?」 -- Mバハムート
  • で、ではもう少し…。
    スペルム「…」
    ギュゴォォォ…(ゼベレノの命令だ…奴らを始末しろと…) -- ウリエルと…
  • 承知シタ!(チーン)
    バハムート「ゼベレノの命令…!? ファヴニール、お主はベレールの…」 -- Mバハムート
  •  …(ぐぅー)
    スペルム「…(顔をしかめている)」
    ガギュゥ…(ベレールは俺が喰らった) -- ウリエルと…
  • 調理中…。
    バハムート「なっ…なにッ!?」 -- Mバハムート
  •  …もう少し食べたいです…。
    フグアァァァ…(ヴェネも喰らおうと思ったが、逃げられた)
    スペルム「…ゼベレノに操られているな?」 -- ウリエルと…
  • (チーン)…調理終了!(腹からオムライスを取り出す)
    バハムート「やはりファヴニールはゼベレノに…!?」 -- Mバハムート

  • グオォォォ…(それにバハムート、貴様も始末せねばならぬ)
    スペルム「…操りやすそうな奴を捕まえ、怪物化させるのは奴の得意とする戦法だ)」 -- ウリエルと…
  • サァ、食ベルノダ。(ウリエルにオムライス(大盛)を渡す)
    バハムート「なっ…何故我も狙う!?」 -- Mバハムート
  • お、大盛りなんて、そんな、ありがとうございます…(ぐぅ~)
    ガァァァ!!!(ゼベレノを邪魔した罰としてな!)
    スペルム「…」 -- ウリエルと…
  • フフッ、我カラノサービスダ。
    バハムート「くっ…ファヴニール…!」 -- Mバハムート
  • サービスだなんて…そんな…。
    スペルム「…それにこいつ、魔竜モネリとシロガネをも喰らったな」
    ガァァァッ!(俺に抵抗すると言うのなら、貴様も俺の力に変換してやる!)
    ラファエル「あぁもう、騒々しいですね」
    ガブリエル「全くだ」←↑いつの間にか復帰 -- ウリエルと…
  • 存分二食ベルト良イゾ、ウリエル。
    バハムート「(シロガネ、モネリまでも…ッ!)…ファヴニール、もう貴様は我の知るファヴニールではないッ!!」 -- Mバハムート
  • は、はいっ!
    グォォ…(貴様が知ろうとも知らなくとも俺には関係のないことだ)
    ラファエル「…」
    ガブリエル「…ファヴニールにしては変だな」 -- ウリエルと…
  • サテ、我モ排熱作業ヲスルカ…。
    バハムート「貴様は我が退治してくれよう!(翼を広げる)」 -- Mバハムート
  • もぐもぐ
    ギュグ…(ふん…やる気か…)
    ラファエル「誰かに操られてますね」
    ガブリエル「他の人の力も感じるしな…」
    スペルム「…」 -- ウリエルと…
  • 排熱作業開始…(シューッ)
    バハムート「モネリ達は返してもらう!(ファヴニールにアトミックレイを放つ)」 -- Mバハムート
  •  …ふぅ。
    …(ダメージ5)
    ラファエル「…(ウリエルの方を見ている)」
    ガブリエル「腹でも減っているのか?」
    スペルム「…はぁ」 -- ウリエルと…
  • …排熱終了。
    バハムート「落ち着け…焦ってもどうしようもないぞ…」 -- Mバハムート
  • もぐもぐ
    …ガァァァッ!(闇の息)
    スペルム「ふんっ!(天上界を守るバリアを張る)」
    ラファエル「…はい」
    ガブリエル「…あれ以来何も食べてないしな…」 -- ウリエルと…
  • …ン?(ラファエルの方を見る)
    バハムート「…すまない」 -- Mバハムート
  • もきゅもきゅ
    ラファエル「…」
    ガブリエル「…(ぐぅ~)」
    スペルム「天上界は襲わせぬ」
    ギュグ…(小癪な真似を…) -- ウリエルと…
  • オ主達モ空腹ナノカ?(ラファエル達に)
    バハムート「…スペルム、どうすれば良い?」 -- Mバハムート
  • もぐもぐ
    ラファエル「…はい」
    ガブリエル「実は10日間何も食べてなくてな…」
    スペルム「…奴、本当はルシフとミカエを狙っているようだ」
    ガァァァ…(奴らの行方を教えてくれるのか?) -- ウリエルと…
  • ヨシ、我ガ何カ作ロウ。
    バハムート「ふむ…ルシフとミカエをか…」 -- Mバハムート
  • もひゅもひゅ
    ラファエル「え、いいのですか?」
    ガブリエル「なんだか悪いな…」
    スペルム「奴らなら今別世界にいる(嘘)」
    グオォォォ…(そうか。バハムートの始末は後回しにし、奴らを仕留めに行くとするか…(退場)) -- ウリエルと…
  • フフッ、別二構ワンゾ。
    バハムート「むっ、そうなのか?」 -- Mバハムート
  • ラファエル様達も何かお召し上がりですか?
