キャラなりきり雑談所 > inヨースターエリア > その166


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 今日はあたしがあらすじ役!
    ・猫魔界に現れた変な奴はやっぱり外道狐だった!結局フルボッコにされたけどねw
    ・一方のディース達は買い物中。楽しそうね!
    ・真っ白なドラゴンが猫魔界に?まさかレシラムじゃないでしょうね…?
    ・家でのクリスの料理伝染は防げたそうよ。危機一髪だったわ…。
    ・猫魔界に現れた猫耳の幼女はいったい何者?猫魔族じゃないらしいけども…。
    ・外道狐を退けたレオン達は竜人界へと続く道の手がかりを手に入れたみたいね。
    …あたしも(ry -- あらすじ:ビリジオン
  • 店長「ニャウーッ!」
    ディース「いてて…気持ちいいだろー?」
    ニェール「その子の尻尾を放せよーぅ!」


    ネール「扉もボロボロですミャ…(古びた祠の入り口前にいる)」
    秋影「鍵は掛かってないようでござるな」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「私の方は多少甘くしてみました」


    リミュウ「…(汗)」 -- 家の中にて
  • ????「ニャーッ!」
    リルム「凄い気持ちいいよー」


    レオン「…触っただけで開いたりして」
    ライバーン「ギャウ?」 -- 猫魔界
  • ポワン「…持っていきましょ」
    マルドク「チーッスwww(入ってきた!)」


    スペルム「…どうせ追い出されるがオチだろう」 -- 家中。
  • 店長「ニェール!何とかしろニャ!」
    ニェール「何とかしようとしてるよぅ!」
    ディース「もふもふしてて気持ちいいよな!」


    ネール「開けてみますミャ…(祠の扉を押す)」
    秋影「…」
    (祠の扉は大きな音を立てて開いた) -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「そうですね。 なっ…誰ですか貴方は!?」


    リミュウ「そうかもねー…(汗)」 -- 家の中にて
  • ????「はーなーせーニャー!」
    リルム「うん!」


    レオン「マジで開いたわ」
    ライバーン「ギャ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…(マルドクスルー)」
    マルドク「オレはマルドク。卵焼きの匂いに釣られてきて来ちまった」


    スペルム「…」 -- 家中。
  • 店長「最後まで諦めるニャよ!」
    ニェール「諦めてねーよぅ!」
    ディース「もふもふ~♪(また????の尻尾を触り始めた)」


    ネール「…開いちゃいましたミャ」
    秋影「行くでござるか?」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「そうなのですか…しかし、残念ながらマルドクさんの分の卵焼きは無いと思います」


    リミュウ「…」 -- 家の中にて
  • ????「うニャー! 放すニャー!」
    リルム「だが断る」


    レオン「あぁ」
    ライバーン「ギャオ!」 -- 猫魔界
  • マルドク「なん…だと…」


    スペルム「…そもそも、人数分しかないだろうと」 -- 家中。
  • 店長「お得意のハンマーで何とかしろニャ!」
    ニェール「店が半壊してもいいならやってやるよぅ」
    ディース「断る!」


    ネール「行きましょうミャ!(祠に入る)」
    秋影「…(同上)」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「すみません…それでは。(リビングに向かう)」


    リミュウ「ですよねー」 -- 家の中にて
  • ????「フニャーッ!」
    リルム「もふもふ」


    レオン「おぅ!(祠へ)」
    ライバーン「ギャオ!(同上)」 -- 猫魔界
  • マルドク「orz」


    スペルム「…図々しすぎにも程がある」 -- 家中。
  • 店長「半壊!?そんなに暴れるつもりかニャ!?」
    ニェール「うん」←
    ディース「もふもふっ」


    ネール「わっ…中もボロボロですミャ」
    秋影「ふむ…」
    (祠の中はクモの巣が張っていたり、壁が崩れていたりしている。奥に地下へと続く階段のようなものが見える) -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「…(向かう途中でマルドクの方を振り向く)」


    リミュウ「あはは…(汗)」 -- 家の中にて
  • ????「おみゃーら放すニャーッ!」
    リルム「やだ」


    レオン「凄い古いな…」
    ライバーン「ギャオ(階段があるな)」 -- 猫魔界
  • マルドク「orz」


    スペルム「…あやつは我儘王子としても知られているからな」 -- 家中。
  • 店長「やっぱやらなくていいニャ!」
    ニェール「それはそれで何だか嫌だよぅ(と言いつつハンマーを持つ)」
    ディース「断る」


