キャラなりきり雑談所 > inヨースターエリア > その168


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 今回は僕があらすじをしてみようか。
    ・竜人界に到着したレオン達。果たして何が待ち受けているのか…?
    ・猫魔界ではお土産探し。珍しい物も売っているのかな?
    ・家の中では天子と真冬が登場。ものすごい量のクッキーを持ってきたようだよ。
    ・レオン達は竜人界で出会ったリューンという男に導かれて竜人族の里へ。 -- あらすじ:ジーノ
  • ニェール「僕も何か買っていくよぅ」


    ディース「ふあーぁ…まだかかりそうだな」
    ムウス「…ん?」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「…どうぞ。(ポワンに麦茶入りコップを渡す)」
    ヨッシー「?」


    リミュウ「うん!全然OKだよー!」
    パルーナ「そうね…あたしも少し見てみるわ」 -- 家の中にて
  • バステト「ウニャ」


    リルム「暇だよ~…」 -- 猫魔界
  •  …ありがと
    スペルム「…」
    マルドク「あのなぁ、オレはクッキー食いに来ただけだぜ?」


    アテナ「それじゃ、お願いするわ」 -- 家中ポワン
  • ニェール「あれ、こんな所にマタタビが…あいつ、いつの間にこんなものを仕入れたんだよぅ?」


    ディース「暇だぁ…」
    ムウス「あれは…?」
    (その時、町の上空を真っ白なドラゴンが飛んで行った) -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「ふふっ…さて、食べましょうか」
    ヨッシー「?」


    リミュウ「オッケー!ボクについて来て!(家の地下に向かう)」
    パルーナ「…(リミュウについて行く)」 -- 家の中にて
  • リューン「ここが俺達の里だ」
    秋影「里にもドラゴンがいるでござるな」
    ネール「ふみゃふ…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「猫にマタタビだニャ!」


    リルム「?」 -- 猫魔界
  •  …そうね
    スペルム「…本当か?」
    マルドク「マジだぜー」


    アテナ「えぇ!(リミュウの後を追う)」 -- 家中ポワン
  • ライバーン「ギャウギャウ!」
    レオン「まーた興奮してんのか」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「バステト、買うかよぅ?」


    ディース「んっ?(上空を見上げる)」
    ムウス「…見たか?」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「もっきゅもっきゅ…」
    ヨッシー「?(首を傾げる)」 -- 家の中にて
  • バステト「買ってくニャ!」


    リルム「…見逃しちゃったぁ」 -- 猫魔界
  • ごくごく
    スペルム「…確かに、お前からはクッキーの気配しかしないな」
    マルドク「だろ?」 -- 家中ポワン
  • リューン「ははっ、仲間がたくさんいるんだもんな。興奮すんのも無理はない」
    秋影「ふむふむ…」
    ネール「ドラゴンさんがいっぱいですミャー」


    ククルカン「ゲンブ、冬花の奴を何とかしてくれよー」
    ゲンブ「そんなことを儂に言われてもな…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • ニェール「それなら僕も買っていくよぅ!」


    ディース「俺も見えなかったぜ…」
    ムウス「今、町の上空に白いドラゴンが見えたが…いったい…」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「ごくごく…」
    ヨッシー「もぐもぐっ!」 -- 家の中にて
  • バステト「ニャニャーン」


    リルム「白いドラゴン?」 -- 猫魔界
  • ライバーン「ギャウー!」
    レオン「やれやれ」 -- 竜騎士と赤竜
  • もっきゅもっきゅ
    スペルム「…疑って悪かった」
    マルドク「スペルム様も食ってみたらどうだ?」 -- 家中ポワン
  • ニェール「マタタビは嬉しい収穫だったよぅ」


    ディース「白いドラゴン?」
    ムウス「うむ、そのままあっちの山の方向に飛んで行った…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「さて、まずは俺の家に向かおうか!」
    秋影「了解でござる」
    ネール「ライバーンさんに乗ってレッツゴーですミャ!」


    ククルカン「おっ?」
    ゲンブ「ククルカン、どうしたのだ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • 白ヨッシー「もっきゅもっきゅ…」
    ヨッシー「一緒に食べる?(スペルムにクッキーを差し出す)」 -- 家の中にて
  •  …。
    スペルム「…?」
    マルドク「クッキーだぜ」 -- 家中ポワン
  • 白ヨッシー「ふぅ…美味しいですね」
    ヨッシー「美味しいよ!(ニッコリ)」 -- 家の中にて
  •  …えぇ。
    スペルム「なんだこの大量のクッキーは?」
    マルドク「さぁ?」 -- 家中ポワン
  • バステト「にゃんにゃん」