    ラファエル「えぇ…」
    ガブリエル「何がいいかな…」
    スペルム「…これは嘘だ」 -- ウリエルと…
  • ナンデモ良イゾ。
    バハムート「成程…上手く考えたな」 -- Mバハムート
  • ふふっ、注文してみるといいですよ。
    ラファエル「はい」
    ガブリエル「我はパスタが食べたい気分だ」
    スペルム「これでしばらくは来るまい」 -- ウリエルと…
  • パスタダナ…ラファエルハドウスル?
    バハムート「そうだな」 -- Mバハムート
  • もぐもぐ
    ラファエル「私はカレーにでも致しましょうか」
    ガブリエル「…(ぐぅー)」
    スペルム「さて、休憩だ」 -- ウリエルと…
  • ラファエルハカレーダナ…了解ダ。
    バハムート「うむ」 -- Mバハムート
  • ふぅーっ
    ラファエル「はい」
    ガブリエル「楽しみだな」
    スペルム「…(空間移動で神殿の中へ)」 -- ウリエルと…
  • 調理開始…。
    バハムート「…」 -- Mバハムート
  • ごちそうさまでした。
    ラファエル「ウリエルのオムライスもおいしそうに見えましたけどね」
    ガブリエル「またの機会にしよう」 -- ウリエルと…
  • ドウダ、美味シカッタカ?
    バハムート「…」 -- Mバハムート
  • はいっ、おいしかったですっ♪(満面の笑み)
    ラファエル「…それにしても、ウリエルの素顔…」
    ガブリエル「純粋な少年そのものだな」 -- ウリエルと…
  • フフッ、ソウ言ッテクレテ嬉シイゾ。
    バハムート「…(ウリエルの笑顔…可愛いな…)」 -- Mバハムート
  •  …♪(羽をパタパタさせてる)
    ラファエル「えぇ…」
    ガブリエル「…見てる方も嬉しくなってくるな」 -- ウリエルと…
  • (チーン)…調理終了!
    バハムート「ふふっ…」 -- Mバハムート
  •  …バハムート様達?
    ラファエル「ふふっ、何でもないですよ」
    ガブリエル「ふむ、できたか」 -- ウリエルと…
  • カレートパスタガデキタゾ!(腹からカレーとパスタを取り出す)
    バハムート「ふふっ…気にするな」 -- Mバハムート
  • ???(首をかしげている)
    ラファエル「あら、おいしそうなカレーですね」
    ガブリエル「んん…いい匂いだ」 -- ウリエルと…
  • コレハラファエル…コッチハガブリエル…(ラファエルにカレーを、ガブリエルにパスタを渡す)
    バハムート「はははっ…」 -- Mバハムート
  •  …隠しごとですか?
    ラファエル「いいえ。 ありがとうございます(カレーを受け取る)」
    ガブリエル「んぬ、どうも(パスタを受け取る)」 -- ウリエルと…
  • 何カ調味料ハイルカ?
    バハムート「いいや、別に何も隠していないぞ」 -- Mバハムート
  • むぅ…
    ラファエル「私は特に(ry」
    スペルム「…(一瞬だけ現れ、ラファエルに向けてタバスコを投げた)」
    ガブリエル「!?」 -- ウリエルと…
  • !?
    バハムート「ふふふっ…」 -- Mバハムート
  • むすぅ~
    ラファエル「…(タバスコをキャッチ)」
    ガブリエル「タバスコ…か」 -- ウリエルと…
  • タバスコ…カレー二合ウカモシレンナ…。
    バハムート「…(ウリエルを見て微笑んでいる)」 -- Mバハムート
  • バハムート様ぁ…(ちょっとむすっとしている)
    ラファエル「どちらかと言うとパスタの方が合うでしょう」
    ガブリエル「我のパスタにでもかけるか」 -- ウリエルと…
  • ソウカ…ワカッタ。
    バハムート「…(やはり可愛い…)」 -- Mバハムート
  • バハムート様も僕をからかいたいのですかっ(バハムートに飛んで近寄っている)
    ラファエル「えぇ」
    ガブリエル「んぬ(ラファエルからタバスコを受け取り、かける)」 -- ウリエルと…
  • フム…。
    バハムート「そ、そんな事ないぞ?(顔は微笑んだまま)」 -- Mバハムート
  • むぅ~!
