天界目録:十六頁目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ミカエル「…(光の結界を張った)」
    ウリエル「…ミカエル様?」


    ヨキ「あはははは!!!」
    ガブリエル「くっ…(ヨキに羽を掴まれている)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…マルドクもアレだがミカエもな…」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル!ヨキの奴め…今度は何を考えているのだ…!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…奴が祠の中に来た」
    ウリエル「えっ!?」


    ヨキ「ふぅ~ん、僕が入ったのを知って結界張ったんだねぇ」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…性別不明のくせに人妻っぽい行動取ったり」
    ヘイムダル「…相手がフリーダムだから仕方ない」 -- 天上界:神殿前
  • ヨキ!ガブリエルを放すのだ! -- 一方のバハムート
  • リミュウ「人妻!?」 -- 天上界:神殿前
  • ウリエル「どうしてですか…ここは見つからないはずじゃなかったのですか…!?」
    ミカエル「…」


    ヨキ「でも~彼が触れれば~(ガブリエルに光の結界を触らせ、解除)」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…どうも自分を女だと思っているらしい」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • …!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「それで、そのお相手は…?」 -- 天上界:神殿前
  • ウリエル「ねぇ、ミカエル様!」
    ミカエル「…」


    ヨキ「で、君は用済みね(ガブリエルを後ろに向けて投げる)」
    ガブリエル「!」 -- 星空の祠
  • スペルム「…確か、雨霧劔と言ったか」
    ヘイムダル「…フリーダム」 -- 天上界:神殿前
  • むっ…ガブリエル!(ガブリエルを受け止める体勢) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あぁ、あの和服を着てた人かー」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…近寄るな(ウリエルを抱いたまま自分の羽で体を包む)」
    ウリエル「…」
    ヨキ「君じゃなくてその抱いてる子に用があるんだけどなー」


    ガブリエル「くうっ!(バハムートに受け止められた)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…うぬ」
    ヘイムダル「…フリーダムとフリーダムが組み合わさって危険」 -- 天上界:神殿前
  • …大丈夫か? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「まさに最凶の組み合わせだね!」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…ウリエルには指一本触れさせぬ」
    ヨキ「三大天使・天使の長ミカエル…邪魔だね」


    ガブリエル「んぬ、怪我は特にしておらぬ」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…何が起こるか分からない。危ない」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル、急いでミカエル達の所に急ごう。奴が何をするか分からん!(ガブリエルを抱いたまま奥へ向かう) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ヨキ「僕は光の子天使にお詫びの品を渡しに来ただけなんだけどねぇ」
    ミカエル「…駄目だ」


    ガブリエル「うぬ!」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…予測不能な物ほど怖い物はない」 -- 天上界:神殿前
  • …(二人とも…無事でいてくれ…!) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「怖いよねー…」 -- 天上界:神殿前
  • ヨキ「なーんで君らはお詫びと言うだけで警戒するかなー」
    ミカエル「…貴様が何か企んでいるのではないかと思っているからだ」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…(頷く)」 -- 天上界:神殿前
  • …(焦りの色を見せる) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…」 -- 天上界:神殿前
  • ヨキ「べーつーにぃー? 何も企んでないのにさ」
    ミカエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    マルドク「走りすぎて疲れたぜ」
    ヘイムダル「…花園を元に戻してくる」 -- 天上界:神殿前
  • …(もうすぐミカエル達のいる間か…!) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん、分かったー」 -- 天上界:神殿前
  • ヨキ「光の子天使の様子を見せてくれればそれだけでいいのに」
    ミカエル「…ダメな物はダメだ」 -- 星空の祠
  • スペルム「…(無言でマルドクに天罰)」
    マルドク「アッー!」 -- 天上界:神殿前
  • …ミカエル!(ミカエル達のいる所に入ってきた) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ヨキ「あーもーまた来ちゃったじゃないかぁ」
    ミカエル「…バハムートか。ガブリエルは無事か?」 -- 星空の祠
  • スペルム「…なぜお前はガブリエルの花園をいちいち荒らしたがるのやら」
    マルドク「暇だから」← -- 天上界:神殿前
  • うむ、ガブリエルなら無事だ。(抱いているガブリエルを見せる) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ゑ」 -- 天上界:神殿前
  • ヨキ「むすぅ~」
    ミカエル「…大丈夫そうだな」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    マルドク「花畑は荒らすものっ!」← -- 天上界:神殿前
  • ミカエル、お主の方は大丈夫か? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ゑゑゑ」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…私もウリエルも平気だ」
    ヨキ「せめてその6枚の羽何とかしてもらえませんかね?」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…(無言でマルドクに神の鉄槌)」
    マルドク「ぎょえー!」 -- 天上界:神殿前
  • ほっ…無事で良かった…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あらら…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…」
    ヨキ「…(聖なる翼を切り裂く剣を取り出す)」
    ガブリエル「!」 -- 星空の祠
  • スペルム「…反省しろ」
    マルドク「…(チーン)」 -- 天上界:神殿前
  • なっ…あの剣は何だ…!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「!」
    ヨキ「邪魔だから斬らせてもらうよッ!(ミカエルの羽を斬りにかかる)」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…次やったら雲の中に埋めるからな」
    ヘイムダル「…ヨーグルト味」
    マルドク「ゑ」 -- 天上界:神殿前
  • …させるかっ!(ヨキにメガフレアを放つ) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あっ、ヘイムダル。おかえりー!」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…(羽を広げて後ろに下がる)」
    ヨキ「おっと(回避) これはいい!(ミカエルに飛びかかる)」
    ガブリエル「…!」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…花園を復元してきた」
    マルドク「ヨーグルト味の雲だと…!?」 -- 天上界:神殿前
  • ぬっ…ミカエル! -- 一方のバハムート
  • リミュウ「お疲れ様ー」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…(光の壁でヨキを弾き返す)」
    ヨキ「ぐえっ」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…ご苦労」
    ヘイムダル「…」
    マルドク「これは味わう必要があるな」 -- 天上界:神殿前
  • ! -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふぅ…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「退くがいい、リヒト!(ヨキに向けてリヒト)」
    ヨキ「どーしてこうなるのかなぁ~(外に向けて飛ばされた)」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…なんか疲れた」
    ヘイムダル「…言えてる」
    マルドク「雲食いに行ってくる」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ボクもちょっと疲れたかな…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…」
    ウリエル「…あ、あの…」
    ガブリエル「…(頭がくらくらしている)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…問題児がいると本当に疲れる」
    ヘイムダル「…マルドクとミカエ。上級天使なのに」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「その二人以外に上級天使はいないの?」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…(警戒中)」
    ウリエル「…ミカエル…様?」
    ガブリエル「…」