    リルム「…行ってみる?」 -- 猫魔界
  • レオン「おっし、いくぜ!」
    ライバーン「ギャウー!」 -- 竜騎士と赤竜
  • 白ヨッシー「ふむ…」
    ヨッシー「さっき来たお客さんに貰ったの!」 -- 家の中にて
  • ニェール「他にはどうするよぅ?」


    ディース「あぁ、行ってみようぜ!」
    ムウス「うむ、我も行こう」 -- 猫魔界にて
  • リューン「俺の家はこっちだ!(歩き始める)」
    秋影「…(リューンについて行く)」
    ネール「みゃーっ!」


    ククルカン「見慣れない奴らがいるぜ?」
    ゲンブ「うん?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ポストカード探すニャ」


    リルム「おっけー」 -- 猫魔界
  •  …もぐもぐ
    マルドク「そうなのか?」
    スペルム「…我等以外にも客人がいるという事か」 -- 家中ポワン
  • レオン「おぅ」
    ライバーン「ギャーオ(リューンの後を追う)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「オッケーだよぅ!」


    ディース「それで、白いドラゴンはどっちに行ったんだ?」
    ムウス「確かこっちの方だ(歩き始める)」 -- 猫魔界にて
  • 白ヨッシー「…(クッキーを見ている)」
    ヨッシー「うん!そうだよー」 -- 家の中にて
  • バステト「後で父ちゃんに送りつけるニャ」←


    リルム「そっち?」 -- 猫魔界
  •  …なかなか減らないわね
    マルドク「ふぇー」
    スペルム「それより、クッキーをいただこうか」 -- 家中ポワン
  • リューン「よし…着いたぞ。ここが俺の家だ」
    秋影「外観は拙者達の世界の家とあまり変わらないでござるな」
    ネール「ここがリューンさんの家ですミャ?」


    ククルカン「冬花の知り合いかね?」
    ゲンブ「さてな…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • 白ヨッシー「数が尋常ではないですからね…(汗)」
    ヨッシー「クッキーどうぞー!(スペルムにクッキーを渡す)」 -- 家の中にて
  • ニェール「バステトのお父さんに送るのかよぅ?」


    ディース「そっちに行ったのか?」
    ムウス「あそこに見える山に行ったはずだ…」 -- 猫魔界にて
  •  …いくつ?
    スペルム「…どうも」
    マルドク「がつがつ」 -- 家中ポワン
  • バステト「ウニャ」


    リルム「大変な道のりになりそうだなぁ」 -- 猫魔界
  • レオン「そうだな…」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • 白ヨッシー「話によると…10兆個近くはあるらしいです」
    ヨッシー「僕も食べよっと!」 -- 家の中にて
  • ニェール「バステトはお父さん想いだよぅ」


    ムウス「確かにな…」
    ディース「うへぇ…山登りか…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「ただいまーっと(家に入る)」
    秋影「お邪魔するでござるよ(同上)」
    ネール「私達も行きましょうミャ!」 -- 猫魔族と忍びと…
  •  …10兆!?
    スペルム「…もぐもぐ」
    マルドク「うひょー」 -- 家中ポワン
  • バステト「そうでもないニャ。家出してきたし」


    リルム「うげぇ」 -- 猫魔界
  • レオン「…ライバーンは入りそうか?」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • 白ヨッシー「途方も無い数です…(汗)」
    ヨッシー「もぐもぐっ!」 -- 家の中にて
  • ニェール「それでもプレゼントを贈ろうとしてるしよぅ…」


    ムウス「空でも飛べれば楽できそうだが…」
    ディース「やっぱり戻る?」← -- 猫魔界にて
  • リューン「あぁ、里の家はドラゴンも入れるように設計されてるから大丈夫だと思うぞ」
    秋影「ふむ…」
    ネール「ふみゃ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ニャ?」


    リルム「私はリターンする」← -- 猫魔界
  • レオン「そうか。ライバーンやってみろ」
    ライバーン「ギャウ(すんなりと家の中に入った)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「バステトは優しい子だと思うよぅ」


