伊168


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「伊168」は運営DMMオンラインゲーム、開発角川ゲームスのプラウザゲーム「艦隊これくしょん ~艦これ~」に登場する艦娘(戦艦とかを擬人化したもの)である。
元ネタは同名の実在艦である。


なお、史実情報とかはあまり載せない方針(理由:閲覧者の鬱防止のため)。ただし豆知識程度で「どんな艦種なのか」等は載せる方向である。

豆知識その1:第二次大戦時の潜水艦運用事情
第二次大戦における潜水艦の運用には二通り上げられる。
ひとつは主にU-ボートが行った「通商破壊」、もうひとつが伊168等の日本軍潜水艦の運用思想である「敵艦隊の撃滅」である。
伊19等の「航空機搭載潜水艦」や伊400などの「潜水空母」はこの運用思想で誕生したとされる。
細かい話はここでは割愛するが、米海軍のニミッツ提督からは、ガ島での潜水艦輸送について「古今東西の戦争史において、主要な兵器がその真の潜在威力を把握理解されずに使用されたという稀有の例を求めるとすれば、それはまさに第二次大戦における日本潜水艦の場合であろう」と酷評しており、また戦後にて日本の潜水艦運用思想と戦略が批判されている。

なお、そのミニッツ提督も通商破壊重視に舵を切るまでは、日本同様潜水艦を艦隊決戦の補助兵力として見ていたりする。世の中わからないものであるいい例だろう。

豆知識その2:第二次大戦当時の潜水艦の生活事情
現代の潜水艦はそこそこ居住性がよく、プライバシーは無いものの、一応は乗組員のストレスは軽減される。
しかし、第二次大戦ごろの潜水艦はというと、U-ボートを例に挙げると居住性は劣悪、乗組員はすし詰めで、寝床は「人肌寝台」、楽しみは飯…
と陸軍の戦場張りに劣悪かつとんでもない環境で生活しており、皮膚病やら「ブリキ病」やらなんやらと病気の温床であったらしい。

豆知識その3:伊号潜水艦について
伊号潜水艦の「伊」とは排水量1000トン以上の潜水艦という意味でつけられており、500~1000トンの排水量の潜水艦を「呂」、500トン以下を「波」と呼称する。
ちなみに伊168の基準排水量はロンドン軍縮会議において定められた補助艦の制限を超えない範囲の1400トン。

解説
8月のイベントにて先行開放された「プレイヤーが使える最初の潜水艦」で、LV10以降先制雷撃可能となる特殊な艦艇である。
なおLV10未満は甲標的を装備しないと先制雷撃不可能。
駆逐艦よりも低い耐久と装甲だが、対潜攻撃可能な駆逐艦、軽巡、雷巡、軽空母以外からは標的にならない特性を持っており、それによる同イベント後半海域の削りに多用された。(これのおかげで大破時強制帰還が実装されたとか)
また最近実装された「ある遠征」に現在実装されているすべての潜水艦を派遣するとかのルーデルが愛用したスツーカ…の空母搭載可能モデルを持ってきてくれる。なお同遠征は「潜水艦じゃないと成功しない」模様。

バトロイ性能
体力、防御は低いが攻撃力が高いうえにアビリティ「空気」のおかげで標的にされにくい。

余談中の余談
任天堂3DSのゲーム「スティールダイバー サブウォーズ」のDLCに伊401と伊168が出ている(※ゲーム内ではあくまでも「伊一六八型潜水艦」と「伊四〇〇型潜水艦」という艦型表記)性能は浮上時の移動性能に優れている
艦これには関係ない余談ではあるが、覚えとくといいかもしれない。