    外にいるヨキ「…(外から様子を見ている)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…他、ガブリエル、ラファエル」 -- 天上界:神殿前
  • …まだ油断はできぬな。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「おおっ!ガブリエルとラファエルも上級天使なのかー!」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…奴がまだいる」
    ウリエル「えっ…」
    ガブリエル「…」


    外にいるヨキ「…(ウリエルを見ている)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…うぬ。あやつらこそ上級天使の見本」 -- 天上界:神殿前
  • やはりそうか…奴がそう簡単に諦めるとは思えんからな…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あの二人は本当に真面目だもんねー」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…(外に向けてシャイン)」
    ウリエル「…」
    ガブリエル「…」


    外にいるヨキ「おっと(回避)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…二人とも真面目でしっかり者」 -- 天上界:神殿前
  • ! -- 一方のバハムート
  • リミュウ「そうだよねー」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…」
    ウリエル「…」
    ガブリエル「…」


    外にいるヨキ「あ~こんなに警戒されちゃまずいなぁ~ じゃねー(どこかへと飛んで行った)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…その二人の性格は下級天使であるウリエルにも影響している」 -- 天上界:神殿前
  • …逃げたか。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふむふむ…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…そのようだな」
    ウリエル「…」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…しかし、ガブリエルの説教癖がウリエルに移ったのはマイナス」 -- 天上界:神殿前
  • ふぅ…何とか守りぬいたな。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「(ノ∀`)アチャー」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…うぬ」
    ウリエル「怖かったです…」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「長すぎる」 -- 天上界:神殿前
  • ウリエルが無事で良かった…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「大体どのくらいの長さなの?」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…あやつが持っていたのはお詫びの品でも何でもない」
    ウリエル「…(うるうる)」
    ガブリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「平均3時間」
    ヘイムダル「…サリエル相手だと喧嘩付き」 -- 天上界:神殿前
  • やはりお詫びの品などではなかったか…いったい、奴は何を持っていたのだ? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「3時間!?うひゃあ…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…『闇の宝珠』だ」
    ガブリエル「!」
    ウリエル「…(うるうる)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…一番長いのは8時間近く」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • 闇の…宝珠…ッ!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「8時間…気が遠くなりそうだよー…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…かつてお前と似た者に宿されたもの」
    ガブリエル「バハムートと似た者?」
    ウリエル「…うえーん」 -- 星空の祠
  • スペルム「…だがほとんど喧嘩だった」
    ヘイムダル「…相手がサリエルだったから仕方ない」 -- 天上界:神殿前
  • …うむ、零式のことだな? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あらら…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…うぬ」
    ガブリエル「零式?」
    ウリエル「…びえぇぇぇ」 -- 星空の祠
  • ヘイムダル「…説教と言う名の喧嘩」
    スペルム「…はぁ」 -- 天上界:神殿前
  • バハムート零式…我の亜種、といったところか。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あははっ…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…悪霊ロチェに作り方を教えたのはあやつ」
    ガブリエル「ふむ…」
    ウリエル「うぇぇぇん」 -- 星空の祠
  • ヘイムダル「…喧嘩の音はうるさい」
    スペルム「…それは言えてるな」 -- 天上界:神殿前
  • そうだったのか…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…自分の持つ闇の感情によって力を増幅させるもの」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…(泣いてる)」 -- 星空の祠
  • ヘイムダル「…何とかならないのか?」
    スペルム「…無理」 -- 天上界:神殿前
  • あれのせいで零式は…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…化け物になり、全てを滅ぼそうとした」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…(うるうる)」 -- 星空の祠
  • ヘイムダル「…」
    スペルム「…」 -- 天上界:神殿前
  • …うむ。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…どうしてそんなに仲が悪いんだろうね?」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…あの時の事は幻影体を通じて知り、覚えている」
    ガブリエル「…ミカエか」
    ウリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「不真面目なサリエルは真面目なウリエルをウザいと思っている」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエには本当に世話になった…ミカエのおかげで零式を助け出すことができた。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「へぇ…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…そうか」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…ウザいと思っていながらちょっかいを出すサリエル、いつも説教しようとするウリエル」
    ヘイムダル「…どっちもどっち」 -- 天上界:神殿前