    ムウス「おい…(汗)」
    ディース「リルムもか?」 -- 猫魔界にて
  • リューン「大丈夫だったみたいだな」
    秋影「中もいい感じでござるな…」
    ネール「みゃふっ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ウニャー…」


    リルム「山登りとかめんどくさい」← -- 猫魔界
  • レオン「…普通に入った」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「…」


    ムウス「…」
    ディース「だよなー」← -- 猫魔界にて
  • リューン「はははっ」
    秋影「ライバーン殿も入れたでござるか…結構広いでござるな」
    ネール「これでライバーンさんも一緒にいれますミャ!」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「父ちゃんは結構うるさいんだニャ」


    リルム「ですよねー」← -- 猫魔界
  • レオン「あぁ…」
    ライバーン「ギャ~ウ♪」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そうなのかよぅ?」


    ムウス「…それなら店に戻るか?」
    ディース「リルム、どうする?」 -- 猫魔界にて
  • リューン「ま、座りなよ。何か飲み物を出してやるからさ」
    秋影「いいのでござるか?」
    ネール「ふみゃっ(ライバーンを撫でる)」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「そうだニャ」


    リルム「うん、そうする」 -- 猫魔界
  • レオン「なんだか悪いな」
    ライバーン「ギャウ…(気持ち良さそうだ)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「ふぅん…そうなんだよぅ」


    ムウス「分かった、戻ろう…」
    ディース「はーい」 -- 猫魔界にて
  • リューン「別に構わんさ。久々の客だからな」
    秋影「それじゃ、お言葉に甘えるでござる」
    ネール「ふふっ…気持ちいいですミャ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「イヌはどうでもいいニャ」←


    リルム「ほーい」 -- 猫魔界
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャウ…」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「イヌ…かよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • リューン「飲み物は何がいい?」
    秋影「拙者はお茶で」
    ネール「なでなで…ですミャ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「アヌビスと言うイヌだニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「オレは…炭酸系かな」
    ライバーン「ギャーウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「アヌビス?どっかで聞いたことあるような…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「秋影はお茶でレオンは炭酸だな。分かった!(台所に向かう)」
    秋影「…リューン殿はいい人でござるな」
    ネール「ふふっ…なでなで♪」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「人型だけど、イヌだニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「頼んだぜー」
    ライバーン「ギャウ~♪」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そのアヌビスって人がバステトのお父さんなのかよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「拙者達は異界より来た赤の他人なのに…ここまで親切にしてくれるとは…」
    ネール「なでなで…ライバーンさんは気持ちいいですミャ♪」 -- 猫魔族と忍び
  • バステト「違うニャ。父ちゃんの親友だニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「あぁ…」
    ライバーン「ギャーウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「バステトのお父さんの親友…かよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「ふふっ…何だか心が温まるでござるな」
    ネール「ふみゃぁ…♪」 -- 猫魔族と忍び
  • バステト「そうだニャ。奴は冥界の神だと言うのにバステトの父ちゃんと仲いいニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「そうだな…」
    ライバーン「ギャフ~♪」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「バステトのお父さんって…何だか凄いよぅ…」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「ライバーン殿とネール殿もすっかり仲良しでござるな」
    ネール「ふみゃふっ♪」 -- 猫魔族と忍び
  • バステト「ちなみにバステトの父ちゃんは太陽神だニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「確かにな…オレも少し嫉妬するかも」
    ライバーン「ギャ~オ♪」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「たっ…太陽神!?お父さんは太陽神なのかよぅ!?」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「レオン殿は複雑な気持ちでござるか…?」
    ネール「ライバーンさんの背中…暖かくて気持ちいいですミャ…♪(なでなで)」 -- 猫魔族と忍び
  • バステト「そうだニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「あぁ…コイツと仲良くなるのには時間がかかったからな」
    ライバーン「ギャウ~」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「はぇ…それは驚きだよぅ…」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「ふむ…しかし、その時間は決して無駄にはならないでござるよ」
    ネール「このまま眠れちゃいそうですミャ…♪(なでなで)」 -- 猫魔族と忍び
  • バステト「マナーにうるさいんだニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「そうか?」
    ライバーン「ギャ~オ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「へぇ…そうなのかよぅ」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「長い時間をかけて結ばれた友情はそう簡単には壊れないでござる。きっと永遠のものになるでござるよ」
    ネール「みゃふっ…♪」 -- 猫魔族と忍び
  • バステト「それが嫌だから家出したニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「はは…そう言ってくれると嬉しいぜ」
    ライバーン「ギャウ~」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「なるほど…そうだったのかよぅ」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「ふふっ、レオン殿とライバーン殿の絆が永遠のものとなりますように…」
    リューン「飲み物を持ってきたぞー(台所からやって来る)」
    ネール「ふみゃ、飲み物ですかミャ?」 -- 猫魔族と忍び
  • バステト「ウニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「なんか照れるな」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そんなにマナーに厳しい人なのかよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「おっと、飲み物が来たでござるな」
    リューン「秋影はお茶…レオンは炭酸、サイダーでいいか?」
    ネール「ライバーンさんも飲みますかミャ?」 -- 猫魔族と忍び
  • バステト「結構うるさいニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「そうみたいだな。 あぁ、サイダーでいいぜ」
    ライバーン「ギャウ!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ネール「ふぅん…(汗)」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「うむ、感謝するでござるよ」
    リューン「よし、分かった(コップにお茶とサイダーを注いで秋影とレオンに渡す)」
    ネール「分かりましたミャ。 リューンさん、ライバーンさんの分もお願いしますミャ!」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「バステトは自由に生きたいニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「サンキュー」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「僕もどちらかと言うと自由に生きたいと思ってるよぅ」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「ありがとうでござる」
    リューン「ん、ライバーンは何が飲みたい?」
    ネール「ライバーンさん、どうしますかミャ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「あと、外の世界が見たかったからというのもあるニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「ん?」
    ライバーン「ギャウ~(りんごジュース)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「ふむふむ…なるほどよぅ」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「むっ?」
    リューン「りんごジュースだな…分かった(コップにりんごジュースを注ぐ)」
    ネール「ふみゃっ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「バステトのいた世界は砂漠ばっかりだニャ。干からびるニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「…(最近、ライバーンの奴オレ以外にも分かるようにして話すようになってきたな…)」
    ライバーン「ギャウー」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「バステトの故郷は砂漠だったのかよぅ…やっぱり暑かったよぅ?」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「…」
    リューン「ほれっ(ライバーンにコップを渡す)」
    ネール「リューンさん、ありがとうですミャ!」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「そりゃ暑いニャ!」 -- 猫魔界
  • レオン「…(なんか、悲しいな)」
    ライバーン「ギャウー!」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「あはは…やっぱりそうかよぅ」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「レオン殿…」
    リューン「あれ…俺、何かした…?」
    ネール「みゃっ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ウニャー!」