    ネール「…あの階段の先に何かありそうですミャ」
    秋影「建てられてからかなりの年月が経っているでござるな…」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「やれやれ…分かりました、あとで何か作ってあげますよ」


    リミュウ「そうなんだー?」 -- 家の中にて
  • ????「フギャーッ!」
    リルム「www」


    レオン「下りてみようぜ」
    ライバーン「ギャオ」 -- 猫魔界
  • マルドク「…(バッ)」


    スペルム「大ぐらい我儘王子」 -- 家中。
  • 店長「ちょっ…ハンマー持つニャよ!」
    ニェール「てて~て♪てててて~♪(リルム達に近寄る)」←ハンマーの曲を歌ってる
    ディース「www」


    ネール「はいですミャ!(階段を下りていく)」
    秋影「承知!(同上)」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「それでも構いませんか?」


    リミュウ「…(汗)」 -- 家の中にて
  • ????「ニャーッ!」
    リルム「ん?」


    レオン「よしっ(階段を下りる)」
    ライバーン「ギャーウ(同上)」 -- 猫魔界
  • マルドク「食い物なら何でもおkだぜ!」


    スペルム「…はぁ」 -- 家中。
  • 店長「変な歌も歌うニャーッ!」
    ディース「んっ?」
    ニェール「ふぅ…二人とも、そろそろその子の尻尾を放してやるよぅ」


    ネール「ここは…」
    秋影「…」
    (階段を下りた先には石碑が一つあるだけの小部屋があった) -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「分かりました。少し待っていて下さいね(ニコッ)」


    リミュウ「…」 -- 家の中にて
  • ????「ニャニャーッ!」
    リルム「えー、気持ちいいのに~」


    レオン「…石碑だけか?」
    ライバーン「ギャオ?」 -- 猫魔界
  • マルドク「おぅ!」


    スペルム「…」 -- 家中。
  • 店長「ニャウッ…」
    ディース「えーっ」
    ニェール「分かった、あとで僕の尻尾を触らせてやるからよぅ」


    ネール「石碑と…あっ、地面に魔法陣が描かれていますミャ!」
    秋影「ふむふむ…」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「それでは…またあとで(リビングに向かう)」


    リミュウ「…」 -- 家の中にて
  • ????「フニャー!」
    リルム「…えー」


    レオン「この魔法陣に乗れば行けるのだろうか?」
    ライバーン「ギャウ?」 -- 猫魔界
  • マルドク「なんかわりぃなー」


    スペルム「…家の様子見てきていいか?」 -- 家中。
  • 店長「…(汗)」
    ディース「…なんか触り心地悪そう」←
    ニェール「ニャッ!?」


    秋影「石碑によると、その魔法陣が竜人界に繋がっていると見て間違いなさそうでござるよ」
    ネール「ふみゃ…この魔方陣も再び魔力を込めれば起動しそうですミャ」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「いえいえ、遠慮することはありませんよ」
    カーネイジ「ぬっ、白ヨッシーも来たかや?」
    ヨッシー「やっほー!」←卵焼きの匂いにつられて来た
    紫ヨッシー「…」


    リミュウ「うん、ボクも行くよ!」 -- 家の中にて
  • ????「うーにゃー!」
    リルム「こっちの子の方がいい」


    レオン「…オレ、魔力ないけど大丈夫か?」
    ライバーン「ギャオ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…」


    スペルム「…分かった。行くぞ(家の中へ)」 -- 家中。
  • 店長「ちょっw」
    ディース「俺もこの子の尻尾がいいぜ」
    ニェール「なっ…うぇっ…!?」


    秋影「拙者も魔法の類は苦手でござる…(汗)」
    ネール「大丈夫、私がやりますミャ!」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「皆さん、お待たせしてすいません…」
    カーネイジ「いやいや、別に構わぬよ」
    ヨッシー「卵焼きの匂いがしたから来たよ!」
    紫ヨッシー「ヨッシー、お前は自重しておけ」


    リミュウ「おーっ!(家の中へ向かう)」 -- 家の中にて
  • ????「ニャー!」
    リルム「もふもふ」


    レオン「あぁ、頼んだぜ」
    ライバーン「ギャオ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…マルドクが邪魔してきたみたいね」