  • …ミカエには感謝している。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふむふむ…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…幻影体もその時は人の役に立ててよかったと言っていた」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…その時僕寝てたような…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…単なる馴れ合いだな」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • ふふっ…そうか。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「喧嘩する程仲がいいとは言うけど…どうなんだろうねー?」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…だが、一つだけ言っておきたいことがある」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…どうでしたっけ…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…あやつらは非常に仲が悪い」
    ヘイムダル「…その割にはよく一緒にいたりする」 -- 天上界:神殿前
  • むっ? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ううーん…どうなんだろう…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…私達天使はお前達の味方であるとは限らない」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…?」 -- 星空の祠
  • スペルム「…嫌いだけど一緒にいたいと言う感じであろう」
    ヘイムダル「…馴れ合い」 -- 天上界:神殿前
  • …どういう事だ? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「なーるほどね…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…いずれこの世界に裁きを下さなければならぬ」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…ミカエル様?」 -- 星空の祠
  • スペルム「…おかしな奴らだ」
    ヘイムダル「…(コクコク)」 -- 天上界:神殿前
  • なっ…裁きを下す!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「不思議だねー」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…全てを浄化する為に」
    ガブリエル「!」
    ウリエル「!?」 -- 星空の祠
  • スペルム「…見てる方にしてみれば面白い所もあるが」
    ヘイムダル「…連日見てると飽きる」 -- 天上界:神殿前
  • 何故だっ!?何故この世界を浄化する必要がある!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ううーん…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…それが神の思し召しであると言うのなら」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…またお前らかという」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…私はそれを受け入れる」
    ガブリエル「…運命には逆らえないか」
    ウリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…連日喧嘩して飽きないのだろうか」
    ヘイムダル「…飽きない」 -- 天上界:神殿前
  • …ならば、我はそれに抗おう。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「次の日には前日に喧嘩したことを忘れてるとか?」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…私達天使は神には逆らえない運命」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…そこまでバカだったら逆に問題だ」
    ヘイムダル「…喧嘩と言う名の遊び」 -- 天上界:神殿前
  • たとえ運命であろうと…それだけは受け入れられぬ。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ですよねーw」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…すべては神の思し召しのままに」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「あの…一つ聞きますけど、その神って誰ですか?」 -- 星空の祠
  • スペルム「…うぬ」
    ヘイムダル「…(ブァー)」 -- 天上界:神殿前
  • むっ…それは我も気になるな。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「喧嘩はボクもたまにやるしねー」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…」
    ガブリエル「…」
    ウリエル「…スペルム様ではありませんよね?」 -- 星空の祠
  • スペルム「…リミュウもか?」
    ヘイムダル「…(ブィー)」 -- 天上界:神殿前
  • …(ミカエルを見ている) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん、ボクは妹と弟がいるんだけどねー…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「……」
    ガブリエル「……」
    ウリエル「…ねぇ、お二方」 -- 星空の祠
  • スペルム「…ふむ」
    ヘイムダル「…(ブォー)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル…ガブリエル…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「弟とは滅多に喧嘩しないけど、妹とはよく喧嘩してたっけなぁ…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「………」
    ガブリエル「………」
    ウリエル「ねぇってば!」 -- 星空の祠
  • スペルム「…そうなのか?」
    ヘイムダル「…(ブィーブゥー)」 -- 天上界:神殿前
  • …我等に言えぬ事でもあるのか? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん、発明の事とかでね…」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…去れ」
    ガブリエル「…今そなたらに教えることはない」
    ウリエル「えっ」 -- 星空の祠
  • スペルム「…ふむ」
    ヘイムダル「…(ブァーブォー)」 -- 天上界:神殿前
  • なっ…!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「お互い喧嘩はしてたけど、相手の発明品を褒めることもあったよー」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…去らぬと言うのなら消す(剣を高く掲げる)」
    ガブリエル「…早々に立ち去るがいい」
    ウリエル「…ひゃーっ!(逃げ出した)」 -- 星空の祠
  • スペルム「…喧嘩あり、褒めあいあり。いい関係だと思うぞ」
    ヘイムダル「…(ウリエル達、触れてはいけないことに触れたな)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル…ガブリエル…いったいどうしたというのだ…!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「へへっ…ありがとっ!」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…お前は消えることが望みか」
    ガブリエル「…よかろう、消してやる」


    外にいるウリエル「…怖いですぅ~っ!」 -- 星空の祠
  • スペルム「…これからもその関係を忘れるな」
    ヘイムダル「…(ブァー)」 -- 天上界:神殿前
  • くっ…流石にこれは分が悪い…!(外に逃げ出す) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん!」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル「…逃げたか」
    ガブリエル「…ふん」