    リルム「おーおーまだやってる」 -- 猫魔界
  • レオン「いや、何でもない…」
    ライバーン「ギャーオ(レオンに飛びつく)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「バステトの故郷…一度見てみたいよぅ」


    ディース「何か話してるみたいだぜ?」
    ムウス「…」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「!」
    リューン「…レオン、何だか悪かった…」
    ネール「ふみゃっ!?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「行ってみたいかニャ?」


    リルム「…(またバステトの尻尾見てる)」 -- 猫魔界
  • レオン「おわっ!?」
    ライバーン「ギャウ~♪」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「うん、行ってみたいよぅ!」


    ディース「…リルム?」
    ムウス「…」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「ライバーン殿…」
    リューン「…」
    ネール「…ふふっ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ウニャー、こことは別世界だニャ」


    リルム「…触りたい」 -- 猫魔界
  • レオン「いきなりじゃれつくなーっ」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「うーん…その世界に行ける方法はあるかよぅ?」


    ディース「やっぱり触りたいよなぁ…」
    ムウス「…むっ?」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「…微笑ましいでござるな」
    ネール「そうですミャね」
    リューン「これが竜騎士とそのドラゴンとの絆…か」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「分からないニャ。バステトも気が付いたらここにいたから」


    リルム「…ネコの尻尾」 -- 猫魔界
  • レオン「離れろーっ」
    ライバーン「ギャーウ(離れた)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「ふぅん…なるほどよぅ」


    ディース「本当に気持ちよかったからなぁ…」
    ムウス「…(汗)」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「…ふふっ」
    ネール「うみゃっ」
    リューン「…(微笑んでいる)」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ウニャ、すまんニャ」


    リルム「さわりたぁい」 -- 猫魔界
  • レオン「…(やっぱりライバーン重い)」
    ライバーン「ギャ~ウ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「ううん、バステトが気にする必要はないよぅ」