    スペルム「…ふむ、広いな…」 -- 家中。
  • 店長「触り心地が悪そう…プッw」←
    ディース「もふもふっ」
    ニェール「僕の尻尾…(しょぼん)」


    秋影「ネール殿、頼むでござるよ」
    ネール「了解ですミャ!(魔法陣の中心に移動する)」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「はい…(汗)」
    カーネイジ「マルドク?そう言えば、さっき誰かが通って行った気がするのう」
    ヨッシー「えーっ!」
    紫ヨッシー「お前が食べると一瞬で無くなるだろうに…」


    リミュウ「ここがヨースターハウス!」 -- 家の中にて
  • ????「いーから放すニャー!」
    リルム「もふっもふっ」


    レオン「…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…食いしん坊我儘王子」


    スペルム「…ヨースターハウスと言うのか。少し変わった名だが、いい家だ」 -- 家中。
  • 店長「ニェールwww」
    ディース「もっふもふ」
    ニェール「…(しょぼん)」
    ムウス「…お前達は何をしている?」←買い物を済ませて戻ってきた


    秋影「…」
    ネール「むぅぅっ…(魔法陣に魔力を込め始める)」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「食いしん坊…ヨッシーみたいですね」
    カーネイジ「恐らくその卵焼きを狙っておったのじゃろう…」
    ヨッシー「僕も食べたーい!」
    紫ヨッシー「少しは我慢しろ」


    リミュウ「へへっ、そうでしょ?」 -- 家の中にて
  • ????「誰でもいいニャ、ニャーを助けてほしいニャーッ!」
    リルム「www」


    レオン「…」
    ライバーン「ギャオ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…(コクッ)」


    スペルム「…うぬ。 …ところで何故羽根が落ちている(白い羽根を拾う)」 -- 家中。
  • 店長「www」
    ディース「もふもふ~」
    ニェール「…(ずーん)」
    ムウス「やれやれ…仕方のない奴らだ(リルム達に近寄る)」


    ネール「むうぅっ…!(魔法陣が少しずつ光り始める)」
    秋影「…!」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「さて、早速卵焼きを食べましょうか」
    カーネイジ「そうじゃの!」
    ヨッシー「えーっ」
    紫ヨッシー「…」


    リミュウ「あれ、本当だ…」 -- 家の中にて
  • ????「コイツら鬼畜だニャ~!」
    リルム「鬼畜とは失礼な!」


    レオン「!」
    ライバーン「ギャ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…えぇ」


    スペルム「…羽根の質感からしてミカエの物だな」 -- 家中。
  • 店長「www」
    ディース「俺達は鬼畜じゃない!」
    ニェール「…(どう見ても鬼畜だよぅ)」
    ムウス「…(リルム達の後ろに立つ)」


    ネール「もう少し…ですミャ…!(更に光が強くなっていく)」
    秋影「!」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「私の卵焼きは甘めの味付けです」
    カーネイジ「ふぬ」
    ヨッシー「紫ヨッシーも食べたいでしょ?」
    紫ヨッシー「今は別に空腹ではない」


    リミュウ「ミカエ達も家に来てたのかな?」 -- 家の中にて
  • ????「全然放してくれないニャー!」
    リルム「本当に気持ちいいんだもん」


    レオン「うおっ、まぶしっ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…私のは少し辛みが効いてる」


    スペルム「そのようだな」 -- 家中。
  • 店長「ふーっ…久々によく笑ったニャ」
    ディース「気持ちいいだもんなー」
    ニェール「…ん?」
    ムウス「お前達、その辺にしておけ(リルムとディースを掴んで持ち上げる)」


    ネール「終わり…ましたミャ…(魔法陣は再び起動したようだ)」
    秋影「魔法陣が動き出したでござる!」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「私達で試食してみましょう」
    カーネイジ「そうじゃな」
    ヨッシー「ええっ!?」
    紫ヨッシー「そんなに驚かなくても…」


    リミュウ「あ、こっちにも落ちてる(白い羽根を拾う)」 -- 家の中にて
  • リルム「ぎゃっ」
    ????「うみゃっ」


    レオン「ホントだ!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…(コクッ)」


    スペルム「…(落ちている羽根を拾う)」 -- 家中。
  • 店長「うにゃ?」
    ディース「うわっ!?」
    ニェール「焼きと…ムウス!」
    ムウス「まったく…何をしていると思ったら…」