    外にいるウリエル「ぜぇっ、ぜぇっ…」 -- 星空の祠
  • スペルム「…うぬ、いい返事だ」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • はぁ…はぁ…(外に出てきた) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「これからも妹と弟を大切にするよ!」 -- 天上界:神殿前
  • ウリエル「ミカエル様もガブリエル様もいきなりどうしたと言うのですか…!?」 -- 星空の祠外
  • スペルム「…うぬ」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • 我にもまったく分からぬ…何故あの二人は…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふんふん♪」 -- 天上界:神殿前
  • 僕には分かりません…。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…」
    ヘイムダル「…(瞬間移動)」 -- 天上界:神殿前
  • 何か言えぬ訳でもあるのか…それとも…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「おわっ、ヘイムダル?」 -- 天上界:神殿前
  •  …。
    ヘイムダル「…お前達、聞いてはいけないことを聞いたな」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…何か訳アリなのだろう」 -- 天上界:神殿前
  • お主は…ヘイムダル! 聞いてはいけないこと…だと? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふぅん…」 -- 天上界:神殿前
  •  …誰ですか?
    ヘイムダル「…ミカエル、ガブリエル、ラファエルは『神』について聞かれると急に敵と化する」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…我には知りえないことだが」 -- 天上界:神殿前
  • …それは何故なのだ? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ま、帰ってくるのを気長に待ちますか!」 -- 天上界:神殿前
  •  …。
    ヘイムダル「…奴らは『神』の傀儡人形」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…そうだな」 -- 天上界:神殿前
  • 『神』の…傀儡人形…!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「そうだスペルム、一つ聞いていい?」 -- 天上界:神殿前
  •  …。
    ヘイムダル「…逆らえないと言っているのは人形だから」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…なんだ?」 -- 天上界:神殿前
  • そう…だったのか…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「天使ってガブリエルやラファエルの他にどんな人がいるの?」 -- 天上界:神殿前
  •  …僕も傀儡に過ぎないという事ですか?
    ヘイムダル「…だが、彼らの呪縛を解きたいと考えている」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「そうだな…先程話に出たウリエルとサリエルは天使だな。 サリエルは堕天使だが」 -- 天上界:神殿前
  • …ヘイムダル、一つ聞きたい事がある。
    ミカエル達が傀儡人形だということは…他の天使達も全て『神』の傀儡人形なのか? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふむふむ…」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…(首を横に振る)」
    じゃあ僕達は何なのですか? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…他にはサンダルとメタトロと言う双子の天使がいる」 -- 天上界:神殿前
  • そうか…少し安心した。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ほぅほぅ…」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…『神』に全天使を操られた際、スペルムはその天使達の解放に向かった」
    …? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…兄は真面目で、弟は不真面目」 -- 天上界:神殿前
  • むっ…スペルムが…? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「へぇ…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…下級、中級の天使達は皆解放に成功したが、上級天使の3名の呪いは解けなかった」
    …。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…弟の方は変態、KYとロクでもない奴だ」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふへぇ…弟くんはある意味凄いなぁ…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…だが、記憶は失われていなかった。スペルムの必死の呼びかけで呪いを抑えた」
    …。 -- 星空の祠
  • スペルム「…毎回のように注意されているが懲りる気配はなし」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「(ノ∀`)アチャー」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…だが、未だに『神』について聞かれると敵と化する」
    え、えっと、貴方は『神』について何か知りませんか? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…中級天使アテナの悩みでもある」 -- 天上界:神殿前
  • そうなのか…。ヘイムダルは何か知らないか?『神』について…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「そのアテナって人も大変だねー…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…狡知の神・ロキ」
    …はい? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…うぬ」 -- 天上界:神殿前
  • 狡知の神ロキ…!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふひゅう…」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…悪魔ヨキはそやつの仮の姿」
    …。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…あやつの相手は我でも疲れるほど」 -- 天上界:神殿前
  • なっ…!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「そうだよねー…」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…つまりミカエル、ガブリエル、ラファエルの3名はロキの傀儡人形に過ぎない。悪魔ヨキをわざと追い出そうとしたのも本体の思考ゆえ。
    傀儡3名はウリエルが闇化してもかまわないと思っているが、奴らがそのロキの味方であることを知られないためにとった行動」
    そ…そんな…。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…困ったものだ」 -- 天上界:神殿前
  • そんな馬鹿な…ミカエルやガブリエルの行動も全て演技であったと言うのか…!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「…スペルムは今、疲れてる?」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…そう言う事になる」
    で、ですが、ミカエル様の幻影体であるミカエ様は!? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…そうだな、少し疲れている」 -- 天上界:神殿前
  • そうだ…ミカエはどうなる!?ミカエもまた、ロキの傀儡人形なのか!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「それなら…えーっと…(バッグを漁る)」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…アレは違う。傀儡人形ではなくミカエル本来の意思を持つ幻影体」
    …という事は、ミカエ様が本当のミカエル様の思いを持つと? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…ん?」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエの意思が…ミカエル本来の意思を持っている…と? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あったあった…はい!リミュウ特製の栄養ドリンクだよ!(バッグから栄養ドリンクを取り出す)」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…現時点ではミカエがミカエル本体であると考えて欲しい。
    あやつはロキに洗脳される直前に作り出されたミカエルの幻影体」
    そうだったのですか…。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…栄養ドリンク?」 -- 天上界:神殿前
  • …うむ、分かった。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん!これを飲めば疲れも一気に吹き飛ぶこと間違いなし!」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…長きに渡るロキの洗脳…か」
    …あ、あの、貴方の名前を伺いたいのですが。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…(疑っているようだ)」 -- 天上界:神殿前
  • ウリエル、この者はヘイムダルだ。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あっ…もしかして疑ってる?」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル様…ですか?
    ヘイムダル「…」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…うぬ」 -- 天上界:神殿前
  • うむ、そうだ。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「大丈夫!飲んでもおかしくなったりはしないよー」 -- 天上界:神殿前
  • 変わった方ですね…。
    ヘイムダル「…よく言われる」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…それは真か?」 -- 天上界:神殿前
  • ふむ…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん!ボクやパルーナも時々飲んでるからね!」 -- 天上界:神殿前