    ラファエル「って1瓶はかけすぎです!」
    ガブリエル「…(そしてパスタを食べる)」 -- ウリエルと…
  • ソレハ辛イト思ウゾ!?
    バハムート「はははっ…」 -- Mバハムート
  • バハムート様は意地悪ですー!(バハムートの頭に乗り、ポコポコ叩く)
    ガブリエル「普通においしいが?」
    ラファエル「えっ」 -- ウリエルと…
  • エッ
    バハムート「いたたたっ!?」 -- Mバハムート
  • むきーっ!
    ガブリエル「もぐもぐ」
    ラファエル「…(凄く辛い匂いがするのですが)」 -- ウリエルと…
  • …(トテモ辛ソウダ…)
    バハムート「ウリエル…(汗)」 -- Mバハムート
  • 尊敬していますけれど、からかわないでくださいよー!
    ガブリエル「もぐもぐ」
    ラファエル「…さて、私はカレーでも食べますかね(カレーを食べ始める)」 -- ウリエルと…
  • …ウム。
    バハムート「はははっ…すまなかった」 -- Mバハムート
  • むすぅ…。
    ガブリエル「…」←スペルムにならされたらしい
    ラファエル「…ん、いい味です」
    ???「あう…ぅぅ…(緑髪で水色のワンピースの少女が現れた)」 -- ウリエルと…
  • ソレハ良カッタ。
    バハムート「…むっ?(???を見る)」 -- Mバハムート
  • どちら様…ですか?
    ???→ヴェネ「私です、ヴェネですぅ…」
    ガブリエル「…ごちそうさま」
    ラファエル「もぐもぐ」 -- ウリエルと…
  • 美味シカッタカ?
    バハムート「ヴェネ!無事だったか!」 -- Mバハムート
  • バハムート様、知り合いですか?
    ヴェネ「はい…私は無事ですぅ…」
    ガブリエル「んぬ、おいしかったぞ」
    ラファエル「…(ほとんどタバスコ味でしょうけど)」 -- ウリエルと…
  • フフッ…アリガトウ。
    バハムート「うむ、闇の管弦楽団にいた時にな…。 ヴェネ、何があったのか説明出来るか?」 -- Mバハムート
  • 闇の管弦楽団…!?
    ヴェネ「は、はい…。 先程、ここにファヴニールちゃんが来ませんでした?」
    ガブリエル「最近の機械は高性能なのが多いな」
    ラファエル「?」 -- ウリエルと…
  • ムッ?
    バハムート「ファヴニール?確かに来たが…」 -- Mバハムート
  •  …。
    ヴェネ「…ファヴニールちゃんはゼベレノに狂わされているですぅ」
    ガブリエル「これと言い(ノートパソコン)」
    ラファエル「…」 -- ウリエルと…
  • ソレハ…ノートパソコンカ。
    バハムート「ゼベレノに…!?」 -- Mバハムート
  •  ……。
    ガブリエル「あぁ。調べ事がある時に便利だ」
    ラファエル「…」
    ヴェネ「…バハムートさん達と別れた後の事ですぅ」 -- ウリエルと…
  • 我モ使エルゾ。(胸の部分からノートパソコンを出す)
    バハムート「我が天上界に行った後か…」 -- Mバハムート
  •  ………。
    ガブリエル「ふむ、そなたも持っているのか」
    ラファエル「…(プシュー)」
    ヴェネ「…急成長ちゃんがファヴニールちゃんに入り込んで遊んでいた。ここまではいいんですぅ」 -- ウリエルと…
  • ウム、コレハ便利ダカラナ。
    バハムート「ふむ…急成長がファヴニールに…」 -- Mバハムート
  •  …(首をかしげている)
    ガブリエル「確かにな」
    ラファエル「…」←機械音痴
    ヴェネ「でも…ゼベレノがファヴニールちゃんに怪しい魔法をかけて…」 -- ウリエルと…
  • マスターモ愛用シテイルノダ。
    バハムート「ふむふむ…」 -- Mバハムート
  •  …。
    ガブリエル「マスター?」
    ヴェネ「…ベレール様を咥えたと思ったらそのまま飲み込んだんですぅ」 -- ウリエルと…
  • 我ヲ作ッタ発明家ダ。
    バハムート「!?」 -- Mバハムート
  • なんですと…!?