    ネール「はふぅ…(その場に座りこむ)」
    秋影「ネール殿、お疲れ様でござるよ」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「それでは…いただきます」
    カーネイジ「いただきますなのじゃ」
    ヨッシー「うわーん!」←紫ヨッシーに引きずられて行った


    リミュウ「羽根…結構落ちてるねー…(汗)」 -- 家の中にて
  • リルム「このこの尻尾触ってただけなのにぃ」
    ????「それが迷惑なんだニャ!」


    レオン「お疲れ~」
    ライバーン「ギャオ(尻尾でネールの頭を撫でる)」 -- 猫魔界
  • ポワン「…いただきます」


    スペルム「…あやつ、6枚も羽があるからすごい落ちてる」 -- 家中。
  • 店長「ニャニャッ!?」
    ディース「そうそう、尻尾を触ってただけだぜ?」
    ニェール「それで迷惑してたよぅ!」
    ムウス「やれやれ…(汗)」


    ネール「うみゃ…(気持ちよさそうだ)」
    秋影「少し休んでから出発するでござるか」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「まずはポワンさんの卵焼きを…(ポワンの卵焼きを食べる)」
    カーネイジ「妾は白ヨッシーの卵焼きを食べようぞ(白ヨッシーの卵焼きを食べる)」


    リミュウ「ふむふむ…」 -- 家の中にて
  • リルム「本当に気持ちいいんだよー?」
    ????「名前も聞かずにいきなり触って、失礼だニャ!」


    レオン「そうだな」
    ライバーン「ギャ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…(白ヨッシーの卵焼きを食べてる)」


    スペルム「…天使の羽根は定期的に抜け替わるからな…」 -- 家中。
  • 店長「…」
    ディース「すっごく触り心地がいいんだけどなー」
    ムウス「せめて相手の許可を取ってからだな…」
    ニェール「そう言えば、まだ君の名前を聞いてなかったよぅ(????へ)」


    ネール「ライバーンさん、ありがとうございますミャ…」
    秋影「承知でござる」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「もぐもぐ…ん、刺激があって美味しいです」
    カーネイジ「こっちは甘くて美味しいのじゃ」


    リミュウ「へぇー…」 -- 家の中にて
  • リルム「むぅ~」
    ????→バステト「ニャ、ニャーはバステトだニャ!」


    レオン「ははっ」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…甘くておいしい」


    スペルム「…特に翼が6枚あるミカエ、ラファエル、ガブリエルの抜け代わりの季節は大変」 -- 家中。
  • ディース「むぅっ…」
    ムウス「バステトか…我は魔王ムウスだ!」
    ニェール「僕はニェール。よろしくだよぅ!」


    ネール「ふみゃっ…(表情を和らげる)」
    秋影「…ふふっ」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「ポワンさん、やはり料理が上手ですね」
    カーネイジ「どれどれ…(次はポワンの卵焼きを食べる)」


    リミュウ「確かに大変そうだね…(汗)」 -- 家の中にて
  • リルム「むすぅーっ」
    バステト「ムウスにニェールだニャ? よろしく頼むニャ!」


    レオン「…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 猫魔界
  • ポワン「そんなことない(照) …白ヨッシーさんの卵焼きもおいしいわ」


    スペルム「…遠い昔に一辺に来られて廊下が羽根まみれになっていたこともある」 -- 家中。
  • ディース「むすっ…(頬をふくらませる)」
    ムウス「ハーッハッハッハッ!」
    ニェール「うん!君とは友達になれそうだよぅ」


    ネール「元気になりましたミャ!(立ち上がる)」
    秋影「体調はバッチリのようでござるな」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「ふふっ…ありがとうございます(ニコッ)」
    カーネイジ「おぉっ、こっちも美味しいのじゃ!」


    リミュウ「Oh…」 -- 家の中にて
  • リルム「…(なんか不満そう)」
    バステト「そうかニャ?」


    レオン「そのようだな」
    ライバーン「ギャー」 -- 猫魔界
  • ポワン「…こちらこそありがと」


    スペルム「…その時はアテナが掃除していた気がする」 -- 家中。
  • ディース「…(むすっ)」
    ムウス「さて、そろそろ下ろしてやるか(リルム達を下ろす)」
    ニェール「ほら、姿も似てるしよぅ」