    ディース「触りてぇ…」
    ムウス「お前達は…(汗)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「さて…そろそろ話してやるか」
    秋影「ん、さっきのことでござるか?」
    ネール「みゃっ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ニェールは優しいニャ」


    リルム「…」 -- 猫魔界
  • レオン「あぁ」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そ、そうかよぅ?(ちょっと赤面)」


    ディース「…」
    ムウス「やれやれ…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そうそう、まずは何から話そうか…」
    秋影「ふむ…」
    ネール「みゃふ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ウニャ!」


    リルム「…(バステトにこっそり近寄る)」 -- 猫魔界
  • レオン「どこからでもいいぜー」
    ライバーン「ギャーウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「えへへっ…何だか照れちゃうよぅ…」


    ディース「…(リルムを追いかける)」
    ムウス「お、おい…!?」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そうだな…まずはリーダーについて話すかな」
    秋影「ふむ、お願いするでござるよ」
    ネール「うみゃ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「にゃーご」


    リルム「…(バステトの尻尾に狙いを定める)」 -- 猫魔界
  • レオン「あぁ、頼む」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「にゃふっ」


    ディース「…(バステトの尻尾を凝視する)」
    ムウス「おいこらっ…お前達…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「ここ竜人界には"五頭竜"って呼ばれてる奴らがいるんだが…ま、俺もその一人だけどさ」
    ネール「五頭竜…ですかミャ?」
    秋影「四天王みたいな感じでござるか?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ふにゃ~(尻尾ふりふり)」


    リルム「今だッ!(バステトの尻尾を掴みにかかる)」 -- 猫魔界
  • レオン「五頭竜?」
    ライバーン「ギャオ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「あっ!バステト、危ないよぅ!」