  • 僕はウリエルと申します。
    ヘイムダル「…お前の事は知っている」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…分かった、飲んでみるか」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「はい、どうぞー!(スペルムに特製栄養ドリンクを渡す)」 -- 天上界:神殿前
  • ふぇっ?
    ヘイムダル「…お前が闇化してから数か月後の事であった」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…んぬ(特製栄養ドリンクを受け取り、飲んでみる)」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「お味はどう?」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…ミカエル達がロキに洗脳されたのは」
    …。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…妙な味だ」 -- 天上界:神殿前
  • ふむ…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「まぁ、味は好みが分かれちゃうかなー」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…闇化したウリエルを止めにいったガブリエル、ラファエルに目を付けたらしく」
    …。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…地上には変わった物もあるのだな」 -- 天上界:神殿前
  • …(あの時の事…か?) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん、地上には面白い物がたっくさんあるんだよー!」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…奴らが寝ている隙を狙って洗脳。その後下級、中級の全天使も洗脳」
    …。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…地上も人間も興味深いものだ」 -- 天上界:神殿前
  • ロキ…卑劣な奴め…! -- 一方のバハムート
  • リミュウ「おぉっ!何だか嬉しいねぇ!」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…だが、マルドクとアテナ、我は狙われなかった」
    …? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…機会あらば行こうと思う」 -- 天上界:神殿前
  • むっ…? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「その時はボクが地上を案内してあげるよ!」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…マルドクとアテナは人間と変わらない姿をしているから天使だとは思っていなかった模様」
    ふむ。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「その時は頼むぞ、リミュウ」 -- 天上界:神殿前
  • それでは…ヘイムダル、お主は何故…? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん!ボクにどーんと任せなさーい!」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…我とあやつは遠い昔に戦いあったことがある。我には効かぬことを知っていた」
    …? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「うぬ」
    マルドク「何? 地上に行くのか?」←戻ってきた -- 天上界:神殿前
  • 遠い昔に…ロキと戦った事が…? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「おっ?」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…『フレイヤ』の首飾りを取り戻すためにな」
    …フレイヤ? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「なんだ、お前も行くのか?」
    マルドク「いいじゃねぇか別に。オレもたまにゃ地上に行きたいんだ」 -- 天上界:神殿前
  • フレイヤ? 何だか聞いたことがあるような…ないような…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うんうん、行くなら大勢の方が楽しいよー!」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…フライヤではない」
    ですよねー。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「はぁ、うるさい奴が付いてくるはめになったか…」
    マルドク「なんだよー」 -- 天上界:神殿前
  • う、うむ…分かった。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あはは…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…あやつには『フレイ』という兄がいる」
    フライヤ様は兄弟はいないとおっしゃっていました気が。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…まぁよい」
    マルドク「天上界退屈なんだよなー」 -- 天上界:神殿前
  • ふむ…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「地上は刺激的だもんねー」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…とまぁ、そやつの首飾りを取り戻すために奴と戦った経験があるのでな」
    …それで、強さは? -- 星空の祠外のウリエル
  • マルドク「だってよー、天上界なんてスペルム様の神殿や花畑、広場ぐらいしかねーし」
    スペルム「…悪かったな」 -- 天上界:神殿前
  • そうだったのか…実力はどうだったのだ? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あらら…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…我と同等」
    …つまり、ヘイムダル様はそのロキと同じ強さ? -- 星空の祠外のウリエル
  • マルドク「飯はすげぇ美味いけどよ」
    スペルム「…ほとんどは我の手作りだが」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル、お主はロキと同等の強さ…なのか? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「へぇ…スペルム、料理できるんだ?」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…奴の事だから手を抜いている可能性もあるが、我と同等」
    …(汗) -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…うぬ」
    マルドク「スィミナ様のはダメダメだけどな」 -- 天上界:神殿前
  • ふむ…そうなのか…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ボクも料理はからっきしなんだ…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル「…うぬ」 \先程の不届き者共め!/\まだこの場にいたのか/
    ! -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…あいつの料理はたちわるい。料理とは思えない謎の物体だ」
    マルドク「匂いをごまかしてるんだぜ…」 -- 天上界:神殿前
  • この声は…ミカエル達かっ!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うひゃあ…聞いてるだけでも恐ろしいよ…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • 僕達を追ってきたのですか…!?
    ヘイムダル「…ウリエル、バハムート、我の後ろへ」
    ミカエル「お前達を消す」
    ガブリエル「すべては神の思し召しのままに!」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…匂いをごまかすのがたちわるい」
    マルドク「オレそれ食って腹壊したwww」 -- 天上界:神殿前
  • うむ、分かった…!(ウリエルを抱きかかえてヘイムダルの後ろへ) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「匂いは料理の印象を決める大事なポイントだからねー」 -- 天上界:神殿前
  • ひゃうっ!
    ミカエル「…だが、ウリエルは闇に堕とさせてもらう」
    ガブリエル「『神』は欲している」
    ヘイムダル「…(ホルンを降ろす)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…うむ」
    マルドク「匂いだけ良くてもダメだなー」 -- 天上界:神殿前
  • 貴様等にウリエルを渡してなるものか! -- 一方のバハムート
  • リミュウ「匂いと味は必ずしも比例する訳じゃないからねー」 -- 天上界:神殿前
  • えうぅ…
    ミカエル「…さぁウリエル、私た(ry」
    ガブリエル「我等のも(ry」
    ※目に見えない速さのヘイムダルの右ストレートが入った -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…見た目は最悪」
    マルドク「だよなー」 -- 天上界:神殿前
  • !? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「匂いがよくても、味はダメだって時もあるしねー…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル、ガブリエル「…(気絶)」
    ヘイムダル「…先程の事は忘れろ(ミカエル、ガブリエルにちょっとした魔法をかける)」
    …。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…うむ」
    マルドク「味と見た目がダメなのはアウトだな」 -- 天上界:神殿前
  • ヘイムダル、その魔法は…? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「匂いは百歩譲ってまだ我慢できるけど…味がダメだとアウトだね」 -- 天上界:神殿前
  •  …。
    ヘイムダル「…『神』について聞かれる前の奴らに戻しておいた」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…」
    マルドク「あぁ…」 -- 天上界:神殿前
  • ふむ…これでひとまずは安心という事か…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「見た目も大切だよ!料理の印象を決める要素だからねー」 -- 天上界:神殿前
  •  ……。
    ヘイムダル「…(指パッチンで二人の気絶状態を解く)」
    ミカエル「…(起き上がる)」
    ガブリエル「んん…」