    ネール「はいですミャ!」
    秋影「そうとなれば…行くでござるか?」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「ふふっ…さて、もう一つ頂きますね(ポワンの卵焼きを食べる)」
    カーネイジ「どっちの卵焼きも美味じゃのう!」


    リミュウ「アテナ?」 -- 家の中にて
  • リルム「…」
    バステト「ウニャー、確かにニャ」


    レオン「そうだな」
    ライバーン「ギャウ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…(微笑んでいる)」


    スペルム「…天使ではあるが、姿は人間に近い女」 -- 家中。
  • ディース「…」
    ムウス「ふぅっ…」
    ニェール「何と言うか…親近感がわくんだよぅ」


    ネール「皆さんは準備いいですかミャ?」
    秋影「拙者は大丈夫でござるよ」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「…(ニコニコ)」
    カーネイジ「これならいくらでも食べられるのじゃ!」


    リミュウ「ふむふむ…あ、そう言えばマルドクも見た目は人間っぽいよね」 -- 家の中にて
  • リルム「…」
    バステト「親近感かニャ?」


    レオン「オレも大丈夫だぜ!」
    ライバーン「ギャオ!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…そう言ってもらえると嬉しい」


    スペルム「…マルドクの女版と言っても差し支えはないだろうな」 -- 家中。
  • ディース「…」
    ムウス「んっ?」
    ニェール「うん、そうだよぅ」


    ネール「それでは、この魔法陣の上に乗って下さいミャ」
    秋影「承知でござる!(魔法陣の上に乗る)」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「ふふっ…嬉しいです」
    カーネイジ「ふぬ…白いご飯が欲しくなるのう」


    リミュウ「へぇー…マルドクの女版かぁ…」 -- 家の中にて
  • リルム「…」
    バステト「んにゃ、確かに沸く気がするニャ」


    レオン「おぅ!(魔法陣の上へ)」
    ライバーン「ギャウ(同上)」 -- 猫魔界
  • ポワン「…ご飯もいいかも」


    スペルム「…マルドク、アテナ、ヘイムダルは天使の羽も輪も持たない。普通の人間と変わらない」 -- 家中。
  • ディース「…」
    ムウス「?」
    ニェール「にゃふっ、それは嬉しいよぅ」


    ネール「魔法陣…起動ですミャ!(その場の全員がワープする)」
    秋影「!」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「白いご飯…いいですね」
    カーネイジ「そうじゃろう?」


    リミュウ「あっ、ヘイムダルも輪っかと羽無かったもんねー」 -- 家の中にて
  • リルム「…」
    バステト「猫仲間だニャ」


    レオン「!」
    ライバーン「ギャオ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…用意してくる?」


    スペルム「…ただ、ヘイムダルは人間とは言い難い」 -- 家中。
  • ディース「…」
    ムウス「どうしたお前達?」
    ニェール「猫仲間!いい響きだよぅ」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「はい、私が用意してきますね(キッチンに向かう)」
    カーネイジ「うぬ、頼んだぞ」


    リミュウ「確かに…何だか神秘的な雰囲気を出してたよね」 -- 家の中にて
  • リルム「…(またバステトの尻尾狙い)」
    バステト「そう思うニャ?」 -- 猫魔界
  • ポワン「…よろしくね」


    スペルム「…我もヘイムダルとは仲が良いものの、奴の素性はあまり知らぬ」 -- 家中。
  • ディース「…(リルムの方を見る)」
    ムウス「?」
    ニェール「仲間が増えるのは嬉しいことだよぅ」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「さて、ご飯を待っている間が暇じゃのう…」


    リミュウ「ふぅん…そうなんだー?」 -- 家の中にて
  • リルム「…(尻尾触りたい)」
    バステト「ウニャ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…そうね」


    スペルム「…あやつは異世界から来た者」 -- 家中。
  • ディース「…(リルム、また触るか?)」
    ムウス「?」
    ニェール「バステトもそう思うかよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「そうじゃポワン、妾にこの世界の事を色々教えてはくれぬか?」


    リミュウ「ふへぇ…」 -- 家の中にて
  • リルム「…(うん)」
    バステト「そう思うニャ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…少ししか教えられないけどいいかしら?」


    スペルム「…その頃からあの性格。何を考えているのかよくわからぬ」 -- 家中。
  • ディース「…(よし…今度はどうやって触る?)」
    ムウス「んっ?」
    ニェール「そうだ、バステトも僕達と一緒に猫魔界を観光しようよぅ!」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「んぬ、それでも構わぬよ」