    ディース「おーっ!(リルムに続いてバステトの尻尾を掴みにかかる)」
    ムウス「!?」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そう、竜人族の中でも精鋭を集めた5人衆…って感じだな」
    秋影「成る程…」
    ネール「何だか凄そうな人達ですミャ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「フギャ!?(回避)」
    リルム「ズゴーッ(壁にぶつかる)」 -- 猫魔界
  • レオン「ふぅん…」
    ライバーン「ギャーウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「!」
    ディース「ぐべっ!?(壁に激突)」
    ムウス「…(汗)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「その"五頭竜"のリーダーがナツカって人だ」
    秋影「ナツカ殿…でござるか?」
    ネール「うみゃ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「またお前達かニャ!」
    リルム「いったぁい」 -- 猫魔界
  • レオン「ナツカ?」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「リルム!ディース!またオメーらかよぅ!?」
    ディース「いててっ…」
    ムウス「…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そう、見た目はチビっ子だが…実力は"五頭竜"の中でも圧倒的なんだ」
    秋影「…(ナツカ…はて、どこかで聞いたことがあるような…)」
    ネール「ふみゃ…なるほど…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「懲りない奴らだニャ」
    リルム「…だって気持ちいいんだもん」 -- 猫魔界
  • レオン「ふぅん…」
    ライバーン「ギャーウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「本当に懲りねぇ奴らだよぅ」
    ディース「気持ちいいんだもんなー」
    ムウス「…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そのリーダーの妹がフユカって子だ」
    秋影「冬花殿…でござるか!?」
    ネール「みゃっ、秋影さん?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「そこら辺の猫じゃらしでも触ってろニャ」
    リルム「やだ」 -- 猫魔界
  • レオン「ん?」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「それが嫌ならムウスでもモフってろよぅ」←
    ディース「やだ」
    ムウス「ゑ」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「リューン殿、一つ聞くでござるが…そのフユカ殿の夫というのは…」
    リューン「フユカちゃんの夫?確か…雨霧槍龍って人だったかな」
    ネール「秋影さん、知ってるのですかミャ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • レオン「?」
    ライバーン「ギャウ(シロガネなら知ってたかもな)」 -- 竜騎士と赤竜
  • 秋影「やはりそうでござったか…」
    リューン「秋影、知り合いなのか?」
    秋影「うむ、槍龍は拙者の兄者でござるよ」
    ネール「えっ…お兄さんですかミャ!?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ムウス?」
    リルム「それもやだ」 -- 猫魔界
  • レオン「???」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そこにいる鳥さんだよぅ(ムウスを指差す)」
    ディース「それはもっとやだ」←
    ムウス「なっ…!?」 -- 猫魔界にて
  • 秋影「兄者の妻がまさか竜人族だったとは…驚きでござるよ」
    リューン「ふぅん…こんな偶然もあるもんだな」
    ネール「秋影さんのお兄さんの結婚相手のお姉さんが"五頭竜"のリーダー…って事ですミャ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「…鳥かニャ?」
    リルム「触り心地悪そう」 -- 猫魔界
  • レオン(やや頭が悪い)「…(混乱してきた)」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「うん、鳥だよぅ」
    ディース「どう見ても、もふもふできそうにない」
    ムウス「…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「ま、この話はこれくらいにしておこう」
    秋影「ふむ、分かったでござる」
    ネール「みゃっ…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「…でも、ただの鳥じゃないニャ?」
    リルム「うん」 -- 猫魔界
  • レオン「ん、あぁ…(抑えたようだ)」
    ライバーン「ギャーウ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そう言えば…自分は魔王だとか言ってた気がするよぅ」
    ディース「やっぱりあの子の尻尾がいい!」
    ムウス「……」 -- 猫魔界にて
  • リューン「さて、他に何か聞きたい事はあるか?」
    秋影「そうでござるな…」
    ネール「ふみゃ…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「魔王かニャ?」
    リルム「そーだそーだー!」 -- 猫魔界
  • レオン「そうだな…」
    ライバーン「ギャーウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そうらしいんだよぅ」
    ディース「あの子の尻尾を触りたい!」
    ムウス「………」 -- 猫魔界にて
  • リューン「俺に答えられる事なら答えるぞ」
    秋影「ネール殿にレオン殿は何かあるでござるか?」
    ネール「ふみゃ…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「確かに強そうだニャ」
    リルム「触りたーい!」 -- 猫魔界
  • レオン「んん…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「実際に戦ってる所は見たことないけどよぅ」
    ディース「触りてぇ!」
    ムウス「…(ヘルファイアの構え)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「無いなら別に構わないが…」
    秋影「…」
    ネール「そうですミャ、リューンさん達は普段どんなことをしているのですかミャ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「そうなのかニャ?」
    リルム「うー」 -- 猫魔界
  • レオン「わりぃ、思いつかん」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そうなんだよぅ」
    ディース「うーん…」
    ムウス「…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そうだな…俺は里の周囲の見回りをしたりしてるな」