    実はいたヨキ「…(やっぱりヘイムダルは変わんないなぁ…)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…スィミナの料理は3日間寝込ませるほどの破壊力」
    マルドク「ですよねー」 -- 天上界:神殿前
  • ! -- 一方のバハムート
  • リミュウ「3日間も寝込ませるの!?」 -- 天上界:神殿前
  • ! ミカエル様、ガブリエル様!
    ミカエル「…私は一体…」
    ガブリエル「ぬ? この声はウリエルか?」
    ヘイムダル「…(そっと退場)」


    ヨキ「…(いいもん、後で呼んでやるし)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…サンメタ兄弟が味見して3日間寝込んだ」
    マルドク「そいつらが犠牲になったのかよw」 -- 天上界:神殿前
  • ミカエル、ガブリエル!(ミカエル達に駆け寄る) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「(ノ∀`)アチャー」 -- 天上界:神殿前
  • 大丈夫ですか?
    ミカエル「…私は大丈夫だが…」
    ガブリエル「よかった…さらわれなかったのだな」


    ヨキ「…(ふ~んだ)(退場)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…奴は言っていた。『スィミナサマノハリョウリデハアリマセン、ドクイリショクヒンデス!』と」
    マルドク「毒入りとかw」 -- 天上界:神殿前
  • …(ヘイムダル…感謝する) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「毒入り料理…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • えぇ…。
    ガブリエル「…」
    ミカエル「…久々に外に出た」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…そりゃそうだな。料理に洗剤入れてるし…」
    マルドク「ゑ」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「せ、洗剤!?」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「…すまぬ、我の力不足で…」
    いえ、そのようなことは…。
    ミカエル「…スペルム様に会いに行ってくるかな」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…他には石鹸とか」
    マルドク「やべぇwww」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「もはや料理じゃないよー!?」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「そなたらに迷惑を…」
    僕も迷惑かけてごめんなさい。
    ミカエル「…(悪魔ヨキ…か)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…オムライスにコーヒーゼリーとか」
    マルドク「おかしいだろwww」 -- 天上界:神殿前
  • …(ヨキ…奴は再びウリエルを狙って現れるはずだ…) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ず、随分と独創的な料理だね…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「…」
    僕が油断していたがために…。
    ミカエル「…(心なしか、ニヤリと笑った気がする…)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「悪い意味でな」
    マルドク「他になんかないのか?w」 -- 天上界:神殿前
  • …むっ?(ミカエルを見て) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「そうだね…他に何かありそう?」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「…そろそろラファエルを連れてくるとするかな」
    そうですね…。
    ミカエル「…ん?」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…シチューにかき氷」
    マルドク「ねーよwww溶けるだろwww」 -- 天上界:神殿前
  • …(今…ミカエルが笑ったような…?) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「かき氷シチューかぁ…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「…ウリエル?」
    いえ、何でもありません。
    ミカエル「…私の顔に何かついてるか?」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…案の定溶けてる。くっそまずい」
    マルドク「ですよねーwww」 -- 天上界:神殿前
  • …いや、何でもない。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ですよね~」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「…(ウリエルが我等を警戒している…?)」
    ミカエル「…そうか」
    …(やはり安心はできませんね…) -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…ブルーハワイシチューなどは最悪」
    マルドク「青いシチューとかまずそうwww」 -- 天上界:神殿前
  • …(うむ、油断は禁物だな…) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「青いシチューとか見てるだけで食欲が無くなりそうだよー…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「…(いいだろう、また『神』が動きし時に)」
    ミカエル「…」
    …(ミカエル様達が…ロキの…手下であると言うことが…) -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「見た目からして食べる気しない」
    マルドク「ですよなーw」 -- 天上界:神殿前
  • …(ウリエル、お主は我がこの身を張ってでも守る) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「食欲減退シチューだね…」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「…」
    ミカエル「…」 (ガブリエル、ミカエル聞こえる? 今一度冥界に来てよ)←二人にしか聞こえない
    …(怖い…です) -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…」
    マルドク「で、その料理はどうしたんだ?」 -- 天上界:神殿前
  • …(たとえこの命が尽きようとも…ウリエルは守りぬいてみせる) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「もしかして…全部残さずに食べた?」 -- 天上界:神殿前
  • ガブリエル「…承知した」
    ミカエル「…行くぞ」 ※二人とも地上に向けて飛び立つ
    …。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…我の空間操作で消しておいた」
    マルドク「スペルム様らしいな」 -- 天上界:神殿前
  • …(飛び立つミカエル達を見る) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「おぉーっ!」 -- 天上界:神殿前
  •  …。
    ―すべては神…ロキ様のために -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「我は空間の神だからな…」
    マルドク「すげぇよな」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「うん、とってもすごーい!」 -- 天上界:神殿前
  •  …(兜を被る) -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「スィミナは時の女神」
    マルドク「時間を操れるのも凄いと思うが」