    リミュウ「本当に不思議な人なんだねー」 -- 家の中にて
  • リルム「…(そうだなぁ…)」
    バステト「いい考えだニャ!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…分かったわ」


    スペルム「…うぬ」 -- 家中。
  • ディース「…(今度はムウスもいるしなぁ…)」
    ムウス「うむ、我も歓迎するぞ」
    ニェール「一緒に来てくれるかよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「ありがとうなのじゃ」


    リミュウ「今度会った時に色々聞いてみたいなぁ…」 -- 家の中にて
  • リルム「…(焼き鳥にすればいいんじゃないかな)」←
    バステト「一緒に行くニャ!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…私はここに来るまではレインスルフと言う町にいた」


    スペルム「…いいと思うぞ」 -- 家中。
  • ディース「…(リルム、ナイスアイデアだぜ!)」←
    ムウス「ハーッハッハッハッ!」
    ニェール「決まりだよぅ!旅は賑やかな方が盛り上がるはずだよぅ!」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「レインスルフ…とな?」


    リミュウ「やたっ♪」 -- 家の中にて
  • リルム「…(よし、そうと決まれば)」
    バステト「ウニャ~!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…ここから離れた所にある町。 今お兄様が滞在してる」


    スペルム「…とはいえ、奴は気まぐれで現れたり消えたりするからな」 -- 家中。
  • ディース「…(行動開始…だな)」
    ムウス「もっと賑やかになるな!ハーッハッハッハッ!」
    ニェール「わーいだよぅ!」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「ふぬふぬ…ん、ポワンには兄がおるのか?」


    リミュウ「ほぅほぅ…」 -- 家の中にて
  • リルム「…(ファイアの構え)」
    バステト「ニャーニャー!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…(コクッ)」


    スペルム「…本当に謎だ」 -- 家中。
  • ディース「…(リルムを見て頷く)」
    ムウス「ハーッハッハッハッ!」
    ニェール「バステト、お土産は買えたかよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「ポワンの兄はどんな人なのじゃ?」


    リミュウ「確かにねー…」 -- 家の中にて
  • リルム「…ファイア(ムウスに)」
    バステト「あ、まだ買ってないニャ」 -- 猫魔界
  • ポワン「…無口で冷静、だけど情熱がある」


    スペルム「…あやつの行動は正直予測不能」 -- 家中。
  • ディース「www」
    ムウス「アチッ!?(ダメージ1500)」
    ニェール「それならこの店で買っていくといいよぅ!ここの店長が僕の知り合いだからよぅ」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「ふぬ、そうなのかや…」


    リミュウ「…(汗)」 -- 家の中にて
  • リルム「www」
    バステト「そうなのかニャ!? ならば探してくるニャー!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…凄腕の剣士でもある」


    スペルム「…」 -- 家中。
  • ディース「焼き鳥www」
    ムウス「なっ…お前達の仕業かッ!?」
    ニェール「バステト、僕も一緒に行っていいかよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「凄腕の剣士とな!?それは凄いのう…」


    リミュウ「ふぅん…」 -- 家の中にて
  • リルム「さぁ?」
    バステト「構わないニャ、一緒に行くニャ!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…昔は『タンタ』と言う人とよく競っていたみたい」


    スペルム「…」 -- 家中。
  • ディース「俺は知らね」
    ムウス「我に炎の魔法を放っただろう!?」
    ニェール「うん、行くよぅ!」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「所謂"ライバル"…というやつかの?」


    リミュウ「…」
    パルーナ「うーっ…冷えてきたわね…」←スペルム達の近くを通りかかる -- 家の中にて
  • リルム「私も~」
    バステト「ウニャー!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…そんな感じ」


    スペルム「…ん?」 -- 家中。
  • ムウス「本当に知らないのか!?」
    ディース「本当に本当だぜ。リルムも見てないよな?」
    ニェール「にゃっふーっ!」 -- 猫魔界にて
  • カーネイジ「成る程のう…」


    リミュウ「おっ、パルーナだ!」
    パルーナ「暖房でも作ろうかしら…ん?」 -- 家の中にて
  • リルム「うん」
    バステト「お土産探しだニャ~!」 -- 猫魔界
  • ポワン「…お兄様、元気にしているといいけど」


    スペルム「…誰だ?」 -- 家中。