    秋影「ふむふむ…」
    ネール「へぇ…そうなんですかミャ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「一回見てみたい気もするニャ」
    リルム「…(こっそりバステトの背後へ)」 -- 猫魔界
  • レオン「ふんふん…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「僕も一回見てみたいよぅ」
    ディース「…(リルムとは反対方向からバステトの背後へ)」
    ムウス「お前達はいい加減にしろッ!(ディースとリルムにヘルファイアを放つ)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「あぁ、平たく言えば、竜人界の平和を守ってる…って感じだな」
    秋影「まさに竜人界の守護者達でござるな」
    ネール「ふみゃっ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「フギャ!?」
    リルム「あぢゃぢゃぢゃぢゃ(直撃)」 -- 猫魔界
  • レオン「ふぅむ…」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「うわぁっ!?」
    ディース「あぢーっ!(1000/4000)」
    ムウス「ふん…手加減はしてやった」 -- 猫魔界にて
  • リューン「ま、竜人界に大きな異変が起こったのはもうだいぶ前のことだけどなっ!はははっ!」
    秋影「むむっ?」
    ネール「異変…ですかミャ?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • リルム「あーちーちーあーちー」
    バステト「…懲りない奴らだニャ」 -- 猫魔界
  • レオン「大きな異変だと?」
    ライバーン「ギャウ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「今ので手加減だったのかよぅ…(汗)」
    ディース「あっちっちっ!」
    ムウス「…」 -- 猫魔界にて
  • リューン「ん、それじゃ今度はそれについて話をするか」
    秋影「うむ、お願いするでござるよ」
    ネール「私も聞きたいですミャ!」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「…とても手加減したようには見えないニャ」
    リルム「あちちちちち」 -- 猫魔界
  • レオン「あぁ」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「僕にも手加減しているようには見えなかったよぅ…」
    ムウス「ん、そうか?」
    ディース「あちちっ」 -- 猫魔界にて
  • リューン「あの時の事は忘れもしない…平穏な日々が突然破られた…」
    秋影「…」
    ネール「何が…起こったんですかミャ…?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ニャ」
    リルム「…(チーン)」 -- 猫魔界
  • レオン「?」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「流石、魔王と呼ばれているだけはあるよぅ」
    ムウス「フフフッ…ハーッハッハッハッ!」
    ディース「あぁっ!リルムー!(リルムに駆け寄る)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「どこからともなく…魔物の軍勢が襲撃して来た」
    ネール「魔物の…軍勢…!?」
    秋影「ふむ…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ウニャ!」
    リルム「…」 -- 猫魔界
  • レオン「魔物の軍勢だと?」
    ライバーン「ギャオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「…(見た目は鳥だけどよぅ)」←
    ムウス「ハーッハッハッハッ!」
    ディース「今すぐ治療してやるからなっ!(詠唱開始)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「あぁ、物凄い数の軍勢だった…」
    ネール「ふえぇっ…思い浮かべるだけでも怖いですミャ…(ブルブル)」
    秋影「…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「…(確かにニャ)」
    リルム「…」 -- 猫魔界
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「…(人は見かけによらない…ってことだよぅ)」
    ムウス「ハーッハッハッハッ!」
    ディース「…ヒールライト!(リルムに癒しの光を放つ)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「その中に…どうも今でも気になってる奴がいてな」
    ネール「みゃっ?」
    秋影「…?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「…(だけど笑い声うるさいニャ)」
    リルム「…ん~」 -- 猫魔界
  • レオン「?」
    ライバーン「ギャ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「…(それは同感だよぅ)」
    ムウス「…ふぅっ」
    ディース「リルム、大丈夫か?」 -- 猫魔界にて
  • リューン「恐らく魔物達を率いていた奴だと思うんだが…」
    ネール「どんな奴だったんですかミャ?」
    秋影「…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「…(でも、すぐ収まったニャ)」
    リルム「だいじょーぶ」 -- 猫魔界
  • レオン「?」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「…(あれ、本当だよぅ)」
    ムウス「笑い疲れた」←
    ディース「ほっ…よかったぜ」 -- 猫魔界にて
  • リューン「俺は近くで見てないが…緑色の髪の女だったな」
    ネール「ふみゃ…」
    秋影「…(緑色の髪…でござるか)」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「…(早いにゃん)」
    リルム「焼き鳥に燃やされたー」 -- 猫魔界
  • レオン「そいつがどうかしたか?」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「…(笑いすぎだよぅ)」
    ムウス「焼き鳥言うなッ!また燃やすぞ!」
    ディース「俺達何にもしてないのにー」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そいつからドス黒く、禍々しい気を感じたんだ。今までに見たことがないくらいの…な」
    ネール「みゃ…禍々しい気…」
    秋影「ふむ…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「…(ニャ)」
    リルム「酷いよねー(棒)」 -- 猫魔界
  • レオン「…あまり関わりたくねぇ奴だな」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「…(焼き鳥…(汗))」
    ムウス「何もしてないことはないだろうが!」
    ディース「酷いよなー(棒)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そいつはリーダーが倒してくれたんだが…」
    ネール「みゃっ?」