    ヘイムダル「…(いつの間にか神殿の屋根の上に)」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「時間を操れるのと空間を操れる…どっちがいいかな?」 -- 天上界:神殿前
  •  …(座り込んでる)
    キュピィ×2「きゅぴ」「きゅぴ」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「時と空間は対に位置するもの。どちらもなければ世界は乱れる」
    マルドク「どっちもいいなぁ~」 -- 天上界:神殿前
  • …(目を瞑っている) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「そうだよねー…」 -- 天上界:神殿前
  •  …(正直信じられません)
    キュピィ×2「きゅぴ?」「きゅぴ?」(片方はウリエル、もう片方はバハムートに近寄る) -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…現につい最近までスィミナがいなかったために時が乱れていた」
    マルドク「ふぇっ?」 -- 天上界:神殿前
  • …(まさか…ミカエル達がロキの手に堕ちていたとはな…) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「そうだったの?」 -- 天上界:神殿前
  • キュピィA「…きゅぴ」
    …お前はキュピィか。どうした?
    キュピィB「きゅぴ」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…あぁ。だが今は復活したから気にするな」
    マルドク「んぁー」 -- 天上界:神殿前
  • …むっ?(キュピィに気づく) -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ふへぇ…」 -- 天上界:神殿前
  • キュピィA「きゅぴ(ラファエル様なら大丈夫)」
    ラファエル様…?
    キュピィB「きゅぴ(ラファエル様なら自身の癒しでロキの洗脳を解いた)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…もっとも、今どこでフラフラしてるかは知らんが」
    マルドク「そうだ、早く地上行こうぜ」 -- 天上界:神殿前
  • つまり…ラファエルはロキの傀儡ではない、ということか!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「おっ、地上に行くー?」 -- 天上界:神殿前
  • キュピィA「きゅぴ(うん)」
    キュピィB「きゅぴ(ラファエル様はロキの傀儡じゃない)」
    よかった…安心しました…。