    ガブリエル「発明家…か」
    ヴェネ「同様にモネリさんとシロガネちゃんも…」 -- ウリエルと…
  • ウム、ソウダ。
    バハムート「モネリ…シロガネ…!」 -- Mバハムート
  •  …。
    ガブリエル「それで、そのマスターとやらは今どこにいるのだ?」
    ヴェネ「私は…怖くなって逃げたですぅ」 -- ウリエルと…
  • マスターノ居場所カ…。
    バハムート「…賢明な判断だ」 -- Mバハムート
  •  ……。
    ガブリエル「あぁ」
    ヴェネ「…その場で残ったのは私だけですぅ。ソリュート君は気が付いたら魔界に帰ってしまって…」 -- ウリエルと…
  • ヨシ、調ベテミル。(ピピピ)
    バハムート「ソリュート…(汗)」 -- Mバハムート
  •  ………。
    ガブリエル「…」
    ヴェネ「…ファヴニールちゃんを止めてくださいですぅ」 -- ウリエルと…
  • 検索中…。
    バハムート「…分かった、あやつは我が止めてみせる」 -- Mバハムート
  • あ、あの…
    ガブリエル「…」
    ヴェネ「あんなファヴニールちゃん…見たくないですよぅ…」 -- ウリエルと…
  • …居場所ガ判明シタゾ!
    バハムート「むっ、ウリエル?」 -- Mバハムート
  • 僕にも…手伝わせてくださいっ!
    ガブリエル「本当か!?」
    ヴェネ「…あうぅ(泣きだした)」 -- ウリエルと…
  • ドウヤラ"ヨースターエリア"二イルヨウダ。
    バハムート「…うむ!」 -- Mバハムート
  • ありがとうございますっ!
    ガブリエル「ヨースターエリア…とな?」
    ヴェネ「うぅ…ひっく…」 -- ウリエルと…
  • ウム、マスター達ノ家ガアル所ダ。
    バハムート「共に戦う味方は一人でも多い方が心強いからな」 -- Mバハムート
  • そうですね。
    ガブリエル「ふむ…」
    ヴェネ「…(ぐずぐず泣いている)」 -- ウリエルと…
  • 我ハ行ッタ事ナイケドナ…。
    バハムート「我等だけではまだ足りないかもしれぬ…」 -- Mバハムート
  • 足りない…ですか?
    ガブリエル「そうなのか?」
    ヴェネ「…」 -- ウリエルと…
  • ウム…マスターカラ離レタ後ハ"レインスルフ"二イタカラナ。
    バハムート「相手はそれだけ強大かもしれぬからな…」 -- Mバハムート
  •  …ラファエル様やガブリエル様にも(ry
    ラファエル「私でよければ手伝いますが」
    ガブリエル「レインスルフ…か」
    ヴェネ「…」 -- ウリエルと…
  • マスター、元気二シテイルダロウカ…。
    バハムート「うむ、感謝する」 -- Mバハムート
  • ラファエル様…!
    ラファエル「困っている人を見捨てるわけにはいきません」
    ガブリエル「…きっと元気だろうさ」
    ヴェネ「…」 -- ウリエルと…
  • …ソウダナ!
    バハムート「ありがとう、ラファエル」 -- Mバハムート
  • ありがとうございますっ!
    ラファエル「いいえ、礼には及びませんよ」
    ガブリエル「この世界の地上とやらにも興味がある」
    ヴェネ「…」 -- ウリエルと…
  • 地上ノ世界モ面白イ物ガタクサンアルゾ。
    バハムート「とても助かる…」 -- Mバハムート
  •  ~♪
    ラファエル「私の専門は回復ですが…ね」
    ガブリエル「後で行ってみるとするか…」
    ヴェネ「…」 -- ウリエルと…
  • ウム、行ッテミルト良イゾ。
    バハムート「回復役は重宝する…我もケアルラ止まりだからな」 -- Mバハムート
  • ラファエル様は「癒しの天使」ですからね。
    ラファエル「『癒しの天使』だなんて、そんな大層な者ではございません」
    ガブリエル「あぁ。 …メカバハムートはこれからどうするのだ?」
    ヴェネ「…(機械仕掛けのバハムートさんです?)」 -- ウリエルと…
  • ソウダナ…特二考エテイナイ。
    バハムート「癒しの天使…か」 -- Mバハムート
  • え~っ、名前の由来がそうじゃないですかぁ
    ラファエル「…そんなこと言ったらウリエルは『破壊天使』でしょう?」←
    ガブリエル「そうか…」
    ヴェネ「…」 -- ウリエルと…
  • マスターノ様子ヲ見ニ行クノモアリカ…ソレトモレインスルフニ戻ルカ…。
    バハムート「ウリエルが破壊天使!?」 -- Mバハムート
  • 破壊なんてしませんよ~っ!