    秋影「何かあったのでござるか?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「バステトの尻尾を触ろうとしたニャ!」
    リルム「それだけなのに酷いよねー」 -- 猫魔界
  • レオン「ん?」
    ライバーン「ギャ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「何度もしつこかったよぅ!」
    ムウス「…(頷く)」
    ディース「ただそれだけなのに燃やされたんだもんなー」 -- 猫魔界にて
  • リューン「そいつは逃げる直前に不気味に笑ってこう言ったらしいんだ。『次に来た時は更なる恐怖を味わわせてやる』…ってな」
    ネール「みゃふっ!?」
    秋影「なんと…それは…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「外の猫じゃらしでも触ってろニャ!」
    リルム「やだー」 -- 猫魔界
  • レオン「更なる恐怖だと?」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「そうだよぅ!」
    ムウス「贅沢言うなッ!」
    ディース「猫じゃらしよりも尻尾がいいぜ」 -- 猫魔界にて
  • リューン「それが何なのかは俺も分からないが…今になっても気になっててな」
    ネール「なるほどですミャ…」
    秋影「ふむ…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「じゃあ知らんニャ!」
    リルム「むぅ~」 -- 猫魔界
  • レオン「ふぅん…なんか気味悪いな」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「少しは我慢しろよぅ!」
    ムウス「やれやれ…」
    ディース「えーっ」 -- 猫魔界にて
  • リューン「あれから大きな異変は起こってないが…レオンの言う通り、気味が悪くてな…」
    ネール「ふみゃ…」
    秋影「またそやつが現れる可能性もある…でござるか」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ウニャ!」
    リルム「…チェッ、分かったよ」 -- 猫魔界
  • レオン「若干大気が騒がしい。もしかしたら異変の予兆が」
    ライバーン「ギャーウ!(マスター、なんという事を言ってくれる!?)」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「分かればいいんだよぅ」
    ムウス「うむ」
    ディース「ちぇっ…」 -- 猫魔界にて
  • ネール「レオンさん…(汗)」
    リューン「奇遇だなレオン。俺もそう思ってたところだ」
    秋影「むっ…?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ニャーニャー」
    リルム「…」 -- 猫魔界
  • レオン「…やはりな」
    ライバーン「ギャーオ…」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「にゃっははっ!」
    ムウス「ハーッハッハッハッ!」
    ディース「…(焼き鳥うるせぇ)」← -- 猫魔界にて
  • リューン「これが俺の杞憂であればいいが…」
    ネール「ふみゃ…」
    秋影「まさか…緑色の髪の女が…?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「にゃーん」
    リルム「…(焼き鳥帰れ)」← -- 猫魔界
  • レオン「…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「バステト、これからどうするよぅ?」
    ムウス「ハーッハッハッハッ!」←
    ディース「…(焼き鳥笑いすぎだろ)」← -- 猫魔界にて
  • リューン「…あそこに行ってみるか」
    ネール「みゃっ?」
    秋影「あそこ…でござるか?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ニャ、お土産も買ったし、この世界を散策したいにゃん」
    リルム「…(ノイズ焼き鳥)」← -- 猫魔界
  • レオン「あそこ?」
    ライバーン「ギャーオ?」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「うん、それなら僕が案内するよぅ!」
    ムウス「ハーッハッハッハッ!」
    ディース「…(ノイズ焼き鳥www)」← -- 猫魔界にて
  • リューン「あぁ、竜人界には"災厄を告げし竜"と呼ばれている竜がいるんだ」
    ネール「災厄を…告げし竜…?」
    秋影「ふむ…?」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「お願いするニャ!」
    リルム「…(www)」 -- 猫魔界
  • レオン「不吉な名前だな…」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「うん!どーんと任せろよぅ!」
    ムウス「ふぅっ…」
    ディース「…(www)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「その名の通り、竜人界に災いが訪れる時、目を覚ましてそれを告げる竜だ」
    ネール「ふみゃ…不吉なドラゴンさんですミャ…」
    秋影「つまり、その竜の所に行って確かめるのでござるな? 異変が起こるかどうかを…」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「そうと決まれば早速出発ニャ~!」
    リルム「…(www)」 -- 猫魔界
  • レオン「ふむ」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「おうよぅ!」
    ムウス「おい、我らはどうする?」
    ディース「…ん?」 -- 猫魔界にて
  • リューン「あぁ、その竜の所に行けば何か分かるはずだ」
    ネール「なるほどですミャ」
    秋影「ふむ」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ニャーニャー(外に出ていった)」
    リルム「そうだなぁ~」 -- 猫魔界
  • レオン「…行ってみるか?」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「店長、また来るよぅ!(バステトを追って外へ出る)」
    ムウス「我らも一緒に行ってみるか?」
    ディース「リルム、どうする?」 -- 猫魔界にて
  • リューン「あぁ、行ってみよう!」
    ネール「はいですミャ!」
    秋影「ふむ、了解でござる」 -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「ウニャー」


    リルム「あの子達の後を追ってみたい」← -- 猫魔界
  • レオン「よし、そうと決まれば行く準備だ」
    ライバーン「ギャウ」 -- 竜騎士と赤竜
  • ニェール「バステト、まずは町を散策するかよぅ?」


    ディース「おっ、ナイスアイデア!」
    ムウス「やれやれ…(汗)」 -- 猫魔界にて
  • リューン「皆、準備ができたら声をかけてくれ」
    ネール「私はいつでも大丈夫ですミャ」
    秋影「ふむ…(道具の確認をしている)」
    -- 猫魔族と忍びと…
  • バステト「そうするにゃ~ん」


    リルム「…(尻尾掴むタイミングも分かるだろうし!)」← -- 猫魔界
  • レオン「…オレは槍の手入れを」
    ライバーン「ギャーオ」 -- 竜騎士と赤竜