    ヘイムダル「…(すっかり忘れていた)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…そうだな」
    マルドク「おぅ! 楽しみだぜ!」 -- 天上界:神殿前
  • 良かった…ラファエルが味方なら心強い。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「ボクもスペルムを案内するのが楽しみだよー!」 -- 天上界:神殿前
  • キュピィA「きゅぴ(でも、一つだけ注意してほしい)」
    キュピィB「きゅ(ガブリエル様の事なんだけど)」
    ? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…誰かに留守番頼まないとな」
    ヘイムダル「…我が留守番を担当する」
    マルドク「!? いきなり出てくんなよ!」 -- 天上界:神殿前
  • むっ…ガブリエルがどうかしたのか? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「おわっ!ヘイムダル!?」 -- 天上界:神殿前
  • キュピィA「…きゅ(ええと…)」
    キュピィB「きゅ…(ガブリエル様が巨大化したところ、見たことある?)」
    ふぇっ? -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…ヘイムダル、留守番頼む」
    ヘイムダル「…承知」
    マルドク「心臓が止まるかと思ったぜ…」 -- 天上界:神殿前
  • うむ、それなら一度見たことあるが…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「びっくりしたぁ…(汗)」 -- 天上界:神殿前
  • キュピィA「きゅ…(その能力…)」
    キュピィB「きゅぴ(ロキに込められた能力だよ)」
    ゑ -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…さて、いくか」
    マルドク「お、おぅ」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • なっ…なんだと!? -- 一方のバハムート
  • リミュウ「おーっ!」 -- 天上界:神殿前
  • キュピィA「きゅ(ラファエル様が言ってた)」
    キュピィB「きゅ(ガブリエル様に向けて『君は力の天使だからこの能力をあげるね』と)」
    …。 -- 星空の祠外のウリエル
  • スペルム「…はっ!(雲から飛び降りる)」
    マルドク「ゑゑゑゑゑ!?」
    ヘイムダル「…」 -- 天上界:神殿前
  • そんな…ことが…。 -- 一方のバハムート
  • リミュウ「あっ、ボクも行っきまーす!(スペルムに続いて雲から飛び降りる)」← -- 天上界:神殿前
  • キュピィA「きゅぴ(それを見たラファエル様は怖くなって逃げたと言っていた)」
    キュピィB「きゅ…(あの時のウリエルと同じと…)」
    ……。 -- 星空の祠外のウリエル
  • マルドク「リミュウまで!?」
    ヘイムダル「…安心しろ、奴らの着地点に雲のクッションを出現させておくから」 -- 天上界:神殿前
  • …。 -- 一方のバハムート
  • キュピィ、今ラファエル様がどこにいるか分かるか?
    キュピィA「きゅ(えぇと…)」
    キュピィB「きゅぴ(レインスルフのスーパーにいるみたい)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • レインスルフのスーパー?…キュピィとやら、ラファエルは一人なのか? -- 一方のバハムート
  • キュピィA「きゅ…(えっと…)」
    キュピィB「きゅ(他にサリエルと巫女服の女性がいる気がする)」
    げっ -- 星空の祠外のウリエル
  • サリエルと…巫女服の女は恐らくユーミスだな。 -- 一方のバハムート
  • 急に会う気失せました
    キュピィA「きゅ」
    キュピィB「きゅぴ?」 -- 星空の祠外のウリエル
  • ウリエル…(汗) 気持ちは分からないでもないが…。 -- 一方のバハムート
  • ですが…ラファエル様に会わなくては
    キュピィA「きゅ」
    キュピィB「きゅぴ(冥界から強い邪気を感じる)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • そうだな…ん、冥界? -- 一方のバハムート
  •  …どういう事だ?
    キュピィA「きゅ…(ブルブル)」
    キュピィB「きゅぴ!(ガブリエル様が…『身体変化』の魔法を…!)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • なっ…ガブリエルが!? -- 一方のバハムート
  • !?
    キュピィA「きゅぴ…」
    キュピィB「きゅぅ…(威圧感が酷い…)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • いったい…何が起こっているのだ…!? -- 一方のバハムート
  •  …(怯え状態)
    キュピィA「きゅ…」
    キュピィB「きゅぴ…(ロキの城を覆うほどの…)」
    シロガネ「ギャウ!」← -- 星空の祠外のウリエル
  • むっ、シロガネ!? -- 一方のバハムート
  •  …(蹲ってる)
    シロガネ「ギャーウ(ファヴニールが捕まった)」
    キュピィA「きゅぴ!?」
    キュピィB「きゅぴ…(これはすごくまずいと思う…)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • ファヴニールが捕まった…だと!? -- 一方のバハムート
  •  …。
    シロガネ「ギャオ(ベレールが助けに行ってるけど…)」
    キュピィA「きゅぴ?」
    キュピィB「きゅ?(ベレール?)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • ふむ…ベレール一人で行ったのか? -- 一方のバハムート
  • ミカエル様と…ガブリエル様の…バカ…。
    シロガネ「ギャウ(うん)」
    キュピィ×2「きゅ…?」 -- 星空の祠外のウリエル
  • そうか…どうも心配だな…。 -- 一方のバハムート
  • なんで…あんな奴の…。
    シロガネ「ギャウ?(行ってみる?)」
    キュピィ×2「きゅ…」 -- 星空の祠外のウリエル
  • うむ、奴らの様子も調べておきたいしな。 -- 一方のバハムート
  •  …。
    シロガネ「ギャ(分かった。空間生成するね)」
    キュピィ×2「きゅ…(気を付けて…)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • …キュピィとやら。一つ頼まれてくれるか? -- 一方のバハムート
  •  …。
    シロガネ「ギャーウ」
    キュピィ×2「きゅぴ?(何?)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • 我等が冥界に行っている間…ウリエルを守ってくれ。 -- 一方のバハムート
  • 僕も行きたいです…。
    シロガネ「ギャオ」
    キュピィ×2「きゅぴ(分かった)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • ウリエル、お主の気持ちも分かる。だが…我はこれ以上、お主を危険に晒したくない。 -- 一方のバハムート
  • で、でも…!
    シロガネ「ギャウ(空間出来たよー)」
    キュピィ×2「きゅ…」 -- 星空の祠外のウリエル
  • 大丈夫だ、すぐに戻ってくる。(ウリエルを撫でる) -- 一方のバハムート
  • ひゃうっ…。 必ず、戻ってきてくださいね?
    シロガネ「…(空間に入る)」
    キュピィ×2「きゅ…(ウリエル…)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • うむ、約束しよう。我等は絶対に無事に戻ってくる…と。 -- 一方のバハムート
  •  …はい。
    キュピィ×2「きゅ…(僕らもウリエルを護ると約束する)」 -- 星空の祠外のウリエル
  • キュピィ達…ウリエルを頼んだぞ!(空間に入る) -- 一方のバハムート
  • キュピィ×2「きゅ(ウリエルを光の結晶に閉じ込める)」
    あっ…。 -- 星空の祠外のウリエル