    ラファエル「とはいえ、これは神話上の別名ですがね」
    ガブリエル「…どうする?」 -- ウリエルと…
  • ドウスルカナ…。
    バハムート「ふむ…成程」 -- Mバハムート
  • 酷いです~っ!
    ラファエル「ごめんなさいね(ウリエルを抱きかかえる)」
    ガブリエル「我は別に何してもかまわぬが…」 -- ウリエルと…
  • …ヨシ、マスターノ様子ヲ見ニ行クカ。
    バハムート「ウリエル、すまない…(汗)」 -- Mバハムート
  • むぅ、やめてくださいよ!(頬を膨らませる)
    ラファエル「ふふっ」
    ガブリエル「…我もついて行っていいか?」 -- ウリエルと…
  • アァ、構ワナイゾ。
    バハムート「ははは…(汗)」 -- Mバハムート
  • 子ども扱いしないでくださいっ!
    ラファエル「だって…ふふっ」
    ガブリエル「…ありがとう」 -- ウリエルと…
  • フフッ、礼ニハ及バヌヨ。
    バハムート「…(微笑んでいる)」 -- Mバハムート
  • むすぅ~
    ラファエル「怒ったウリエルも可愛いものです」
    ガブリエル「そうと決まれば早速行くか?」 -- ウリエルと…
  • ウム、早速行コウカ。
    バハムート「ふふっ…確かにな」 -- Mバハムート
  • むぅ~!
    ラファエル「バハムート殿も分かります?」
    ガブリエル「あぁ」 -- ウリエルと…
  • ヨシ…出発ダ!(地上へ下りる)
    バハムート「うむ、分かるぞ」 -- Mバハムート
  • ラファエル様~!(ラファエルの鎧を叩く)
    ラファエル「こうやって意地を張る所も可愛いと言いますか…」
    ガブリエル「了解!(Mバハムートを追って地上へ)」 -- ウリエルと…
  • いつでも一生懸命な所もまた良い…。 -- バハムート
  • うぅ~!(ポコポコ)
    ラファエル「…えぇ」 -- ウリエルと…
  • ふふふっ…。 -- バハムート
  • ラファエル様達は意地悪ですーッ!
    ラファエル「たまには羽を休めなさいな」 -- ウリエルと…
  • ラファエルの言う通りだ。たまには休む事も大切だぞ? -- バハムート
  • むすぅ~っ
    ラファエル「真面目なのはいいことです。ですが、真面目すぎるのは問題ですよ?」 -- ウリエルと…
  • ミカエ達の事が心配なのは分かるが…な。 -- バハムート
  • ラファエル「全く、ウリエルは過労で3回倒れているのですから…」
    うっ -- ウリエルと…
  • 3回も過労で倒れているのか!? -- バハムート
  • ラファエル「本当ですよ…。頑張りたい気持ちは分かりますが、時には休みなさい」
    …はい。 -- ウリエルと…
  • ウリエルは少し休むべきだな…。 -- バハムート
  • で、ですが、ファヴニールを止めなくてはならないのでしょう?
    ラファエル「…えぇ」 -- ウリエルと…
  • むっ、それもそうだな…。 -- バハムート
  • ラファエル「ですが、ウリエルの表情からして疲れているように見えますが」
    …ばれてしまいましたか。 -- ウリエルと…
  • …だが、無理は禁物だ。 -- バハムート
  • ラファエル「…それに、ウリエルの力の暴走は…」
    …はい? -- ウリエルと…
  • …ラファエル、それはどういう事だ? -- バハムート
  • ラファエル「…(ウリエルを地上に立たせ) …詳しいことは神殿の中で話しましょう(神殿の中へ)」
    ラファエル様? -- ウリエルと…
  • …分かった。(ラファエルを追って神殿へ) -- バハムート
  • え、えっと、二人とも…。 -- 置いてかれるウリエル